名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ガリレオ・ガリレイの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ガリレオ・ガリレイのプロフィール

ガリレオ・ガリレイ。イタリアの物理学者、天文学者、哲学者、教師、イタリアで2番目に古い歴史を持つパドヴァ大学、ピサ大学教授。早くから望遠鏡を用い天体観測を行い、木星の衛星、月のクレーター、太陽の黒点などを発見し天文学の父と称えられている学者。また、哲学や宗教から科学を分離させることに尽力し科学の父としても知られる

ガリレオ・ガリレイの名言 一覧

人を教えることはできない。ただ自ら悟る手助けをするにすぎない。


言葉や属性こそ、物事の本質に一致すべきであり、逆に本質を言葉に従わせるべきではない。というのは、最初に物事が存在し、言葉はそのあとに従うものだからだ。


書物よりも見たり聞いたりすること、地位よりも経験が第一の教育者だ。


学者ぶった先生は、ヘリクツ屋の有力な仲間に分類したい。ヘリクツ屋の狩りは概念を追いかけまわすことである。


哲学は、宇宙という常に目のまえに開かれている偉大な書物に書かれている。その書物は数学という言語で書かれていて、文字は三角形や円やそのほかの幾何学図形である。


ガリレオ・ガリレイの経歴・略歴

ガリレオ・ガリレイ。イタリアの物理学者、天文学者、哲学者、教師、イタリアで2番目に古い歴史を持つパドヴァ大学、ピサ大学教授。早くから望遠鏡を用い天体観測を行い、木星の衛星、月のクレーター、太陽の黒点などを発見し天文学の父と称えられている学者。また、哲学や宗教から科学を分離させることに尽力し科学の父としても知られる

他の記事も読んでみる

小路明善

私どもの今年度の活動のキーワードは「Re・元気(元気回復)」です。人とのつながり(Relation)、信頼できる確かなもの(Reality)、リフレッシュ(Refresh)、といったいまお客様がお酒に求めている価値観をご提案することで元気回復に貢献していきたいと思います。


孫正義

私の場合、4年に一度くらい困難な事態にぶちあたり、そうするとメディアからボコボコに叩かれる。最近は、民主主義社会にはメディアという社会的システムがあるのだと納得することにしたんです。メディアが間違いを犯そうとする個人や会社に対して警鐘を鳴らすのは社会的システムなんです。自分が叩かれるのはつらいけれど、もし、そうしたシステムがないと社会が大きな危機を迎えてしまう。非難に対しては自分自身が強くなっていくしかない。


川崎貴子

本格的にビジネス書を読むようになったのは、自分で会社を経営しはじめてからです。OLをやっていたころは、ドキュメンタリー、小説、歴史ものなど、自分が興味を持ったものを思いつくままに乱読していました。仕事に役立てようという意図では読みませんでした。


北沢利文

座右の銘は「至誠天に通ず」です。私も、これまで仕事を通じて、いろいろ難しい局面もありましたが、真実が一番強いと感じています。


福沢諭吉

時には二人の意見が異なることがあっても、自分の意見が是か非か、自ら心の中で裁判すれば、他人に判断してもらうような面倒を掛けなくとも、早速に落ち着くところに落ち着くであろう。


加藤智治

カリスマリーダーが牽引する組織もあるが、私は一人ではできないことをチームで成し遂げるためのチームを作っていく。スポーツを通じて実感した、本物のチームから生まれる底力を発揮していきたい。


三島海雲

孟子は「敵国のなき国は滅ぶ」と言った。今後、カルピスの類似品は続々できるであろう。私はカルピスのためにそれを望む。


渡文明

自分の個性を尊重してもらうというのは、我がままではありません。他人の個性を尊重するということがないと、自分の個性だけが周囲に認めてもらえるはずがありません。そういう行動がとれる資質を持たせるために情操教育は非常に大事だと思っています。


尾崎元規

仮説を考えてから現場におもむくからこそ、現場に落ちている問題点や解決のヒントに気が付くのです。


相葉光輝

会社には、既に成功事例があったので、当初はそれをベースに新規事業の企画を考えていました。しかし、それでは商品以外は代わり映えのしないものになってしまう。そこに何のオリジナリティーもないし、成功するとも思えない。それで、集めていた資料をバッサリ捨てたんです。同時に、既にあるノウハウを書き留めるだけのメモもやめました。仕事で大切なのは、過去にあった事実を書き留めることではなく、「これからどうするか」を考えること。メモの取り方もそれに合ったやり方に変える必要がある。


佐久間俊行

スタッフと一緒にすごしてきた時間は裏切りません。時を共有する中で価値観や想い、夢を理解し合ってここまできました。そこには絶対の自信を持っていると同時に、まだまだと謙虚な気持ちも持ち続けています。私はこれからも経営者であると同時に、スタッフにとって力になれる仲間でありたいと思っています。どんなに優れた書籍にも書いていない、どんなに素晴らしい勉強会でも得ることのできない生きた学びに、一撃の仲間たちと日々触れていることに、私は誇りと自信を持っています。


雲川俊夫

人員の増加を抑えた結果、海外拠点の現地化も進みました。日本から人を送り込む代わりに、現地採用スタッフを増やしたからです。2002年5月の時点で海外法人社員の現地採用比率は一般社員99%、管理職層85%、役員層58%に達しています。クローバル化には、進出先での現地化が欠かせません。