名言DB

9412 人 / 110637 名言

ガブリエル・ベルチの名言

twitter Facebook はてブ

ガブリエル・ベルチのプロフィール

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

ガブリエル・ベルチの名言 一覧

組織の一員であっても、起業家的な精神で仕事に挑んでほしい。これまでにない価値は、そこから生まれるのですから。


立ち止まってはいられない。速い環境変化のなかで組織をリードするには、意思決定と行動のスピードこそ一番のカギ。


誰にでも、どんな場面でも、新しいことにチャレンジする姿勢を私は求めます。


ダイバーシティの尊重もアストラゼネカの風土です。私たちの会社では年齢、経歴、性別などに関係なく、能力と成果でキャリア・アップできる。


あらゆる職種の社員が私たちの財産だと確信しています。能力を最大限に伸ばし発揮できるよう、社員一人ひとりが上司と一緒に開発育成プランを組んで実践します。


私もこれまで10カ国以上で仕事をしてきましたが、海外に行くと学ぶことは多いと思います。いろいろな文化への適応力も高まり、柔軟性が身につき、視野が広くなります。


社員が成果を上げる基本は、社員一人ひとりの育成です。その人の持つ潜在力を引き出し、力を伸ばすため、全社員がIDPと呼ばれる開発育成プログラムを実践しています。


年齢に関係なく、成果を上げれば、どんどん重職を任せるのが当社のポリシー。


日本人社員もぜひ日本を飛び出してほしいと思います。これまで10ヶ国ほどで働いてきた私自身、妻子とともに日本で生活し、暮らしやすさを強く実感しています。しかし少しの勇気を持って海外へと踏み出すことで、必ずや新たな道を切り開くことができるでしょう。


選抜制の奨学金やリーダー候補者に対する特別なプログラムなども用意しています。経営会議で毎月、人材のレビューを行うなど、私たち経営陣が人材育成に深くコミットしていることもユニークといえるでしょう。


新薬の開発で重要な役割を果たしているのは、研究開発、メディカルとマーケティング部門など社内での協働、そして社外とのアライアンス(提携)です。


アストラゼネカの全社的な戦略的優先事項のひとつが「サイエンスのリーダ-シップ」です。今後とも医療機関や製薬企業などとの連携を強化し、サイエンスを重視し患者さんのために貢献していきたい。


自社だけで創薬に取り組むには限界があります。このため、アストラゼネカは社外との連携を重視し、先進的で優れた研究を行っている医療機関や大学、他の製薬企業などとの提携を積極的に行っています。


ガブリエル・ベルチの経歴・略歴

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤井佐和子

何か問題を指摘する場合でも、「それをやるとダメになる」というのと、「こうしてもらったほうがいい」では、相手の受ける印象はまったく違います。何かを依頼する場合は、「ゴールを明るく設定」します。アメリカ人は、「急いでくれないと困る」ではなく、「急いで終わらせて食事にいこう」などという依頼の仕方をしますが、この何でも「Good Job!」にしてしまう姿勢は見習ってもいいですね。


山本真司

私がシカゴ大学のビジネススクールで最初に目の当たりにしたのは、周囲の学生の優秀さでした。学校の勉強をしながら、アメリカ文化を学ぶ。その両立は正直、私には無理だと感じました。私は、自分の持てる力すべてをビジネススクールの勉強にフォーカスしようと決意しました。優秀なクラスメイトに勝つには、他人の二倍勉強しようと決めたのです。


池上彰

知識をインプットするだけじゃなくアウトプットまでできるようになる、となるといきなりハードルが上がります。生半可な理解では人に伝えることはできません。私の場合、NHKで「週刊こどもニュース」を手がけたときに、小学6年生に大人向けニュースを理解してもらうにはどうすればいいか腐心しました。


出口治明

歴史を振り返ると、年長者と若者というコンビは多い。あのクビライは南宋接収という大事な局面で、イランからきたバヤンという若者を抜擢しました。カエサルも後継者として、18歳のオクタヴィアヌスを指名した。年長者と若者のコンビは、互いを補完しあい、また新しい挑戦をするにはふさわしい。


大東隆行

食べるときは雰囲気が必要です。包丁の音がして、鍋を振っている料理人が目の前にいて、美味しそうなにおいが漂ってくるから食欲がわきます。だから、うちではオープンキッチンにしています。


猪瀬直樹

上司から叱られるとすぐに落ち込んだり、不機嫌な顔をする人がいますが、叱られたら「あ、そうか」と気づくことが大事。叱られるには叱られるだけの理由があり、部下のことを考えている上司なら「お前のこういうところがよくない。こうしてみたらどうだ?」といった助言があるはずです。なぜ叱られたのかを考えて、自分の間違った考え方や行動を改善する方向に目を向けられる人が、平常心を保てる人ですね。


常盤百樹

我が社には多種多様な技術者がいます。電機の専門家はもちろん、火力発電では熱や蒸気の専門家、機械の専門家、電圧を変える変電技術者、それに情報通信の専門家もいます。大口のお客様から蒸気や熱をもっと効率的に使いたいという要望があれば、彼ら技術陣を動員して相談に応ずるというコンサル業務を始めました。初年度は34件でしたが、6年後には589件となり、まだ増え続けています。


藤田晋

社員のブログを読むなかで、「こいつはしっかり考えているな」という人がいたら、仕事で抜擢することもあります。当社にかぎらず、部下がブログを書いていたら、上司はきっと気になって読むはずです。そういう意味でブログは、自分の能力をアピールする場にもなります。ですからどうせブログを始めるのなら、みんなから注目を集められるように、上手にプロデュースしてほしいと思います。


三浦知良

もっとサッカーがうまくなりたい。その夢があるから、毎日、目標を積み重ねながら、現役プレイヤーとして挑戦し続けることができている。


築山節

他人の脳の力を借りてしまうのも頭のいい方法。一人悶々と悩みを溜め込んでいても脳が疲れるだけ。自分と同じくらいの能力、地位の人に思い切って打ち明けてみましょう。相手から思わぬ指摘が脳を刺激します。


平野敦士カール

私は「目標を達成するに、道筋をきちんと決めて、準備も万端にする」というやり方はあまりしていません。達成できなかったとき悲しくなるので。ある程度方向性を決めたら行動してみます。すると、知らなかった世界や人に出会ったり、予想もしていなかった展開が起きます。そうやって世界が広がるほうが楽しいですよね。


岩田松雄

どんなフィールドで起業するにしても、次の3つを確認してほしいと思っています。(1)自分の好きなこと(2)自分の得意なこと(3)人のためになること。この3つの輪が重なるところに起業のヒントがあるはずです。きっと成功します。あなたなら。


佐々木常夫

周囲を見ても、与えられた環境に不満を言って転職し、上手くいった人はほとんどいない。


田島弓子

ピンチを多く経験することが大事です。人はピンチを越えるごとに成長します。その都度視野は広くなり、人の立場を理解する力も育ち、解決策のアイデアも豊富になります。ピンチに強く、人と協働できる人は、どんな次代も組織の中で頭角をあらわす人材となるでしょう。


小宮山栄

私は「をぜ」と疑問に思ったら、それを解決しないと気がすまない性分。