名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ガブリエル・ベルチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ガブリエル・ベルチのプロフィール

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

ガブリエル・ベルチの名言 一覧

組織の一員であっても、起業家的な精神で仕事に挑んでほしい。これまでにない価値は、そこから生まれるのですから。


立ち止まってはいられない。速い環境変化のなかで組織をリードするには、意思決定と行動のスピードこそ一番のカギ。


誰にでも、どんな場面でも、新しいことにチャレンジする姿勢を私は求めます。


ダイバーシティの尊重もアストラゼネカの風土です。私たちの会社では年齢、経歴、性別などに関係なく、能力と成果でキャリア・アップできる。


あらゆる職種の社員が私たちの財産だと確信しています。能力を最大限に伸ばし発揮できるよう、社員一人ひとりが上司と一緒に開発育成プランを組んで実践します。


私もこれまで10カ国以上で仕事をしてきましたが、海外に行くと学ぶことは多いと思います。いろいろな文化への適応力も高まり、柔軟性が身につき、視野が広くなります。


社員が成果を上げる基本は、社員一人ひとりの育成です。その人の持つ潜在力を引き出し、力を伸ばすため、全社員がIDPと呼ばれる開発育成プログラムを実践しています。


年齢に関係なく、成果を上げれば、どんどん重職を任せるのが当社のポリシー。


日本人社員もぜひ日本を飛び出してほしいと思います。これまで10ヶ国ほどで働いてきた私自身、妻子とともに日本で生活し、暮らしやすさを強く実感しています。しかし少しの勇気を持って海外へと踏み出すことで、必ずや新たな道を切り開くことができるでしょう。


選抜制の奨学金やリーダー候補者に対する特別なプログラムなども用意しています。経営会議で毎月、人材のレビューを行うなど、私たち経営陣が人材育成に深くコミットしていることもユニークといえるでしょう。


新薬の開発で重要な役割を果たしているのは、研究開発、メディカルとマーケティング部門など社内での協働、そして社外とのアライアンス(提携)です。


アストラゼネカの全社的な戦略的優先事項のひとつが「サイエンスのリーダ-シップ」です。今後とも医療機関や製薬企業などとの連携を強化し、サイエンスを重視し患者さんのために貢献していきたい。


自社だけで創薬に取り組むには限界があります。このため、アストラゼネカは社外との連携を重視し、先進的で優れた研究を行っている医療機関や大学、他の製薬企業などとの提携を積極的に行っています。


ガブリエル・ベルチの経歴・略歴

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

山内孝

新興国では、これまで10年ほど取り組んできました。学んだのは、安売りをせずにブランドをつくる大切さです。マツダは新興国で、安いクルマで量を追う戦略はとりません。


樋口武男

責任逃れをする会議なら、しないほうがましです。誰かが責任を持たなければいけない。


古舘伊知郎

「報道ステーション」の12年間は決して平たんな道ではありませんでした。降板の記者会見で申し上げたように、批判、非難を多く頂戴しました。1日600本の抗議があったこともあります。僕自身が毎日、目を通し、正直へこんだときもあります。しかし、苦しくなった時は「アゴを上げちゃいけない」って自分に言い聞かせてました。


辻本憲三

発売後は売り上げが伸びたか落ちたかに目をやります。落ちた場合は、何が悪いのか徹底的に分析する。ゲームの内容なのか、マーケティングなのか。


杉浦誠司

仕事というのは楽しんでいたら、楽しませてもらえるようなことが、次から次へとやってくる。


石田宏樹

新しいスマホの形をご提案し、飽和と言われる国内でも新たなニーズを拾い上げていきたい。


内田恒二

役員はそれぞれ多忙であり、朝会(朝一時間の役員の集まり)がなければ、相手の空いている時間を探すのに手間がかかる。その時間が積もり積もれば膨大な時間のロスになり、決定がどんどん遅れる。


ピーター・ドラッカー

「私は」ではなく「我々は」を考えることが大切。


岩崎裕美子

早く帰れるようになると、美術館の企画展示を見に行ったり、習い事をしたり、家族とゆっくり過ごしたりと、仕事では得られない経験がたくさんできて、感性も磨かれます。そこから新しい商品のアイデアが生まれたりして、確実に仕事にもプラスになっている。17時退社が業績アップにもつながる好循環を生み出せていると実感しています。


松田恒次

マツダの成長の背景には、我が国の自動車産業が発展期にあったという時の利があった。そればかりか、過去の先輩社員、経営者がまじめに積み重ねてきた努力の結晶が素地にあった。


嶋田卓彌(嶋田卓弥)

井上英語で私の学び得たものは、(1)全国規模の広告に対する統計調査、(2)蓄音機の大量発注によるコストの低下、(3)善意の大衆相手の月賦は貸し倒れが出るものではないという事実である。これらの経験は、後年、日本で最初のミシン月賦企業に参画したとき、何ものにも代えがたい大きい認識の土台となった。
【覚書き|通信教育会社「井上英語講義録」の経営立て直しを友人に頼まれたときを振り返っての発言】


澤田秀雄

本当に欲しいと念じれば、必ずその人材は現れるものだ。