名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

ガブリエル・ベルチの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

ガブリエル・ベルチのプロフィール

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

ガブリエル・ベルチの名言 一覧

組織の一員であっても、起業家的な精神で仕事に挑んでほしい。これまでにない価値は、そこから生まれるのですから。


立ち止まってはいられない。速い環境変化のなかで組織をリードするには、意思決定と行動のスピードこそ一番のカギ。


誰にでも、どんな場面でも、新しいことにチャレンジする姿勢を私は求めます。


ダイバーシティの尊重もアストラゼネカの風土です。私たちの会社では年齢、経歴、性別などに関係なく、能力と成果でキャリア・アップできる。


あらゆる職種の社員が私たちの財産だと確信しています。能力を最大限に伸ばし発揮できるよう、社員一人ひとりが上司と一緒に開発育成プランを組んで実践します。


私もこれまで10カ国以上で仕事をしてきましたが、海外に行くと学ぶことは多いと思います。いろいろな文化への適応力も高まり、柔軟性が身につき、視野が広くなります。


社員が成果を上げる基本は、社員一人ひとりの育成です。その人の持つ潜在力を引き出し、力を伸ばすため、全社員がIDPと呼ばれる開発育成プログラムを実践しています。


年齢に関係なく、成果を上げれば、どんどん重職を任せるのが当社のポリシー。


日本人社員もぜひ日本を飛び出してほしいと思います。これまで10ヶ国ほどで働いてきた私自身、妻子とともに日本で生活し、暮らしやすさを強く実感しています。しかし少しの勇気を持って海外へと踏み出すことで、必ずや新たな道を切り開くことができるでしょう。


選抜制の奨学金やリーダー候補者に対する特別なプログラムなども用意しています。経営会議で毎月、人材のレビューを行うなど、私たち経営陣が人材育成に深くコミットしていることもユニークといえるでしょう。


新薬の開発で重要な役割を果たしているのは、研究開発、メディカルとマーケティング部門など社内での協働、そして社外とのアライアンス(提携)です。


アストラゼネカの全社的な戦略的優先事項のひとつが「サイエンスのリーダ-シップ」です。今後とも医療機関や製薬企業などとの連携を強化し、サイエンスを重視し患者さんのために貢献していきたい。


自社だけで創薬に取り組むには限界があります。このため、アストラゼネカは社外との連携を重視し、先進的で優れた研究を行っている医療機関や大学、他の製薬企業などとの提携を積極的に行っています。


ガブリエル・ベルチの経歴・略歴

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

小池淳義

昔は電子手帳に凝っていましたし、今もスマートフォンは最新機種を使っています。電子機器の良さはよく知っていますが、書くこと自体が脳を刺激しますし、頭の中にあることを文字の形や色で自由に表現できるノートは、発想を広げられます。考えを深めるツールとしては、ノートは最高の道具ではないでしょうか。


寺島進

なにもしないほうがいいですよ。僕も最初のころは、あれこれ考えていたりしてたんだけど、結局、緊張してなにもできないでいたら、それがいいって言われましたから。なにもしないで、自信なさ気にしていた方がいいですよ。


松井道夫

会社はでかけりゃいいってもんじゃないだろうと思います。単位当たりで大きいほうがいい。そういう会社のほうが、自分も含めてそこで働いている一人一人の価値が高くなるからです。


井上公造

噂話や情報を知ると、人間の性としてどうしても人に話したくなってしまうもの。でも、むやみに話すと自分が損をする。同僚や後輩など仲間内では「情報屋」として重宝がられるかもしれないけれど、上司からは「信頼できないやつ」という烙印を押されてしまいます。


柵山正樹

「このまま」を続けると劣化していくだけ。常にチェンジしていくことが大事。


國分文也(国分文也)

社内だけの議論や視点だと発想が狭くなりがちです。外部の力を借りることでイノベーションや多様性が生まれやすくなります。また、社員たちが積極的に外に出て行って刺激をもらってくることも大切です。その両方を実現するために、外部の人材の採用や企業との連携を積極的に進めていきたいと考えています。


木原直哉

安定しているって、収入が減ることも少なければ、増えることもほとんどないわけで、つまらない。


黒川博行

ハードボイルドもミステリーも大嘘。大嘘を書くには、ディテールを積み重ねてリアリティを出すことが大事。結果的に「本当にありそうな事件やな」と思ってもらえれば成功ですね。


松本晃(経営者)

ビジネスはコミットメント(約束)から始まり、いったんコミットしたならばアカウンタブル(結果に責任を持つ)でなくてはならない。


林野宏

今やインターネットなどを通じて世界中の情報に誰もが簡単にアクセスできる。そんな状況にあっては、自分がアクセスした情報には、恐らく他社もアクセスしている。そこから考えたアイデアは、恐らく他社も考えている。そう考えた方がいい。そうして、他社が考えるであろうあらゆる戦略を想定し、それを超える戦略を立てる必要がある。さて、あなたのアイデアは、そこまで考え込まれているだろうか。


矢部輝夫

私がやっていることは、いわゆる近江商人の「三方よし」の発想。正直、自分ではそれほど特別なことをやっている意識はなかったので、それが海外で評価されたというのは、正直意外です。


横田英毅

人は、「やらされていない人」が自分に対して一所懸命何かをしてくれると、感動する。