名言DB

9413 人 / 110706 名言

ガブリエル・ベルチの名言

twitter Facebook はてブ

ガブリエル・ベルチのプロフィール

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

ガブリエル・ベルチの名言 一覧

組織の一員であっても、起業家的な精神で仕事に挑んでほしい。これまでにない価値は、そこから生まれるのですから。


立ち止まってはいられない。速い環境変化のなかで組織をリードするには、意思決定と行動のスピードこそ一番のカギ。


誰にでも、どんな場面でも、新しいことにチャレンジする姿勢を私は求めます。


ダイバーシティの尊重もアストラゼネカの風土です。私たちの会社では年齢、経歴、性別などに関係なく、能力と成果でキャリア・アップできる。


あらゆる職種の社員が私たちの財産だと確信しています。能力を最大限に伸ばし発揮できるよう、社員一人ひとりが上司と一緒に開発育成プランを組んで実践します。


私もこれまで10カ国以上で仕事をしてきましたが、海外に行くと学ぶことは多いと思います。いろいろな文化への適応力も高まり、柔軟性が身につき、視野が広くなります。


社員が成果を上げる基本は、社員一人ひとりの育成です。その人の持つ潜在力を引き出し、力を伸ばすため、全社員がIDPと呼ばれる開発育成プログラムを実践しています。


年齢に関係なく、成果を上げれば、どんどん重職を任せるのが当社のポリシー。


日本人社員もぜひ日本を飛び出してほしいと思います。これまで10ヶ国ほどで働いてきた私自身、妻子とともに日本で生活し、暮らしやすさを強く実感しています。しかし少しの勇気を持って海外へと踏み出すことで、必ずや新たな道を切り開くことができるでしょう。


選抜制の奨学金やリーダー候補者に対する特別なプログラムなども用意しています。経営会議で毎月、人材のレビューを行うなど、私たち経営陣が人材育成に深くコミットしていることもユニークといえるでしょう。


新薬の開発で重要な役割を果たしているのは、研究開発、メディカルとマーケティング部門など社内での協働、そして社外とのアライアンス(提携)です。


アストラゼネカの全社的な戦略的優先事項のひとつが「サイエンスのリーダ-シップ」です。今後とも医療機関や製薬企業などとの連携を強化し、サイエンスを重視し患者さんのために貢献していきたい。


自社だけで創薬に取り組むには限界があります。このため、アストラゼネカは社外との連携を重視し、先進的で優れた研究を行っている医療機関や大学、他の製薬企業などとの提携を積極的に行っています。


ガブリエル・ベルチの経歴・略歴

ガブリエル・ベルチ。「アストラゼネカ」日本法人社長。スイス出身。スイス・ヌーシャテル大学理学部卒業後、アストラゼネカに入社。タイ法人社長、ドイツ法人社長などを経て日本法人社長に就任。

他の記事も読んでみる

小林陽太郎

私は2年間の留学経験を経て、かなりアメリカにかぶれ、頭でっかちのMBAホールダーになって帰国した。何の経験もなくMBAで組織論や経営学などを学んだ影響が大きいのでしょうが、あらためて日本を見たときに、「会社とはこれでいいのか」という思いを強くしました。アメリカに行く前には何とも思わなかったことが、日本に帰ってくると、まったく違って見えてきたのです。


小林豊(小林製薬)

私はよく社員に、「脳みそに汗をかくくらい考えてくれ」と言っています。これを当社では、お客様のためにもがき苦しんで考える「ドロドロ開発」と呼んでいます。当社では月に2つのアイデア出しを習慣化して4年経ちますが、年々アイデアのレベルが上がり、トレーニングの成果が出ていると感じます。


竹増貞信

お客様のニーズの変化を見逃さないことが重要。変化の前には兆しがある。


大橋徹二

現場の声に耳を傾けることが、持続的な成長に欠かせない。


堤幸彦

自分の原点に戻ることができる拠り所があれば、人はそう簡単に揺らがない。芯となる部分に気づけば、発想ひとつで、辛さは楽しさに変わる。


高井伸夫

土光(敏夫・経団連会長)さんに初めてお会いしたとき、アポイントメントは午前7時20分でした。当時、僕はすでに朝型人間だったのですが、「それにしても早すぎる」と思いました。ところが、聞いてみると、土光さんは、午前6時半には出社しているとのこと。これには正直驚きました。そして土光さんに触発されて、僕もそれからは午前6時には事務所に行くようになったのです。


伊藤信吾

味を改善するために、ネットもすごく利用しています。うちの豆腐の感想を毎日検索して調べているんです。絶賛の感想も批判の記事も、本音の情報だから、勉強になるんです。


小池利和

私のブログには、心がけてきたモットーが掲げてあります。最初は「明るく・楽しく・元気に」過ごすこと。2つ目は「人とのつながりを大切にすること」。最後は「常に何事にも好奇心を持つこと」です。


齋藤孝(教育学者)

ある新入社員が実際にやって効果があったのが「挨拶」。そんなことはやっているよと言うかもしれませんが、朝職場で漠然と全体に「おはようございます」と言う人が多いのでは? 彼は席につくまで、職場の一人ひとりに丁寧に挨拶して行く。それもあまり大声ではなく、相手の邪魔にならない程度に。自分にしっかり挨拶してくれたという気持ちになると、人はその相手に好感を持ちます。


関家一馬

普通の会社は、こういうルールだからとか、命令されたからとかの「外的動機」で動きますが、ディスコはそれを、事細かくどうしようではなく、ディスコバリューズという原則を作ることで、自分で考えて決められるようにしました。そうすることで皆が内的動機で自分で判断して動いても、会社としての方向性は間違わない仕組みです。


矢野貴久子

自分が何をやるべきかをイメージできれば、仕事に対する誇りも生まれてきます。そうして問題点をクリアにしながら、「どうやったらできるか」という視点で、ゴールへの道筋を調整していく。「できた!」という充実感も、そこからきっと味わえるはずです。


高倉豊

データを収集し、マーケティングに生かそうとしている企業は少なくない。しかし、私はデータベースマーケティングに懐疑的だ。データを元に論理的に考えていくことで可能になる施策もあるが、ロジカルに導き出した答えは、遅かれ早かれライバルもたどり着く。


高島徹治

資格の世界でよく言われるのは、「高得点で受かった人が成功するとは限らない」ということ。たとえば、税理士や弁護士などの職業も結局は客商売であり、ある程度以上の法律知識さえあれば、あとはいかに親身になって相談に乗ったり、アドバイスできるかで評価が決まってくるのです。勉強ができて、コミュニケーションが苦手という人ほど、とかく成果の出やすい資格試験の勉強にハマリがちです。ですが、試験で満点を目指すくらいなら、その労力を対人コミュニケーション力など、別の能力を鍛えるのに使ったほうがいいのではないでしょうか。


村口和孝

思春期の悩みは、病気のようでもあるが、病気ではなく、健全な次の人生の発展への苦しい胎動である。混沌の中で自分が本当は何をしたいのか、自分は誰なのか、何をすべきなのか、長くて厳しい他人とのコミュニケーションの洗礼の中から、あるべき自分が、経済社会の中に、自分らしい姿で、試行錯誤の末浮かび上がってくる。泥の中から蓮の花が咲くように。


石村和彦

子会社の社長になるとき、元上司に「リーダーの心得は『人は力なり』だよ」と言われました。当時は「そういうものかな」と思って聞いていましたが、状況が身に染みるにつれて「会社の立て直しは、自分ひとりが頑張ってどうにかなる話ではない」ということが見えて、「ああ、人は力なり、とはこういう意味か」と腑に落ちました。