ガッサンディの名言

ガッサンディのプロフィール

ガッサンディ(ピエール・ガッサンディ)。フランスの物理学者、数学者、哲学者。プロヴァンス地方出身。エクサンプロヴァンス大学で哲学を学ぶ。エクサンプロヴァンス大学哲学教授、ディーニュ聖堂学院学長、パリ・コレージュ・ロアイヤル数学教授などを務めた。

ガッサンディの名言 一覧

私は自然にして生まれ、自然にして生きてきた。そして、なぜ死し、どう死すればよいのかも知らずに死ぬのである。


ガッサンディの経歴・略歴

ガッサンディ(ピエール・ガッサンディ)。フランスの物理学者、数学者、哲学者。プロヴァンス地方出身。エクサンプロヴァンス大学で哲学を学ぶ。エクサンプロヴァンス大学哲学教授、ディーニュ聖堂学院学長、パリ・コレージュ・ロアイヤル数学教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

細川信義

誰が応援団かで信用も付いてくる。例えばソフトバンクの孫さんは、シャープの佐々木(正)さんが応援団だった。あの人が応援しているなら、信用できるだろうとこうなる。昔からおじさんキラーが成功の秘訣である。


吉田忠雄

人間、生まれた以上は働くべき。働く者のみが分配にあずかれる。


藤原竜也

行定(勲)監督の作品には、ぜひ出演してみたいと思っていたんです。とにかく、いっさいの妥協を許さない人で、同じシーンを10回以上もリテイクするので、演じる側としては苦労する部分もありました。でも、完成した映画を観て、そのこだわりが映像に表われていて、本当にすごい人だなと。永遠の映画少年のような、心底モノづくりが好きな人ですね。


大越健介

万人に受けるニュースの伝え方をしようとすると、誰にも受けないニュースになってしまいます。これは雑誌の編集もそうでしょうし、企業が新しい商品やサービスを開発するときでも同じだと思います。


筒井義信

新しい携帯端末は本部の顧客データベースとつながっています。お客様と一緒に画面を見ながら、ペーパーレスかつ印鑑レスで各種手続きが完了できます。これによってお客様の利便性が高まると同時に、営業職員の負荷が軽減されます。これまでは、会社に戻って書類を確認したら記入漏れがあり、またお客様のところに足を運ぶといったことがよくありました。こうした部分が効率化されると、ほかの活動に時間を振り分けられ、お客様とのコンタクトの量も増えていくはずです。


田中優子(江戸文化研究者)

女性は男性に比べて競争に執着しないところがあるのではないでしょうか。出世しなくていいという気持ちがあるんですよ。男性は出世競争に勝ち抜き、地位を得ることに一生懸命ですよね。私からすると、別に気にしなくてもいいのにと思うことが、プライドに引っかかってしまうようです。


平林純

プレゼンの目的は、あなたの提案を聞き手に伝え、相手に理解・納得してもらい、提案に沿った行動をとってもらうことです。そのためには、提案の内容とメリットなどをわかりやすく伝えることが必要です。


有泉健

KDDIで長く法人畑を歩んできたので、消費者向けのビジネスに携わるのは初めてでした。でも、未経験だからこそチャレンジする価値がある。「消費者とはこういうもの」などと先入観を持たずに、効果的な打ち手を考えられるはず。


安齋政信

私が仕事を始めて1年ほど経ったころ、私の姉の夫、つまり義理の兄が亡くなってしまいました。義兄は、私の勧めにしたがってお客さんになってくれていたのです。その義兄の死亡保険金の手続きは、私がしなければなりません。自分の仕事とはいえ、人の悲しみを商売にしているような感じがして、それは本当にショックでした。保険の仕事を辞めようかとも考えました。そんなとき「あなたが手続きやアドバイスをしてくれたおかげで、本当に助かった。保険があったから子供を路頭に迷わすこともないし、悲しみをリセットできる時間ももてた。ありがとう」。姉はそういってくれたのです。保険と聞くと、不必要なものを押し売りするようなイメージを持つ人もいます。でも、本当は必要で、確実に人様のお役に立てるもの。だから、自分の仕事にもっと自信をもっていいんだと、そう確信できたんです。姉をはじめ、いままで保険が役立ったお客さんの顔を思い浮かべると自然とやる気が出てくるんです。


立石剛

SNSを通じて仲間を募る場合は、自分の主張や勉強会の趣旨や目的を明確にすること。相手も自分と合うかどうかをジャッジでき、共感する人が集まってきやすくなる。


徳重徹

直接聞いた話と又聞きには雲泥の差がある。自ら現地のお客様や販売店の意見を聞いて初めて、価格設定などの感覚を持つことが出来る。


葛西紀明

小3でジャンプを始めた時、初めて登ったジャンプ台の高さに怖さを感じました。でも、「どのくらい飛べるのかな?」とワクワクもした。結局、その気持ちは今も変わらず、「どのくらいいけるかな?」と心が躍ってしまう。誰よりも遠くにきれいに飛び、飛距離を出すことに快感を覚えています。


島本久美子

ロンドンでは、言葉には違和感はなかったのですが、文化には驚きました。彼らは新聞、テレビを見る時に、そこにバイアスがかかっているということを、ものすごくわかっているのです。これは大人だけではなく、子供もそうです。例えば、授業では複数の新聞を示して、誰がオーナーで、だからこそどういうバイアスがかかっている可能性があるかを、小学生にも教えているのです。メディアに対しては批判的に、バイアスを認識しながら消費していくという姿勢に驚き、私も勉強してみたいと思い、マンチェスター大学でメディア教育の修士をとりました。


稲盛和夫

よほどのことがないかぎり、部下として筋を通して一生懸命接していけば、上司もわかってくれる。


大山健太郎

企業経営は「人、モノ、金」と言われますが、一番大事なのは経営者ではないでしょうか。いくら社員が多くても、経営者が有能でなければ会社は成長しません。


ページの先頭へ