ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の名言

ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)のプロフィール

ガイウス・ユリウス・カエサル。英語読みはジュリアス・シーザー(Julius Caesar)。共和制ローマの政治家、軍人、文筆家。ガリア戦争、ローマ内戦、北アフリカ・ヒスパニア戦役などで活躍し、二人目の終身独裁官となった人物。元老院の権力を低下させ、帝政ローマの基礎を作った。最期はポンペイウス劇場に隣接する列柱廊にてマルクス・ブルトゥスに刺殺された。

ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の名言 一覧

一般人は見たい現実しか見ない。


我はローマ人の間にて第二位になるより、ここの人々の間にて第一位になることを欲する。
【覚書き|法務官時代、ヒスパニア・ウルステリオル属州に総督としてローマから赴任した際の言葉。この赴任がカエサルの人生を変え、のちにローマのトップになる礎となった】


人は喜んで、おのれの望むものを信ずる。


ガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)の経歴・略歴

ガイウス・ユリウス・カエサル。英語読みはジュリアス・シーザー(Julius Caesar)。共和制ローマの政治家、軍人、文筆家。ガリア戦争、ローマ内戦、北アフリカ・ヒスパニア戦役などで活躍し、二人目の終身独裁官となった人物。元老院の権力を低下させ、帝政ローマの基礎を作った。最期はポンペイウス劇場に隣接する列柱廊にてマルクス・ブルトゥスに刺殺された。

他の記事も読んでみる

大久保政彦

若い人は本当に雑談が苦手ですね。例えばお客様の自宅を訪問して「今日はこの話で伺ったんですが、すみません。お水を一杯いただいて落ち着かせてください」なんていうのが雑談じゃないですか。すべてがビジネスマターになってしまうから、終始緊張するのだと思いますね。


ミハイル・アルツィバーシェフ

人間の生活に目的はない。生きていること。それがすなわち目的である。


乘京正弘(乗京正弘)

試合中にハドル(作戦会議)を選手で行うのですが、そこでの指示が曖昧であったり、自信なさげであると絶対にプレーはうまくいきません。自信を持って「これで行く」となると絶対にうまくいくんです。そのことをアメフトで学びました。


大賀昭司

通常、スーパーには宣伝やチラシが不可欠ですが、PB(プライベート・ブランド商品)は「エブリデー・ロープライス」です。すなわち、毎日同じく安い価格なので、宣伝費が必要ありません。パッケージや梱包も最低限です。安さを第一に、品質はNB(ナショナル・ブランド。メーカー品)とほとんど遜色がなく、3から5割安く販売しています。


米山公啓

脳の活性化に必要なのは、緊張とリラックスのちょうどいいバランスです。自律神経で言えば、戦闘態勢を作る交感神経と、心身をリラックスに導く副交感神経が、バランス良く交互に切り替わっている状態です。その切り替えが一番作りやすいのが「笑い」です。笑っている最中は交感神経が活発になりますが、笑った後は副交感神経が優位になり、心身がぐっと深いリラックス状態に入っていきます。


柳井正

僕は(ユニクロを始めた)当時、金鉱を発見したと思ったんです。米国でGAPなどが、欧州ではZARA、H&Mが出てきていました。ひょっとしたら、僕らも日本でそういうことができるんじゃないか、と思っていて、彼らの事業モデルを勉強していました。コピーするんじゃなくて、それを超えるためにどういうふうにしたらいいのかを考えてきました。独自のポジションを取るために、何をやったらいいのか、と。


後藤勇人(コンサルタント)

1日をドライブに例えれば、朝はスタートです。起きてすぐに自分の目標を脳にインプットすることは、カーナビに目的地を入力するようなもの。1日を目標に向かって走らせることができるようになるんです。


大坪文雄

上に立つ人間ほど、衆知を集めることの大切さを深く理解し、「みんなの知恵のおかげで事業ができるのだ。自分はそのコーディネートをしているだけだ」という自覚を持つべき。


飯田亮

今は亡き父が私の独立への選別として贈ってくれた「初心忘るべからず」には「男がいったん決めたことは最後までやり通せ」という父の励ましと戒めの気持ちがこもっています。当初は親の意に背いて独り立ちする息子に対して戒めの意味で送ってくれたものと考えていましたが、いまでは父なりに励ましてくれたのだなとありがたく思っています。


井原勝美

ソニーとエリクソンの合弁会社、ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ・エー・ビーの社長として英国に赴任した当時は、21カ月という長期にわたって利益が出せず、精神的につらい時期を過ごしました。ロンドンを拠点に平日は飛行機で飛び回るため、肉体的にも消耗していたのですが、そんな時期を支えてくれたのが、英国に赴任している仲間との週末のゴルフでした。英国でのゴルフはカートに乗らず自分の足で回るので、かなりの運動量になります。その運動と、プレー後の仲間との食事がいい気分転換となり、仕事に向かう活力にもなったのです。その後に業績は急回復し、結果を出すことができました。当時の苦労をともにした仲間とは、今でも1年に2回のラウンドが恒例行事になっています。


佐野章二

残念ながら『ビッグイシュー』を販売してお金を手にしたホームレスが、お酒やギャンブルに走り、戻らなくなるケースも多いのです。そんな悪い依存を断ち切るための身近な絆をつくりたかった。ビッグイシュー基金では自立を目指すホームレスに、「社会とのつながりを回復するための生活自立」や「就業トレーニング」「スポーツ・文化活動」などの応援プログラムを提供しています。


藤岡頼光

当初は色んな人に反対されましたよ。「日本人のネイティブ信仰は強い。フィリピン人から英語を学ぼうなんて思うわけがないだろう!」と言われてね。でも、そのとき僕は諦めませんでした。自分自身が英語をマスターしちゃったわけですから、いくら批判されても信念は強かったですね。「ネットで宣伝しながら、まずはオンラインのビジネスを地道にやろう」と思い、試行錯誤を重ねて少しずつ大きくしていきました。


徳光正子

「老舗はいつも新しい」の言葉のように、時代に合わせて形を変える勇気やチャレンジ精神を失わないことが大切なのだと思います。


ピーター・ドラッカー

昨日を捨てよ。自分が得意だと思っていることに溺れるな。物事の「本質」を鋭く透察する心を持て。


棚橋弘至

最初は反応がなくても、先を見据えてやり続けることで、ようやく周りも変わり始める。


ページの先頭へ