名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

カール・ロジャーズの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カール・ロジャーズのプロフィール

カール・ロジャーズ。アメリカの臨床心理学者。イリノイ州出身。ウィスコンシン大学史学科卒業、コロンビア大学教育学部で臨床心理学を学ぶ。ロチェスター児童虐待防止協会でカウンセラーを務めたのち、オハイオ州立大学、シカゴ大学、ウィスコンシン大学などで教鞭を執った。来談者中心療法を創始。

カール・ロジャーズの名言 一覧

何が重要な問題か、どうすべきかを一番良く知っているのは、クライアント自身である。


カール・ロジャーズの経歴・略歴

カール・ロジャーズ。アメリカの臨床心理学者。イリノイ州出身。ウィスコンシン大学史学科卒業、コロンビア大学教育学部で臨床心理学を学ぶ。ロチェスター児童虐待防止協会でカウンセラーを務めたのち、オハイオ州立大学、シカゴ大学、ウィスコンシン大学などで教鞭を執った。来談者中心療法を創始。

他の記事も読んでみる

泉谷直木

雑談は時間の無駄という人もいるが、私は雑談をしていて「これはおもしろい」と頭に残ったことを、新しい仕事や計画に反映したりすることがよくある。時間潰しのための雑談だと考えてはいないのだ。


荒濱一

「稼げる脳」の持ち主は、時間ではなくアイデアを売ってお金を得ています。そのために、人に任せられる仕事は任せて、事業を考え出す時間を確保するのです。また、ある業界で成功した事業を他業界でも応用するなどしてビジネスを増殖させ、「収入の複線化」を図るケースも多いですね。


森下篤史

20年自転車に乗っていても、両手を離しては10mも進めない。「手を離して乗ってみよう」という「テーマ」を持って乗るだけで、手が離せるようになるのと同様に、生きて行くうえで、人に言われてからするのではなく、自分で「テーマ」を持ち、やるべき事はなにかを知り(業務分解)、「作業割り当て」「スケジュール」を立てて実行することで、目標は達成できるようになる。


新浪剛史

若い人にはファイナンスのほかに、歴史も勉強してほしい。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」の言葉通りですよ。


出口治明

会社の都合に従う代わりに毎月給料が支払われる。それが会社員の仕事の基本です。上司から仕事を命じられたら、それがつまらない仕事に見えてもすべてやるのが当たり前です。ただし、どうせやるなら楽しくやった方がいい。自分の頭でやり方を考えるというのは、仕事の能力をあげるためのテクニックでもあるのです。


中村天風

笑えば心持ちは、何となくのびのびと朗らかになります。すなわち鬱な気が開けるんです。試しに、おかしくもなんともないときに、「アハハ」って笑ってみてごらん。笑うにつれ腹が立ってくるとか、悲しくなってくるとか、つらくなってくるってことは、絶対にないんです。


出井伸之

私は日本企業の改革について、「企業を二つに分け、既存の事業を行う組織と新しいことに注力する組織につくり替えよ」と公言している。第一で従来型の経営を続け、第二では創造的な取り組みをする。旧体制をつくり替えるのは難しいが、新たに「第二」を走らせることで、新しい芽を育てていく。


坂本孝

最近は、新しいことに挑戦しようとしても、失敗を許容しない組織も多いようです。失敗は会社にとってリスクだと捉えるのか、それとも将来への投資だと捉えるのか。前者のような考え方をする組織では、残念ながら失敗のリスクを取った挑戦は難しいかもしれません。新たなことに挑戦するためには、乱暴な言い方かもしれませんが、そのような組織とは決別し、失敗を許容する会社へ転職するか、独立して自分で事業を興すのがいいでしょう。


山極毅

80の質問に答えていただき、その人の個性を形作る5つの因子を把握します。どのような状況で活躍できるのか、またどのような時にストレスを感じるかが分かるので、生産性向上の解決策が具体的に提示できます。


武藤貴宏

海外で応援をやると言葉以外のところで伝わっている感じが強くしますね。面白いもので、「伝わらないんじゃないかな」と不安を感じながらやっていると、ほんとに伝わりにくい。「絶対に通じる」と思ってやっていると、向こうも笑顔でリアクションしてくれるんです。


水野仁輔

小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。


渡邉幸義

私の場合は2週間先の「やるべきこと」や「やりたいこと」をすべて書き出す。すると2週間先から遡って「今日やること」が自然に見える。つまり、未来のことをノートに書き、それをこなすうちに思考が現実化するわけです。