名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

カール・ルイスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カール・ルイスのプロフィール

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

カール・ルイスの名言 一覧

自分でコントロールできないことを排除して、できることに集中するんだ。


誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


大きなレースの前に私が考えていることはとてもシンプルなことだ。スタートブロックから飛び出せ、自分のレースをしろ、リラックス。もし自分のレースをすることができれば勝てるんだ。エネルギーを集中させろ。焦点を合わせろ。


カール・ルイスの経歴・略歴

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

他の記事も読んでみる

小西利行

僕が講演でやるのは「今から言うことは大切ですので、メモの用意をしてください」と言って、スライドを投影する。そこにはものすごく細かい文字が何百字も書いてあって読めないので「バカな……」と笑いが出る。でも「これが皆さんのいつもの企画書です」って言うんですで、「これが正しい企画書の書き方です」と言って文章の一部だけ赤くして見せる。そこだけは読めるようになるでしょ。必要なのは残すこと。ここだけ見ればいいですからって言ったら、そこだけは見てくれる。


青野慶久

人に意見を聞けない理由はいろいろあると思いますが、最大の原因はプライドではないでしょうか。プライドが傷つくのが嫌だから、自分が行き詰っていることを告白して助言が求められないのだと思います。「怒られるのが嫌」「たびたび聞くのは失礼だ」と思っているというのもあるでしょう。でも、そういう人は、聞かないことが自分や会社にどれだけの損失になっているかを認識したほうがいいと思います。


安藤正弘

一発当てようとして加盟するもんじゃなくて、加盟した後に地道にコツコツ頑張る。それがハウスドゥなんです。


加藤修一(経営者)

当社でも、社内でポイント制を入れないと競争に勝てないという声が強くなったことがあります。私も折れて、設備を整え導入目前までいきました。でも「ポイントの分を売価にどのくらい乗せればいいか」という話になった時にやめました。どう考えても本末転倒だからです。お客様のためのようで、そうなっていない。今も当社は店頭では現金値引きをしていますが、その方がお客様のお得になると考えているからです。


江上治

「何かすごいことをしないといけない」。そう焦っている人には、成功は近づいてこない。「お客さまから求められていること」と、「自分が一所懸命にやっていること」が噛み合っていないのだ。


ロバート・フェルドマン

私は人より場所を基準にしています。好きな著者のブログであっても、日によって有益なものもあればそうでないものもあります。その優劣を自分でいちいち判読していたら莫大な時間を食われてしまいます。そこで私は、信頼できる媒体を読む方を選んでいるのです。たとえば、ひとつのテーマを掘り下げ、様々な人の意見を掲載している雑誌は、いわば、私の代わりにその雑誌の編集者が優れたブログを選び、案内人として提供しているようなものです。特定の人を基準にして追いかけるのではなく、雑誌や新聞で優れた情報が集まる場所に目を通すことを選ぶのです。


清家篤

少しでもマシな選択などというのはあまり格好良いものとはいえないかもしれませんが責任ある決定とはそういうもの。難しい問題を公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)を働かせ決断していく。これが慶應義塾塾長の仕事の一番大切な部分だったと思います。


久世由美子

「根性、根性、ど根性」。今は流行らない言葉だと思いますが、私たちはこのスタイルでやっています。


大東隆行

仕事はひとりではできないもんや。上に立った者は自分中心に考えるのではなく、謙虚になって下の者を大事にせなあかん。帰り際に「おつかれさん、明日も頼むで」と言うだけで感謝は伝わるし、相手のモチベーションが上がるんとちゃう? ウチには従業員にクリスマスプレゼントをあげている店長もいる。そうやって従業員に慕われて信頼関係を築ければ、店全体に活気が出てくると思いますわ。そんな店長が増えたことが、ウチが好調な理由やな(笑)。


飯田賢

オレンジセオリー・フィットネスは本国だけでも約500店、世界では18か国550店を展開しています。短期間のうちにこれだけ広がった理由は、継続しやすく、結果の出る仕組みを作り上げているから。


尾崎元規

何の考えも持たず現場を歩いても得られるものは多くありません。まずはいま、どんなことが解決すべき問題か、仮説を携えてから現場に行くことが大切です。調査の結果や、社内のマーケッターが持っている情報などを頭に入れたうえで、一度考えてみる。解決策の仮説を自分の頭の中で一度立ててから現場に行くのです。そうすると、何を重点的に見るべきかが見えてきます。


古川裕倫

会社には理念があり、それに基づいて事業の方針を打ち出し、具体的な事業計画に落とし込んでいきます。管理職は、その事業計画を達成しなければならない。しかし、達成のためなら何をしてもいいというわけではありません。王道を行くというのは、要するに、後ろ指を指されるようなことをしないということです。そうでなければ、人はついてきません。