名言DB

9490 人 / 112001 名言

カール・ルイスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カール・ルイスのプロフィール

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

カール・ルイスの名言 一覧

自分でコントロールできないことを排除して、できることに集中するんだ。


誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


大きなレースの前に私が考えていることはとてもシンプルなことだ。スタートブロックから飛び出せ、自分のレースをしろ、リラックス。もし自分のレースをすることができれば勝てるんだ。エネルギーを集中させろ。焦点を合わせろ。


カール・ルイスの経歴・略歴

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

他の記事も読んでみる

立石豊

33歳で父の後を継いだのですが、当時の弊社はいわゆる3K職場。さらに、ちょうど年配社員が大量に定年を迎え、人がどんどん抜けていった。当時の離職率はなんと40%。新たに人を採用しつつこの状況から脱するには、「人を大切にする経営」が不可欠と考えたのです。


松岡修造

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?


出口治明

古稀(70歳)を迎え会長を退任しました。今後は後進の育成やライフネット生命をさらに広める活動に力を入れたいと思っています。肩書が会長から創業者に変わるだけで、僕は毎日、オフィスに出ています。記者の方から「何歳まで働くのですか?」と聞かれることもありますが、明日死ぬかもしれませんし、90歳でも元気かもしれません。年齢で区切ることに意味があるのかな、と。考えてもしょうがないことは、考えないほうがいいのでは、とお答えしています。


唐池恒二

夢を共有すると、ワクワクする気持ちがどんどん波及していく。特に地元メデイアの記者は、九州から生まれたこのななつ星を、全国に発信しなければいけないという使命感を持って記事を書いてくれていたように思います。ななつ星が話題になるにつれ、東京の本社から、「もっとななつ星について書いてくれ」と指示があり、うれしかったそうです。「九州から世界一を生む」ということに、一緒になって喜び、同じ九州で暮らす者として誇りを持ってくれたのだと思います。


元谷芙美子

無駄に部屋を広くしたり、ホテルマンが部屋についてきて細々説明をしたり、チョコレートが置いてあったりとか、そんなものはもう、消費者には不要なんじゃないかしら。むしろ大事なのは、ベッド脇のコントローラーで照明や冷暖房などを全て簡単に操作できるとか、自動精算といった使いやすさであり機能性ですよ。


臼井由妃

現実には日程に選択の余地がないこともしばしばです。しかし、調整が可能なら、時間の手綱は自分で握るようにすべきです。時間の手綱を自らが握ることで、相手のある仕事を自分の裁量で調整できる仕事に変えることができるということです。そうなれば、効率的なスケジュールづくりを進めればいいのです。


青木仁志

人とのトラブルは必ずしも相手だけに原因があるのではありません。自分の無知や思い込みといったものが招いてしまった面も少なからずあるのです。見抜けなかった自分にも非がある。事後処理は第三者に任せ、「こういうこともあるんだな、ひとつ気づかせてもらった、よい勉強だった」と考えるようにしています。


宮内義彦

会社を大きくしたら解決すると思っていた問題が、大きくなったことで解決しないばかりか、むしろ大変になった。


湯浅誠(社会活動家)

支援活動を通じて、人々が支え合うとか、何かに気づくとか、そういう個人や社会の「アンテナのレベル」がもっと高まればいいなと思います。決して大それたことではないはずなんですが。でかい箱物を作って、復興のシンボルにする時代ではないですよ。もっとソフト面での変化というか創出というか。人が周りを気遣ったり、声をかけ合ったり、支え合ったりできるようにする。そういう社会になるための、今は転機だと思います。


今森光彦

趣味で終わりたくはなかったんです。食えるであろうという広告写真の世界をやめても、趣味で写真を続けるつもりはなかった。趣味ではたくさんの人には伝えられませんから。この「たくさんの人に伝えたい」って、これまで僕が写真の技術よりも何よりも大事にしてきたことなんです。うまくいかなくなると「芸術性」みたいなところに逃げる写真家も多いのですが、公の場に出なくて、自分と友達にしか見せない写真なんて、芸術性さえないと思いますから。


藤巻健史

海外や外資系企業では、「なんでもそこそこできる」というゼネラリストは認められない。「この分野では誰にも負けない」というスペシャリストだけが、非常に高い評価を得られる。


石井てる美

マッキンゼーのシビアな案件で心身が悲鳴を上げ、「こうなってまでやりたい仕事じゃない!」と気付きました。人生はエリート街道を走ることが目的ではない。その結果、2度目の人生で挑戦しようと思っていたお笑い芸人になりました。