名言DB

9425 人 / 110833 名言

カール・ルイスの名言

twitter Facebook はてブ

カール・ルイスのプロフィール

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

カール・ルイスの名言 一覧

自分でコントロールできないことを排除して、できることに集中するんだ。


誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


大きなレースの前に私が考えていることはとてもシンプルなことだ。スタートブロックから飛び出せ、自分のレースをしろ、リラックス。もし自分のレースをすることができれば勝てるんだ。エネルギーを集中させろ。焦点を合わせろ。


カール・ルイスの経歴・略歴

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

他の記事も読んでみる

松岡修造

誰でも体調を崩すと「やっぱり自分は飛ばし過ぎだった」と反省しますが、調子がよいときはなかなかそこに考えが及びません。「安全と思うときほど危険なのでは?」と疑い、自分の心と体と対話して状態をチェックし、それに応じて休養をとるように心がけましょう。


猪瀬直樹

「負け」を死の宣告のように大げさに捉えて、人生を投げ出す人が多い気がします。負けを重く受け止める人は、人生を甲子園のようなトーナメント戦だと考えているのではないでしょうか。甲子園では一度でも負けたら上に進むことは不可能。それと同じように、一回でも失敗したら、人生という舞台で勝ち昇れないと思い込むのです。しかし、人生は本当にトーナメント戦なのでしょうか。僕はむしろ「リーグ戦」だと思います。たとえるなら大相撲。相撲はたとえ初日で負けても、次の日にまた取り組みがあります。そうやって勝ち負けを繰り返しながら15日間を戦い抜いていきます。人生にも似たところがあります。


豊竹呂太夫・6代目

文楽の魅力とは前衛的で、理性の支配を超え、また意識下の世界を追求するシュールレアリズムの芸術であることです。普通では理解できない複雑で奥の深い世界が表現されているんですね。江戸時代の庶民の風景を描いた世話物には、こういうものがあります。夫を愛するが故に、夫の愛人さえも赦し愛するという妻の話です。私が迷いを持ちつつもこの世界で生きてきたのは、文楽が持ち合わせるアンビバレントな感覚に引かれていたからです。


安藤忠雄

豊かさというのは、直感力を奪うんですね。豊かになるのはいいことですが、これまでの歴史を見ても、豊かさを極めた国は滅びています。


大山健太郎

アイリスは内製化比率が高いという特徴があります。つまり、川下からニーズが上がってきたら、自分で作ってしまうのです。いまや日本の大手メーカーの大半は、アッセンブリー(組み立て)をやっているだけで自分ではものを作っていません。下請けに部品を作らせて、それを組み立てて、ラベルを貼って出荷しているだけ。だから、仮にニーズをキャッチできても、もはや自力で新しいものを作る力はないのです。しかし、うちの場合は何でも自作してしまう。だから、こういうものが欲しいというニーズに柔軟に応えていけるのです。


中山幸市

いまから考えると、この(会社を乗っ取られ追い出された)おかげで他の商売のことも勉強できたのである。あのまま「日本電話建物」に安住しておれば、おそらく片輪の経営者になってしまったであろう。
【覚書き|氏が設立した日本電話建物を雇った社長に乗っ取られた追い出された当時を振り返っての発言】


ジェームズ・ラシュトン

問題が起きないことが一番よかったのですが、きちんと対応できてよかったと思っています。今回の問題からは、技術的な点だけでなく、トラブルにどのようにして対応していくかなど、非常に多くのことを学べましたから。もちろん同じような問題は二度と体験したくありませんが。

【覚え書き|2017年の大規模な配信トラブルについて】


鈴鹿且久

ターゲット設定はもちろん大事。でも、うちはいろいろなお客様が会社に信頼を置いてくださっている。一方向を向きすぎて他のお客様のことを阻害してはいけないよ。


津田秀晴

売れる営業マンに共通するのは、自分が売りたいからという「自分都合」の理由ではなく、あくまでも顧客のためを思う「顧客都合」の視点から営業しているということである。これは、たんなるきれいごとの話ではない。どんな場面であれ、相手の気持ちを考えられる人が好印象をもたれ、信頼されるのは当然のことだ。


鳥羽博道

チャンスは自分から積極的に仕掛けなければならない。さもなければ、目の前を通過する商機をみすみす見逃してしまうことになる。ただし、商機といものは、たとえどんなに自分が正しいと思っていることでも、「時」すなわち時代の大きな流れ・時代的背景・社会の成熟度と、「機」すなわちそのことを起こそうとする機会が合致して初めて、味方になってくれるものだ。商機が到来するまで待つということも大切なことだと思う。