カール・ルイスの名言

カール・ルイスのプロフィール

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

カール・ルイスの名言 一覧

自分でコントロールできないことを排除して、できることに集中するんだ。


誰かがやるはずだった。自分がその誰かになりたかった。


大きなレースの前に私が考えていることはとてもシンプルなことだ。スタートブロックから飛び出せ、自分のレースをしろ、リラックス。もし自分のレースをすることができれば勝てるんだ。エネルギーを集中させろ。焦点を合わせろ。


カール・ルイスの経歴・略歴

カール・ルイス。アメリカの陸上選手。主な競技は短距離走(100M走、200M走、リレー)、走り幅跳び。世界陸上ヘルシンキ大会で100M走、走り幅跳び、リレーで三種目制覇。ロサンゼルスオリンピックで100M、200M、リレー、走り幅跳びの4種目で金メダルを獲得。世界的アスリート。

他の記事も読んでみる

棚橋弘至

絶対自分が正しいという確固たる信念がありましたから、どんなにブーイングされても凹みませんでしたね。頑固なんですよ。


森本敏

立派な士官になってほしい。しかし、本当の競争相手は、学生舎にいる仲間や同級生ではない。世界の士官だ。
【覚え書き|防衛大学校でのスピーチで】


ジョン・コッター

変革を起こそうとする試みの70%は失敗します。社員をやる気にできず、変革のスタートラインにすら立てないこともあります。スタートしたものの完全に失敗に終わる場合もあります。そしてヘトヘトに消耗して、非常に遅きに失したタイミングで目的を達成する場合もあります。


福島良典

人に伝えたくなるものって、つまりいいものでしょ? いい製品を作り続けることが最高の営業だと思っています。


原田まりる

他人の批判を恐れずに受け入れ、常に自分を変化させていかないと人は成長しない。もちろん、批判を受け入れるといっても、それに無批判に従うのではなく、相手の意見が自分と違えば、はっきりと「違う」と言っていい。


築山節

朝、脳を目覚めさせるときは、体を動かして脳に血液をめぐらせることをお勧めしますが、夜は逆です。脳に強い刺激を与えると、脳に血液が上がってきて頭が冴えてしまいます。夜9時以降の食事も控えた方がいいでしょう。食事をすると、胃の周辺に血液が集まるので、逆に手足が冷えてしまいます。


高橋滋

自分はアマンリゾートに行って感動して、お店をやろうと思ったけど、それを良いなと思う感受性がなければ、行っただけで終わってしまう。かっこいい人や憧れているものをまず感じて、それに近づくように努力することが大事だと思います。まず感じる気持ちがなければ何も始まりません。


三谷幸喜

新しいものを引き出そうと思ったわけではありません。もともと彼らはそういう面を持っていたんです。みんながそれを無視してきただけ。僕からすると、どうして決まった役ばかりやらせるのかと思います。
【覚書き|役者の新たな一面を引き出すのはどうやるのかと問われたときの発言】


鈴木修

自動車会社にとって最も大事なのはクルマです。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、その経営者がどんなに人格者でも、いかにブランド力があっても、商品に魅力がなければ会社は傾いてしまいます。自動車に限らずメーカーとはそういうもので、商品がすべてといってもいい。


野口敏(話し方)

雑談の際に心がけたいのは感情を込めて相づちを打つこと。大げさになりすぎるのはよくありませんが、そっけなくならないようにしっりと相づちを打つ。相づちで大切なのは、発した言葉の内容よりも、そのときの表情や声のトーンです。「そうですね~」「そうなんですか!」と、その時々に応じて反応することが大切です。なお、驚きを表わす「え~!」や、興味を表わす「へえ~♪」、感心や賞賛を表わす「ほぉ!」などの相づちも、「あなた(あなたの話)に関心を持っています」ということを伝える共感の言葉です。相手との関係性に配慮しつつ、上手に使ってみてください。


御立尚資

ビジネスリーダーとなって大勢の人を動かしていく際、最も大切なのがコミュニケーション能力です。コミュニケーションというと、プレゼンテーションの技術や説得のためのロジカルシンキングといった要素が注目されがちですが、その前に基本中の基本を見落としてはなりません。それは、自分の伝えたいことをできるだけシンプルにまとめる「意見の結晶化」です。


町田勝彦

当社の経営理念は「いたずらに規模のみを追わず、誠意と独自の技術を持って」という一文から始まっています。これからのシャープの目指すべき姿は、ナンバーワン企業ではなく、オンリーワン企業であると考えます。つまり、世界の中で、独自の特長がきらりと光る企業です。


原田隆史

脳は現実に起きていることと、イメージを区別できないので、未来のイメージを繰り返せば繰り返すほど、イメージが現実になり、成功する確率が高まるといわれています。イメトレはまさにそれを応用したものです。


板尾創路

大阪から東京に来たのは30歳になってから。仕事を選べる立場じゃないから、身体を張るキツい仕事も進んで引き受けた。そのうち板尾にはこんなことやらせたら面白いと、周りのスタッフが気づいてきてくれたんですね。それがいまの役者の仕事につながっていて。お笑い界での成功像を明確に持たずに、何でもやって来たのが、逆に良かったんやと思います。


ジョン・グランバー

世界経済がこれまでになく急速に悪化する中、これまでの手法に甘んじる従来型のリーダーに対する信頼が失われています。まさに、パラダイムの転換が起こっています。


ページの先頭へ