カール・ヒルティの名言

カール・ヒルティのプロフィール

カール・ヒルティ。スイスの法学者・弁護士・哲学者・政治家・裁判官。『幸福論』『眠られぬ夜のために』などの著作で知られている人物。ベルン大学正教授、スイス陸軍裁判長、ハーグ国際仲裁裁判所のスイス委員なども務めた人物。

カール・ヒルティの名言 一覧

寝床につくときに、翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。


どんな人間的美徳も習慣になってしまわぬかぎり、確かに身についたものにはならぬ。


人は怠惰、逸楽(いつらく)、浪費、無節度、吝嗇(りんしょく)などの習慣を養えるように勤勉、節制、倹約、寛容の習慣も養える。


虚栄心と名誉心は、常に悪いしるしである。


これまでに激しい苦悩も味わわず。自我の大きな劣敗を経験しなかった、いわゆる打ち砕かれたことのない人間は何の役にも立たない。


カール・ヒルティの経歴・略歴

カール・ヒルティ。スイスの法学者・弁護士・哲学者・政治家・裁判官。『幸福論』『眠られぬ夜のために』などの著作で知られている人物。ベルン大学正教授、スイス陸軍裁判長、ハーグ国際仲裁裁判所のスイス委員なども務めた人物。

他の記事も読んでみる

渡文明

過去にも合併は経験しており、それなりに成功したと自負しています。最も重要なのは、ふたつの異なる企業文化をいかに融合させていくかです。もうひとつは、重要なプロジェクトについて社内の各部署から横断的にチームを編成し、議論させたことです。たとえば新しい人事制度も横断プロジェクトの中で時間をかけてつくり上げました。人事部だけでは過去の延長上の改善にとどまり、改革は期待できないと考えたためです。


鍵山秀三郎

事業を営む上で何を目標とするのかは、たいへん大切なこと。


佐々木義孝

格言は本当に勉強になりますし好きですね。毎朝吉田松陰、中村天風、松下幸之助の一言一句を必ず読み、家中に格言を貼っているので妻から嫌がられています(苦笑)。格言と実際の体験、ビジネスをつなぎ合わせることを意識しています。


辻慎吾

都市は完成から時間が経過するにつれて鮮度が落ちていきます。むろん成熟するということはあります。都市に集まる顧客の絆はときとともに強まっていきます。しかし、鮮度が落ちてしまった都市に人は集まりません。以下に長い歴史を持った都市でも、人が集まる都市では必ず新しいことが行われているものです。


ドナルド・トランプ

恐怖心への対抗手段はごく簡単、問題解決である。投資や不動産計画や事業経営を、あるいはその全部を考えているなら、いずれも個々の思考単位に分解して順序立てて取り組めばよい。一種のジグソーパズルのようなものだ。全体が見えてくるまで一つひとつのピースがあてはまる場所を探してやらなくてはならない。


関根眞一

交渉するときには、対面する前に、自分がどういう立場にあるのかを確認しておかなければなりません。交渉には二種類しかありません。立場が優位か、不利か、です。交渉が重要になるのは、自分が不利な立場にある場合でしょう。


今村久美

設立当初は、何をやるにも手探りの状態でした。スタッフの数も少なく、全員で話し合いを繰り返しながら、カタリバというNPOが何をすべきかを考え、共有していくことができました。


吉田秀雄

難しい仕事を狙え。そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。


須田健太郎(経営者)

成人式のあと、中学の同窓会に初めて出席しました。すごくおもしろかったのですが、その晩「あれ、成人式って人生に一度しかない。こんな楽しい日は二度とないのか」と気づいて、はじめてリアルに将来や人生について考えたんです。人間の平均寿命は80年。その間、五感を通じてさまざまなデータを脳みそに溜めていきますが、死ねば脳が腐ってなくなってしまいます。そう考えると、人が生きていることに大して意味はないんだなと。どうせ生きるのなら、地球に爪痕を残せるようなことをしたい。そこで出た答えが起業だったんです。


堤清二

近頃、財界の方は手紙を書かなくなりました。自戒を込めて言いますが、どうもみなさん、筆をとることを面倒がって、パーティで顔を合わせたついでに用件を済ませようとする。手紙を書くと相手の印象に残り効果的だと思うのです。


森平茂生

父から受け継いでいた財産はすべて返上しました。私は父のことを超えたいと思っていたので、裸一貫で創業した父と同じ条件で独立することにこだわっていました。父を超えるために独立するのに、その父から支援を受けていたらおかしいでしょう?


佐々木正

早川(徳次シャープ創業者)さんは商売下手だけど、哲学がいい。早川さんは、「佐々木さんね、何か良いものを考えてちょうだい」と言うんだね。我々がつくるものは、大衆を幸福にするもんや。大衆に売ろうと思ったら、会社をたくさんつくらんといかん。シャープにはまだそれだけの金がない。それなら、リーダーシップをとって、人に真似されるような企業をつくってくれと。技術を取られたら、また次の技術を開発する。その代わり、特許料はいただくと。


工藤公康

他人の心理を読むのは非常に難しい。僕も読み違いは無数にあります。でも、相手の心理を100%読むのは無理だとしても、100%に近づける努力をしていました。


大澤道雄

失敗はどんどんすべきだ。私もたくさん失敗してきたし、部下の失敗で始末書や顛末書を書くこともいとわなかった。


浦沢直樹

ぐっとくる線の集合体かどうかというのがまず第一。それがずっと高まっているから絵として完成していく。


ページの先頭へ