名言DB

9413 人 / 110706 名言

カール・ジムロックの名言

twitter Facebook はてブ

カール・ジムロックのプロフィール

【カール・ヨーゼフ・ジムロック、カール・ジョセフ・ジムロック。19世紀ドイツの詩人、作家、学者。ドイツの国民的英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』を現代ドイツ語訳したことで知られている。ボン大学、フンボルト大学卒。ボン大学教授

カール・ジムロックの名言 一覧

忍耐の草は苦い。しかし、最後には甘く柔らかい実をつける。


昨日行ったことを明日になって後悔しないように、神は今日、良い忠告を人々に与えてくれる。


カール・ジムロックの経歴・略歴

【カール・ヨーゼフ・ジムロック、カール・ジョセフ・ジムロック。19世紀ドイツの詩人、作家、学者。ドイツの国民的英雄叙事詩『ニーベルンゲンの歌』を現代ドイツ語訳したことで知られている。ボン大学、フンボルト大学卒。ボン大学教授

他の記事も読んでみる

門川義彦

誰かに笑いかける。これはシンプルで最高に効果的なコミュニケーションの技術です。多くの人はここを勘違いしています。生まれつき感じのいい人、笑顔の素敵な人と、そうでない人がいると思っている。それは違います。笑顔は技術です。技術だからこそ、いい笑顔は訓練すれば誰にでもできるのです。


倉重英樹

私はいま66歳です。働くのは楽しいと最近とみに思います。何が楽しいかといえば、会社に来るといろいろな人に会えることです。人間は何歳になっても、自分の能力を何らかの成果に変えたいと思うものです。一方で、経営者である私は、引き際も肝心だと心得ています。


森正文(経営者)

人間は話したいし、理解されたい生き物だと思います。相手の話を聞いてあげれば、相手は気持ちよくなる。自分の周りを見ても、好かれる人、一目置かれる人は皆聞き上手です。


小椋佳

「君の面倒は一生見てあげるよ。ここにいて真面目にコツコツやりなさい」と言われて企業の命令に従っていると、ある日とんでもない裏切りにあったりする。そういうことが平気で起きてくる。


岡田民雄

私は、現役で喜寿(77歳)を迎えることができることを、大変有り難く幸せなことと思っている。そしてこれからも可能な限り現役として働き続け、何か社会のために恩返ししたいと願っている。そのためには心身共に健康であることが絶対条件である。健康長寿は誰もが願う人生最高の望みであろう。


三木卓

失くしたものばかりを思っていたらうつになります。不景気、不景気と言うけれど、揚げたてのアジフライとキャベツの千切りがあって、生ビールを飲めたらそれで幸せじゃないですか。


佐藤卓(グラフィックデザイナー)

若い時というのは、たいていは不遇ですよね。仕事の質、量、環境、クライアント、報酬などに不満があるからこそ、むしろ、力が湧いてくるとも言えるのではないのかな。


本多静六

勤労生活者がカネを作るには、単なる消費面の節約といった消極策ばかりでは十分でない。本職に差し支えない限り、否、本職の足しになり、勉強になる事柄を選んで、本職以外のアルバイトに勉めることである。私のアルバイトは、「1日1頁」の文章執筆の「行」によって始められた。


上杉謙信

信玄の兵法に、のちの勝ちを大切にするのは、国を多くとりたいという気持ちからである。自分は国を取る考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている。


近藤宣之

言いたいことが言える社風かどうかは社長次第。私も言われてムッとすることがありますが、そこで3秒間おいて落ち着きます。まず社長が変わらなければいけません。すべては社長の責任なんです。


高須克弥

僕にとってのお金は、血液みたいなもの。生きていくには、どんどん循環させる必要があるが、使わない血液がたくさんあってもしょうがない。


植木宏

仙台支社で青森を担当したころは大変でした。県全域をカバーする営業マンは二人だけ。週5日のうち、4日は青森に泊まり込みでした。酒屋さんであれば、開店直後や閉店直前を狙って飛び込む。業務用の酒販売店さんに対しては、その酒販売店さんが収めている焼き鳥屋さんで焼き鳥を大量に買い込み、それを夜10時くらいに届けてキーマンと話し込むチャンスをつくる。また、仙台からの電話商談でラチがあかないときは、すぐに電車に飛び乗り、その日のうちに青森に顔を出したりする。意外な行動によって情に訴えるわけです。


福嶋康博

文化を知るためには、長年その国に慣れ親しむことが必要です。商店や路地を歩き回るだけでは、特に勉強にはなりません。私の場合は米国でのハウスキーパーのアルバイト経験が非常に参考になりました。一般的な家庭の生活が間近で見れたからです。


鈴木貴子(経営者)

どんなに優れた新商品であっても、きめこまやかな販促と営業活動が展開できなければ、せっかくの商品も在庫の山になってしまいます。ヒット商品に成長させるには、市場投入と同時に登場感を演出し、消費者に認知していただき、購買につなげていく必要があります。その際に不可欠なのが、マーケット情報や成功体験を社内で共有すること。当社の営業日報は、そのためのコミュニケーションツールです。社内のネットワークにフォーマットがあり、そこに日々の予定や実績、意見などを書き込んでいきます。他の社員がコメントをつけたり、「拍手!(いいね)」をつけることもできます。


パトリツィオ・ディ・マルコ

我々はラグジュアリー業界の中で最も多くの社会貢献をしています。誰かに強制されたのではなく自主的に。なぜなら、成功し利益をあげている会社として社会にお返しをしなければならないと考えているからです。そして慈善活動は、我々の価値観でもあります。