名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カーマイン・ガロの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カーマイン・ガロのプロフィール

カーマイン・ガロ。アメリカのコミュニケーションコーチ。著書に『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』『フォースクエア 位置情報の威力』『アップル 驚異のエクスペリエンス』。

カーマイン・ガロの名言 一覧

難しい言葉が知性を表現するわけではありません。シンプルに表現して聞き手に理解させることが大切。


人にものを伝えるためには、なるべく専門用語を使わず、「イメージを共有できる言葉」を選ぶことが大切。


大切なのは流暢さでなく「伝わる」こと。焦って速く話そうとせず、スピードを落とし、クリアに話す。語句をはっきり発音することを心がけてください。


実は、TEDに登場する誰もが大切にしているのが「練習」です。練習をすればするほど自信が生まれ、英語の会話も自然になることも覚えておきましょう。


英語のなまりがあっても、話し手が熱意を込めてストーリーを語るスピーチはとてもパワフルになる。英語力を問わず、誰でも英語で伝えることはできる。そのことを、優れたスピーチから学ぶことができる。


カーマイン・ガロの経歴・略歴

カーマイン・ガロ。アメリカのコミュニケーションコーチ。著書に『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン』『フォースクエア 位置情報の威力』『アップル 驚異のエクスペリエンス』。

他の記事も読んでみる

俣野成敏

30歳の頃、勤めていた会社が50年ぶりの赤字転落。社内に「早期退職」を勧める告示が出たのですが、2度目の対象が「30歳以上」だった。そこで生き方のスイッチが切り替わった。会社という沈まない船に乗っていたつもりが、その安堵感は沈み欠けた船に乗っている危機感に変わった。同時にものの考え方をガラリと変えた。まず定年までどうやって、のらりくらりと生きていくか、という発想を捨て、社内ベンチャー事業の募集に手をあげた。


川俣喜昭

大きな組織だと、少しの力では物事は進まない。成功させるためには、どれだけ自分の思いを組織の他の人に理解させ、ベクトルを同じ方向に向けさせるかだ。


神田昌典

分析的に考えてしまうと、そこにはワクワクが生じませんから、新しい価値をつくりだすことはできません。新しい発想やアイデアは、自分を快の状態にもっていき、脳を活性化することから生まれます。


谷耕月

仏教の中に「人人具足、個個円成(にんにんぐそく・ここえんじょう)」という言葉があります。カボチャはカボチャ、ナスビはナスビ、ニンジンはニンジンの味があり、それぞれの個性があります。人間も同じなんです。その人でしかない、素晴らしい個性をもっているんです。


児玉光雄

仕事では、いつもものごとが順調に運ぶわけではありません。むしろ、上手くいかないときの方が多いでしょう。絶好調の時は、何も特別な手を打つ必要はありません。問題は自分にとって良くない状況、逆境に置かれたときです。そこでいかにやる気を維持するかは、努力が長続きするかどうかの大きなカギとなります。


北井博

志は、衆知を集めることではじめて達成できると、最近つくづく思います。親父(創業者)は賢かったけど、私はそうではないしね。そして、衆知が自分の元に集まってくるためには、やっぱり信用がないとダメ。


浅野秀則

いろいろ研究していく中で、デリバリーでは出せないピザもあるわけなんです。たとえば、サーモンのピザ。高温のオーブンで焼くとただの焼き鮭になってしまうんですが、生地だけ焼いて、上にフレッシュサーモンを乗せるとすごくおいしいピザができる。またはレタスやトマトなどのフレッシュな素材をトッピングするのは、お店じゃないとできないんです。その次なるフランチャイズや、商品開発のための実験店舗、それが外食事業部の始まりだったんです。


川越達也

もともと僕は、「俺が、俺が」というタイプではありません。どちらかというと裏方志向が強いくらいです。ですから、商品開発にしても、「美味しいなと思って食べていたら、実は川越さんの仕事だった」というくらいのほうが僕の美学には合っているのです。ただ、そういう仕事ができるポジションに行くまでには人の目に多く触れる、世間に認知していただくプロセスが必要です。それもあって、僕はメディアでの仕事もたくさんしてきました。


濱口秀司

普通の人は情報がないと怖いと言いますが、僕は情報があったほうが怖い。いろんな情報が入ってくると自分が考えやすい方向に進んでしまうので、バイアスを壊すのが難しくなる。


富川悠太

番組によって情報の伝え方は様々ですが、共通した大切なポイントは、相手が何に興味を持って話を聞いているのかを、しっかりイメージして伝えること。「自分が言いたいこと」ではなく、「相手の知りたいこと」に応えるようにする。その意識は、報道でもバラエティーでも同じ。


坂本光司

よくアドバイスするのは、あまり細かくルールを定めずに、「個別対応で運用しましょう」ということです。たとえば、制度の規定にちょっとだけあてはまらない社員がいるとして、「じゃあ新しい規定を追加しよう」ということをしていくと、どんどんルールが複雑になってしまう。逆に、全員にあてはまるようなルールにすると、平均値を取るような形になってしまい、価値が薄れてしまいます。社員はそれぞれ、家族構成や家庭の事情も異なるわけですから、個々の状況に合わせてある程度調整していけばいい。そのほうが現実的です。それが組織全体として受け入れられるかどうかは、まさに風土の問題といえます。


宮﨑吾朗

自分より経験のある人に尋ねることを積極的にしたらいいと思います。個人主義の時代というのは会社でも同じなのでしょうが、それが極端になると、わからないことを人に聞けないんですよね。一人で抱え込んでジタバタしている。ジブリの鈴木敏夫プロデューサーは還暦を過ぎていますが、知らないことがあれば相手が若い人であってもすぐに尋ねます。宮崎駿も同じで、決して自分一人では解決せず、「鈴木さん、これどうすればいい?」って聞ける人です。