カンポン・トーンブンヌムの名言

カンポン・トーンブンヌムのプロフィール

カンポン・トーンブンヌム。タイの仏教者。ナコンサワン県出身。アーントーン体育高等専門学校に体育教師になる。水泳の事業中に事故で脊髄を損傷しほぼ全身不随になる。ルアンポー・カムキエン・スワンノー僧に師事し「気づきの瞑想」を修める。寺院や病院、学校、刑務所などで困難な状況にある人に対し講演を行った。著書に『気づきの瞑想で得た苦しまない生き方』。

カンポン・トーンブンヌムの名言 一覧

1分間気づきを保って「今ここ」を生きられれば、1分間安らぎとともに生きられる。
1年間気づきを保って生きられれば、1年間幸せに生きられる。


カンポン・トーンブンヌムの経歴・略歴

カンポン・トーンブンヌム。タイの仏教者。ナコンサワン県出身。アーントーン体育高等専門学校に体育教師になる。水泳の事業中に事故で脊髄を損傷しほぼ全身不随になる。ルアンポー・カムキエン・スワンノー僧に師事し「気づきの瞑想」を修める。寺院や病院、学校、刑務所などで困難な状況にある人に対し講演を行った。著書に『気づきの瞑想で得た苦しまない生き方』。

他の記事も読んでみる

みうらじゅん

「おもしろいこと」は常に違和感から生まれる。その違和感を楽しむのが「マイブーム」の原点。


吉川廣和

企業経営には常にリスクがつきまとう。だから経営者は常に不安を感じる。


藤岡頼光

グローバル人材にとって必要な能力を高めるためには、できるだけ早く海外に出るべき。とくに、高度経済成長を遂げている国の「熱気」を若いうちに肌で感じて欲しい。


小島慶子

小さな実感は、弱い立場の人が持つ最も強い力。経験を通して感じたことを、相手を慮りながら堂々と発信してほしい。


ガー・レイノルズ

外資系の某化粧品会社で、新商品のメッセージについてディスカッションが行われました。「この技術が肌をきれいに見せる」「保湿効果が何%アップ」など、アピールしたい点がいろいろあり、まとまりません。ところが誰かが「これは働くお母さんの一日を楽にしてあげる商品だ」というと、みんなが納得してパッと方向性が定まりました。機能を並べるより、「働くお母さんが抱える悩みがこの商品によって解決される」というストーリーのほうがわかりやすく、訴求力があるのです。


島田昌幸

ネットやモバイルを、どう使いこなしていくかであって、ネットやモバイルに対して競争意識や競合意識を持つ必要はない。やはり、それぞれの違い、良さがありますので、それを使い分けていくことが第一です。


坂野尚子

私は、どうも調子が出ないというとき、すぐにオフィスの周りを散歩します。そうして街の風景を眺めていると、「最近はこんな店が流行っているんだ」などと目からいろんな刺激が入ってきます。途中で思わず買い物をしてしまうこともありますけど(笑)。頭をいったんリセットすることができます。少なくとも、「あ~、何もいいアイデアが湧かない」なんて言いながら、パソコンの前にしがみついているよりはよっぽどいいですよ。


仲暁子

ネットの世界では、7~10年に1回の頻度で大きな波が来て、何もかもがリセットされると言われています。当時はスマートフォンやSNSが普及する直前で、「巨大な波がもうすぐ来る」と言われていた。「やるなら今しかない!」と、フェイスブックを半年で辞め、実名制のQ&Aサイトを立ち上げたのが、当社の出発点です。


古川裕倫

失敗した事実から逃げる人は、失敗を失敗のままで終わらせてしまう。しかし、失敗を自分の責任と認めて、そこから再スタートできる人は、失敗経験を大きな仕事を成し遂げるためのプロセスに変えることができる。


羽生善治

先行きを心配しても仕方がない。折々に判断を下すときに、私は人間が本来持っている「野性の勘」を大切にしたいと思っています。


古田敦也

データを集めて傾向を探ることも含めて、相手の思考を考察していくと、勝てない相手にも勝つことができるんです。


山崎種二

私は金儲けのために算盤を外したことのない男であるが、ただひとつ、営利を離れ算盤を外してやっているものに育英事業がある。私の教育方針としては、生徒に将来社会人となるための教育を完全にしなければならぬということである。戦前の女学校は花嫁学校的色彩が強かったが、現在は女性もどしどし社会へ進出しているので、邦文はもちろん英文タイプや、私のモットーとする算盤などの習得も生徒にすすめ、いまでは全生徒がやるようになっている。おかげで就職率も非常にいい。
【覚書き|練馬の富士見女学校(のちの富士見高等学校・中学校)を経営していることについて語った言葉】


小飼弾

ビジネス書を読んで優れたビジネスマンに大化けする人というのは、逆説的な言い方をすれば、優れたビジネス書を選び出す能力に長けた人ではなく、むしろそこに書かれていることを素直に受け止めて実行する人です。


北条早雲

たとえたくさんの者を召使っていても、すべての事柄をそれらの人に申し付けるのが当り前だと考えないで、自分自身でまず万事をやってみて、十分に様子を知り抜いた上で、それから人にやらせてもよいものである、と考えなくてはならぬ。


家本賢太郎

社員の力を発揮できる場を見つけてあげることが会社の一番の責任です。それが最もモチベーションアップの効果があると思います。


ページの先頭へ