カンニング竹山の名言

カンニング竹山のプロフィール

カンニング竹山、かんにんぐ・たけやま。竹山隆範、たけやま・たかのり。日本のお笑い芸人、俳優、コメンテーター。福岡県出身。小学生時代の同級生・中島忠幸とお笑いコンビ「カンニング」を結成。お笑い番組、情報バラエティー番組、テレビドラマ、映画、ラジオなど幅広い分野で活躍。

カンニング竹山の名言 一覧

テレビのバラエティ番組でも、まだまだやれることはいっぱいあるし。これからですからね。ネットとバラエティの融合など、オレならではの仕事は。ネット大好きですね。テレビとうまく連携して面白いことができないかなと、試行錯誤中です。


ずっと仕事がなかったから、必死でした。テレビのオーディションに通り始めたとき、嬉しかったなぁ。仕事がくるって、楽しいですよ。


公園、よく来ますよ。仕事の合間に一息ついたり、ツイッターに投稿したり。わざわざ店に入るまでもないような短い時間とか、公園で友達と缶ビールを飲んだりもしますね。


ともかく全国区の芸人になりたかったんですよ。夢だけは大きかったけど、恥ずかしいほど未熟でした(笑)。


危機感もなく、「芸人だから無茶してナンボ」といったバカな見栄があってね。借金が借金を呼び、28歳のころには450万円の借金を抱えるようになってたんですよ。あの日も、サンミュージックのライブがあって。穴を開けたりしたら「マジでクビだな」と思ってたら、昼ごろなのに借金取りがやってきてね。裏の窓から抜け出し、なんとか会場にたどり着いたものの、ネタなんかまともに披露できる状態じゃないわけだよ。「もう、このままでは終わりだな」という頭もあったので、中島(相方)に言ったんです。「今日、オレは好きなことを言う。それで怒られたら漫才もやめるからな」と。で、お目当ての若手芸人に向かってキャッキャ騒いでいた女子高生に腹が立っていたんでね。「お前、ちょっと立て」と言って、その若手芸人の悪口をまくし立ててね。「お前の応援している芸人はちっとも面白くねぇ。そんなヤツを応援するお前には才能のかけらもねぇ!」と怒鳴ったら、会場は大ブーイングに包まれたけど、芸人連中にはウケにウケた。師匠の(ブッチャーブラザーズ)リッキーさんにも言われたんです。「これやで、竹山!」って。それがキレ芸の始まりでした。もう、「この仕事をやめよう」とまで追い詰められていたから出た芸ですけど、もともとオレにあった要素なんでしょうね。自分にないものを芸にしても、長くは続かないですから。


「カンニング」を結成した後、オーディションをやっている事務所をいくつか見つけてきて、最初に行ったのが渡辺プロダクションのネタ見せだったんですよ。その一発目に「預かる」となって、初っぱなから月に2日間あったライブに2日続けて出られた。初めは調子よかったんですよ。半年ぐらい経つと、二人も若かったから、そこそこの人気も出てね。博多弁でいうところの「のぼせもん」というか、なんか調子こいてる感じでしたかね。まだ若く、何もできないくせに。それまで二人っきりで遊んでいたけど、お笑いの先輩や仲間ができてきて、一緒に飲んだりするのが、楽しくて楽しくてしょうがなかったんですね。でも、ネタづくりもせず、ただただ遊んでばかりいたから、そのうちライブでの出番もなくなっていって。1年半でクビになってしまったんです。ただ、オレも中島も裏の政治がうまいというか(笑)、「クビになる」という話を3か同前に掴んでいて、サンミュージックがお笑い班をつくるというので、そこに移ることに話をつけてたんです、裏で。


高校のころから、「東京の芸人」になりたかったんですよ。ビートたけしさんをトップに、とんねるずさんなどに憧れがあって。だから大学も関東しか受けなかったし……、全部落ちたけど(笑)。大学なんかどこでもよかったんですよ。東京に出てくる手段というか、受かったら辞めて、そのまま芸人を目指すつもりでしたから。親不孝もいいところで、一浪して、また東京の大学を受けようと思っていたら、吉本興業さんが福岡に事務所をつくるというじゃないですか。オーディションの決勝はテレビで生中継すると。で、今も福岡で芸人をやっている、当時の相方と出たら、うまい具合に優勝しちゃったんですよ。「きたな、やっぱり」と(笑)。これで夢の芸人になれると思い、福岡吉本に入ったわけです。でも、やることといったら、イベントや地元のテレビにちょっと出たりと、どうもパッとしない。「オレが憧れてきた芸人のレベルは、こんなもんじゃない」と。1年間で東京へ逃げ出たんですよ、オレ一人で。「やっぱり東京の芸人になるなら、東京のキー局に出ないと駄目だろう」って。


カンニング竹山の経歴・略歴

カンニング竹山、かんにんぐ・たけやま。竹山隆範、たけやま・たかのり。日本のお笑い芸人、俳優、コメンテーター。福岡県出身。小学生時代の同級生・中島忠幸とお笑いコンビ「カンニング」を結成。お笑い番組、情報バラエティー番組、テレビドラマ、映画、ラジオなど幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

指示したことが実行されているかは、現場に足を運ばなければわかりません。また、実行されていないとすれば、それは指示の仕方の問題なのか、現場を担当する人数の問題なのか、あるいは予算の問題なのか、といったことも現場に足を運ばなければわかりません。わからなければ、手の打ちようがありません。


古森重隆

チャレンジする心、勇気がなければ、変革は起こせない。


弘兼憲史

多少きつい言い方になるかもしれない。しかし本気で自己啓発に取り組めない管理職はどこかで落ちこぼれる。時代はいつも変化している。変化に対応するためには自分自身を変えていく必要がある。そこそこできればいいと思っていると、ある程度のところで満足してしまう。自己啓発はそこで終わる。大切なのは自分に満足しないということなのだ。


中川邦夫(コンサルタント)

机上の空論にしないために忘れてはいけないポイントは、たどりついた問題解決策を、実行イメージ、「誰がいつまでにどうやるか」までをしっかり考えておくこと。


渡邉美樹

僕は従業員みんなが主人公だと思っています。それがワタミの29年前からの理念ですから。


佐藤優

大変なときに救ってくれたのは大学時代の友人たちです。大学時代の仲間は利害関係ではない。私という人間の本質を知り、信頼してくれている。国家権力と対峙していようが、マスコミが何を伝えようが揺るがないんですね。


光本勇介

ToDoリストを作るときって、綿密に仕事を詰め込むことを目指しがちですが、僕は空き時間が生まれるよう圧縮することを目的にしています。自由というキーワードがポイントなんです。


青木孝憲(カーデザイナー)

光岡自動車の採用面接で、生まれて初めて富山に行き、「私は学問ができません。しかし、クルマをつくりたい気持ちは人一倍あります」と思いの丈を素直にぶつけました。その結果、デザイナーとして拾ってもらえたんです。


パブロ・ピカソ

ひとりひとりの命が大切に守られること。互いに許し合うこと。これによって平和がもたらされる。


茂木健一郎

脳が最も創造的になっているのは、フロー状態にあるときです。フロー状態とは、集中しているけれどもリラックスしている状態です。努力することなく自然に、脳や身体が最大のパフォーマンスを発揮できます。私たちは、緊張してしゃちほこばっている状態を「集中している状態」と勘違いしてしまいますが、そうではありません。目指すべきは緊張ではなくリラックスです。


高橋修司

ユーザーとの接点を増やすために、世界に約75か所ある当社ブランドの専門店を、100店まで広げます。「いい製品を作れば売れる」という幻想は捨てて、独自の価値を丁寧に伝えていきたいと思います。


新将命

私はアメリカ、イギリス、オランダなど海外の複数の企業で働いてきましたが、勝ち残っている会社には驚くほど共通点があります。国も業種・業界も関係なく、普遍性の高い原理原則があるのです。原理原則を実践している会社の業績は伸びています。一方、そうでない会社はどこかで行きづまっています。


森本智子

インタビューでは必ず押さえなければならない質問もあります。けれども、基本的には、自分の中で考えを固めずに、柔軟な状態で話を聞くようにしています。


小池百合子

私は、女性であることの困難さを感じたことがないんです。むしろ男性の持っていないものを持っている強みがあると思っています。


小杉俊哉

学びとともに最近重要になっているのが、その人の存在そのもの、「being」です。「being」とは、この人といると元気が出る、癒やされる、周りが影響を受けるなど人物が絶対的な評価で判断される要素。この評価は評価項目としては表現できません。でも重要なプロジェクトには「being」で評価された人が入っているケースが多い。


ページの先頭へ