名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カレン・アーノルドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カレン・アーノルドのプロフィール

カレン・アーノルド。ボストン大学教授。

カレン・アーノルドの名言 一覧

優等生たちは、会計、医学、法律、工学、教育といった伝統的な専門分野の職業に就く傾向にある。彼らが世の中を変えることはないだろうが、職場ではそれなりにうまくやるようだ。学校で良い成績を取ったからといって、それがその後の人生の成功に直接結びつくとはかぎらない。彼らには、自分の情熱のすべてを注ぎ込むほどの対象はないようだ。例えば会計士になったところで、彼に世の中を変える機会などまずめぐってこない。だから彼らは規則に従い、ひたすら勤勉に働く。学ぶのは好きだが、彼らが型破りな創造者になることは決してない。優等生たちは、システムの歯車となって働くときにその能力を最大限に発揮し、ことに変化を嫌うようだ。


カレン・アーノルドの経歴・略歴

カレン・アーノルド。ボストン大学教授。

他の記事も読んでみる

安徳孝平

ネイティブアプリの開発には、ブラウザゲームと比較して、開発費用は3倍、期間も1年ほどかかってしまいます。また、ヒットするゲームはゲームデザインとアート、テクノロジー、マーケティングのすべてが求められます。昔のように、スキルの高いスター技術者が独力で開発できるものではなく、会社全体の総合力がなければとてもヒット作は生まれないでしょう。


清水信次

アメリカにトランプ大統領が誕生し、昨年はイギリスがEU離脱を決めたことで、世界がどう動くか、固唾を飲んで見守っているが、こういう時こそ右往左往してはいけい。情報過多に振り回されるばりでは、判断を誤る可能性がある。


鍵山秀三郎

経営者が方針を誤れば社風は一変し、悲劇が起こりうる。


遠藤信博

会社は人が入れ替わる難しさがありますが、絶対に継続していかなければいけません。その武器が文化です。世界の社会インフラを攻めるという感受性を持ち、しっかりと挑戦する柔軟な組織にしたいと考えています。


生月誠

確かに昇進すると、環境の変化はもちろん、同僚からの妬み、上司からのさらなる期待、部下からの逆評価など、ストレスの原因となるものは山ほどあります。しかし、それらすべてをいちいち真剣に受け止めて、トラブルを恐れていては、うまく行くものも行かなくなってしまう。「失敗してもなんとかなる」という開き直りが大切。


高島宏平(髙島宏平)

採用の面接ではこれまでに一番つらかったこと、苦手な上司、モチベーションが下がる瞬間。そういうことを質問します。すると問題を解決するための実力や胆力がわかります。強みと弱みの両方を聞いたときに、強みしか出て来なくて、弱みについては「なんでしょう、思いつきません」などという人は、危ういなと思います。


富田直美(経営者)

とにかくやることが大事。それが次につながるからです。


町田勝彦

シャープは創業以来、世界初、日本初の商品を生み出し続けてきたが、それはすべてシャープの風土があればこそであった。四代目社長となった私が「ナンバーワンよりオンリーワンを目指す」と、ためらうことなく宣言できたのも、代々受け継がれてきた市場の変化を先取りした需要創造型商品を創出する「創意の遺伝子」のおかげだと思っている。


森田勉(経営者)

営業は、汗水たらしてただ頑張ればいいってもんじゃありません。効率や生産性を考えた頭脳営業をすることが大事です。センチュリーハイアットに転職して宴会担当になったときも、まず、どうすれば少ない労力で大きな売上をあげられるかを徹底的に考えました。そうしたら、「宿泊付きで定例的に行われている会議の宴会を、ほかの大手のホテルから横取りするのが一番だ」と気づきました。


田口連三

私は社長時代、次期社長から、十年後、二十年後の経営者候補リストを常に持ち、絶えず修正を加えていた。【覚書き|石川島播磨重工業会長時代の発言。後継者選びは長期スパンで行い、早いうちから適性のある者にトレーニングを積ませるという主義をとっていた】


テリー伊藤

芸能界には、遅咲きの芸能人がいる。彼らは、ただじっと咲くのを待っていたのではなく「今は咲いていないけど、逆転するための準備」をしていたのだ。ある日、突然、棚からボタ餅のように咲くことはない。


赤坂祐二

成田空港のトランジット(乗り換え)のお客様が多くいらっしゃいますが、空いた時間をどうするかという課題を抱えています。そういった方に空港周辺の体験型の農園があると、喜ばれますよね。海外ではこういった体験型の農園は珍しいようですから期待しています。農業以外にもいくつかの事業に参画していますが、まだまだ小粒な事業ばかりです。ですが、空港の役割も広がっているのでビジネスの種は必ずあります。そういった意味では地方の空港にチャンスがあると思っています。