名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

カル・リプケン・ジュニアの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カル・リプケン・ジュニアのプロフィール

カル・リプケン・ジュニア。米国の大リーガー(サード、ショート)。ルー・ゲーリック、衣笠祥雄の記録を抜き、連続試合出場世界記録のタイトルを獲得。ボルチモア・オリオールズで全現役時代を過ごした。2007年に米国野球殿堂入り。

カル・リプケン・ジュニアの名言 一覧

いまこの試合でうまくやりたい。明日になれば、明日の試合に出てそこでプレーしたい。そうやって僕はここまで来た。僕の目標は「連続出場なんて全然視野になかった1、2年目のころの試合に対するアプローチ」をずっと保ち続けることだ。
【覚書き:ルー・ゲーリックの連続試合出場記録に近づいたとき感想を聞かれての発言】


カル・リプケン・ジュニアの経歴・略歴

カル・リプケン・ジュニア。米国の大リーガー(サード、ショート)。ルー・ゲーリック、衣笠祥雄の記録を抜き、連続試合出場世界記録のタイトルを獲得。ボルチモア・オリオールズで全現役時代を過ごした。2007年に米国野球殿堂入り。

他の記事も読んでみる

冨田和成

コールセンターの無人化やチャットボットの導入など、営業の自動化が進んでいます。それを受け、「いままでの営業スタイルが通用しなくなるのではないか」と悩みを抱える方も少なくないでしょう。しかし、私はむしろAI時代にこそ、営業の価値が上がるものだと考えています。なぜなら、営業の本質とは、顧客との信頼関係を構築し、課題解決に向けて考え続ける、人対人の仕事だからです。


安藤忠雄

儲かったお金を社会還元することで人の役に立てるばかりか、社会とのつながりも生まれて、自分の感性を磨ける。たとえば、美術館に寄付すれば、美術と無関係ではなくなる。すると、感性を磨くために文学を読む。いろいろなことを考えるようになるんです。


清宮俊之

海外出店をメインに一風堂を展開する計画です。海外出店が増えるので、近い将来、国内150店舗、海外200店舗というように、海外の店舗数が国内を上回る日が来ます。そうなったら既存の会社の考え方では対応できないだろうと予想しています。


堀場雅夫

最近、ドッグフードとかキャットフードを作っている会社の業績がすこぶる良いと聞いた。ダイエットキャットフードとダイエットドッグフードが、普通のドッグフードの倍の値段で売れるんですと。僕は常々、皆がダイエットとか言っている間は日本は大丈夫やと思うとりました。この間も、レインコートや長靴を履いた犬が近所を歩いとった。そんな国の一体どこが追い込まれてるんですか。


松下幸之助

「これは背水の陣を敷くことだ。製品の真価を知ってもらうために小売屋に無料で配ろう」と決心した。まず3人の外交員を雇い、資本の続く限り、大阪中の小売屋に2、3個のランプをおいて回り、うち一個はその際点火して「30時間以上もちます。品物に信用が置けるようになったら売ってください。その後安心が出来たら代金を払ってください」といって歩かせた。松下電器の運命をかけた販売だった。2、3か月すると小売屋から電話や葉書で注文が来るようになった。
【覚書き|自転車用電池ランプを販売したときを振り返っての発言。最初はまったく売れず、上記の営業法がきっかけで大量に売れるようになった】


徳光正子

百年以上も続くうちのような店は、リーダーが優秀だから皆がついてくるというわけではないと思います。脈々と息づく、「継続は力なり」という精神性がよりどころとなっています。それが、能力のない私を立たせてくれているのです。


宗次直美

私にとって従業員は子供なんです。いろんな分野で私の代わりに仕事をしてくれる子供たちです。大切にしなければいけません。だから全身全霊で叱ります。


仲暁子

健康に最も悪いことの一つは、「嫌いな仕事を我慢してやる」こと。平日にたまった仕事のストレスを発散するために、週末に高級温泉に行ったところで、疲れがさらに蓄積するだけです。人生100年時代にいつまでも若々しく、はつらつとした毎日を送るためにも、心から没頭できる仕事を見つけたいですね。


堀紘一(コンサルタント)

この先30年の社会の変化について、自分なりの見通しを持つことも大事である。いまの枠組みが未来永劫続くことはないからだ。たとえば、大学生の就職人気企業など最たる例といえる。昭和20年代のそれは、砂糖と紡績会社だった。30年代には鉄鋼と造船、40年代になると銀行の人気が沸騰した。JALだって数年前までは人気が高かった。入社した人たちの多くは、まさか会社が破たんするとは思わなかっただろう。誰も未来のことはわからないが、今年が去年の延長線上という考え方は危険だと思う。


矢萩春恵

文部科学省は、小中学校の授業で書の時間を軽視するようになってきている気がします。これは大きな問題だと思います。日本の伝統文化を体で覚える作業を子供たちがしなくなってしまったのですから。書に限りませんが、鍛錬する場をもっと大切にしないと日本は良くならないと思います。


鳥羽博道

一杯のおいしいコーヒーは私の仕事に対する取り組み方を大きく変えた。それまではただ漠然とコーヒーをいれていたように思う。だが、それからというもの、毎日コーヒーをいれるのが楽しくてしょうがなかった。昨日よりも今日のコーヒーの方が味がまろやかだとか、どうしたらもっとおいしいコーヒーがいれられるようになるかとか、コーヒーの味に私はすっかり魅了されてしまった。生きていかなければという思いからたまたま飛び込んだ喫茶業界。その世界で働くことに少しずつやりがいを感じ始めていたのである。
【覚書き|上京し、レストランのバーテンダーとして働き始めたときを振り返って】


むらかみかずこ

手紙を受け取る側にとって、文章の内容より見た目の方が記憶に残ります。その第一印象を決めるのは、7割が便せん、2割が文字、1割が切手という比率。センスの良い便せんを使えば、それだけで印象はグッと良くなります。また、コンパクトな「一筆せん」なら、長い文章を書くプレッシャーからも解放されるでしょう。