カル・リプケン・ジュニアの名言

カル・リプケン・ジュニアのプロフィール

カル・リプケン・ジュニア。米国の大リーガー(サード、ショート)。ルー・ゲーリック、衣笠祥雄の記録を抜き、連続試合出場世界記録のタイトルを獲得。ボルチモア・オリオールズで全現役時代を過ごした。2007年に米国野球殿堂入り。

カル・リプケン・ジュニアの名言 一覧

いまこの試合でうまくやりたい。明日になれば、明日の試合に出てそこでプレーしたい。そうやって僕はここまで来た。僕の目標は「連続出場なんて全然視野になかった1、2年目のころの試合に対するアプローチ」をずっと保ち続けることだ。
【覚書き:ルー・ゲーリックの連続試合出場記録に近づいたとき感想を聞かれての発言】


カル・リプケン・ジュニアの経歴・略歴

カル・リプケン・ジュニア。米国の大リーガー(サード、ショート)。ルー・ゲーリック、衣笠祥雄の記録を抜き、連続試合出場世界記録のタイトルを獲得。ボルチモア・オリオールズで全現役時代を過ごした。2007年に米国野球殿堂入り。

他の記事も読んでみる

吉村久夫

教育は学校任せにせず、社会全体で行うべきです。もちろん学校は教育の専門機関ですが、限界があります。今は、家庭で子供の教育ができておらず、全て学校任せなのです。学校と家庭とが相まって人を育てていく。隣近所の子供が間違ったことをしていたら注意できるような社会環境が望ましい形です。


出井伸之

経営者が自分の後継者はいないと傲慢に言い出したら終わりです。いま私が直面している、大変だなと思うことを分析して、それを次の人がやさしくできるような仕組み作りをしたいと思っています。


峯島忠昭

21歳の頃、リアルタイムで『金持ち父さん 貧乏父さん』を読んで、「株はバーゲンのときに買いなさい」と書いてあったので、9.11テロが起きて株安になったとき大量に株を買いました。元手にしたのは高校卒業後2年間ほど、食事付きの寮がある営業所で新聞配達員をして貯めた600万円です。そのとき買った株価がすべて上がったことが不動産投資に繋がっていきました。


高碕達之助

缶を売ることを売買と考えてはいかぬ、自分の娘を嫁にやったという考え方でやれ。
【覚書き|東洋製缶社長時代の発言】


渡辺捷昭

私たちの時代は、「よいクルマを生産し、消費者に喜んでもらう」といったようなわかりやすい目標があって、組織のベクトルをひとつにできました。しかし、いまは自ら目標を作り出さなければならない時代です。


アルフレッド・アドラー

誰かが始めなくてはならない。見返りが一切なくても、誰も認めてくれなくても、あなたから始めるのだ。


ニーチェ

学者は本をあちこちひっくり返して調べるだけで、しまいには自分の頭で考える能力をすっかり失ってしまう。本をひっくり返さなければ、何も考えられないのだ。


新井直之(執事)

お金持ちに共通するのは、ネガティブな言葉はほとんど口にせず、ポジティブな言葉ばかり。そうやって常に前向きになるようコントロールしているのです。


大坪英夫

この会社に来て以来一貫して心を砕いてきたのは、会社の人心を、重心のところから動かそうということでした。上澄みの人だけでない、全員の本音を変えようと。


川村益之

うまくいかなかったときこそ、「この状況をどうやってひっくり返そうか」と考える面白さが味わえるもの。私は現場で営業をしていた頃から、「取られたらすぐに取り返す」がモットーでした。他社に契約を取られても、必ずその理由をお客様に聞きに行き、次は契約が取れるよう戦略を練りました。


猪木武徳

偉大な先人の思想に触れることには、理論という骨に肉を与える役割がある。


鈴木博之(経営者)

ハーバード大学にアドバイスを求めたところ、3人の先生を派遣していただきました。起業とはどうあるべきかの議論の中で出てきたのは、大阪は政府から離れた場所に位置し、自由があり、起業の環境は良いというものでした。最初から役所頼みでいると規制の範囲内でしか発想が出てこないからむしろマイナスだという論です。それと、これは日本全体に言えることですが、1度失敗したら復活が難しいという風土は改善しなければならないということです。


平井正修

執着を手放すことができれば、失敗を糧にすることができる。囚われの心がなくなれば、思った方向に自在に進んでいくことができる。


鍵山秀三郎

私が昭和36年に事業を始めたころ、たくさんの同業者がいました。しかも、いずれの方々も私から見ると商才がある。いち早く成功された方が、「今度ビルを建てました。本社を大きくしました」とよく報告してくださったものです。ところが、そうした方々がどうなっているかと申しますと、いまほとんど存在していません。驚くほどです。それはなぜだったのでしょう。私は、彼らが成功に甘んじてしまったから、あるいは目標の達成がすべてであったために、そのあと目指すべき行き場所をなくしてしまったからだと思わざるをえないのです。


石田建昭

当社はとにかく徹底的にお世話をするんです。朝から晩まで相手先企業の人になりきってお手伝いしています。今後もこういう誠実さや手作りのサービスを活かしていきたいと思います。


ページの先頭へ