カリン・ドラガンの名言

カリン・ドラガンのプロフィール

カリン・ドラガン。「コカ・コーライーストジャパン」社長兼CEO(最高経営責任者)。ルーマニア・ティミショアラ工科大学卒業後、コカ・コーラレバンティスに入社。コカ・コーラウエスト専務執行役員・副社長、三国コカ・コーラボトリング社長などを経て「コカ・コーライーストジャパン」社長兼CEOに就任。

カリン・ドラガンの名言 一覧

お客様と向き合う時間を増やし、お客様から求められる前に、ニーズを一歩先取りして実行する力が求められる。


大きく物事を変えようとする時は、スピード感を持ってやらないと改革ができません。ひとつひとつの意見や不満を間いていては、改革するどころか後戻りしてしまいます。


私たちは常に、変化と改革を推し進めていかなければなりません。そのためには、社員一人ひとりが「なすべきこと」は何かを自分で考えることが大事です。


統合当初から、40代の中間管理職300人を中心に、社員に「将来どういった会社であってほしいか」を尋ねました。ビジョンを共に作り、各社員が自分の関与を意識することがとても重要です。


カリン・ドラガンの経歴・略歴

カリン・ドラガン。「コカ・コーライーストジャパン」社長兼CEO(最高経営責任者)。ルーマニア・ティミショアラ工科大学卒業後、コカ・コーラレバンティスに入社。コカ・コーラウエスト専務執行役員・副社長、三国コカ・コーラボトリング社長などを経て「コカ・コーライーストジャパン」社長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

大倉喜八郎

今日の経験を明日用いない者には大成功は望みがたい。


ウィンストン・チャーチル

民主主義は最悪な制度だが、これに勝る制度はない。


詹國良(ボブ・セン)

シェアや利益の獲得のために無茶をしてはいけない。しかし、無理はしてもらいたい。普通に戦っていては勝つことはできません。社員1人ひとりが、どれだけストレッチして努力することができるかが非常に大事なこと。


鑄方貞了(鋳方貞了)

「築城三年、落城一日」という諺がありますね。城を築くには長い時間がかかるけれども、落城する時はあっという間だという意味ですが、会社経営も同じです。お客様に信頼されるには長い年月を要しますが、信頼をなくすのはほんの一瞬です。そして、一度なくした信頼を取り戻すには、気が遠くなるほどの月日がかかります。このことを肝に銘じて、お客様の信頼を得るように努力し続けなければなりません。


佐々木正

人間には、各々持ち場があります。自分に適した土地かどうかを見る、生きる勘をまず持たないと駄目ですわ。


木本茂

組織においてはリーダーが大事であり、トップのリーダーシップによって1+1が3にも4にもなるような舵取りが大事。


野口健

彼らの成功と失敗の「基準」と、現場の僕らの「基準」はイコールではない。生きてる場所が違うから。現場で、「他人の基準」に合わせていたら、僕らは死ぬわけです。実際、植村直己さんもそうだったかもしれないし、僕は40人ぐらい先輩や友人を亡くしています。だから、「他人の基準」に合わせるのはもうやめようと決めました。

【覚え書き|2度目のエベレスト登頂失敗で糾弾されたときを振り返って】


川上誠(経営者)

ゼロからインテルジャパンを立ち上げた傳田(信行)さんのように、自分も若いうちにゼロから会社を立ち上げる経験をしてみたかった。
【覚え書き|インテルを辞め、米ザイコーの日本法人設立に参画したことについて】


佐藤優

右肩上がりの時代なら、組織をまとめ上げ、一つの目標に向かって強力に引っ張っていく「率先型リーダー」が求められました。掛け声を掛ければ成果が上がった。しかし、いまは強いリーダーよりも、いっしょになって考え、問題解決をしてくれる「相談型リーダー」が求められている。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

会話において極めて重要なことは、「投げられたボールは必ず投げ返す」ということ。先日、居酒屋で飲んでいると、隣のテーブルの話が聞くとはなしに聞こえてきた。「ゴルフはやりますか?」「やりません」「……」と会話が続かず、し-んとなってしまった。気になったので、相手がトイレに立った隙にそれとなく聞いてみたところ、ゴルフの話題を持ち出した人は「実は先週、ホールインワンしましてね……」と、照れ笑いを浮かべながら告白してくれたのである。惜しいじゃないか。会話が続いていたら、「えっ、ホールインワンですか!」となり、その場は大いに盛り上がったはずなのだ。だから、たとえゴルフをやらず、興味も知識もない場合も「一度やってみたいのですが、きっかけがなくて。ゴルフ、お上手なんですか?」と、会話を続けていくべきなのだ。


坂根正弘

用語が不正確だと真因が見えづらくなることがある。経理システム改革の際の話です。ものづくりにおいては、生産量の数量によって変わる材料費や工場の光熱費といった「変動費」と、間接部門の人件費などの「固定費」に大きく分けられますが、当時のシステムでは、両者をひっくるめて「コスト」としていました。これは当時の日本の経理システム全体がそうだったからでもありますが、変動費と固定費はそもそも違うもの。それが、当社の問題の本質を見えづらくしていました。


中村天風

私だって、そりゃあ腹の立つこともあれば、悲しくなることもある。特に怒ることは、私は自分でも恥ずかしいくらい、のべつ怒ってたという人生だったんです。今でもときどき、そういう気持ちが出ますよ。ただ、「あ、今、天風先生、怒ったな、今、天風先生、悲しんだな」と、あなた方に見えないうちに消しちまう。パパッ、パパッと。


小杉俊哉

気分というものは単純です。楽しいことがあったから、内側から楽しい気分が生じるのではありません。明るい色のネクタイを締めて出社する。女性なら、化粧に気合いを入れる。そうした外側からの働きかけでコントロールできるものです。


佐々木大輔(経営者)

投資していただいている以上、株式上場は視野に入れています。ただ、しっかりと事業を作り上げてからでなければ、上場する意味は無い。


東山紀之

僕も自分では弱い人間だと思っています。弱いとわかっているからこそ、それに負けない自分をつくるために動いて汗をかくんです。弱さを知って小さな努力を積み重ねていけば、いつかそれは強さに変わるときが来ます。


ページの先頭へ