名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

カリン・スローターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カリン・スローターのプロフィール

カリン・スローター。アメリカの小説家。ジョージア州出身。『開かれた瞳孔』でデビュー。『警官の街』でイアン・フレミング・スチール・ダガー賞を受賞。累計発行部数3000万部以上の世界的ベストセラー作家になった。

カリン・スローターの名言 一覧

家族とは、良くも悪くも自分を表すものだと思います。最悪な家族を持つ人もいれば、素晴らしい家族のおかげで怖いものなしだと感じる人もいます。つまり、人間は人とのつながりなくして生き抜くことはできないのです。


一筋縄ではいかない謎解きが物語の中心にくるよう、いつも心がけています。と同時にリアリティがあって興味深いキャラクターを生み出すよう、力を注いでいます。この両要素が備わり、「次に何が起こるだろう?」と読者が思わずにいられないようなストーリーであるかどうかが、私にとってもとても重要です。


私にはルールがあります。セックスや暴力を描く時、そのシーンがなくてもストーリーが違和感なく進むのなら、そうした描写は必要ないという考えです。


犯罪とはどのようなものか、その実態を描くべきだと思っています。最悪なことに、犯罪は常に発生している。この事実を無視するのは犯罪者の思うつぼだと思います。私たちが沈黙したら、犯罪者は日常の風景に紛れてしまいかねない。


最高の小説は、その中心に何かしらの事件が存在しているものです。作家にとっては都合がいいことに、悪いことが起きると、登場人物の核心に迫りやすいのです。また、結末で正義を手にすることもできます。悪者が逃げおおせる犯罪小説はあまりありません。現実社会では犯罪を解決するのは簡単ではなく、多くは未解決のままなので、読者はフィクションで満足する結果を得られます。


登場人物に希望を残す必要がありました。ラストシーンは私の目的を果たしてくれたと思います。悲惨な出来事が起きても、人の精神は生き延び、そして成長できると読者に感じてほしかった。また生きてゆくなかで家族がどれほど大切な存在であるかを示すことも重要だと感じました。彼らは長いことバラバラだったけれど、再び一緒に過ごすようになって、ようやく傷を癒せるようになったのです。


カリン・スローターの経歴・略歴

カリン・スローター。アメリカの小説家。ジョージア州出身。『開かれた瞳孔』でデビュー。『警官の街』でイアン・フレミング・スチール・ダガー賞を受賞。累計発行部数3000万部以上の世界的ベストセラー作家になった。

他の記事も読んでみる

須原伸太郎

「相続ハウス」に近い業種には近年、急成長した店舗型の保険の乗合代理店があります。これほど普及した背景には、既存のサービスに不満を持っていた人が多かったことがあるのでしょう。相続マーケットも同じです。相続問題は、自分が死んだ後の問題なので、誰しも日常的には考えたくないことです。でも、気になっているので相談はしたいが、相談内容は多岐にわたりますから、どこに行けばいいのか分からない。そこで、すべての相談をワンストップで受け付ける一般顧客向けの窓口を展開すれば、需要はあると思ったのです。であれば、街中の目立つところに路面店の店舗展開をしようと考えました。人の「目に触れること」、かつカジュアルな店舗で入りやすくする工夫を凝らしました。


ジャック・マー(馬雲)

時間をかけて築いた信頼をいかに永続させるか。そのために、ブランドの信用を傷つけかねないミスをいかに少なくするか。競争に勝つカギはそこにあります。知名度を上げることとブランドをつくることは、競争戦略上はまったく違う戦いなのです。


藤井孝一

勉強の目標というよりも、自分がどういうキャリアを積みたいかをまず考えるべきでしょう。ビジネスマンが勉強する目的は、大きく分けて3つあると思います。「社内で出世したい」「転職してキャリアアップしたい」、もしくは「独立開業したい」。そのなかでどれをやりたいかを決めたうえで、何を学ぶかを考えた方がいいと思います。


小笹芳央

リーマンショックの後、多くの企業がプレイングマネジャーを増やしました。その結果、現場の戦力としては優秀だけれども、チームのマネジメントや部下育成にまで手が回らないリーダーが増えています。しかし、そんな難しい時代だからこそ、部下としっかりとコミュニケーションを取り、多様化する個々のモチベーションに向き合ってメンバーをうまく束ねられる人が、重用されるのは間違いありません。


角和夫

バランス感覚は経営者にとって重要な素養だと思います。私も100%できているとは思いませんから、これからもバランス感覚を磨くことを継続していきたいと思っています。


出口治明

幼稚園の頃、ぼうっと空を眺めていたら、太陽ってなんか熱くて重そうな感じなのに、なんで落ちてこないんだろうと。「なんでや?」と、おやじとおふくろに聞いたら、うっとうしいと思ったんでしょうね。『なぜだろうなぜかしら』という本を買ってくれたんです。そこには、「重い石に紐をつけてぐるぐるまわしてごらん。落ちてこないでしょう」って書いてあって、子ども心にすごく腕に落ちたんですよ。で、「本を読んだら、親もわからんことがいろいろわかるんやな」と思って、本の虫になりました。


石川康晴

様々なチャレンジと進化を繰り返してきたが、常に人と違うことを考えることに注力してきた。


井上武(経営者)

望むか望まないかにかかわらず、転機は必ず訪れるものです。そのときには、商品やマーケットを変えるなど、経営者としてなんらかのアクションを起こさなければなりませんが、そのベースにはいつも経営理念がありました。


山岡鉄舟

およそ大凡人たるものは、誠忠が肝要である。ゆえに時変に接しては死を見ること帰するがごとき確固たる心胆を動かさぬように鍛練が第一である。


成田和幸

営業の現場では、いくら見栄えの良いカタログで説明してもダメで、各営業マンの手作り感が重要です。


オグ・マンディーノ

おいそれとはいかないかもしれませんが、今日のノルマをこなし、ひとつづつ仕事を片付けていけば、ゴールに到達できるのです。あなたには今日という日しかないのに、その貴重な日が手をすりぬけるのは、過去の失敗を思い出したり、明日起きるかもしれない恐ろしい出来事を思い煩ったりしてくよくよしながら時間を浪費するときです。今日はあなたの日、あなたの手持ちの唯一の日。


野部剛

商談成功にはお客様との信頼関係が不可欠です。それは主にアプローチとヒアリングの段階で構築しますが、出たとこ勝負では信頼を得ることはできません。確実にお客様との距離を縮め、正しい情報を得るための下支え、つまり綿密な準備こそが大切です。