名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カリン・スローターの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カリン・スローターのプロフィール

カリン・スローター。アメリカの小説家。ジョージア州出身。『開かれた瞳孔』でデビュー。『警官の街』でイアン・フレミング・スチール・ダガー賞を受賞。累計発行部数3000万部以上の世界的ベストセラー作家になった。

カリン・スローターの名言 一覧

家族とは、良くも悪くも自分を表すものだと思います。最悪な家族を持つ人もいれば、素晴らしい家族のおかげで怖いものなしだと感じる人もいます。つまり、人間は人とのつながりなくして生き抜くことはできないのです。


一筋縄ではいかない謎解きが物語の中心にくるよう、いつも心がけています。と同時にリアリティがあって興味深いキャラクターを生み出すよう、力を注いでいます。この両要素が備わり、「次に何が起こるだろう?」と読者が思わずにいられないようなストーリーであるかどうかが、私にとってもとても重要です。


私にはルールがあります。セックスや暴力を描く時、そのシーンがなくてもストーリーが違和感なく進むのなら、そうした描写は必要ないという考えです。


犯罪とはどのようなものか、その実態を描くべきだと思っています。最悪なことに、犯罪は常に発生している。この事実を無視するのは犯罪者の思うつぼだと思います。私たちが沈黙したら、犯罪者は日常の風景に紛れてしまいかねない。


最高の小説は、その中心に何かしらの事件が存在しているものです。作家にとっては都合がいいことに、悪いことが起きると、登場人物の核心に迫りやすいのです。また、結末で正義を手にすることもできます。悪者が逃げおおせる犯罪小説はあまりありません。現実社会では犯罪を解決するのは簡単ではなく、多くは未解決のままなので、読者はフィクションで満足する結果を得られます。


登場人物に希望を残す必要がありました。ラストシーンは私の目的を果たしてくれたと思います。悲惨な出来事が起きても、人の精神は生き延び、そして成長できると読者に感じてほしかった。また生きてゆくなかで家族がどれほど大切な存在であるかを示すことも重要だと感じました。彼らは長いことバラバラだったけれど、再び一緒に過ごすようになって、ようやく傷を癒せるようになったのです。


カリン・スローターの経歴・略歴

カリン・スローター。アメリカの小説家。ジョージア州出身。『開かれた瞳孔』でデビュー。『警官の街』でイアン・フレミング・スチール・ダガー賞を受賞。累計発行部数3000万部以上の世界的ベストセラー作家になった。

他の記事も読んでみる

岡野雅行(岡野工業)

図面なんて引かないよ。それで複雑な自動機械をこさえちゃうから、みんなびっくりするんだけど、これは常識に逆らうというより、俺にとってはこの方が自然なんだ。だって、ものづくりっていうのはジャズと同じで、アドリブで演奏しながらいかにイマジネーションを膨らませていくかが、勝負じゃないのか。それなのに図面を引いちゃったら、その図面に縛られて、そこから外に出られなくなる。


堀切功章

わが社の経営の基本的な目標は、「キッコーマンしょうゆをグローバル・スタンダードの調味料にする」ことです。


徳重徹

「いまの若者は安定志向だ」といわれていますが、違う子もちゃんといます。彼らはウチで修業して、将来は自分で起業したいと思っているようです。僕は新人でもどんどん仕事を任せる。もちろん失敗もするから、遠慮なく叱りつけるけれど、彼らも食らいついてきて猛スピードで成長する。それが評判を呼んで、今は優秀な若者から問い合わせがたくさん来ます。


福嶋康博

多くの社長は日常の細々したことに口を出し過ぎています。長期的な視点を忘れてしまいますし、社員は自らで物事を考えなくなってしまいます。


丹羽宇一郎

「信なくして国立たず」という言葉がありますが、社長をどれだけ信頼できるか、社長は社員をどれだけ信頼しているか、そうしたことが第一にあるはず。


松村誠一(経営者)

人材育成も子育てに似ていて、育てる側は「いい子」に育てようとしますね。それは聞き分けのよい人材であり、失敗しない人材であるケースが多い。しかし現実の経営には様々な経験と失敗を重ね、叱られながらも自ら解決策を探そうとする問題解決能力をもった人材が必要なのではないでしょうか。トップもそんな人材を育成するためにも社員を信頼し積極的に仕事を任せていかなくてはなりません。


永持孝之進

経営者は常に「心痛」ではなく「心配の第一人者」であるべきです。「心配の第一人者」とは、会社に必要な情報を積極的に集める意欲のある人をいいます。現状に甘んずることのなく、絶えず自覚し、情報を集め続けること。これが大事なことではないでしょうか。


田原総一朗

本田宗一郎さんは社内に失敗賞をつくりました。大きな失敗した人を表彰するのですが、それは裏を返すと、チャレンジしない者は去れということ。そうやって社内に挑戦の風土を根付かせたから、ホンダからイノベーションが生まれた。


宗次徳二

他の人が「そんなことを」というような小さなことを「そこまでやらなくても」と言われるくらいコツコツ続けてきた人が、力を蓄えて成長するのです。


ジェイ・エイブラハム

様々な業態でコモディティー化が起きています。似たり寄ったりのサービスを提供し、顧客もそれを当然のこととして受け取っているということです。それだけに差別化が重要になります。


稲盛和夫

私は「値決めは経営者の最も重要な役目のひとつである」と常々いっています。なぜなら、売り手にも買い手にも納得を与える値段でなければ商売はなりたちません。そのためには絶妙の経営感覚が求められるのです。


山崎元

一番相談してはいけない相手こそ、お金のプロである。銀行でも証券会社でも窓口で無料相談できますが、費やした時間を、自社商品を購入させることで取り返そうとします。もしプロに相談するなら、利害関係のない、金融機関に勤める知人でしょう。ただ、相談するときは、その人の勤める金融機関では商品を買わないことを宣言しましょう。もちろん、タグで相談するのは申し訳ないですから、お礼はしっかりとすること。