カリン・スローターの名言

カリン・スローターのプロフィール

カリン・スローター。アメリカの小説家。ジョージア州出身。『開かれた瞳孔』でデビュー。『警官の街』でイアン・フレミング・スチール・ダガー賞を受賞。累計発行部数3000万部以上の世界的ベストセラー作家になった。

カリン・スローターの名言 一覧

家族とは、良くも悪くも自分を表すものだと思います。最悪な家族を持つ人もいれば、素晴らしい家族のおかげで怖いものなしだと感じる人もいます。つまり、人間は人とのつながりなくして生き抜くことはできないのです。


一筋縄ではいかない謎解きが物語の中心にくるよう、いつも心がけています。と同時にリアリティがあって興味深いキャラクターを生み出すよう、力を注いでいます。この両要素が備わり、「次に何が起こるだろう?」と読者が思わずにいられないようなストーリーであるかどうかが、私にとってもとても重要です。


私にはルールがあります。セックスや暴力を描く時、そのシーンがなくてもストーリーが違和感なく進むのなら、そうした描写は必要ないという考えです。


犯罪とはどのようなものか、その実態を描くべきだと思っています。最悪なことに、犯罪は常に発生している。この事実を無視するのは犯罪者の思うつぼだと思います。私たちが沈黙したら、犯罪者は日常の風景に紛れてしまいかねない。


最高の小説は、その中心に何かしらの事件が存在しているものです。作家にとっては都合がいいことに、悪いことが起きると、登場人物の核心に迫りやすいのです。また、結末で正義を手にすることもできます。悪者が逃げおおせる犯罪小説はあまりありません。現実社会では犯罪を解決するのは簡単ではなく、多くは未解決のままなので、読者はフィクションで満足する結果を得られます。


登場人物に希望を残す必要がありました。ラストシーンは私の目的を果たしてくれたと思います。悲惨な出来事が起きても、人の精神は生き延び、そして成長できると読者に感じてほしかった。また生きてゆくなかで家族がどれほど大切な存在であるかを示すことも重要だと感じました。彼らは長いことバラバラだったけれど、再び一緒に過ごすようになって、ようやく傷を癒せるようになったのです。


カリン・スローターの経歴・略歴

カリン・スローター。アメリカの小説家。ジョージア州出身。『開かれた瞳孔』でデビュー。『警官の街』でイアン・フレミング・スチール・ダガー賞を受賞。累計発行部数3000万部以上の世界的ベストセラー作家になった。

他の記事も読んでみる

菊地敬一

もちろん既存店の増収にはこだわっていきますが、今後は更にM&Aなどで時間を節約しながら店舗数を拡大するダイナミズムへの転換期が来ているという気がしていますね。ヴィレッジヴァンガードは空間さえつくり上げればあとは何を売ってもいい。僕らのメソッドを投入してヴィレッジヴァンガード色に染め上げていけば1000店は見えています。


ベンジャミン・フルフォード(古歩道ベンジャミン)

僕が初めて勤めたのは日本にある外資の経済通信社。上司はアメリカ人の女性で、彼女はアメリカにいた頃、ひどいセクハラを受けたみたいで男への偏見が強かった。僕は逆セクハラみたいな扱いを受けていたし、職場の居心地は決して良くはなかったんだ。それでも学ぶことはたくさんあったよ。


立川志の輔

調子がいいときにいい噺ができるのはプロもアマも一緒。調子が悪くてもお客様に次もまた来よう、と思わせて帰っていただくのがプロ。


森川亮

C Channel開発メンバーはゼロから価値を生み出せる精鋭だけを集めました。皆には「最高のものを最速で創ろう!」とだけ伝え、あとはメンバーを信じて開発を続けました。彼らがやってダメなら仕方ないと腹をくくったんです。


藤井孝一

小銭を稼ぐなら、人のやり方をマネするだけで十分ですが、劇的に稼ぐにはオリジナルの勝ちパターンを見つけることが大事。勝ちパターンを見つけたら、一気にお金をかけましょう。力がついていれば、かけたお金の分、戻ってくるお金は多いはず。背負えるリスクの範囲内で勝負しましょう。


稲盛和夫

私の世代は、大学を出ても就職先などないのが当たり前でした。そして、幸運にも仕事に就くことができたら、その仕事を必死でやるのが当たり前の時代でした。逆境のなかで耐えて、耐えて、必死になって働き続けることによって自分の精神が鍛えられ、揺るぎない信念が磨かれていったように思います。つまり私の信念は、自分で求めたのではなく、他動的というか、環境から授かったものという気がいたします。


ハワード・シュルツ

他人が賢明だと思う以上に、注意しろ。 他人が安全だと思う以上に。リスクを冒せ。 他人が現実的だと思う以上に、夢を見ろ。 他人が可能だと思う以上に、期待しろ。


河合敦

厳しいと感じるのは、人から抜きん出てしまうことが、いまの教育現場ではよくないとされていること。競争で上下をつけてはいけない、試験の順位などを生徒に公表することもできないんです。


眞鍋政義

日本の女子バレーでは代表に限らず、プレミアムリーグのクラブチームでも、カリスマ的な監督によるトップダウンのチームマネジメントが大勢を占めてきた。しかし、私はそうしたマネジメントの在り方では勝てないと疑問を持ち続けてきた。なぜなら、実際にコートの中でプレーするのは選手であるからだ。監督に命じられてではなく、選手自身が「絶対に勝つんだ」と心の底から思わなければ、世界の舞台で勝ち抜けない。


寺澤芳男

本を読んだり、先輩の話を聞いたり、自分自身が失敗したり、苦しい思いをしたりして、やっとそういう自分自身の考え方というものができてくると思う。いろいろな経験をしながら、その都度決断は自分の考え方でやるということを身につけなければ、就職してもミゼラブル(惨めで不幸)な状態になるだろうと思います。


川野幸夫

社員に仕事を任せることが大切。自分で計画を立て実行し、結果を見て次の行動につなげるサイクル。これをやることで、自分の役割が分かり、人が育つ。


イーロン・マスク

スペースXでは、人類が複数の惑星で生存できる道があるかどうかを確かめたいと思っています。人類の文明と技術が高いレベルにあるうちに、宇宙を探検し、火星に恒久的な基地を建設したいのです。


服部幸應

ぜひ何かしらの使命感を持つようにしてください。僕が長年休みなく働いてこられたのも、「食育を広めたい」という使命感があったからこそですから。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

民衆というものは、やさしく扱ってやるか、徹底的に叩きつぶすかのいずれかである。


中西宏明

事業ポートフォリオについては、毎日のように頭の中でいろいろ考えていて、これはもう終わりがないですよね。市場やニーズは変化しますから。


ページの先頭へ