名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カスヤナガトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カスヤナガトのプロフィール

カスヤナガト。日本のイラストレーター。茨城県出身。多くの書籍カバーイラストなどを担当。

カスヤナガトの名言 一覧

僕も20代の頃はいろいろなことに怒っていました。でも、ふてくされていたって仕方がありません。では、どうすればいいか。行動し、勝ち取るしかないんです。


僕は、アーティストになりたくないんです。彼らがものを作るのは、いつでも自分のため。でも、健全なものづくりはコミュニケーションだと思うんです。作り手がいて、受け手がいる。受け手を見据えて仕事をするのが、職人でしょう。ですから僕は、心情としてアーティストではなく職人でありたいんです。


こういう仕事をしていると、「ものづくりってなんだろう」「色とは?」などと考えをめぐらせることが多いんです。30歳になる前に、これまでの人生で培ったものを一度まとめておこうと思い、個人的に文章に残していました。


本はとにかくたくさん読みました。中でも、写真家の星野道夫さんが書かれた『旅をする木』というエッセイが素晴らしくて。その感性を僕の小説に投影したくて、1か月以上欠けて本文をすべて書き写したりもしました。手で書いたほうが、心に馴染むと思ったので。


色を扱った物語なら、僕が書こうとしていたテーマに合致すると思い、このストーリーを思いつきました。プロットは決めず、すべてアドリブ。トライ&エラーを重ねて、1年半かけて完成させました。30歳になる2日前でしたね。

【覚え書き|小説『COLORS』について】


カスヤナガトの経歴・略歴

カスヤナガト。日本のイラストレーター。茨城県出身。多くの書籍カバーイラストなどを担当。

他の記事も読んでみる

吉田忠裕

お客様に喜ばれ、社会に評価され、社員が誇りと喜びを持って働ける。そうした会社であるために、商品、技術、経営の質を高める。その実践にあたって常に根底にあるのが「公正」であり、これを価値基準として経営判断を行っていく必要がある。


佐藤弘志

坂本(孝・創業者)から「誰と一緒に仕事しているのですか」とよく言われていたのですが、町田中央通り店店長をしていたとき、まさにその部分がすっかり飛んでいました。新しい試みばかりに目がいって、「俺はこの企画を成功させれば、名が上がるぞ」とばかり考えていた。でもそれはリーダーではありません。リーダーは一緒に働くスタッフから信頼されないといけません。


貞末良雄

どんな人にでも、必ず優れた点があります。まずはそれを一生懸命に探すこと。そしてその美点を、「こういうところが素晴らしい」と言葉で相手に伝えることが大切です。自分が相手を認めれば、相手も自分を認めてくれるようになります。そうして自分が一番苦手な人を好きになることができれば、この世から敵がいなくなります。


磯上恵美子

人から感謝されること、それさえ考えていれば、私はどんなことでも頑張ることができる。


吉楽裕

女性の社会進出が進み、情報化社会の到来で、女性が美容室にお金をかけなくなった。これまでの美容室ビジネスのモデルチェンジが求められていた。目指したのは生活必需品としての美容室。


永持孝之進

後継者選びは社長の一番の仕事。


ウォーレン・リヒテンシュタイン

(日本では)現金が潤沢な企業、複合企業、成熟産業で安定的な収益を上げている大企業に注目している。日本市場での調査対象は4000社だ。経営者には時間を与え必要なら協力する。責任はとってもらうが、実績を上げれば見返りを与える


山中伸弥

初めて米国に行ったのは30歳ぐらいで、もうずいぶん昔になります。「昔取った杵柄」というわけにはなかなかいかず、英語には今も苦労しています。英語を勉強する時はジョギングしながら、NHKラジオの「ビジネス英語」を何度も聞いています。


小川淳司

コミュニケーションが大事だとよく言われますが、私は決してペラペラとしゃべる方ではありません。正直なところ、いくら話したところで、人間の本質はわからないと思っています。ただ、どうすればその選手にとって一番プラスになるかということは考えています。たとえば試合でミスをしたとき、同情して慰めてやるのもひとつの方法だろうし、逆に皆の前で指摘したほうが上手く気持ちを切り替えられることもあります。


前田新造

どちらかといえば、これまでの資生堂は、新しい技術や原料に対応する商品をつくっていく「シーズ(種)型」の商品開発でした。新しい価値や技術は非常に重要ですが、それがお客様にどれだけ有益なのかという視点が薄くなっていたと思います。お客様のご要望にきちんとお応えするには、まずお客様が何を望んでいるのかを理解したうえで商品という姿に組み立てていかなければなりません。


ヨシタケシンスケ

子供という世界一飽きっぽい生き物に、物語を読み通してもらうのって、すごくハードルの高いことなんですよ。ついついページをめくりたくなる仕掛けは1ページごとに必要だと思いますし、僕にとって絵本というのはエンターテインメントなので最後まで笑って読んでほしい。本質的なことはわからなかったとしても、「なんか面白い」と感じてもらいたいんです。


堀紘一(コンサルタント)

ビジネスの勉強と、受験勉強とで大きく違う点がある。ビジネスの世界は、あらかじめ問題が設定されているわけでなければ、回答がひとつとは限らないことだ。問題そのものを自分自身で設定しなければならず、回答についても幾通りかのパターンを考えなくてはならない。