名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カスヤナガトの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カスヤナガトのプロフィール

カスヤナガト。日本のイラストレーター。茨城県出身。多くの書籍カバーイラストなどを担当。

カスヤナガトの名言 一覧

僕も20代の頃はいろいろなことに怒っていました。でも、ふてくされていたって仕方がありません。では、どうすればいいか。行動し、勝ち取るしかないんです。


僕は、アーティストになりたくないんです。彼らがものを作るのは、いつでも自分のため。でも、健全なものづくりはコミュニケーションだと思うんです。作り手がいて、受け手がいる。受け手を見据えて仕事をするのが、職人でしょう。ですから僕は、心情としてアーティストではなく職人でありたいんです。


こういう仕事をしていると、「ものづくりってなんだろう」「色とは?」などと考えをめぐらせることが多いんです。30歳になる前に、これまでの人生で培ったものを一度まとめておこうと思い、個人的に文章に残していました。


本はとにかくたくさん読みました。中でも、写真家の星野道夫さんが書かれた『旅をする木』というエッセイが素晴らしくて。その感性を僕の小説に投影したくて、1か月以上欠けて本文をすべて書き写したりもしました。手で書いたほうが、心に馴染むと思ったので。


色を扱った物語なら、僕が書こうとしていたテーマに合致すると思い、このストーリーを思いつきました。プロットは決めず、すべてアドリブ。トライ&エラーを重ねて、1年半かけて完成させました。30歳になる2日前でしたね。

【覚え書き|小説『COLORS』について】


カスヤナガトの経歴・略歴

カスヤナガト。日本のイラストレーター。茨城県出身。多くの書籍カバーイラストなどを担当。

他の記事も読んでみる

福澤朗

表現する語彙が少ない人は、伝達能力も下がる。美味しいお酒を飲んで「チョーヤバイ」としか言えないより、「甘露だね」と口にする人の方が、また会いたいなあと、相手の心にジャストミートするんじゃないですか。


大久保恒夫

相手がどのような気持ちで自分の話を受け止め、その結果、どのように気持ちが変わっているのか、よく注意しながら話をしないといけません。


一圓克彦

インターネットという幻想に惑わされてはいけません。eコマースといえども、結局介するのは人です。ネット上にいかにリアルな人が介在するサービスを提供できるかが重要です。


吉山勇樹

多くの人は、無理だと思うことには挑戦しない。でも、挑戦する勇気が必要。失敗は次のアクションを改善するために必要不可欠なもの。


三村浩一

私たちの製品の「マスキングテープ」はおよそ100年選手になりますが、長く支持される製品には持続的成長が不可欠。市場に評価され続けるには、地道な積み重ねがあってこそです。


ロバート・キヨサキ

「経済的自由」を手に入れるのに、「どれだけお金を稼ぐか」は関係ない。重要なのは「どれだけのお金を持ち続けられるか」、そして「どれだけの間、お金があなたのために働いてくれるか」だ。百万ドル稼いでも、百万ドル使ってしまったら、そしてお金を働かせる方法を知らなければ、自分が働けなくなったら、ただの一日も生き延びることはできない。


糸井重里

オンもオフも明確に分けることなく、「仕事」と「遊び」のあいだに、いい意味での「公私混同」があることが大切だと思う。


石橋正二郎

ちっぽけな仕事を飛躍させるには思い切ったことをやらねばならぬ。足袋を市価より2割安い20銭で売った。当時は儲けを2割見込むのが常識だった。たくさんつくって能率を上げ、雑費もかからないようにする。こうして思い切りやすくすることにしたので一躍注文も殺到した。
【覚書き|足袋屋時代を振り返っての発言】


田中マルクス闘莉王

どんなときでも、自分が今までやってきたことをキチンとやる。心をブレさせない。ちょっと頑固なぐらい自分を信じる。もちろん、チームの仲間のことも信頼する。目標への道がまっすぐでくても、山あり谷ありでも、ブレずに這い上がってやるという強い気持ちを持つことが大事です。僕の一番好きな言葉は「気合」ですから。


吉野聡(産業医)

前向きに考えるためには、平常心を養う効果が期待できる「朝のルーティン(日課)」がオススメ。結果を出している人は、何らかのルーティンを持つ人が多い。


永井一史

自分の仕事に対して哲学があることが大事です。社会の中で、何のために自分の仕事が存在しているのか。それを意図的に考えることは、結構重要だと思うのです。これはブランドにも共通して言えることでもあり、大切にしていきたいと思っています。


臼井由妃

ときに緊張や心労を伴いますが、自分より能力や力量が高い人たちと交わることが成長には欠かせません。ですから、冷たいようですが、慣れあった関係は仕事においては解消する方がいい場合があるのです。