名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

カジポン・マルコ・残月の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カジポン・マルコ・残月のプロフィール

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

カジポン・マルコ・残月の名言 一覧

人生いろいろつらいこともあるけれど、マイナス面ばっかりじゃなくて、プラス面がいっぱいある。


言葉の通じない国に行くのは勇気もいるし、お金もかかるし。それでも全過程を通して、感動の方が圧倒的にたくさんあるから、どんな労力を払ってでも体験したいですね。


お墓参りをしていると、人間って共通点の方が多いと実感します。世界中、どこに行っても喜怒哀楽の感情は一緒だし、言葉や文化が違っても心が通じる。墓に行くまでの道中でも、いろんな出会いがあって、人の善意に触れて感動します。それがなかったら、こんなしんどいこと続けられない(笑)。


墓は大事なことを語りかけてきます。バッハなんて300年前の人間です。「あんた、300年前に私が作った曲に感動するなら、今生きてる人ともっと気持ちを通わせられるんじゃないの?」って。「言葉の通じないドイツ人の曲を聞いて感動してるなら、日本人同士だったら言葉が通じるし、価値観も似てるんだから、もっと仲良くしなさい」と言われている気がします。


ドストエフスキーのお墓参りをしようと思ったのは、作品があまりに偉大すぎて、とても人間が書いたとは思えなかったから。架空の人物が書いたような気がして実在感がないんです。でも、お墓に行けば実感がわくんじゃないかと思いました。それで、墓地に行ったらドストエフスキーがほんとにいた!「お墓があるんだから確かに実在したんだ。実在したからここにお墓があるんだ」というのを全身全霊で感じました。僕、「アートサンダー」と呼んでるんですけど、その時、「芸術の雷」に打たれたんです。以来、正気に戻らないまま23年間、墓巡礼を続けています。


カジポン・マルコ・残月の経歴・略歴

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

他の記事も読んでみる

西田一見

脳に残るのは、最後に発した言葉や動作のみ。「上司がむかつく」と言った後、3秒以内に「成長できた」と言うなど、嘘でいいのでポジティブな言葉で終わらせると、記憶をプラスに上書きできます。


染谷和巳

職場では「鬼」という鎧を身にまとう。とくに上司には、その必要がある。叱る、褒める、注意する。これは全部、上司の仕事なんですよ。部下を指導・育成するために不適切な行為を指摘する。その勇気を持ってるかどうかが、優秀な上司になるかダメ上司になるかの境目。


平山夢明

本を買う時は、基本的にひとめぼれだよね。気になったらどんなジャンルでもまずは手に取ってみる。『百物語』はまさしくそんな出会い方で1、2話ぱらぱら読んだだけで心を持っていかれた。以来ずっと挑み続けている。怪談のバイブルみたいな本だよ。


常見陽平

社会の仕組みはそう簡単には変わらない。多くの人が勤め人なのは、企業の中で働いていたほうが、有利なことがたくさんあるからだ。「自分なら成功できる」といった甘い考えは捨てるべきだ。


高田旭人

時には(先代社長の父と)意見がぶつかることもありますし、手順をもっとこうしたらいいかもと思うこともあります。しかし、議論の中で学ぶものもありました。


中村獅童(二代目)

「理想を高く持って頑張っていけば、必ず状況は変わる」と信じて生きた。だからどんな時でも、「いやいや、まだまだだ。こんなことで潰されるものか。いつか本物の役者になってやろう」と思えた。


樋口裕一

「コツコツ努力していれば誰かが見ていてくれるはず」なんていうのは昔の話です。自分は劣勢に立たされているんだという危機感を常に持って、いまのポジションを上げるために、自分をより大きく見せる努力をしなければいけません。


佐藤文昭(アナリスト)

経営リソースの非効率な分散は、設備投資や研究開発投資が中途半端になり、えてして競争力を失う。


石田淳(コンサルタント)

目標は無理な設定をせず、乗り越えるたびに達成感を得られるようにするのがポイントです。


木村尚敬

有事に必要とされるのは、昨日の延長線上にある「改善」ではなく、やり方を大胆に変えていく「改革」だ。もちろん有事においても既存の事業のなかには改善型の事業が多数あり、それはそれで重要だ。しかし有事の改革型のリーダーを目指すなら、それにふさわしい動き方をしなければならない。


窪田良

実は、創業当初のビジネスモデルは3年で破綻しました。最初は網膜神経細胞を長期的に存命させる技術を使って、大手製薬会社の創薬支援ビジネスを手がけようと思っていました。ところが、3年間必死に頑張りましたが、製薬会社に高いフィー(料金)を払っていただくビジネスには、とてもじゃないがなりそうもなかった。続けるか否か――。もう、必死に考えました。そして、原点に立ち返りました。私がなぜ起業したのか。それを改めて問い直したんです。私が起業したのは失明に至る病をなくしたいと考えたため。別に経営者になってカネを稼ぎたいわけではない。それを再確認した私は3年間で蓄積した技術とノウハウをいったん捨てました。もちろん、独自技術に対する思い入れはありましたよ。ただ、それにこだわっても、その先に未来がないことは分かっていた。


木皿泉(妻鹿年季子)

マンガを読み出したのはもう結構な大人になってから。当時のマンガの終わり方って、素晴らしいんですよ。普通のドラマの終わり方じゃないんです。人生にはこういう解答もあるんですよという終わり方で。そこが面白くて、影響を受けてると思います。