名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カジポン・マルコ・残月の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カジポン・マルコ・残月のプロフィール

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

カジポン・マルコ・残月の名言 一覧

人生いろいろつらいこともあるけれど、マイナス面ばっかりじゃなくて、プラス面がいっぱいある。


言葉の通じない国に行くのは勇気もいるし、お金もかかるし。それでも全過程を通して、感動の方が圧倒的にたくさんあるから、どんな労力を払ってでも体験したいですね。


お墓参りをしていると、人間って共通点の方が多いと実感します。世界中、どこに行っても喜怒哀楽の感情は一緒だし、言葉や文化が違っても心が通じる。墓に行くまでの道中でも、いろんな出会いがあって、人の善意に触れて感動します。それがなかったら、こんなしんどいこと続けられない(笑)。


墓は大事なことを語りかけてきます。バッハなんて300年前の人間です。「あんた、300年前に私が作った曲に感動するなら、今生きてる人ともっと気持ちを通わせられるんじゃないの?」って。「言葉の通じないドイツ人の曲を聞いて感動してるなら、日本人同士だったら言葉が通じるし、価値観も似てるんだから、もっと仲良くしなさい」と言われている気がします。


ドストエフスキーのお墓参りをしようと思ったのは、作品があまりに偉大すぎて、とても人間が書いたとは思えなかったから。架空の人物が書いたような気がして実在感がないんです。でも、お墓に行けば実感がわくんじゃないかと思いました。それで、墓地に行ったらドストエフスキーがほんとにいた!「お墓があるんだから確かに実在したんだ。実在したからここにお墓があるんだ」というのを全身全霊で感じました。僕、「アートサンダー」と呼んでるんですけど、その時、「芸術の雷」に打たれたんです。以来、正気に戻らないまま23年間、墓巡礼を続けています。


カジポン・マルコ・残月の経歴・略歴

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

他の記事も読んでみる

井上直也(経営者)

コンセプトの実現は現在も進行中です。変化の激しいこの世界で、お客様ニーズにこれからも対応していきます。


黒川光博

過去があるから今日があることはよく理解しておりますが、私が考えなくてはいけないのは、今、皆様が求めて下さっているものは何かということです。


高橋滋

自分はアマンリゾートに行って感動して、お店をやろうと思ったけど、それを良いなと思う感受性がなければ、行っただけで終わってしまう。かっこいい人や憧れているものをまず感じて、それに近づくように努力することが大事だと思います。まず感じる気持ちがなければ何も始まりません。


島純

微生物には食生活に関わる酵母のほか、病原菌もいるし、創薬に役立つのもいる。私たちの社会と多様で密接な関係があるからこそ興味を引かれることも多い。それに微生物学は基礎研究と応用研究が近くにあるのも面白い。


相原孝夫

結局大切なのは「人柄力」です。会社はハイパフォーマーだけを優遇するわけではありません。場を和ませるムードメーカーの存在も必要。ヘッドハンターは、有能でも評判の悪い人は敬遠し、新しい現場に溶け込む人柄の良い人を選びます。生き残る上でこの視点も大切にしてほしい。


津谷正明

本社にイノベーションセンターを立ち上げました。メーカーは技術重視になりがちです。同センターでは中央研究所や知財部門と連携して、製品売りとサービスを組み合わせたソリューションビジネスなど、新たな価値を提供したい。


ムーギー・キム(金武貴)

私が出会ってきた様々な分野のリーダーを俯瞰した時、やはり共通するのは、新しい変化の波にいち早く対応する先駆性である。結局のところ、高付加価値を生み出せる生産性の高い人は、大きな変革の潮目を読み、実行に移すのが早いのである。


山下茂(経営者)

タイでは、厳しい環境を生き抜くためには工夫が必要だと痛感しました。工場立ち上げ直後に事故が起きましたが、どうしたら改善できるか分からない。そこで、現場からアイデアを募集し、それに報酬を出しました。こうした取り組みの結果、タイ政府から表彰を受けるほどの安全な工場が誕生したのです。


大塚寿

仕事の進め方はもちろん、休暇やお金の使い方についても、すべて自分でデザインし、主導権を握る。それが「後悔しない1年を送る」ための秘訣。


松本晃(経営者)

改革を進める中で、足は引っ張られませんでしたが、理解してもらうのに時間がかかることはあります。例えばダイバーシティなどは理解されるスピードが遅い。理解の度合いと行動の度合いはいつも正規分布で、早い人がいて真ん中の人がいて遅い人がいる。最初からいっぺんに理解されることは滅多にないですね。


伊東信一郎

改革を実行し、ANAグループの新しい時代をつくっていくのは社員です。「よそ者、若者、変わり者」の存在が、必要だと考えています。


男鹿和雄

そのうちに美術監督としてスタッフを束ねるようになりました。現場を率いるには、あの人があれが得意だろうとか、これは無理そうとか、全体の舵取りが必要ですが、僕の場合はスタッフそれぞれの個性よりも、「こういう背景にしてほしい」という監督の要求のほうを優先させるべきだろうと思ってきました。それをマスターした上で「もっとこうしたい」ということがあれば、監督の要求を壊さない範囲でやれることはいろいろあるんです。これは上達して監督の要求をクリアしてはじめてできることですね。僕の仕事にしても、監督や作品にずいぶん引っぱりあげてもらった結果ですから。