名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

カジポン・マルコ・残月の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カジポン・マルコ・残月のプロフィール

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

カジポン・マルコ・残月の名言 一覧

人生いろいろつらいこともあるけれど、マイナス面ばっかりじゃなくて、プラス面がいっぱいある。


言葉の通じない国に行くのは勇気もいるし、お金もかかるし。それでも全過程を通して、感動の方が圧倒的にたくさんあるから、どんな労力を払ってでも体験したいですね。


お墓参りをしていると、人間って共通点の方が多いと実感します。世界中、どこに行っても喜怒哀楽の感情は一緒だし、言葉や文化が違っても心が通じる。墓に行くまでの道中でも、いろんな出会いがあって、人の善意に触れて感動します。それがなかったら、こんなしんどいこと続けられない(笑)。


墓は大事なことを語りかけてきます。バッハなんて300年前の人間です。「あんた、300年前に私が作った曲に感動するなら、今生きてる人ともっと気持ちを通わせられるんじゃないの?」って。「言葉の通じないドイツ人の曲を聞いて感動してるなら、日本人同士だったら言葉が通じるし、価値観も似てるんだから、もっと仲良くしなさい」と言われている気がします。


ドストエフスキーのお墓参りをしようと思ったのは、作品があまりに偉大すぎて、とても人間が書いたとは思えなかったから。架空の人物が書いたような気がして実在感がないんです。でも、お墓に行けば実感がわくんじゃないかと思いました。それで、墓地に行ったらドストエフスキーがほんとにいた!「お墓があるんだから確かに実在したんだ。実在したからここにお墓があるんだ」というのを全身全霊で感じました。僕、「アートサンダー」と呼んでるんですけど、その時、「芸術の雷」に打たれたんです。以来、正気に戻らないまま23年間、墓巡礼を続けています。


カジポン・マルコ・残月の経歴・略歴

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

他の記事も読んでみる

サイモン・クーパー(経営者)

どんなにベテランになっても、毎朝のラインナップ(朝礼)でクレドに書かれた「サービス・バリュー」を日々確認します。また、ラインナップでは、対話を通じてクレドの内容をより深く理解していきます。


小宮一慶

仕事をしていれば自然に信念が形作られると考えている人もいますが、無手勝流の信念は自分でもどこか信じきれずに、迷いが生じてしまう。


田中道信

効率経営を標榜する前にシェアを上げなければならない。


澤田秀雄

テーマパークが成功するためにはハードだけではダメ。リピーターになってもらうためにはソフト面、すなわちイベントが大事。


辻本憲三

休みはありません。日本にいるとき、平日は朝から晩までカプコンの仕事、平日の夜と土日は個人事業のワインの仕事と区切っています。50代のときよりも働いていますね。
【覚え書き|70代半ばの発言】


家本賢太郎

褒める場合、本人に対して直接は褒めません。たまに会議の場で、「このやり方はとってもいいと思う」などと言えば、皆が「おっ!」となって本人の喜びも増します。


田中健介(経営者)

外国人向け高級賃貸住宅の分野では人脈や経験、ノウハウが必要であり、大手不動産といえども、我々が35年かけて築いた経験や人脈には、太刀打ちできません。


尾崎元規

いくら企業理念が立派にあっても、現場から反応情報を取って、消費者を見て、いろいろなものごとを動かし形にするのは社員。その社員にやる気がないとダメです。


カルロス・ゴーン

私が唯一残念に思う点は、当社において日本人の経営リーダーが十分に育っていないことです。開発やデザイン、生産部門の長などモノづくりの分野には十分いますが、たとえば中国、タイ、フランス、イギリスのそれぞれの長といったポストに十分な日本人がいない。世界的に見ても日本人のビジネスリーダーが少ないのです。


曽根原久司

大きなマーケットをつくっていくには、地産地消だけでなく、「外消」をいかに視野に入れていくかを考えるのが効果的。


白石達

損失を出した分、契約でリスク管理をする重要性を学びました。これからは海外が舞台でも十分に戦えます。
【覚書き|ドバイで受注した都市交通システム建設工事で巨額の損失を計上したことを振り返っての発言】


柏木英一

当行はモバイルに最適化したインターネット銀行としてお客様それぞれの「じぶん仕様」で使っていただくほどにどんどんお客様のお役に立てる存在になりたいと考えております。また、お客様の手のひらの中にあるじぶんの銀行として、最も身近な銀行を目指しております。