カジポン・マルコ・残月の名言

カジポン・マルコ・残月のプロフィール

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

カジポン・マルコ・残月の名言 一覧

人生いろいろつらいこともあるけれど、マイナス面ばっかりじゃなくて、プラス面がいっぱいある。


言葉の通じない国に行くのは勇気もいるし、お金もかかるし。それでも全過程を通して、感動の方が圧倒的にたくさんあるから、どんな労力を払ってでも体験したいですね。


お墓参りをしていると、人間って共通点の方が多いと実感します。世界中、どこに行っても喜怒哀楽の感情は一緒だし、言葉や文化が違っても心が通じる。墓に行くまでの道中でも、いろんな出会いがあって、人の善意に触れて感動します。それがなかったら、こんなしんどいこと続けられない(笑)。


墓は大事なことを語りかけてきます。バッハなんて300年前の人間です。「あんた、300年前に私が作った曲に感動するなら、今生きてる人ともっと気持ちを通わせられるんじゃないの?」って。「言葉の通じないドイツ人の曲を聞いて感動してるなら、日本人同士だったら言葉が通じるし、価値観も似てるんだから、もっと仲良くしなさい」と言われている気がします。


ドストエフスキーのお墓参りをしようと思ったのは、作品があまりに偉大すぎて、とても人間が書いたとは思えなかったから。架空の人物が書いたような気がして実在感がないんです。でも、お墓に行けば実感がわくんじゃないかと思いました。それで、墓地に行ったらドストエフスキーがほんとにいた!「お墓があるんだから確かに実在したんだ。実在したからここにお墓があるんだ」というのを全身全霊で感じました。僕、「アートサンダー」と呼んでるんですけど、その時、「芸術の雷」に打たれたんです。以来、正気に戻らないまま23年間、墓巡礼を続けています。


カジポン・マルコ・残月の経歴・略歴

カジポン・マルコ・残月。日本の文芸評論家、墓マイラー(偉人のお墓巡礼者)。大阪出身。ウェブサイト『文芸ジャンキー・パラダイス』を開設。著書に『東京・鎌倉 有名人お墓お散歩ブック 誰もが知っている104人の墓碑完全ガイド』。

他の記事も読んでみる

金山精三郎

社内で常に言うのは、「謙虚でいなさい」です。驕ると成長しないし、決して良い事はありません。


宇佐美進典

私は、「やって上手くいかなかったことに対する後悔」は克服できると思います。なぜなら失敗した経験を次に活かすことでリカバリーが可能だからです。


平林実

ダーウィンが進化論で述べたように、「強いものよりも変化するものが生き残る」のです。この言葉を胸に留めておいてほしいと思います。


柳井正

クローズドになったら進化が止まってしまうし、それで成功した会社は存在しない。


貞末良雄

私を嫌って遠ざけようとしている相手を自分が嫌えば、お互いの距離はますます遠くなります。しかし、それでは戦いになりません。向こうが離れていこうとするなら、こちらはそれに食らいついていく。どんなに疎まれてもやるべきことをやり、しっかり報告して、密着するように戦わなければ勝てません。


ハワード・シュルツ

私はこう考えた。自分が50店舗まで拡大することを望み、投資家たちが他の都市への進出の可能性を疑っているのであれば、自分の計画が実行可能であることを、いますぐはっきりと証明して見せなければならない。シアトル市内に10店舗オープンしてからでは手遅れになる。
【覚書き:カフェ形式スターバックスの前身であるイル・ジョルナーレ3号店はカナダのバンクーバーに作られた】


LiLiCo

ここ数年は前よりずっと多くの映画を見てるんです。「LiLiCoは本当は映画見てないんじゃないの?」と言われたらくやしいから。命をかけてLiLiCoというキャラを貫くの。それも私の誇りかな。


渡文明

父は損害保険業界で働いており、非常に真面目な人でした。お世話になった人に懸命に尽くし、恩義を感じて仕事をすべしということを教えてくれたのは父です。私のビジネスマンとしての大きな原点になっています。


高橋がなり

僕は会社の新しいフロアを、はじめ3つに分けようと思っていたんですがやめました。百何坪に、社員をぎゅうぎゅうに入れられるだけ入れ、パーテーションもなしで、ぶつかり合いながら仕事しろと。どうしても会議で必要なら、ガラス張りの部屋を用意するつもりです。その方が、活気があるように見えるから。活気を演出する。周りからいい会社だねと言われる。するとそれが自分たちのところに返ってきて「俺達っていいのかな」となる。


サイモン・クーパー(経営者)

悪いメッセージの場合は伝えたくないと思うこともありますが、そういうときこそ全員に伝えなければならないのです。


沢村一樹

数年前、役者の仕事がつまらなくなってしまったことがあります。「一番やりたかった仕事なのに、なんでつまらないんだろう?」。そう考えたときに、沢村一樹というのをカッコつけて演じている自分に気づいたんです。「インタビューでも絶対にセーフのことしか言わない自分はなんてつまらないんだ。クビになってもいいから、自分が楽しいと思うことを楽しいと言おう」。そう思い直してやったのがエロスの封印を解くことでした。意識的にやったというよりは隠し切れなくなったという方が正確ですが(笑)。


徐俊植

「失うことは、すなわち得ること」という楽天的な言葉が好きです。多くのものを失ってしまい、あらゆる苦難を経ながらも、つねに淡々とした人々はこうした道理をよく理解する人々でしょう。


宮内誠

私に父(オリックス会長・宮内義彦)ほどの才能があるとは思わないし、時代も違う。でもゼロからスタートしてあそこまで大きくなったオリックスの精神は学びたい。それは新しいものへのチャレンジを続けるということです。与えられた環境や能力を最大限使って、チャレンジしていきたい。


冨安徳久

創意工夫は会社が成長し続けるために不可欠なこと。「これで良いは無い」が弊社のモットーです。満足した時点でそれは退化。飛躍し続けるためには、毎年同じことをやっていてはいけません。


経沢香保子

よくありがちなのは、「なんとなくやってみたら失敗した」というケースです。事前に仮説設定に基づくシミュレーションを行っていないので、失敗の要因がどこにあるのか、戦略ミスなのか、手法が悪かったのかといったことを検証することができません。しかも、失敗の原因を分析しないまま、またいちからやり直そうとするから、同じ失敗を繰り返してしまうのです。


ページの先頭へ