名言DB

9490 人 / 112001 名言

カイ=カーウースの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

カイ=カーウースのプロフィール

カイ=カーウース・ブン・イスカンダル・ブン・マヌーチフル。ズィーヤール朝7代目君主、アラビア語詩人。ズィーヤール朝はカスピ海南岸、主にイラン北西部ゴルガーン地方からマーザンダラーン地方を支配していたイスラム王朝。嫡子ギーラーン・シャーに宛てた全四十四章からなる君主としての品行を説いた随筆『カーブースの書』はペルシア散文文学の古典的傑作として知られている。

カイ=カーウースの名言 一覧

相手に丁寧な言葉を使ってもらいたいと思ったら、自分が丁寧な言葉を使え。


カイ=カーウースの経歴・略歴

カイ=カーウース・ブン・イスカンダル・ブン・マヌーチフル。ズィーヤール朝7代目君主、アラビア語詩人。ズィーヤール朝はカスピ海南岸、主にイラン北西部ゴルガーン地方からマーザンダラーン地方を支配していたイスラム王朝。嫡子ギーラーン・シャーに宛てた全四十四章からなる君主としての品行を説いた随筆『カーブースの書』はペルシア散文文学の古典的傑作として知られている。

他の記事も読んでみる

西川美和

不登校の子だけが孤独というわけではないと思うんですよね。集団生活になじみ、楽しく生きている中にも、みんなそれぞれに複雑なものを抱えている。別に家で折檻されているとかではなくても、貧困や暴力にさらされていなくても、いろんなふうに感じるのが人なので。そこに寄り添うことが、映画であったり文学であったり、ということだと思うんです。


古森重隆

伸びる人間にはある共通点がある。それは会社に対する「オーナーシップ」が強いということだ。


谷田千里

社長になったとき、自分に何ができるか徹底的に考えました。出た答えは「日本の医療費の適正化」。これで結果を出せたら、後継者にバトンを引き継ぐ時に胸を張れる。人生を懸けようと心に決めました。


富田浩安

アメリカでは株への投資体験をさせていることも、とても興味深いことです。学生時代から仮想であっても、株を買う体験をさせるのです。自分はどういう理由からその会社の株を買い、それがどのような理由から成長していくかを発表するのです。そして半年が経過したら、その株がどうなったのかを検証する。投資した当初の自分の考えが正しかったかどうかを検証するわけです。学生時代のうちからこういった、常にビジネスに根差した教育をさせて社会に人材を輩出していくのです。


高橋秀実(髙橋秀実)

女子力という言い方があるじゃないですか。一般的に女子力とは、料理ができるとか、愛想がいいとか。でもそれは女子というより、人間として能力が高いということです。それなら、男も女子力を身につけなくてはいけない。それを女性側だけに期待して、自分は何もしないというのは、人間としての能力に問題があるんじゃないかと思うんです。


出雲充

もともと起業家になりたくて起業したわけではないので、私の経営者としてのモチベーションは普通の起業家とは少し異なるものでした。まず、自分が優秀な経営者になろうとは考えませんでした。意識したのは、私よりも優れた人に仲間になってもらうことです。実際、今のユーグレナは、私より営業ができるマーケティング担当、私より研究ができる研究開発担当、私より組織のマネジメントに精通した総務人事担当、私よりもファイナンスや企業の戦略に詳しい経営戦略・経理財務担当と、4人の取締役を揃えています。少し傲慢な言い方になりますが、この体制ができた時点で、当社がうまくいくことは決まった気がします。私がすることは、どんな事案でも、この4人に振ること。あとは、私より優秀な4人が動いてくれます。


トマス・J・スタンリー

なぜ、俺は金持ちじゃないんだ?と考えているなら、まずライフスタイルをチェックしてみよう。攻めの方はどうか。あなたの年収は7万ドル、10万ドル、それとも20万ドル?そりゃ、すごい。攻めは完璧だ。それなのに、なぜ、資産が増えずに蓄財ゲームに負けっぱなしなのだろう?正直に認めるべきだ。それは守りに弱いからだろう。高額所得者の大半は守りに弱い。だが億万長者は違う。攻めも守りもしっかりしている。


児玉教仁

取引先との関係は、「仲のいい先輩」くらいが一番いい。「なーに言ってるんですか」程度の冗談も言えるが、礼儀はきちんと一線を画し、言われたら「はい」と返事してやることはやる。そういう関係を目指していくことが大事ではないでしょうか。


尾藤峰男

子供の教育や住まいにいくらでもお金をかければいいというものではなく、自分たちの老後も見据え、抑えるところは抑え、そのぶん老後の資産形成にまわしていくことが大切。


石川康晴

岡山では、僕たちがセレクトショップを運営していた時に買い物をしてくれた顧客がいたけれど、東京ではそうした顧客はいない。売り上げを上げるには、プロモーションに力を入れてブランドの価値を伝えていく必要があると考えました。僕たちの店は競合店と比べて品揃えはいいし、接客サービスの質も高い。プロモーションさえしっかりすれば、必ず売れるという確信がありました。だからオープンから1か月後、東京・千駄ヶ谷に事務所を借りて、そこを雑誌に載せる商品を扱うプレスルームにしました。プレスルームを設けてから、僕は「社長兼宣伝販促部長」として、営業活動を始めました。


長谷川豊(経営者)

独自の接着加工技術に磨きを掛ければ、まだまだ新たな需要を開拓することができる。


長田貴仁(大富敬康)

企業内で情報の流れが悪くなれば、松下幸之助が重んじた「衆知を集める経営」ができなくなる。そうならないようにするためにはトップ自身が衆知を集めるように努めなくてはならない。