オルダス・ハクスリーの名言

オルダス・ハクスリーのプロフィール

オルダス・ハクスリー。イギリスの作家。イングランド・サリー出身。オックスフォード大学ベイリオル・カレッジで英文学と言語学を学ぶ。その後、教師などを経て作家になる。著書に『すばらしい新世界』ほか。

オルダス・ハクスリーの名言 一覧

経験は学べる者にしか教えてくれない。


宇宙の中で、あなたが改善できると確信できる一角がある。それはあなた自身だ。


オルダス・ハクスリーの経歴・略歴

オルダス・ハクスリー。イギリスの作家。イングランド・サリー出身。オックスフォード大学ベイリオル・カレッジで英文学と言語学を学ぶ。その後、教師などを経て作家になる。著書に『すばらしい新世界』ほか。

他の記事も読んでみる

楠木新

会社は自己実現する場ではない。あくまで他者に貢献する場。そこをはき違えている人が結構いる。


江戸英雄

経営者は人間として部下と対峙できるか。その時、自分を支えるのは公私のけじめをはっきりさせた身辺の清潔さである。


井上暉堂

人生の先端(死)を見つめることで、目標が明確になる。今、ここで戦略を立て、「一大事とは本日只今の心」で生きていただければと思う。


工藤公康

より性格に相手の心理を見抜くには、相手の特徴を前もって知る必要がある。そこで、相手の性格や特徴、勝負強さ等を細かく調べるようにしました。具体的には、他球団の試合のビデオを何試合分も見て、打撃内容を洗い出します。そして、「初球から積極的に打つのか」「狙い球をコロコロ変えるのか」「チャンスではどう打つのか」など相手のクセをあぶり出していくのです。


宮川大輔(タレント)

自分を出せずに窮屈な思いをしているなら、素の自分をさらけ出したほうがラクですよ。そうすると必ず今より前へ進めますから、やってみて。


柳井正

自分には必ずいいところがあると信じて、どんな境遇でもやっていくことが大切です。


徳重徹

日本人はすぐに「ダメだ」と言うところがあります。そうではなくて、「なぜダメなのか?」「こうしたら良くなるのではないか?」といったように、実行する方向で考えるとどうなのか、という考え方をするべきです。そのためには、現場に行っていろいろと調べたり、聞いたりすればいいのです。すぐに諦めていては可能性が小さくなってしまいます。


高橋政史

私が外資系コンサルティング会社にいた頃、徹底的に叩き込まれたのは、ノートを使って考えること。書いた内容を上司が赤ペンで添削し、使い方を教えてくれました。難しい問題を解決するには、それだけノートを上手に使うことが重要だというわけです。


下村朱美

最近、若い人が会社を辞めるときによく使う言葉が「先が見えない」ということです。入社してまだ1年でも「先が見えない」と言うのです。勤続年数ごとに資格取得モデルを明確に提示し、5年目ぐらいまでは非常に細かくきっちり将来像を見せていきます。そうすると、社員は「このレールに乗っていけばこうなるんだ」と安心して、目標に向かって努力していけます。


テリー伊藤

中年太りを諦めることは、人生を諦めること。体力がなければ自分の経験も活かせないと心得よ。


清野智

国鉄時代には多くの事故が起きていました。安全対策の必要性が叫ばれていたものの、経営が赤字続きだったため、安全のための十分な投資がなされているとは言い難い状況だったのです。安全対策には費用がかかります。経営を盤石なものとし、利益を出してこそ、安全対策を行うための十分な原資が生まれます。


佐藤富雄

人生で起こることに対し、より正しい認識を持つだけでも、土壇場でテンパることは減るでしょう。


家本賢太郎

褒める場合、本人に対して直接は褒めません。たまに会議の場で、「このやり方はとってもいいと思う」などと言えば、皆が「おっ!」となって本人の喜びも増します。


守安功

努力をしても結果が出ずに、つらい思いをすることもあるでしょうが、それならその努力が無駄にならないよう、失敗を成長の機会とすべきではないでしょうか。なかにはそんな努力もせずに他人や環境のせいにして「モチベーションが下がった」という言葉を言い訳にしている人もいるように感じます。


柳井正

一つひとつは小さなことだけれども、コツコツコツコツ改善していく。単純にオペレーションを回すだけではマンネリになりますが、改善して、いい方向に変えていく。日本人は、これが得意ですから、改善がイノベーションを生むと思っています。


ページの先頭へ