名言DB

9419 人 / 110788 名言

オリヴィエ・ブロの名言

twitter Facebook はてブ

オリヴィエ・ブロのプロフィール

オリヴィエ・ブロ。「ベタンクールシュエーラー財団」代表CEO(最高経営責任者)。パリの高等師範学校、フランス国立行政学院を卒業。フランス会計検査院アドバイザー、首相官房室健康保険担当顧問、フランス赤十字社副社長、ベタンクールシュエーラー財団代表などを務めた。

オリヴィエ・ブロの名言 一覧

私は転職という人生の岐路に立たされたときに、自分が大事にしてきた価値観を曲げず、自分の気持ちに真摯に向き合ってきた。


こだわってきたのは、一緒に働く人たちのクオリティー。自分が100%信頼できて、リスペクトできるような人と働きたいですからね。


不安を感じたことは何度もあります。ただ、ベストを尽くそうとしていれば、たとえ失敗に終わっても、後悔はしません。


「本当の自分を見せている」と感じてもらうことで、初めて信頼が生まれる。私は自分の姿を偽らないことで、絆をつくることができたと感じています。


人間は植物と一緒で、日当たりがいいほうがよく育ちます。人間にとっては真実こそが太陽。ポジティブであろうとすること、自分を偽らず、真実の姿であろうとすることで、人は大きく成長できるのではないでしょうか。


ベストを尽くすと、それまでになかったエネルギーが生まれる。それが自分に発破をかけてくれることもあれば、周りの人たちを巻き込み、新しい何かが生まれることもある。いい方向に変わる可能性が高まるのです。


大切にしてきたのは、若いときからずっと感じていた「社会に役立つ人間になりたい」という思い。自分のため、家族のためだけと限定して人生を考えるのではなく、社会的に価値のある仕事をしたいと考え、選択の基準にしてきた。


同僚は自分だけで選ぶのではなく、相手からも選ばれなければいけない。そのとき、技術や能力が必要なのは間違いありませんが、人間性も重要。こう見られたいという姿ではなく、本当の自分を見せること。それ以外に人間性を伝える方法はありません。


今回の展覧会のように、文化のプロとしても働くことになるとは、以前の私は想像もしていませんでした。しかし、人間は誰しも、たとえずっと同じ分野で仕事をしている人であっても、一つの分野だけに閉じ込められて生きてはいません。仕事や専門分野だけではなく、環境や教育、そして仕事以外でどんな興味を持っているかということも、その人に大きな影響を与えます。私の場合、美に対する興味をずっと持っていて、それが現在の仕事にも生きている。だから、自分が全く新しいところに足を踏み入れているという感覚はありません。


オリヴィエ・ブロの経歴・略歴

オリヴィエ・ブロ。「ベタンクールシュエーラー財団」代表CEO(最高経営責任者)。パリの高等師範学校、フランス国立行政学院を卒業。フランス会計検査院アドバイザー、首相官房室健康保険担当顧問、フランス赤十字社副社長、ベタンクールシュエーラー財団代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

藤間秋男

失敗の原因を考え、反省することは必要です。でも、ひとしきり頭のなかで反省したら、次のやるべきことを考えましょう。過去をすっぱり忘れて前向きになることが大切です。


石崎芳行

福島の皆さんのために汗をかく姿を見てもらうしかない。福島を歩き回り、誠意を尽くさない限り信頼回復などありえませんから。


鳥原隆志

管理職は判断するのが仕事。ポジションが上がれば上がるほど判断の機会も重要度も増します。適切なマネジメントを行なうために、正しい判断ができるようになることは必須でしょう。


河合滉二

和をもって貴しとなすという言葉をはき違えて、和とは人とぶつからないこと、事なかれ主義のことだと思っている人が多いのには困った。万事そつなくいったり、いさかいをしないことが人の和だと単純に考えている人もいるようだ。また、他人のミスを互いにカバーしあうことが、和であると思い込んでいる人もいる。和とはそうした表面的なものではない。


黒木幸代

大切にしているのは、数多くの店の中で当店を選んでいただいていることへの感謝。そして人の輪を大切にするということ。あとはチャレンジする勇気です。


挽野元

スピーカーはとても多くの素材で構成されます。それらひとつひとつにこだわり抜き、納得がいかなければ自分たちで開発する。すべてはお客様に、感動を届けるためです。


古田敦也

進化しようと、情報を採りいれ、いろいろな話を聞けば聞くほど迷いも増えてきますが、最終的に決断することができれば、それでいいと思うのです。決断できなければただの優柔不断ですが、最終的にしっかりした決断ができればそれでいい。つまり「優柔決断」です。


日覺昭廣

昭和20年代にナイロンを開発した時も、作る機械など世の中に存在しなかった。ですから機械も設備も自分たちで作らざるを得なかった。パイオニアの宿命です。ですからITにしても必要なら自分たちでシステムを構築する。それが東レの強さにもつながっています。


橘フクシマ咲江

私はどんな仕事でも、「作業」ではなく「仕事」をしたいと考えて仕事をしています。たとえば上司から、プレゼンで使うデータ探しを頼まれたとします。そこで「面倒くさい」と思いながら、言われたとおりのデータを探し出すのは「作業」なんです。でも、何のための会議かを理解して、「他にも適当なデータがあるかな」「グラフがあれば、よりプレゼンに効果的かも」などと考えながらデータ探しをすると、それは「仕事」になります。そこには大きな違いがあります。


川辺清

私自身、現在は現場に入ることはないんです。飲食に限らず、業態開発に関しては、すべてを社員に任せています。1つ言うのは、発案者に勝算があるのか問うだけです。それも厳しい状況に追い込まれるようであれば、私を頼ればいいんです。私もそうでしたが、長い人生で失敗がないはずはありませんよ。