名言DB

9490 人 / 112001 名言

オリヴィエ・ブロの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリヴィエ・ブロのプロフィール

オリヴィエ・ブロ。「ベタンクールシュエーラー財団」代表CEO(最高経営責任者)。パリの高等師範学校、フランス国立行政学院を卒業。フランス会計検査院アドバイザー、首相官房室健康保険担当顧問、フランス赤十字社副社長、ベタンクールシュエーラー財団代表などを務めた。

オリヴィエ・ブロの名言 一覧

私は転職という人生の岐路に立たされたときに、自分が大事にしてきた価値観を曲げず、自分の気持ちに真摯に向き合ってきた。


こだわってきたのは、一緒に働く人たちのクオリティー。自分が100%信頼できて、リスペクトできるような人と働きたいですからね。


不安を感じたことは何度もあります。ただ、ベストを尽くそうとしていれば、たとえ失敗に終わっても、後悔はしません。


「本当の自分を見せている」と感じてもらうことで、初めて信頼が生まれる。私は自分の姿を偽らないことで、絆をつくることができたと感じています。


人間は植物と一緒で、日当たりがいいほうがよく育ちます。人間にとっては真実こそが太陽。ポジティブであろうとすること、自分を偽らず、真実の姿であろうとすることで、人は大きく成長できるのではないでしょうか。


ベストを尽くすと、それまでになかったエネルギーが生まれる。それが自分に発破をかけてくれることもあれば、周りの人たちを巻き込み、新しい何かが生まれることもある。いい方向に変わる可能性が高まるのです。


大切にしてきたのは、若いときからずっと感じていた「社会に役立つ人間になりたい」という思い。自分のため、家族のためだけと限定して人生を考えるのではなく、社会的に価値のある仕事をしたいと考え、選択の基準にしてきた。


同僚は自分だけで選ぶのではなく、相手からも選ばれなければいけない。そのとき、技術や能力が必要なのは間違いありませんが、人間性も重要。こう見られたいという姿ではなく、本当の自分を見せること。それ以外に人間性を伝える方法はありません。


今回の展覧会のように、文化のプロとしても働くことになるとは、以前の私は想像もしていませんでした。しかし、人間は誰しも、たとえずっと同じ分野で仕事をしている人であっても、一つの分野だけに閉じ込められて生きてはいません。仕事や専門分野だけではなく、環境や教育、そして仕事以外でどんな興味を持っているかということも、その人に大きな影響を与えます。私の場合、美に対する興味をずっと持っていて、それが現在の仕事にも生きている。だから、自分が全く新しいところに足を踏み入れているという感覚はありません。


オリヴィエ・ブロの経歴・略歴

オリヴィエ・ブロ。「ベタンクールシュエーラー財団」代表CEO(最高経営責任者)。パリの高等師範学校、フランス国立行政学院を卒業。フランス会計検査院アドバイザー、首相官房室健康保険担当顧問、フランス赤十字社副社長、ベタンクールシュエーラー財団代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

中條武志

非正規社員が増えた日本の製造現場では、品質管理そのものが難しくなっているのは事実です。それでも正規だけでなく、非正規社員にも、教育をきちんと施さないといけません。一部の人だけで品質保証をしようという考えには無理があります。だから全員でやる。そのハードルが上がっているのは、分かります。でも諦めてはいけません。QCサークル(小集団改善活動)などの活動も、非正規の従業員を巻き込んでやっていく必要があります。


高橋俊介

ピラミッド型分業組織が生み出したネガティブな部分のひとつに、自分の生み出している価値を意識しなくても食べていけるという状況がある。そのためビジネスマンには価値提供意識のない人が少なからずいる。人を巻き込むうえでは、相手に対して常に、自分との関係性において価値を感じてくれるかどうかを意識することが重要だ。


岡島秀樹

メジャーリーグ・デビュー戦の初球がホームラン。僕は結果的によかったと思っています。外のまっすぐを右中間に打たれたんですが、さすがだなと。しかも8番バッターに打たれたので、力で抑えるのはムリと感じましたね。まっすぐでもキレイに投げると簡単に打たれるから、変化させなきゃダメだとわかったんです。もし最初に簡単に抑えてたら、これでいけるんだと甘く考えるじゃないですか。あの1発でヤバイと想いました。


小久保裕紀

野球選手は生活スタイルが決まっているので、読書時間を時間割に組み込みました。移動バスでは100%読み、試合前の午後4時から20分間は読書時間に充て、場所もストレッチルームのマットの上と決めました。もともと活字好きなので、時間と場所さえ決めてしまえば、習慣化するのに苦労はしませんでした。


加谷珪一

これからは独学力がすべてを決める時代。たいていのことはネットや書籍から学べるはず。高いお金を払ってセミナーに行くのは、表立って言えない「リアルな話」を聞きたいときだけでいい。


平川昌紀

店舗を巡回するときに私が背広を着ていくと、年若い社員やパートナー(アルバイト)が身構えてしまうこともあるため、あえてラフな服装で訪ねるようにしています。そうして和やかな雰囲気をつくりながら、企業理念の浸透を図るとともに、スタッフたちと密接なコミュニケーションを交わすのです。


梅野勉

私自身、現職に就く際は、ホンダでの実績をすべて捨てました。当社の顧客は何を求めているのか、ディーラーのモチベーションはどうなのか、一から聞いて理解するところから始めたのです。


毛利輝元

自分自身や家の内が引き締っていなくては、何もかもできたものではない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

表面的な部分だけでリーダーになろうとするな。小手先の技に走れば、いずれ周りの人から底の浅さを見透かされてしまう。チームをうまく率いるための最大のポイントは高度な理論を学ぶことでも、高度なテクニックを身につけることでもなく、あなたがチームの中をひたすら歩きまわって真剣にメンバー一人一人とコミュニケーションをとることなのだ


香藤繁常

ビジネスマン人生には、晴れの日も雨の日もある。私も経験している。


石川善樹

GRIT(やり抜く力)のカギを握るのは情熱や興味を持ち続ける力で、「興味を持つスキル」と「飽きずに続ける工夫」の2つに分けられる。どちらも、何歳からでも取り組めます。


柴山和久

私はこれまでに様々な対象にお金を使って、自己投資をしてきました。その中で、「生まれ変わってもまたお金を使う」と決めている自己投資は1つだけ。それは財務省時代のMBA留学中に没頭した読書です。とはいっても、「MBAを取得するために本を読んで勉強した」という話ではありません。読んだのは哲学や文学の本で、日本語で書かれた岩波新書や、英「ペンギンブックス」シリーズを買い求めました。MBA取得のための授業は、留学1年目で一通り終えていたこともあって、ある程度時間を自由に使える2年目のほぼ1年間すべてを読書に費やせたのです。振り返れば日本の財務省で働いている時からずっと、「何のために働いているのか」「自分は社会の中で、どんな存在か」という問いを心の底に抱えていました。「昔の人はどう考えていたのかを知りたい」と思い、本に手を伸ばしたのです。哲学や文学の本をひたすら読みながら、人生や社会との関係を考え続けた1年間でしたね。1年間の読書漬けは超ハード。文字通り寝食を忘れて没頭していたので、「読書」という穏やかなイメージからは程遠かった。ひたすら読み続けた結果、体重は5キロも減りましたから(笑)。