オリヴィエ・ブロの名言

オリヴィエ・ブロのプロフィール

オリヴィエ・ブロ。「ベタンクールシュエーラー財団」代表CEO(最高経営責任者)。パリの高等師範学校、フランス国立行政学院を卒業。フランス会計検査院アドバイザー、首相官房室健康保険担当顧問、フランス赤十字社副社長、ベタンクールシュエーラー財団代表などを務めた。

オリヴィエ・ブロの名言 一覧

私は転職という人生の岐路に立たされたときに、自分が大事にしてきた価値観を曲げず、自分の気持ちに真摯に向き合ってきた。


こだわってきたのは、一緒に働く人たちのクオリティー。自分が100%信頼できて、リスペクトできるような人と働きたいですからね。


不安を感じたことは何度もあります。ただ、ベストを尽くそうとしていれば、たとえ失敗に終わっても、後悔はしません。


「本当の自分を見せている」と感じてもらうことで、初めて信頼が生まれる。私は自分の姿を偽らないことで、絆をつくることができたと感じています。


人間は植物と一緒で、日当たりがいいほうがよく育ちます。人間にとっては真実こそが太陽。ポジティブであろうとすること、自分を偽らず、真実の姿であろうとすることで、人は大きく成長できるのではないでしょうか。


ベストを尽くすと、それまでになかったエネルギーが生まれる。それが自分に発破をかけてくれることもあれば、周りの人たちを巻き込み、新しい何かが生まれることもある。いい方向に変わる可能性が高まるのです。


大切にしてきたのは、若いときからずっと感じていた「社会に役立つ人間になりたい」という思い。自分のため、家族のためだけと限定して人生を考えるのではなく、社会的に価値のある仕事をしたいと考え、選択の基準にしてきた。


同僚は自分だけで選ぶのではなく、相手からも選ばれなければいけない。そのとき、技術や能力が必要なのは間違いありませんが、人間性も重要。こう見られたいという姿ではなく、本当の自分を見せること。それ以外に人間性を伝える方法はありません。


今回の展覧会のように、文化のプロとしても働くことになるとは、以前の私は想像もしていませんでした。しかし、人間は誰しも、たとえずっと同じ分野で仕事をしている人であっても、一つの分野だけに閉じ込められて生きてはいません。仕事や専門分野だけではなく、環境や教育、そして仕事以外でどんな興味を持っているかということも、その人に大きな影響を与えます。私の場合、美に対する興味をずっと持っていて、それが現在の仕事にも生きている。だから、自分が全く新しいところに足を踏み入れているという感覚はありません。


オリヴィエ・ブロの経歴・略歴

オリヴィエ・ブロ。「ベタンクールシュエーラー財団」代表CEO(最高経営責任者)。パリの高等師範学校、フランス国立行政学院を卒業。フランス会計検査院アドバイザー、首相官房室健康保険担当顧問、フランス赤十字社副社長、ベタンクールシュエーラー財団代表などを務めた。

他の記事も読んでみる

福井晴敏

小説を読んでもらいにくいなら、それに応じた仕事のやり方をしていかなきゃならない。


松井忠三

変革を起こすことは、当然、リスクを伴います。抵抗勢力も出てくる。その中で、勇気を持って徹底的にやりきり、成果を出す。実行力が不可欠です。


高橋智隆

身の回りの品をひとつひとつ吟味し、上質なモノに触れながら生活することで、人間の感性は磨かれていく。それはクリエイティブな仕事をする上で、とても重要なこと。


藤田晋

仕事は最初が勝負の分かれ目です。早めに成果が出ると、自信が持てるので、ますますいい仕事ができるようになります。周りからも、「あいつはなかなかやるな」と認めてもらえて、どんどん仕事を任せてもらえるようになります。すると、それに取り組んでいるうちにさらに実力がついて……というように、成長のスパイラルに入っていけるんです。


吉野孝行

ITの再定義が必要だというのが私の考えです。ITを今でも高度な計算機やデータの倉庫ととらえる方が、経営者の中にいらっしゃいます。私たちはICT(情報コミュニケーション技術)と称しているのですが、ITはいまや社員とお客様双方のコミュニケーションを改善する強力なツールなんです。


出雲充

パナソニックも、ホンダも、ソニーも、はじめはベンチャー企業でした。世間に冷たくされても、本気で好きなことを追求したからこそ、理解者・協力者が現れて、世界的企業にまで発展したのです。


藤沢武夫

「たいまつは自分で持て」と私はしばしば言ってきました。これは、人から教わったり、本で読んだ知識ではなく、自分の味わった苦しみから生まれた実感なのです。どんなに苦しくても、たいまつは自分の手で持って進まなければいけない。これが私の根本の思想であり、また、ホンダのモットーともなりました。


他力野淳

当社は「歴史・文化」という切り口でネットワークを作り、世界に情報発信したいという発想を元々持っていますので、利益を独り占めしようなんて考えていません。もちろん、目の前で競争はあります。それは正々堂々競ったらいいのです。価値が高い方が選ばれるだけのこと。


諸井虔

恐れる必要はありません。管理職集団の側も、自己否定をしなければ会社が生き残れないことがわかってきています。そこが大きな変化であり、チャンスです。経営トップが自分の職をかけて強いリーダーシップを発揮すれば、改革はできます。仮に業界のトップ企業の経営者が決断して改革を始めれば、同業他社にも改革の動きは広がっていくでしょう。


アルフレッド・ヴィニー

倦怠は人生最大の病である。人は絶えず人生の短いことを嘆くが、その実、人生は長すぎる。なぜなら、人は人生の使い道を知らないからである。


和才博美

悪い意味で時代に流されないためには原点に戻り、自分が寄って立つ軸を確かにすべきです。そのとき役に立つのが古典ではないでしょうか。混沌とした現代においては、古くから読み継がれてきた古典が、一筋の光明と勇気を与えてくれるはずです。


石坂泰三

私の財界に対する注文、それは第一に経済道義の高揚ということだ。いまの日本の財界に一番欠けているのはこれだと思う。


弘兼憲史

人間の幸せは金銭としっかりと結びついています。人によって額は違うにしても必要最小限のお金は必要です。ただ、お金をたくさん持っていれば幸せかというとそうでもない。僕のように60歳を超えると特にそう思います。芸人ならば師匠、社会人ならば上司、全面的に信じられる人間と出会えた人もまた幸せだと感じることがあります。


高橋久明

店を構えて明朗会計にしていることが支持されたのだと思います。


元谷芙美子

未来に対する人生計画を持つこと。何歳で何をするのか、いつまでにするのか。私たちは必ず期限を付けて実践してきました。もちろん辛いこともあります。でも、それで人は伸びることができるのです。


ページの先頭へ