名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

オリビエ・ボーサンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリビエ・ボーサンのプロフィール

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

オリビエ・ボーサンの名言 一覧

流れる水をすくいたいなら握りしめないことだ。


オリビエ・ボーサンの経歴・略歴

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

最上悠

上司が普段から、部下の価値観を把握しておけば地雷を踏まずに済みます。部下の価値観を知っていれば、的確に動機づけを与えられるでしょう。そういったことを無視し、自分の正当性だけを振りかざすような上司は管理職失格と言わざるを得ません。


杉山博孝

社員からの声に対して、見える形にフィードバックすることがリーダーの役目です。社員に「ほんとうに、従来のやり方にとらわれなくてもよいのだ」と実感してもらうためには、社員のどの意見を取り上げ、会社としてどのように実行するのか、取り上げない場合にはその理由は何か。こういった開示を意識して行っていきたいと考えています。


佐藤富雄

言葉だけでなく、行動習慣を見直すことも大切です。コンプレックスは、すべて自信のなさから由来します。男性の自信は、7割が身体に対するイメージがベースになっていますから、身体を動かすこともお勧めします。


淀川長治

チャップリンは幼少時代ひどい苦労をなめた。貧しさのあまり頭が変になった母とチャップリンは二人暮らしになった。父を5歳で失った時に母は発狂した。腹違いの9歳の兄はこの家から逃れて船のボーイになった。5歳のチャップリンは食べるものがなくなってマーケット裏に捨てられた残飯を拾ったこともあったという。その苦労がのちのチャップリン喜劇の中でいかに生きて描かれているかがわかるのである。それにこの母が実は偉かったのである。気が鎮まって生気を戻すと、小さな我が子を枕辺に呼び「イエス様はお前が運命をまっとうすることをお望みなのだよ」と何度も諭した。つまり自殺をするなということである。それは小さな我が子に言うよりも苦しい自分に言って聞かせたのであろう。そのチャップリンの苦労がのちに幸せの花を咲かせたのである。思えば神様は人間を豊かに幸せにするためにいつも苦労させるのだ。


西村英俊

一番大切なことは、メディアにどうやって、何を今日中に発表できるか決めることです。何が何でも今日のうちに発表しなければいけません。情報の材料が足りないとか、対応策が決まっていないとか、不足する事項はいっぱいありますが、今日中に発表すべきです。材料が足りなくてもいいんです。「社長が知っていて対応しようとしている」「社長が関与すべき問題だと会社は認識している」という二つのメッセージのおかげでメディアの反応はまるっきり変わってきます。


藤田晋

ほどよく空気を読む力を持ちながら、そのうえで置かれた状況に応じて「あえて読まない」選択をできるかどうか。それができるようになれば、ビジネスパーソンとして、一つ上のステージに上がれると思います。


池田義博

記憶に大きく影響するのが「感情」。思い出が何年経っても忘れられないのは、その出来事に感情が動かされたことで、脳に深く刻まれたためです。ですから、覚えたい対象にストーリーや特徴を与えて感情を動かせば、あとは脳が勝手に覚えてくれる。


越智仁

1つのお手本になる企業が米国の「3M」。材料やプロセスなど46の基盤技術を最大限に活用し、幅広い分野を対象に5万種類以上もの製品を展開している。我々も統合会社に集めた技術をうまく組み合わせながら、独自のニッチなソリューションを効率よく生み出していきたい。


堀之内九一郎

ものをひとつ売ったら、客が一回来たら、それでおしまいではなく、それをいかに続けていくかを考えていきます。新規開店で出血サービスをしても、あとが続かないのは、最初だけ客が来れば、自然と次も来てくれると考えるからです。けれど、普段の接客の中で、一人の客をいかに次につなげるかを考える。それがシステム作りなのです


ガブリエル・ベルチ

あらゆる職種の社員が私たちの財産だと確信しています。能力を最大限に伸ばし発揮できるよう、社員一人ひとりが上司と一緒に開発育成プランを組んで実践します。


福井智明

当社の場合は1年間みっちり研修を受け腕を磨いたオーナーたちが清掃にいくためクオリティの高いサービスを提供することができています。そのため当社はリピート率80%以上を記録しているのです。


山崎浩一(コラムニスト)

情報に振り回されないようにした方がいい。そのためには自分との対話が必要。でもそれはみんな、ボーッとしている時間や、退屈している時間にやっているんですよ。「自分は何にワクワクするのか」って。そこで自分のニーズが分かると思います。