名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

オリビエ・ボーサンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリビエ・ボーサンのプロフィール

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

オリビエ・ボーサンの名言 一覧

流れる水をすくいたいなら握りしめないことだ。


オリビエ・ボーサンの経歴・略歴

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

大倉忠司

私は、一度にいろいろなことはできません。一つの仕事にしか魂を入れることができないのです。だから飲食業界で大チェーンを目指すなら、専門店の一業態だなと。これはあくまで私の考えですが、ただ一つの業態に賭けるというのは大事だと思います。


齋藤勇(齊藤勇)

根拠のない自信家は考えることに時間を費やし、それで満足してしまう傾向があります。そのためTODOリストをつくっても、たんなる夢リストと化して結局は何も行動しないで終わってしまいます。そこで「考えること」「すること」の二つのリストを用意し、思い浮かんだことをまず「考えること」リストに記し、それを具体的な言葉に置き換えたうえで「すること」リストに転記します。この二つのリストに、毎日決まった時間に目を通します。理想は1日3回。朝にリストをつくり、日中にチェックし、夜に見直すと、行動の漏れを減らせるはずです。


小山薫堂

学生は55人です。まだ、できたばかりですから、一学年しかいません。企画のつくり方、発想の仕方などを教えているのですが、よく考えてみると、僕の方が学生から教わることが多いのです。
【覚書き|東北芸術工科大学デザイン工学部企画構想学科学科長の仕事について語った言葉】


鈴木敏文

明確なコンセプトのもとで、提供する商品の照準を絞り込んでいく。絞り込みとは別の言い方をすれば、顧客に対してレコメンド(推奨)することです。照準を明確に絞り込むほど、顧客にとって価値がとらえやすくなる。モノが余り、消費が飽和したいまの時代には、顧客が店に合わせて買い物をするのではなく、店の方が顧客に合わせ、レコメンドする価値を絞り込んで提供する必要があるのです。


野村克也

言葉の力は強い。「根拠は?」「~とは何か?」と言い続けるうちに必ず思考が変わり、行動が変わり、自分自身を必ず向上させていくはずだ。


加藤俊徳

記憶に残らない日々は人生そのものも単調にして、ますます脳を衰えさせてしまう。この状態を脱するには、一日の終わりにその日一日を振り返る習慣を持つこと。その日起きたことや感じたことを思い返すことで「物事を覚える・思い出す」力が刺激され、記憶として定着します。また、一日の価値や自分の変化の確認もでき、人生の充実度が高まることで記憶力がアップする効果もあります。


野中正人

お客様から当てにされるお店になりたい。新しいお洋服を買いたいとき、「しまむらに行けばあるんじゃないか?」と思っていただけるようになりたい。


神谷えりな

私もファンの方も、同じ人間。自分から心を開いて本音で接すれば、相手も心を開いてくれると、私は信じています。


安渕聖司

自分がこの仕事をする・しないことで、自分の前工程と後工程、さらにお客様にどんな影響があるのか。それを考えれば、おのずと「これは早めにやっておかなければならない」といったことが見えてくるものです。


鈴木秀明(資格勉強コンサルタント)

キャリアアップのために資格を取るときは、会社で推奨されているものがあれば、それを取るのが第一でしょう。資格選びはプレゼント選びのようなもので、自分の意向や趣向というよりも、相手(勤め先、顧客)が何を求めているのかの基準で選ばないと、「使えない資格」になりがちであることも、どうぞお忘れなく


守谷雄司

相手の反対意見に一理ある場合は、真っ向から反対せず、「あなたの意見をよく聞かせてください」というように、相手を受け入れる態度を見せてください。相手の気勢も削がれ、いつの間にかこちらの言うことに同調してもらえるかもしれません。


ジョージ・ソロス

私の実践的投資スキルを要約せよ、と求められたなら、ただひとこと「サバイバル」と答えるだろう。まず生き残れ。儲けるのはそれからだ。社会現象の研究は、むしろ「錬金術」と称する方が適切かもしれない。