名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

オリビエ・ボーサンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリビエ・ボーサンのプロフィール

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

オリビエ・ボーサンの名言 一覧

流れる水をすくいたいなら握りしめないことだ。


オリビエ・ボーサンの経歴・略歴

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

セネカ

他人にあなたの秘密を守らせようとするなら、まずあなた自身があなたの秘密を守れ。


木村清

「人に喜んでもらうため」という姿勢を持つと、いい結果につながる。


飯間浩明

読み手が一度に受け取れる情報には限界があります。一文が長くなると、主語と述語の関係がねじれたり、主語と述語が二つ以上入った複文になったりして、わかりにくくなります。また主語と述語が大きく離れた文では、読み手はその間に多くの情報を処理しなければならず、ストレスを感じます。


川原泉

人と同じは嫌だ、と狙って行動していたわけではないんです。でも無理に人に合わせるのって苦痛じゃないですか。人から「変わってる」と言われても悪口だと思わず、「個性的」と変換するようにしました。そうすると自然に同じ趣味の友達と一緒にいるようになって。


米山久

生産者と、我々のような販売者は、これまで接点がなかった者同士です。我々がいきなり生産者を訪ねても、相手からすれば、「東京者が騙しに来たに違いない」と怪しまれるだけ。そこで、地方行政にあいだに入ってもらうことで、我々の話に耳を傾けてもらえるのではと。地方行政に対して我々が生産者と直接関わることのメリットをプレゼンし、その口添えを得ることで、生産者の信頼を獲得していきました。


藤田晋

社内人脈をつくるときは「自分の名前を売る」ことよりも、「相手の名前を覚える」ことが先。人は自分に関心を持ってくれている人に、関心を持ちます。だからまず、とにかく社員の名前をたくさん覚えることから始めてください。


カルロス・ゴーン

信頼とは二つの柱の上に成り立っています。ひとつめは成果(パフォーマンス)です。成果が上がらなければ信頼されません。もう一つの柱は透明性です。成果が上がっていなくても、透明性があれば会社は信頼を得ることができます。何か問題があったら、それを明らかにして対応すること。何か過ちを犯したら、きちんと公表して対処すること。これが大切なのです。


ニーチェ

我々は自分の趣味に合うものを褒める。つまり、我々が何かを褒めるとき、自分の趣味を褒めているのだ。


高橋名人(高橋利幸)

1986年半ばからは、各ゲームメーカーが「名人」を作ってきました。しかし、彼らと私の決定的な違いは、ゲームの攻略だけをするのか、それともゲームの攻略はもちろんだけども、それ以外の子どもが体験するべく遊びや運動なども勧めていたかの違いだと思います。対象相手が子どもだけであれば、ゲームの攻略法を直伝するだけで正しいと思います。しかし、それだけでは、家計の番人とも言える母親の賛同を得ることはできませんからね。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

休息とは文字どおり「息をするために休む」こと、すなわち「一呼吸入れる」ことです。オーケストラでは、一拍の間が大きな効果を持ちます。これを人間の行動様式に置き換えると「一呼吸置かない生活」とは「リズムのない生活」ということになります。それは、同じテンポとボリュームで、休みなく鳴り続ける音楽のようなもの。休みなく、常に一本調子の疾走状態……。こうした生活を送ることの弊害は、単に健康が損なわれるだけではありません。緩急のない音楽がつまらないように、あなたの仕事や人生そのものが魅力を欠いていくこと、これこそが甚大な損失なのです。


篠原正義

ニーズを押さえつつ、誰に向けて仕事をしているのかという意識さえ忘れなければ、作り手の気持ちはお客さんに伝わるでしょう。


森田直行(経営者)

現在、経営にはますますスピードが求められている。無駄な時間の使い方は経営の圧迫に直結する。自らの時間の使い方を見直すことが、組織の生産性、ひいては会社全体の生産性を高めることにつながることを、常に意識しなければならない。