オリビエ・ボーサンの名言

オリビエ・ボーサンのプロフィール

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

オリビエ・ボーサンの名言 一覧

流れる水をすくいたいなら握りしめないことだ。


オリビエ・ボーサンの経歴・略歴

オリビエ・ボーサン。フランスの経営者。仏系化粧品会社「ロクシタン」創業者。23歳のときに古い蒸留器を購入し野生のローズマリーからエッセンシャルオイルを抽出。地元の市場で販売しはじめた。幼少期を過ごしたプロヴァンスの伝統と素材を使いスキンケア用品やフレグランスを製造。同社を大きく成長させた。

他の記事も読んでみる

大越健介

幸運にも、いまの立場にいて、多くの人が見られないことと、聞けない情報に直接接しています。そういう立場にある以上、それを世の中に全力で伝えていく義務があると思っています。


中山秀征

大半の人はやりたいこととできることの違いに悩み、好きなことと生業の線引きをしなければならない時を迎えます。僕の場合、好きなことは歌でしたが、生業になりませんでした。そこに後悔があるかと聞かれれば、胸を張って「ありません」と答えます。歌では本物に敵わなくても、エンターテイナーとしてなら戦える。若いうちに谷間に落ち、そう気づけたのは幸せなことでした。


田崎正巳

「どうやってキャリアを積んでいくか」を考え過ぎると動けなくなりますから、どんどんいろんな所に首をつっこんで、がむしゃらにやってみればいいんです。それが20代にやるべきことでしょうね。


小倉久寛

何か大きな転機があって風向きが変わったのかと言うと、思い当たる節はなくて。露出は劇団の芝居だけでしたし、いろんな方が見てくださったことで変わったのかな。今、ブレイク中だなと感じたこともないし、性格的にもイケイケにはなれないんですよ。誰かの傘の下にいたいというか、敵を作りたくないというか。いつも素直に言われたことを続けてこれた結果なのかなと思います。


高田明(ジャパネットたかた)

当社が上場する可能性はありません。上場がダメというより、生き方の問題と方針の違いです。上場してスケールを大きくしてグローバル企業を目指す、ユニクロの柳井さんやソフトバンクの孫さんはすごいですよね。私は正直、そのレベルまで志を持てないです。だから自分たちの考える範囲でブランドを作り上げていく。企業とは、誰かのためにあるのではない。株主のために企業が存在すると言ったら、方針がブレてしまう。ずっと守ってきた世界だから、僕らの中に上場はないです。


寺田和正

時代を感じ取る力は雑誌、テレビ、映画など、身の周りのあらゆることで訓練できます。たとえば、雑誌に新商品のアイスクリームの広告が載っているとします。この広告はどの層を狙っているのか、このプロモーションモデルを起用した戦略はうまくいくのか、この広告でこのアイスクリームは売れるのかを、自分なりに考えてみるんです。自分の予想どおりの結果になれば、自分の感性は正しかったということになる。このような仮説と検証を日々繰り返して、感じる力を鍛えていきます。


矢野博丈

一人で始めた移動販売が社員3人規模まで大きくなったとき、「よし、ワシも経営の勉強をせにゃいかん」と思って、本を3冊買ってきたことがある。3冊とも松下 幸之助さんの本だった。読んでみると、私が考えたこともないようなことがいろいろ書いてある。さすが経営の神様だと思った。その中のひとつに、「経営者には権限移譲する力、部下に仕事を任せる力が必要だ」と書いてあった。だからそれに倣って、それまで平社員だった社員3人をそれぞれ専務、部長、課長にしていろいろ任せることにした。ところがこれは上手くいかなかった。大きな会社で、ふさわしい年月と経験を重ねてきた社員に権限を委譲するのは、効果的なのかもしれない。だけど、当時のうちの社員は年月も経験も浅い。苦労もしないまま役職が与えられると何か勘違いしてしまって、権限移譲の悪い面ばかりが出てしまった。このとき私は、本に書いてあることをそのまま鵜呑みにしたらいけないと思った。


前川正雄

大切なのはまずは自分を捨てて相手の意見に耳を傾けること。結果、みんなが合意に達し、欧米でよくやる相手を打ち負かすための議論では望めない質の高い成果が得られます。うちでも、寄り合いそのものといえる三日三晩の合宿をよくやります。


中山雅史

負けず嫌いな性格は子供の頃から。年齢に屈するのも嫌ですし、とくに若手には負けたくない。


松田憲幸

父は何かにつけて行動が速い人でした。たとえば、旅先で誰かと一緒に写真を撮り、その写真を相手に送ってあげるとします。普通なら、1週間後か1か月後くらいに届けるという場合が多いと思うのですが、父に言わせると、それでは遅い。父は遅くとも次の日には発送します。それも知り合いだけではなく、旅先で偶然一緒になった人にも、同じように送るのです。きっと、相手は驚くと同時に、強い印象を持ってくれるでしょう。父は「速い」ことは相手への何よりのサプライズと考えているようです。現在父は71歳ですが、この点で私はまだまだ敵いません。


西多昌規

1日15分程度のウォーキングなど適度な運動は、セロトニンやドーパミンなどの神経伝達物質の働きが強まります。不安が和らぎ、やる気も出る。


小室淑恵

残業時間が多いことのデメリットに企業が気付き始めています。ある会社では、社員一人が1日30分残業を減らしただけで、残業費が削減され、年間9億円もの利益が出ました。その会社のもともとの利益は11億円でしたから、ほぼ利益が倍増した計算になります。残業費は企業にとって、それほど大きなコストなんです。


塚越友子(水希)

若い世代の人たちにも、他者に対する尊敬の念や、自分が知らない時代にどんな苦労を重ねてきたか、といった想像力が貧困という欠点があります。激動の時代を生き抜いてきた年長者の経験談は刺激になりますし、人生の先輩として彼らがメンター的な役割を担ってくれることもあるでしょう。


ロバート・ウォルターズ

バイリンガル・スペシャリストとは、2カ国語以上を話し、かつプロフェッショナルな能力を有する人たちを指す。彼らを、正社員あるいは派遣・契約という雇用系態でクライアントに斡旋してきた。こうした人材は日本に限らず、世界のどの国、地域においても恒常的に不足している。


藤重貞慶

ライオンの企業スローガンに「今日を愛する。」というものがあります。一日一日を大切に生きること、その中で充実した瞬間を持つことの大切さをこの言葉に込めています。


ページの先頭へ