名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

オリバー・ストーンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリバー・ストーンのプロフィール

ウィリアム・オリバー・ストーン。アメリカの映画監督、プロデューサー、脚本家。ニューヨーク州出身。イェール大学を中退。アメリカ陸軍に入りベトナム戦争に従軍。除隊後、ニューヨーク大学フィルム・スクール学部卒業。様々な職に就きながらシナリオが売れない時期を経て、ホラー映画『邪悪の女王』で長編監督デビュー。アカデミー賞(脚本賞、監督賞)、ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭監督賞、英国アカデミー賞監督賞、ゴールデングローブ賞(監督賞・脚本賞)ほか数多くの賞を受賞した。代表作に『プラトーン』『ウォール街』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『7月4日に生まれて』『JFK』『天と地』ほか。

オリバー・ストーンの名言 一覧

書くというプロセスは……書くことだ。とにかく座るんだ。ケツ+椅子=書くことだ。
【覚え書き|脚本の書き方について聞かれての発言。下積み時代、氏は脚本を書きまくった】


いつの世も反道徳的リーダーは「でも、それ以上、やりようがなかった」「悪意はなかったが、ほかの人もやっていたから」などと言い訳をします。ですから、若い皆さんには「NOと言える賢さ」を身につけてもらいたい。金融・経済をもっと勉強しなければならないのです。


教育レベルが高いのに就職ができないのは、教育・就職システムに問題があるのでしょう。ただ、若い人たちにも融通が利かないところもあるのでしょう。たとえば、「大学を出たから一流の企業に就職しなければならない」というように考えるのではなく、もっと柔軟な思考を身につけるのも大切なことだと思います。


戦後、日本が豊かになったのは、長期的な展望を描いたからです。短期的な収益を求めず粘り強く国を成長させたからに他ならない。しかし、いまの若い人たちが、前世代と同じような考え方で生きる必要はまったくありません。今日の金融・経済システムの中で若い人たちはそれなりに心豊かな生活をしているのですから。たしかに長期的な展望を描けないのはよくない。でも、いまの成熟した日本において「若者は草食だ――軟弱だ」と問題視して騒ぎ立てる必要はないと思います。


アメリカの経済誌などには「失われた十年」「デフレ・スパイラル」などと、日本に関する好ましくない単語が並んでいます。でも、必要以上の「騒ぎ」に乗ってはいけません。本当に。そもそも、日本はそんなに希望の持てないような状況に陥っていないからです。たとえ高齢化が進んでいても、人々の生活レベルは下がったといえば、そんなことはない。公共サービスも優れている。教育レベルも高い。水もクリーンだ。文化も素晴らしい。何よりも、感受性豊かな国です。要するに、日本の方々の生活水準はとても高いのです。


映画『ウォール・ストリート』をつくる際、入念にリサーチしました。様々な金融市場のプレイヤーたちの話を聞き、問題点や気づいた点を、スクリーンに描きました。金融危機のときに、国が金融機関を救うか否かを決める際、金融のトップは何ら罪悪感を持っていなかった。驚きました。そのシーンはいままでにないアプローチでした。


オリバー・ストーンの経歴・略歴

ウィリアム・オリバー・ストーン。アメリカの映画監督、プロデューサー、脚本家。ニューヨーク州出身。イェール大学を中退。アメリカ陸軍に入りベトナム戦争に従軍。除隊後、ニューヨーク大学フィルム・スクール学部卒業。様々な職に就きながらシナリオが売れない時期を経て、ホラー映画『邪悪の女王』で長編監督デビュー。アカデミー賞(脚本賞、監督賞)、ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭監督賞、英国アカデミー賞監督賞、ゴールデングローブ賞(監督賞・脚本賞)ほか数多くの賞を受賞した。代表作に『プラトーン』『ウォール街』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『7月4日に生まれて』『JFK』『天と地』ほか。

他の記事も読んでみる

山中伸弥

私は、本当に誰もやっていないことだったら、どんな研究でも価値があると思っています。だからこそ、若い研究者には、誰かの真似ではないか、繰り返しではないか意識してもらいたいのです。本当のイノベーションは未知の領域でしか見つからないのです。


ジョン・チャートン・コリンズ

すべての人々について良く言う人間を信頼するな。


澤田貴司

この間、経営再建を手掛けているある会社の社員から「ありがとうございます」と言われたんです。その会社は過去、ボーナスがずっと出てなかったんです。それが払えるようになって、メチャクチャ喜ばれました。それはもうたまらなく嬉しいですよ。


ビル・トッテン

目が届く範囲でコミュニケーションが取れる仕組み作りが大事。たとえば、部長が5人、課長がそれぞれ5人の部下がいる。そうすると5-5-5の体制だと100人以上の組織でも、きちんと目が届きますよね。この5人というのは、江戸時代の五人組から得た発想です。


大越健介

私は自分のことを幸せすぎるくらい恵まれていると思っています。田舎の自然豊かな環境で、平凡だけど平和な家庭に育って、機会に恵まれてスポーツもやり、学校を出ていい仕事に恵まれました。それはあり得ないくらいの幸運です。そのかわり、人一倍社会のために働かなければならないとずっと思ってきました。いつもは何も言わない父にも「いい気にならないのがお前の仕事だよ」ということだけは何度も言い聞かされましたし。


相原孝夫

常に安定した成果を出す人は、どんな状況でも仕事をうまく回す仕組みを持っている。デキる人は、仕事で成功した体験のプロセスを理解し、それを勝ちパターンとして身につけています。自分の経験から、仕事がうまくいくパターンを仕組み化させているんです。契約をとる、アイデアを出す……など分野に応じた仕組みがあり、それに従ってやるからこそ、気分に左右されずに一定のレベル以上の成果を出せるわけです。


尾山基

外部から登用する人の場合なら、いかにアシックスの社内文化や業務プロセスに合うかがポイントです。その人が転職前からやっている仕事にマッチすれば、フィットしやすい。だから専門性の高い仕事、すなわち法務、IT、人事などに強い人を採ってきた。でも、経営はその上ですから、得意、不得意が出てくるはずです。社内外を問わず、CEOになる人はそれらを全部理解しなければ、本当の経営者になれません。


ダグラス・マッカーサー

軍人が国家に対してねだるようなことはしてはならない。


立石豊

「ドリームセブン」は年に一度は必ず、7日間連続の休暇を取るという制度です。分割して取ることは認められず、必ず7日間連続です。正直、導入時にはかなり反対がありました。とくに部課長クラスが「休めるわけがない」というのです。では、なぜ休めないかと聞くと、「この仕事は自分にしかできない」と言う。そこで私は「なら、誰かに引き継げばいい」と答えました。そして実際にやらせてみると、時期尚早だと思われていた仕事でも、問題なく引き継ぐことができた。「休まねばならない」と、人は仕事を誰かに引き継がざるを得なくなる。こうした「仕事下ろし」があってこそ、真の時短や効率化が実現すると思います。


永守重信

最近はそこそこの企業に対して敵対的買収をしかけるのが流行りのようになっています。しかし、ああいう手法で成功する確率は、日本においては限りなくゼロに近いと僕は思うんです。というのは、日本人は農耕民族です。昔から近所の農家同士が、人手や農機具を融通しあいながら米や野菜をつくってきた。弱肉強食の狩猟民族の論理とは違うわけです。


相原孝夫

「仕事はできるが人望はない」。一度そうした評判が立ってしまったら、その組織での昇進は厳しいものとなるでしょう。なぜなら、企業における重要な人事決定は「評価」ではなく「評判」で決まると言っても過言ではないからです。


ドナルド・トランプ

ニュースが簡単に手に入る時代だから、どこに住んでいようと知らないことの言い訳はもうできない。情報は誰にも開かれている。だから情報と断絶していたらいずれ自分が損をする。