オリバー・ストーンの名言

オリバー・ストーンのプロフィール

ウィリアム・オリバー・ストーン。アメリカの映画監督、プロデューサー、脚本家。ニューヨーク州出身。イェール大学を中退。アメリカ陸軍に入りベトナム戦争に従軍。除隊後、ニューヨーク大学フィルム・スクール学部卒業。様々な職に就きながらシナリオが売れない時期を経て、ホラー映画『邪悪の女王』で長編監督デビュー。アカデミー賞(脚本賞、監督賞)、ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭監督賞、英国アカデミー賞監督賞、ゴールデングローブ賞(監督賞・脚本賞)ほか数多くの賞を受賞した。代表作に『プラトーン』『ウォール街』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『7月4日に生まれて』『JFK』『天と地』ほか。

オリバー・ストーンの名言 一覧

書くというプロセスは……書くことだ。とにかく座るんだ。ケツ+椅子=書くことだ。
【覚え書き|脚本の書き方について聞かれての発言。下積み時代、氏は脚本を書きまくった】


いつの世も反道徳的リーダーは「でも、それ以上、やりようがなかった」「悪意はなかったが、ほかの人もやっていたから」などと言い訳をします。ですから、若い皆さんには「NOと言える賢さ」を身につけてもらいたい。金融・経済をもっと勉強しなければならないのです。


教育レベルが高いのに就職ができないのは、教育・就職システムに問題があるのでしょう。ただ、若い人たちにも融通が利かないところもあるのでしょう。たとえば、「大学を出たから一流の企業に就職しなければならない」というように考えるのではなく、もっと柔軟な思考を身につけるのも大切なことだと思います。


戦後、日本が豊かになったのは、長期的な展望を描いたからです。短期的な収益を求めず粘り強く国を成長させたからに他ならない。しかし、いまの若い人たちが、前世代と同じような考え方で生きる必要はまったくありません。今日の金融・経済システムの中で若い人たちはそれなりに心豊かな生活をしているのですから。たしかに長期的な展望を描けないのはよくない。でも、いまの成熟した日本において「若者は草食だ――軟弱だ」と問題視して騒ぎ立てる必要はないと思います。


アメリカの経済誌などには「失われた十年」「デフレ・スパイラル」などと、日本に関する好ましくない単語が並んでいます。でも、必要以上の「騒ぎ」に乗ってはいけません。本当に。そもそも、日本はそんなに希望の持てないような状況に陥っていないからです。たとえ高齢化が進んでいても、人々の生活レベルは下がったといえば、そんなことはない。公共サービスも優れている。教育レベルも高い。水もクリーンだ。文化も素晴らしい。何よりも、感受性豊かな国です。要するに、日本の方々の生活水準はとても高いのです。


映画『ウォール・ストリート』をつくる際、入念にリサーチしました。様々な金融市場のプレイヤーたちの話を聞き、問題点や気づいた点を、スクリーンに描きました。金融危機のときに、国が金融機関を救うか否かを決める際、金融のトップは何ら罪悪感を持っていなかった。驚きました。そのシーンはいままでにないアプローチでした。


オリバー・ストーンの経歴・略歴

ウィリアム・オリバー・ストーン。アメリカの映画監督、プロデューサー、脚本家。ニューヨーク州出身。イェール大学を中退。アメリカ陸軍に入りベトナム戦争に従軍。除隊後、ニューヨーク大学フィルム・スクール学部卒業。様々な職に就きながらシナリオが売れない時期を経て、ホラー映画『邪悪の女王』で長編監督デビュー。アカデミー賞(脚本賞、監督賞)、ヴェネツィア国際映画祭審査員特別賞、ベルリン国際映画祭監督賞、英国アカデミー賞監督賞、ゴールデングローブ賞(監督賞・脚本賞)ほか数多くの賞を受賞した。代表作に『プラトーン』『ウォール街』『ナチュラル・ボーン・キラーズ』『7月4日に生まれて』『JFK』『天と地』ほか。

他の記事も読んでみる

岡野雅行(岡野工業)

墨田区の向島という土地柄もあるけど、町にはとにかくいろんな人がいたね。おっかないお兄さんや水商売で働くキレイなお姉さん。学校を終わったらそういう人たちにくっついて、タバコやら石鹸やらを買ったりしてお使いするんだ。そうしてお駄賃をもらう。そのやり取りの中で会話の仕方やつき合い方を学ぶ。学校の勉強はしなかったけど、いろんな人とつき合うことで、たくさんのことを学んだよ。それがすべていまに生きているんだ。


ダライ・ラマ14世

私たち人間には叡智というものがあります。叡智のひとつに「ものごとを広く見る」ということがあります。悲劇や不遇に見舞われたとき、他の同じような出来事や過去のもっとひどかった状況を思い出すことが、とても役に立つのです。自分にそうした経験がなければ、他人の経験でも構いません。むしろ、その方がいいでしょう。なぜなら、関心を自分のことだけに集中させるのではなく、他人に向けられれば解放されたように感じられるからです。


秋元康

僕のやってきたことには、マニュアルがないんです。放送作家にしても作詞家にしても、「どうやったらなれるか」と勉強したわけじゃない。実践型なんですよ。何かを体系的に学んだのではなく、実践の中で身につけてきました。だからこそ、その時々で自分が面白いと感じることをやっていた方がいいと思えた。頭だけで考えて戦略を練っても、うまくいかないんです。


柴田励司

先に休みの予定を入れておけば、予定までに仕事を終わらせなければなりませんから、生産性が必然的に上がります。


進藤晶弘

メガチップスは2013年、川崎マイクロエレクトロニクスと合併しました。このとき、メガチップスの経営理念を川崎マイクロの社員に押しつけることはしませんでした。メガチップスと川崎マイクロからそれぞれ30代の若手社員を4人ずつ選び、「経営コンセプト創造委員会」を結成し、経営理念をすべて見直すことにしたのです。驚いたのは、川崎マイクロの社員。「経営理念を一緒になってつくるなんて」と感動していました。そもそもメガチップスでは、「買収」とか「M&A」という言葉を使いません。二つの会社の「融合」、そして「新生メガチップス」が生まれたということです。一緒に理念を考えるのは当然のことです。


酒井健二(経営者)

リーマンショックが世界経済に激震を起こしていた年、私は日本ペイント社長に就任した。私はむしろチャンスだと思った。厳しい環境で社員みんなが危機感に包まれている時だからこそ、改革に取り組みやすいと。


野村与曽市

利潤の増大は原始製品販売を避け、二次三次の加工を施し、最終製品までの積み上げによって充足する方針をとっている。これを私は経営の立体化と呼んでいる。


村山哲治

営業マン時代、一向に営業成績が上がらなかった私は、あるとき意を決して定時より早く。出社することにしました。そこで出会ったのが、同じように毎朝早く出社していたA部長です。彼は部下のいない、いわゆる肩書きだけの部長。それまでは挨拶程度の関係でしたが、毎朝一緒なので、自然とよくしゃべる仲になりました。すると次第に彼が、社の内外を問わずスゴイ人脈を持っていることがわかってきたのです。だてに30年間も勤続したわけじゃなかったんですね(笑)。それから、A部長と人脈に仕事で相当助けてもらいました。そうして私は仕事の効率が上がり、営業成果も出るように。このようにハブパーソン(人脈を持つ人)は意外なところに潜んでいるものです。自分の弱い部分を他人の人脈で補うにはどうしたらよいのか。それにはまず、自分の人脈を整理してみること。


江口洋介

答えはひとつに限らないけれど、今という時代を反映させてこそ、いい作品になっていく。


佃和夫

納期を守る、約束した品質で仕上げることは日本人が持つ優れた資質です。いま、日本企業はグローバル展開を迫られていますが、恐れることはありません。世界でも矜持を持って行動すれば、信頼感が生まれます。


見城徹

幻冬舎を立ち上げたのが43歳のときです。最初の3~4年というのは、まあ、デスマッチを毎日やっているという感じでしたよ。耳鳴りはするしね(笑)。幻冬舎ができる前までの20年間で、出版社を起こして成功した例なんてひとつもなかったですから、周りの誰からも「やめとけ」って言われました。誰もが「見城は失敗するだろう」と踏んでいた。


藤田晋

当社は「上が丸投げするようになったら終わりだ」と言って、合宿までして、新入社員と同様に新規事業のアイデアを出します。社長の私も同じで、経営の仕事だけでなく、現場の仕事を最後まで責任を持ってやる機会を増やしています。


正垣泰彦

「心を込めて作っているから高くていい」なんてお客さんは思っていない。


菅野智之

試合前は常にプレッシャーを感じますよ。シーズン中に好成績を残しても、大事な舞台で試合を壊してしまえば、悪い印象が残る怖さもありますから。


ミロコマチコ

最初は、自分自身を描いていたんです。日記みたいに。でもだんだん自分から出てくるものがなくなって、そのやり方が自分の範囲を狭めているようにも感じました。もっと違う世界に行ってきたいと。ちょうどそのとき、小学生向けの図鑑を見ていたら、馬の姿がものすごく美しかった。これを描きたいと思いました。でも、まったく描けない。馬はよく知っているのに、何でこんなに描けないんだろう? 形がおかしすぎる(笑)。そこから(動植物を描くことに対して)虜になりました。


ページの先頭へ