名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

オリバー・クロムウェルの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリバー・クロムウェルのプロフィール

オリバー・クロムウェル。17世紀、イングランドの政治家、軍人。イングランド共和国初代護国卿。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。

オリバー・クロムウェルの名言 一覧

よりよくなることを止めてしまうと、今のレベルを保つこともできなくなる。


オリバー・クロムウェルの経歴・略歴

オリバー・クロムウェル。17世紀、イングランドの政治家、軍人。イングランド共和国初代護国卿。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。

他の記事も読んでみる

三枝匡

優れた経営者は、混沌を単純化する能力に長けています。目の前の状況が社員にはグチャグチャに見えていても、優れた経営リーダーは「この問題はこういうことなんだよ」と単純化して社員に分かりやすく伝えます。社員は「そうか、そういうことか。だったら自分はこう動けばいいんだな」と、トップの解釈を自分の立場に置き換えて行動に移していくのです。


南原清隆

古典ってすごいんですよ。いろいろミックスしてもびくともしない。「どうぞやってください」って感じなんです。
【覚え書き|狂言を現代風にアレンジした現代狂言について】


山口佐貴子

「最悪、今年は受からなくてもいいか……」という言葉が少しでも頭をよぎったら、アウト。人は、逃げ道があると、必ず易きに流れます。


小山昇

リーダーにとって最大の時間のムダは、決断の先延ばしです。社長の仕事は決定すること。社長が決めなければ、社員は動きたくても動けない。グズグズしているうちに、会社の動き全体が遅くなります。決断の早さが重要なのはビジネスパーソン個人も同じです。すぐに決断して動き出せば、それだけ早く仕事に取り掛かることができて、早く片づく。だらだら残業したくないなら、仕事のスピードをあげるより決断を早めることのほうがずっと効果的です。


佐々木瑞枝

日本人は自分の意見や主張を言いたがらないため、情報源がないにもかかわらず、自分の気持ちを「~だそうです」などと、「誰かから聞いた」「こんな情報があった」というような伝聞の表現で言う傾向がある。相手と意見が衝突する時のことを踏まえて、「聞いた話ですから」と逃げ場を用意したい気持ちがそうさせているのかもしれない。


佐治信忠

トップが「やってみなはれ」と絶えず言い続けること。1回でダメなら10回、それでダメなら100回でも1000回でも飽きずに言い続けることが大事。


柳澤英子

何回も作っているうち、「こっちの調理法の方が簡単!」って気付くんです。だからどんどんレシピは進化して、簡単になっています。私が発表したいのは、やせることよりも簡単な調理法。ヘルシーなメニューで適正体重に導かれていくもの。忙しくても健康管理ができる、そして、自分で料理をすることへの入口となるものなんです。


水川あさみ

1年は早いですね。毎年、どんどん早くなっている気がします。追われるはかりで、日常を見失う感じにはなりたくないです。もちろん、私はこの仕事が好きだし、自分が生きていく上でお芝居は大切だし、すごく楽しいことです。だからこそ、自分の時間を大事にしていきたい。ご飯を作る、洗濯をする、友達と会う、たまに実家に帰って家族と過ごす……。私を支えてくれているのは、日常的で当たり前のことばかりです。


戸倉敏夫

わが社の強みはなんといっても、時計の設計から製造まで自社単独でできる技術力にあります。


田中邦彦

以前、店長候補として採用した一流大学での新入社員は、記憶力が抜群なのですが、店に出すとこれがまったくダメで使い物になりませんでした。周囲の空気や人の感情を理解できない人は、接客の仕事には向いていません。そういう人を店長にするわけにはいかないので、部署を異動させて数値管理の仕事をさせたら素晴らしい能力を発揮してくれました。適材適所を見つけ出すことも人事の重要な役割です。彼はいまでは本社業務のスペシャリストとして手放せない人材の一人になりました。


猪瀬直樹

アポの予定が散らばっていると、そのたびにウォーミングアップとクールダウンを繰り返すことになりますが、これが積み重なると大きなムダになる。なるべく同じ日の近い時間帯に固めれば、テンションを維持したまま一気に予定をこなせます。相手の都合があるのですべて思い通りにはいきませんが、自分でコントロールしたいという意識を持つだけでもかなり違うはずです。


杉山博孝

社員からの声に対して、見える形にフィードバックすることがリーダーの役目です。社員に「ほんとうに、従来のやり方にとらわれなくてもよいのだ」と実感してもらうためには、社員のどの意見を取り上げ、会社としてどのように実行するのか、取り上げない場合にはその理由は何か。こういった開示を意識して行っていきたいと考えています。