オリバー・クロムウェルの名言

オリバー・クロムウェルのプロフィール

オリバー・クロムウェル。17世紀、イングランドの政治家、軍人。イングランド共和国初代護国卿。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。

オリバー・クロムウェルの名言 一覧

よりよくなることを止めてしまうと、今のレベルを保つこともできなくなる。


オリバー・クロムウェルの経歴・略歴

オリバー・クロムウェル。17世紀、イングランドの政治家、軍人。イングランド共和国初代護国卿。ネイズビーの戦いで国王チャールズ1世をスコットランドに追い、議会派を勝利に導いた。

他の記事も読んでみる

上田準二

総論賛成、各論反対という話はようあるけど、まず総論を決めて、本当にやるべきかどうかコンセンサスを取りましょう。各論なんか後でいい。統合の理由や目的、統合しなかった場合の両社の将来を考えてみましょう。


山内溥

任天堂は一度受けたからといってシリーズの2作目3作目は出さない。任天堂はゲームキューブとゲームボーイアドバンスを連動させて、2やら3ではなく新しいジャンルをつくっていく考えである。


渡邉美樹

危機感を共有し、みんなで力を合わせて頑張ることができれば、会社は浮上する。


ジム・ウォルトン

われわれはイラク人民に自由を与えると同時に、財宝をも自由化しなければならない。


宮田亮平

人は食べるためだけに生きられるわけではありません。喜びを知ることが究極の目的でしょう。だからそれが一流企業に入ることで得られると思えば就職すればいいし、芸術をまっとうすることで得られるなら芸術家を目指せばいいのです。もっともその喜びも、人生の中のほんの一部でしょう。あとは背負うばかりです。しかし、背負うと思うか、背負わされていると思うかその違いはとてつもなく大きいと思います。


澤田秀雄

自分がいる場所が変われば、見える風景はまったく違うものになる。


南淵明宏

怠惰でいい加減で、信用できない、でたらめな自分をいかに奮起させるか。それは職業を問わず誰でも考えることだと思います。私の場合は、自分を追い込むという方法が向いていました。


木下和彦

たしかに、料理はスピードと段取りは重要です。でも、手を抜くことは絶対にやってはいけません。多少遠回りでも、美味しい料理を作ることが大前提なんです。ですから、同じ作業をしていても、もっと美味しくするにはどうすればいいかを常に考えながら、速く動こう、速く動こうと意識することが大切です。


吉岡知哉

これだけ激動してくると、どうしても目先のところで対応をしてしまうことはやむを得ないと思いますが、その時に、この企業は何のためにあるのかという原点を見失ってしまうと、その企業の良さがなくなってしまうのではないかと思います。


立花陽三

球団経営を学ぶためにアメリカに渡り、社長やGMに話を聞いて回りました。印象的だったのは、ダイヤモンドバックスのデリック・ホール社長です。彼は「自分が球団の一番のファンでなければいけない」といって、ファンと同じ席に座って観戦していました。服装もスーツではなく、グッズショップで売っているもの。ダイヤモンドバックスの社員も同じで、胸には「FAWTSY(「イエスという方法を見つける」を略した言葉)」と書いた缶バッジをつけて歩いている。それだけファンを重視しているということです。


滝久雄

悪意ではなく無意識で行った情報の扱い方が時に不当な結果をもたらす場合もある。そのような事態に気づいた時点で速やかに指摘し、話し合い、あるべき公平な姿を修復するよう努める。ITが関わるビジネスは予想をはるかに超えるビジネススピードで成長するので、対応の速さがとりわけ重要だ。


田中仁(経営者)

社員一人一人が愛する仕事をしている自覚を持つことが大切です。一人の人間が大きな影響を及ぼします。


白井一幸

育成に関しても、ヤンキースには指導マニュアルというものがあり、非常に参考になりました。そこには打撃や守備、投げ方などについて明確に定義されていて、「グラウンドではしっかり走ること」という項目までありました。日本でそういうマニュアルをつくっている球団はおそらくないでしょう。マニュアルには、大胆な発想が生まれにくいとか、こなすことで仕事をした気になってしまうといった弊害もあります。でも、私のように選手から指導者になったばかりの人間は、指導するにあたって試行錯誤します。その点、マニュアルがあれば指導しやすいですし、育成方法に関してチームとして統一感を持たせることができます。


荻田伍

缶コーヒーブランドの「ワンダ」を再生するための調査は、私の着任以前から行われていました。それで明らかになったのは「缶コーヒーの4割以上は朝飲まれている」ということです。皆で知恵を出し合った結果、「だったら、朝飲まれる缶コーヒーをつくろう!」という結論に達しました。4割の市場をつかむために、6割の市場を捨てるということです。なぜそのような決断ができたのかというと、私たちには後がなかったからです。
【覚書き|債務超過寸前のアサヒ飲料経営再建時代を振り返っての発言】


アリストテレス

幸福は暇にこそあると思われる。なぜなら、我々は暇を得るために働き、平和のうちに過ごさんがために戦争をするからなり。


ページの先頭へ