オリバー・カーンの名言

オリバー・カーンのプロフィール

オリバー・カーン。プロサッカー選手(GK)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身。世界最優秀ゴールキーパー、UEFA欧州最優秀ゴールキーパー、ドイツ年間最優秀選手賞などのタイトルを獲得。ドイツ代表チームキャプテンを務めた。

オリバー・カーンの名言 一覧

どんな時でもゴールを許したくない。
【覚え書き|チャリティイベントで子供相手でもゴールを決めさせなかったことについての発言】


オリバー・カーンの経歴・略歴

オリバー・カーン。プロサッカー選手(GK)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州出身。世界最優秀ゴールキーパー、UEFA欧州最優秀ゴールキーパー、ドイツ年間最優秀選手賞などのタイトルを獲得。ドイツ代表チームキャプテンを務めた。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

私たちにとって最大の課題は、お客さんの人生に商品がどのように役立つか、具体的に考えることです。商品だけを見ている人は、商品しか語れません。私は、商品がお客さんの人生にどうかかわれるのかをいつも重視しています。この商品の購入が夫婦の会話が増えるきっかけになるのではないか。そういったことを常に考えています。


小池龍之介(小池龍照)

瞑想は座禅を組んで、呼吸を整えることだけでもできます。私がオススメする簡単瞑想法は「小さなおっさん瞑想法」です。脳の中に、あなたとは別の「小さなおっさん」が住んでいると思ってください。普段は静かだけど、彼はたまに酔っ払いのように現れる。そして「俺はアイツと比べたらダメ人間だ」と誰かと自分を比べたり、「若手はなっていない」とイライラをグチったりします。ここで同調してはいけません。「へー、そっか~」「ふーん」と目の前でグチるおっさんを、適当にいなすイメージを持つのです。グチる小さなおっさん、つまり「脳内で勝手におしゃべりする感情」につき合って「そうだよ」「本当だよ」と同調すると、妬みや怒りの感情にとらわれます。酔っ払いにつき合うと、図に乗り、ますますタチが悪くなるのと同じ。だから、あくまでも軽く受け流してやる。すると、かまってもらえない酔っぱらいが自然と黙ってしまうのと同じように、負の感情も、いつの間にか静まるのです。これこそ座禅瞑想の極意です。


鈴木喬(経営者)

消臭ポットを開発するとき最初は周りが反対しました。しかし当初、「絶対に売れない」と断言していた小売店からも、矢の催促で注文が届くようになりました。商品が革新的で常識外れだからこそ、反対されると思っておいた方がいいでしょう。


徳永太郎

企業は起点を自社ではなく顧客に据えて、そこから商品のあり方やビジネスモデルを変えていくという発想に切り替える必要がある。


泉谷直木

これまでビールの営業は出荷数量、売上高にこだわり過ぎていたと思います。私もこの間、営業マンに同行して得意先の話を伺ってきましたが、すばらしいプレゼンをしてもらっているというお褒めの言葉をいただく一方で、課題も見えてきました。プレゼンの中身が全部「売上」をベースにしていたのです。そこで、ある得意先に「社長、本音では売上よりも粗利ベースの提案をして欲しいんじゃないですか?」と水を向けたら「いや、それはそうですよ」とおっしゃるわけです。もちろん売上も多い方がいいけれど、お得意様(小売店)のニーズはむしろ粗利のほうを向いている。営業には、そこを考えないといけないぞと説教しました。


佐々木隆(経営者)

日本には、豊かな自然、寺院などの歴史的建造物、近代的都市まで、観光地としてのコンテンツが豊富にありますので、それを自信を持ってアピールし続けることです。日本そのものが十分アピールできる素材ですから、キワモノ的なものにいくのではなく、日本のありのままの姿を世界に発信していくべきだと思います。


樋口武男

ロボットスーツ開発メーカーのサイバーダインを設立した山海嘉之教授にお会いしたとき、「何のためにロボットスーツの事業をしているのですか」と尋ねたところ、「世の中の多くの人に役立てればいいと考えました」と答えられました。事業に対する考え方が我々と同じで、かつ同社の技術が有望なこともあり、それなら支援しましょうと出資を決めました。


佐藤公平

見ていますと、例えばストアマネジャーやスーパーバイザーまでは要領がいい人でもなれるんです。でもそれ止まりなんですね。営業部長になるには、やはりこつこつと努力し続ける人がなれる、という感じがしますね。


向井理

大切なのは、設定した目標に向けて小さな一歩を踏み出すこと。目的意識を持って行動していれば、次のステップにつながるきっかけに出合った時にも、それに食いつくか食いつかないか、すぐに選択できる。


土井英司

自分の得意ではないジャンルの本の場合、良し悪しの判断が難しい。そんなときは、専門家に聞くのが一番。営業術の本なら営業職の人に聞けば、正しい評価がわかります。専門家が書いているブックレビューを参考にするのもオススメです。


大隅良典

小さな財団で日本を変えるなんて、そんな大それたことは言えません。ただ、面白い典型が幾つか生まれ、それが次の世代に広がっていけばいいなと思います。国にお金を求めているだけでは手遅れになるという焦りはあります。科学に対する知的好奇心は、人間の欲求の一つ。科学が社会に支えられているんだというメッセージを伝えていければと思っています。

【覚え書き|大隅基礎科学創成財団を設立したことについて】


小泉光臣

コスト面のシナジーだけではM&Aのすべてを判断しません。やはり将来のシナジーまで見通さなければ、M&Aの効果は1度で終わってしまって、その後、一緒に成長を目指そうというモチベーションが起きませんよね。


川田修(ライフプランナー)

私も、以前は、損得勘定だけで動いていた時期がありました。でも、目の前の数字を追えば追うほど、精神的に追い込まれていくんです。損得に関係なく、自分が楽しいと思えることなら迷わずやろうと割り切ってからは、他人と自分の数字を比較しなくなりました。営業成績のランキングを見ても、比較して一喜一憂するのではなく、「皆も頑張っているのだから、自分も頑張ろう」と前向きに受け止められる。それが、結果的に、成績にも良い影響を与えてくれていると感じています。


森下裕道

相手への好感――それが気持ちのいい会話の大前提です。


古森重隆

経営者はまず情勢を読む。会社にとって良い情報も、悪い情報も、あらゆる情報を掴むということです。次に、情勢を読んだら当社は何をしなければならないのか、どういうことをするのか、どの方向に向かうのか、情勢から生まれてくる未来を読み、構想しなければなりません。3番目は、それを社員に伝えなければならない。4番目は先頭に立って断行する。それが経営者の役割です。


ページの先頭へ