名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

オリソン・スウェット・マーデンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリソン・スウェット・マーデンのプロフィール

オリソン・スウェット・マーデン。19世紀末から20世紀に活躍したアメリカの事業家。米国で有名なビジネス誌success magazineの創業者。成功哲学の父と呼ばれた人物。同雑誌は創業以来、現在でも成功した実業家、世界的リーダーたちにインタビューし続けている。

オリソン・スウェット・マーデンの名言 一覧

自分の仕事をけなしている限り、自分の仕事を誇りに思っている相手に、勝つことはできない。


ひとつのことを一途に努めれば、だれでもみな優れた人になり、成功した人になり、成功した人はさらに成功する。


水、空気、太陽という3つの健康のもとは、誰でも無料で手に入れることができる。それなのに、どれほど多くの人が早朝の公園を足早に通りすぎ、仕事へと急いでいることだろう。


オリソン・スウェット・マーデンの経歴・略歴

オリソン・スウェット・マーデン。19世紀末から20世紀に活躍したアメリカの事業家。米国で有名なビジネス誌success magazineの創業者。成功哲学の父と呼ばれた人物。同雑誌は創業以来、現在でも成功した実業家、世界的リーダーたちにインタビューし続けている。

他の記事も読んでみる

加藤俊徳

右利きの人は、右手の脳番地が左手の脳番地よりも大きい。生後5カ月になると、手を使って物に触ろうとします。この頃から手の脳番地の成長が、左脳と右脳で差が生まれます。つまり、手を使う頻度によって、脳の形まで変わるのです。すなわち、両手は使えば使うほど脳が成長するのです。


ケリー・マクゴニガル

私自身について少し申し上げると、ベストセラーを刊行したことにより経済的自由を得た、もはや働く必要はないと思われる方が多いようですが、それは残念ながら誇張です。ただ恵まれているのはキャリア・仕事について、より意義が大きいと思われるものを選べるようになったという意味での大きな自由を得たことは確かです。キャリアに関する自由を得たからこそ、自分自身が納得し、本当に意義があると信じられるもののために時間と労力をつぎ込めるということ、この点に大きな幸せを感じています。


寺尾玄

日本はまだ学歴社会だけれど、高校中退を後悔したことは一度もない。かえって狭い枠にとらわれなくてよかったと今でも思います。


田原総一朗

リーダーシップは命を懸けるということです。リーダーシップは、もともと軍隊用語。命を懸けてみせることで、みんなもついてくるんですよ。


柳澤大輔

「アイデアは既存のアイデアの組み合わせに過ぎない」と言われてますから、アイデアを出せる人は、物事の関連性を見つけ出せる能力がある人だと言えます。つまり、思いもよらない組み合わせを考えられる人が一流のアイデアマンということです。


中島武

私は国内市場でも十分に出店余力があると考えています。そもそも国内市場はパイの争奪戦で、常に競争しながら生き残るところと閉店に追い込まれるところの2通りに分かれています。生き残る店舗がある以上、日本の外食マーケットが飽和するなんていうことはありません。経営者が駄目なだけです。


和田裕美

私はよく講演で、「500円と1300円のお弁当があって、1300円のお弁当がすごく食べたいと思ったら、迷わず買ってください」といっています。いつもお昼を500円に抑えているお父さんは、「1300円の弁当買っちゃったよ」と、蓋を開ける瞬間からワクワクして、その美味しさやお肉の厚さに感動すると思うんです。そういう体験はすごく大事。その積み重ねで人間の幅が大きく違ってくると思うんです。


塚本勲

需要が伸びている業界はどこなのか、世界のどんな地域にビジネスチャンスがあるのか、常にアンテナを張り巡らしておく必要があります。そのうえで新しく生まれる需要をいち早く取り込めば、厳しい経営環境の中でも発展することができます。


石井貴士

目標を多く設定しすぎると、達成できなかったときに不満足感が残るというデメリットもあります。


秋竹朋子

自分の声は変えられないと思っている人が多いでしょうが、それは違います。たった十分のトレーニングでも変えられます。


エドガー・ケイシー

人間はすべて例外なく、自分が気付いている以上の大きな力を持っている。


井上英明

私たちが事業を開始するまで、花は主に特別な日の贈り物でした。しかも、企業向けの贈答用が主な収益源でした。しかし、私たちは花を、特別な日の贈り物ではなく、個人が自宅で日々の生活を彩るために購入するものに変えようと考えました。「Living With Flowers」に「Everyday」という価値を加えたのです。「Living With Flowers Everyday」は、私たちの会社の社是となっています。