名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

オリソン・スウェット・マーデンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オリソン・スウェット・マーデンのプロフィール

オリソン・スウェット・マーデン。19世紀末から20世紀に活躍したアメリカの事業家。米国で有名なビジネス誌success magazineの創業者。成功哲学の父と呼ばれた人物。同雑誌は創業以来、現在でも成功した実業家、世界的リーダーたちにインタビューし続けている。

オリソン・スウェット・マーデンの名言 一覧

自分の仕事をけなしている限り、自分の仕事を誇りに思っている相手に、勝つことはできない。


ひとつのことを一途に努めれば、だれでもみな優れた人になり、成功した人になり、成功した人はさらに成功する。


水、空気、太陽という3つの健康のもとは、誰でも無料で手に入れることができる。それなのに、どれほど多くの人が早朝の公園を足早に通りすぎ、仕事へと急いでいることだろう。


オリソン・スウェット・マーデンの経歴・略歴

オリソン・スウェット・マーデン。19世紀末から20世紀に活躍したアメリカの事業家。米国で有名なビジネス誌success magazineの創業者。成功哲学の父と呼ばれた人物。同雑誌は創業以来、現在でも成功した実業家、世界的リーダーたちにインタビューし続けている。

他の記事も読んでみる

牛島信

私は、昨今のコーポレートガバナンスの議論の中で何が一番不満かというと、なぜコーポレートガバナンスが大事かという部分なんです。多くの場合、それは経済成長のためだという。それはいいのですが、なぜ経済成長しなければならないのか、何のために稼ぐのか、そうなるとどんな良いことがあるのかが議論されていない。


藤井孝一

できれば自分が「なりたい」と思うような人の集まりに顔を出すこと。情報収集はもちろん、考え方を学べ、刺激を受けられる。


野島廣司

振り返ると、決して平坦な道のりだったとはいえない。失敗や挫折こそが成長の糧。個人にも組織にも当てはまる。


岩田松雄

カリスマ性や大きな声は必要ありません。大事なのは「素直さ」や「謙虚さ」です。


武田邦彦

経営者は議論なしに主張の強い人に迎合したり、集団の空気だけで物事を決めているようではダメ。


竹中平蔵

良い経営者は皆、共通して話し上手です。自分が良いことを考えているだけではなく、周りの人を説得しなければいけません。


小川賢太郎

人が育つ土壌は会社が準備をする。文化や空気というものは会社の責任になりますが、みんなが自動的に育つのかというと、そうではありません。やはりトップから始まって社員が自ら勉強していくことが大切だと思います。


稲盛和夫

想定外の事態が起こったときに、その後、復活していくのには、その組織の末端が元気に生きていることが大事。トップの脳神経が壊れれば手足が麻痺するというのではなしに、それはもう下等生物みたいに、腕や足が切れても腕や足そのものが動いているということがありますね。つまり、全てが、全組織が生きているという状態であれば、想定外の事態に遭遇しても、それぞれが自発的に対処し動いてくれますから、復旧も早い。


デール・カーネギー

最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい。


茂木友三郎

経営者というのはスペシャリストの中のスペシャリストでなければいけません。経営のプロでなくちゃいけません。昔のエリートはゼネラリストで、いろいろな仕事を少しずつ経験して上にあがっていった。そして、下があげてきた案件に対して、「よきに計らえ」といっていればよかった。おおざっぱな調整能力さえ持っていればよかったのです。しかし、現代の経営者はそうはいかない。そんなに甘くはないんです。


新井直之(執事)

もし、あなたが資産のほとんどを銀行預金や株、ファンドで持たれているのなら、そのうちの3分の1でも防衛資産としてお金持ちが重視する現物(土地、金、プラチナなど)へと替えてみてはいかがでしょうか。「まさか」の事態は、起きてみてから慌てても対処できないからこそ、「まさか」なのです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

会話で相手を褒めることが大切。褒めるのはペンや名刺入れといった持ち物だっていい。「そのペン書きやすそうですね。どこで買ったのですか」「実はもらいものなんです」「ほお、どなたから?」「息子がこの前イタリアに旅行に行って、そのときの土産なんですよ」「そうでしたか。息子さん、なかなかいいセンスをしていらっしゃる」ペンひとつからでも、こうやって話は膨らんでいくのである。