名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

オマル・エル=アッカドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オマル・エル=アッカドのプロフィール

オマル・エル=アッカド。ジャーナリスト、小説家。エジプト・カイロ出身。カナダに移住。大学卒業後、カナダ大手新聞社「グローブ・アンド・メール」で記者を務めた。その後、『アメリカン・ウォー』で小説家デビュー。

オマル・エル=アッカドの名言 一覧

ジャーナリズムは今起きている出来事、目に見えている事実を書くもの。フィクションというのは出来事の背景にある「なぜ」を書くもの。


私にとって、物語は自分の帰れる場所です。自分が住める世界を、自分自身でつくれますからね。仕事をしながら、小説もずっと書いてきました。


自分にとって仕事のモチベーションとなるのは、第一に、ほかにやっている人がいないテーマに取り組むこと。第二に、自分では声を上げられない人々の声を世の中に伝えたいという気持ち。


不安や疑いへの対処法は2つあります。それらを抱えながら仕事を続けるか、それとも目を背けて、自己満足に逃げるか。私は、自己満足は仕事の敵だと思っていますし、今のやり方はうまくいっていると感じています。


本当にやりたい仕事と現在の仕事が直結していない人もいるかもしれません。その場合も、「特定のキャリアパスを追求していくと、違う道へのドアが閉じられてしまう」という考え方をもたないようにすることが大切。ドアが閉じられていると自分で思ってしまったら、そこで行き止まり。


自分はずっとフィクションの書き手になりたいと思いながら記者の仕事を続けていて、たまたま10年たってこの本(『アメリカン・ウォー』)を出せた。世の中には1年でデビュー作を出版する人もいれば、20年たってもまだ出せない人もいる。それは、人それぞれです。


忙しく働く際に、組織の中でストレスを管理するには、自分にかかる負荷を把握してくれる上司を持つことが一番大事だと思います。新聞記者の場合、なにか大きな事件が起きると5日で100時間働くようなこともよくあるのですが、そんなときに「土日・プラス月曜も休んでいいから」と機転を利かせてくれるとか。そうでなければ燃え尽きてしまいます。


小説の場合だと、目の前の作品を本当に書き上げられるのかどうか、自分自身を疑うことはしょっちゅうです。むしろ私にとって、疑うことは仕事の中心といえるかもしれません。この書き方でいいのか、これが本当に言いたいことなのか。『アメリカン・ウォー』は草稿まで1年、完成までさらに1年をかけて徹底的に手直しをしました。その間はずっと、不安や疑いとの戦いが続きました。


自分の顧客となる側の経験を積むことも大事です。私の場合、小説を書く能力を鍛えるためにもっとも重要だったのは、小説を「読む」ことでした。ジャンルや国籍を問わず、いい作品もそうでない作品も。いい作品を読めば小説の可能性に気づけますし、よくない作品は「どうやったらこれをもっといいものにできるだろう?」と考える教材になります。


いつか本当にやりたい仕事を実現するには、どうすればいいか。私の場合は、食べるために就いた仕事が、本当にやりたい仕事に役立つスキルを身につけさせてくれました。毎日会社に行って記事を書き、上司からフィードバックを受けることが、フィクションの書き手としての力をも鍛えてくれたと思います。もちろん、アフガニスタンやグアンタナモ、ルイジアナやフロリダを取材した経験も小説の中に生きています。やりたいことがあるなら、日々の仕事の中でその準備をしていくことが、とても重要でしょう。


オマル・エル=アッカドの経歴・略歴

オマル・エル=アッカド。ジャーナリスト、小説家。エジプト・カイロ出身。カナダに移住。大学卒業後、カナダ大手新聞社「グローブ・アンド・メール」で記者を務めた。その後、『アメリカン・ウォー』で小説家デビュー。

他の記事も読んでみる

小嶋淳司

私がお客様からいただく感想は、おいしいとかまずいとかいう味のことより「感じがよかった」。感動や人と人とのかかわり、つまり心で食べる時代になったのです。お客様が自分の感性に合う商品、時間、空間を要求される。しかも感性は千差万別です。


佐藤義雄

我々の使命は、まず「保険は人生にとって大切なものだ」ということをお客様にしっかりと理解していただくこと。そして、最初にしっかりとコンサルティングをさせていただき、そのあとは定期的に様々なサービスをご提供させていただきながら、再びしっかりとコンサルティングをさせていただく。さらにこうした営業活動がお客様の役に立つ、社会の役に立つのだとしっかり自覚しながら仕事をすることだと思うのです。それが、住友生命と住友生命職員の使命であるということです。


大橋禅太郎

僕の場合、週に5日働くと疲れちゃいます。オフの日に、サーフィンに行ったり、家で時代劇を見たり、娘と過ごす時間はモチベーションキープに欠かせません。人は才能や機会があっても、エネルギーがなければパフォーマンスを出せません。もちろんその人によって方法は様々ですが、時間管理は何より最高のパフォーマンスを出すためのものであり、精神的コストを下げるものであるべきです。


高畠靖雄

エキテン事業の収益はメディア広告収入が中心なのでPV(ページ閲覧数)が落ちたら、連動して売上も下がります。利用料を無料にして、使ってみて良かったら有料サービスの月5千円に切り替えてくださいという、今でいうフリーミアムのビジネスモデルにしました。店舗様にとっては断る理由が少ない状態を作り出したところ、利用客が増加していきました。


胡厚崑(ケン・フー)

中国には「財散人聚」という言葉があります。財を分け与える者のところに人が集まるという意味です。任(創業者)はこの言葉の通り、社員持ち株制を採用することで優秀な人材を集め、事業を拡大してきたのではないかと思います。


松本零士

(銀河鉄道999の主人公)鉄郎も最後は生身の体を選びました。長生きできたって、ぐうたら生きては意味がない。やるべきことをやれば死んでも悔いはない。そういうふうに自分の信念を貫く方が大事だと思ったからですよ。達成すべき夢や目標があるから人は生まれてきたんだ、と。


男鹿和雄

共同で美術監督を担当した「もののけ姫」では、事前に東北の白神山地や岩手の葛根田(かっこんだ)川の上流に取材に行きました。僕は取材を一人でやりたいほうなんですよね。誰かと一緒に行くと喋っている間に大事なものを見落としてしまうかもしれないし。取材では、どこを見るともなくボーッと目の端で捉えた物事が割と役にたつんです。まっすぐに見るよりも目の端で見ているほうが「何となく」の印象が残っていたりしますから。すると、それは風景の周辺を省略する時の手がかりになるんです。


鈴木弘治

企業の立場で考えれば、成長が止まった人や能力が低い人を肩叩きするのは理にかないます。しかし、そんなふうに退社する人は社会の不安定要素になります。僕は日本社会の安定があってこその企業だと考えています。


茂木健一郎

ブームは、脳にとって、新たな学びのチャンスである。ブームを通して、新しい世界に接し、それまで知らなかったことを自分の中に取り込むことができる。


ムロツヨシ

僕は自分に蓋をしているので、ほんとの自分がわからないんです。喜劇役者という表現者の欲として自分をつくり出す。それで自分を保っているのかなぁと思いますね。


小林陽太郎

いま、リーダーに問われるのは、経済性と社会性、人間性を両立させる判断力と決断力です。


ブランドン・片山・ヒル

シリコンバレーで起業する人が最も重要視しているのは、世の中の問題の解決だ。その次にユーザー(顧客)のメリット。お金儲けの順番は最後に来る。