名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

オマル・エル=アッカドの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オマル・エル=アッカドのプロフィール

オマル・エル=アッカド。ジャーナリスト、小説家。エジプト・カイロ出身。カナダに移住。大学卒業後、カナダ大手新聞社「グローブ・アンド・メール」で記者を務めた。その後、『アメリカン・ウォー』で小説家デビュー。

オマル・エル=アッカドの名言 一覧

ジャーナリズムは今起きている出来事、目に見えている事実を書くもの。フィクションというのは出来事の背景にある「なぜ」を書くもの。


私にとって、物語は自分の帰れる場所です。自分が住める世界を、自分自身でつくれますからね。仕事をしながら、小説もずっと書いてきました。


自分にとって仕事のモチベーションとなるのは、第一に、ほかにやっている人がいないテーマに取り組むこと。第二に、自分では声を上げられない人々の声を世の中に伝えたいという気持ち。


不安や疑いへの対処法は2つあります。それらを抱えながら仕事を続けるか、それとも目を背けて、自己満足に逃げるか。私は、自己満足は仕事の敵だと思っていますし、今のやり方はうまくいっていると感じています。


本当にやりたい仕事と現在の仕事が直結していない人もいるかもしれません。その場合も、「特定のキャリアパスを追求していくと、違う道へのドアが閉じられてしまう」という考え方をもたないようにすることが大切。ドアが閉じられていると自分で思ってしまったら、そこで行き止まり。


自分はずっとフィクションの書き手になりたいと思いながら記者の仕事を続けていて、たまたま10年たってこの本(『アメリカン・ウォー』)を出せた。世の中には1年でデビュー作を出版する人もいれば、20年たってもまだ出せない人もいる。それは、人それぞれです。


忙しく働く際に、組織の中でストレスを管理するには、自分にかかる負荷を把握してくれる上司を持つことが一番大事だと思います。新聞記者の場合、なにか大きな事件が起きると5日で100時間働くようなこともよくあるのですが、そんなときに「土日・プラス月曜も休んでいいから」と機転を利かせてくれるとか。そうでなければ燃え尽きてしまいます。


小説の場合だと、目の前の作品を本当に書き上げられるのかどうか、自分自身を疑うことはしょっちゅうです。むしろ私にとって、疑うことは仕事の中心といえるかもしれません。この書き方でいいのか、これが本当に言いたいことなのか。『アメリカン・ウォー』は草稿まで1年、完成までさらに1年をかけて徹底的に手直しをしました。その間はずっと、不安や疑いとの戦いが続きました。


自分の顧客となる側の経験を積むことも大事です。私の場合、小説を書く能力を鍛えるためにもっとも重要だったのは、小説を「読む」ことでした。ジャンルや国籍を問わず、いい作品もそうでない作品も。いい作品を読めば小説の可能性に気づけますし、よくない作品は「どうやったらこれをもっといいものにできるだろう?」と考える教材になります。


いつか本当にやりたい仕事を実現するには、どうすればいいか。私の場合は、食べるために就いた仕事が、本当にやりたい仕事に役立つスキルを身につけさせてくれました。毎日会社に行って記事を書き、上司からフィードバックを受けることが、フィクションの書き手としての力をも鍛えてくれたと思います。もちろん、アフガニスタンやグアンタナモ、ルイジアナやフロリダを取材した経験も小説の中に生きています。やりたいことがあるなら、日々の仕事の中でその準備をしていくことが、とても重要でしょう。


オマル・エル=アッカドの経歴・略歴

オマル・エル=アッカド。ジャーナリスト、小説家。エジプト・カイロ出身。カナダに移住。大学卒業後、カナダ大手新聞社「グローブ・アンド・メール」で記者を務めた。その後、『アメリカン・ウォー』で小説家デビュー。

他の記事も読んでみる

尾崎好美

粘っていくと、スッと楽になるときが来るんです。そこまでどうにか頑張ればいいんですよ。


長谷川滋利

聞き上手になるためにまず実践したのは、相手が強調したいフレーズや単語をリピートする方法でした。「なるほど、なるほど」と自然な相づちを打つ感覚で、フレーズや単語を繰り返します。繰り返した言葉が相手が言いたかったこととズレていても、「ちゃんと聞いてくれている」ということは伝わります。


大野裕

気晴らしや睡眠薬がわりにお酒を飲むのはよくありません。アルコールはむしろ眠りを浅くしたり、気持ちを沈み込ませる作用があるので、かえって眠れ強くなってしまいます。依存症のリスクがあるほか、うつ病の再発リスクも高まります。


村井雄司

ものを売るほうだけの満足度でものごとを見ると、やはり、どこかでおかしくなってしまう。


村尾和俊

書類ケースの中にある書類も四半期に1回は整理して捨てます。捨てないとどんどん陳腐化していき、引き出しの開け閉めがスムーズでなくなります。引き出しをすっきりさせておくと頭の中もクリアになるから不思議ですね。


西澤ロイ

「英語ができるようになりたい」という人に、どのようになりたいのかを尋ねると、「字幕なしで映画を観られるようになりたい」「日常会話で不自由しないようになりたい」といった答えが多いのですが、実は、これはとても大変なことなのです。映画の英語のセリフをある程度正確に聴き取るにも、日常の幅広い会話に対応するにも、相当の英語力が必要です。英語でプレゼンテーションができる人でも、外国人の友人の家に招かれたらほとんど話せなかった、ということもよく聞く話です。ですから、上達を実感するには漠然とした目標ではなく、「自己紹介ができるようになる」「ビジネスの特定のシーンでの表現が使えるようになる」といった具体的な目標を立てるのが効果的です。「英単語を100個覚える」でもいいでしょう。そうして小さな目標をひとつずつ達成して積み重ねていくことで、さまざまな場面で英語が使えるようになっていくのです。


澤田純

顧客に技術などを提供し「黒子」として共に成長する。クライアントファーストは当然だが、お客様の言う通りにやるだけでは駄目だ。自分たちの能力や商品力を磨き、市場で売れるものになってはじめて顧客に期待を持たれ、パートナーとして選んでいただける。


山田昭男

世の中には、「適任者がいない」「人材が足りない」などと嘆く経営者がいると聞くが、よく周りを見てほしい。目の前にいるじゃないか。猿ならいざ知らず、人間なら自らの立場に応じて仕事ができる。一度そう信じて会社の人事を手掛けてみたらどうだろうか。


魔裟斗

K-1に移ってからは、組まれた試合で最高の勝ち方をしながら、先へつなげていくことしか考えませんでした。特にムラッド・サリとの戦いから、試合が「死合」に変わっていきましたよね。当時は団体をやめ、フリーという立場でしたから、勝って、しかも面白い試合をしなければ、次のオファーはこないという状況でしたから。


枡野俊明

人それぞれ、生き方も価値観も違うと言うことを大前提に、相手のいいところを見たつきあいが大事ですが、そのうえで、何も無理してまでつきあうこともない、という精神的な強さも必要です。


新関一成

早朝から外を清掃。夜間はバイトをして、スタッフの給料を工面。他人に尽くすと決めたら、周囲の見る目も変わり一致団結できた。


弘兼憲史

部下を叱るとか、注意するときはよほど慎重にした方が良い。間違えれば失敗することもある。褒めるのはこれに比べればはるかに簡単だ。タイミングさえ間違えなければどう褒めてもいい。部下を褒めるとき考えなくてはならないのはタイミングだけ。注意を与えるときはひそかに、褒めるときはみんなの前でというぐらいに思っておけばいい。