オマル・エル=アッカドの名言

オマル・エル=アッカドのプロフィール

オマル・エル=アッカド。ジャーナリスト、小説家。エジプト・カイロ出身。カナダに移住。大学卒業後、カナダ大手新聞社「グローブ・アンド・メール」で記者を務めた。その後、『アメリカン・ウォー』で小説家デビュー。

オマル・エル=アッカドの名言 一覧

ジャーナリズムは今起きている出来事、目に見えている事実を書くもの。フィクションというのは出来事の背景にある「なぜ」を書くもの。


私にとって、物語は自分の帰れる場所です。自分が住める世界を、自分自身でつくれますからね。仕事をしながら、小説もずっと書いてきました。


自分にとって仕事のモチベーションとなるのは、第一に、ほかにやっている人がいないテーマに取り組むこと。第二に、自分では声を上げられない人々の声を世の中に伝えたいという気持ち。


不安や疑いへの対処法は2つあります。それらを抱えながら仕事を続けるか、それとも目を背けて、自己満足に逃げるか。私は、自己満足は仕事の敵だと思っていますし、今のやり方はうまくいっていると感じています。


本当にやりたい仕事と現在の仕事が直結していない人もいるかもしれません。その場合も、「特定のキャリアパスを追求していくと、違う道へのドアが閉じられてしまう」という考え方をもたないようにすることが大切。ドアが閉じられていると自分で思ってしまったら、そこで行き止まり。


自分はずっとフィクションの書き手になりたいと思いながら記者の仕事を続けていて、たまたま10年たってこの本(『アメリカン・ウォー』)を出せた。世の中には1年でデビュー作を出版する人もいれば、20年たってもまだ出せない人もいる。それは、人それぞれです。


忙しく働く際に、組織の中でストレスを管理するには、自分にかかる負荷を把握してくれる上司を持つことが一番大事だと思います。新聞記者の場合、なにか大きな事件が起きると5日で100時間働くようなこともよくあるのですが、そんなときに「土日・プラス月曜も休んでいいから」と機転を利かせてくれるとか。そうでなければ燃え尽きてしまいます。


小説の場合だと、目の前の作品を本当に書き上げられるのかどうか、自分自身を疑うことはしょっちゅうです。むしろ私にとって、疑うことは仕事の中心といえるかもしれません。この書き方でいいのか、これが本当に言いたいことなのか。『アメリカン・ウォー』は草稿まで1年、完成までさらに1年をかけて徹底的に手直しをしました。その間はずっと、不安や疑いとの戦いが続きました。


自分の顧客となる側の経験を積むことも大事です。私の場合、小説を書く能力を鍛えるためにもっとも重要だったのは、小説を「読む」ことでした。ジャンルや国籍を問わず、いい作品もそうでない作品も。いい作品を読めば小説の可能性に気づけますし、よくない作品は「どうやったらこれをもっといいものにできるだろう?」と考える教材になります。


いつか本当にやりたい仕事を実現するには、どうすればいいか。私の場合は、食べるために就いた仕事が、本当にやりたい仕事に役立つスキルを身につけさせてくれました。毎日会社に行って記事を書き、上司からフィードバックを受けることが、フィクションの書き手としての力をも鍛えてくれたと思います。もちろん、アフガニスタンやグアンタナモ、ルイジアナやフロリダを取材した経験も小説の中に生きています。やりたいことがあるなら、日々の仕事の中でその準備をしていくことが、とても重要でしょう。


オマル・エル=アッカドの経歴・略歴

オマル・エル=アッカド。ジャーナリスト、小説家。エジプト・カイロ出身。カナダに移住。大学卒業後、カナダ大手新聞社「グローブ・アンド・メール」で記者を務めた。その後、『アメリカン・ウォー』で小説家デビュー。

他の記事も読んでみる

熊本浩志

通常、大手メーカーの家電は大型量販店で売られていますが、「店頭に出た途端に値引き」というのが当たり前になっています。それでは、作り手のモチベーションは一向に上がらないし、業界も健全ではありません。その状況をなんとか変えたいと考えました。それで、ライフスタイルショップやセレクトショップなどを主要販路としたのです。


坂根正弘

日本企業が勝つ秘訣は、ビジネスモデルで先行して現場力勝負に持ち込むこと。


益川敏英

恩師の坂田昌一先生は自分のことを「先生」ではなく「さん」で呼ぶように言っていました。理論物理学の世界は、堂々と議論をするためには対等でなければいけないからです。「先生」と呼んでいたのでは学生は反論がしにくい。「先生」も生徒を意識し、正しい議論ができなくなります。まあ、たいていは弟子の意見の方が間違っていますがね。


曽山哲人

人脈づくりには「誘っても断られたら……」「周囲からゴマすりと思われたら……」と躊躇しがちな壁があります。しかし、人脈づくりはあくまで手段です。私は若手社員に対し「したたかになれ」とアドバイスしています。組織貢献しようというベクトルが上向きの人には、基本的に誰でも応援したくなるものです。成果を出すためには誰かと組むべきかをしたたかに考え、合理的に関係を広げていけばいいのです。


北条重時

舟に乗ることにも慣れ、山や川の地理をもよく心得るようにし、寒さや暑さにも我慢できるように、日頃から修錬を積んでおきなさい。


井上直也(経営者)

一人でできることは限られます。マガシークも、初めのアイデアは妻の助言がなければ出なかったし、立ち上げも3年目の危機も、同僚の協力が欠かせなかった。皆で目標を達成することも仕事をする醍醐味だと思ってます。


青木仁志

挑戦しなければ、確かに挫折もないけれど、挫折がなければ、成長も成功もありません。挑戦と挫折を乗り越えた先に成長があり、その成長の向こうに成功がある。成功は、成長の果実なんですよ。だから、当社に「失敗」という言葉はありません。あらゆる経験がかけがえのないキャリアなんです。


小泉信三

万巻の書を読むより、優れた人物に会うことが、どれだけ人生の勉強になるかしれない。


澤口俊之

人前で発表したり、仕事で大きなリスクをとって勝負しなければならないとき、どうも緊張してしまうという人は、服装に赤を取り入れるといいでしょう。攻める姿勢が強くなります。攻撃性は女性でもテストステロン(男性ホルモンの一種)が関連しており、これを高めるには赤が効きます。


鈴木喬(経営者)

私が自分で見たもの以外を信用しないのは、戦中戦後の体験が大きく影響しています。日本政府は戦争中、戦争に勝っていると国民をだましていました。大本営発表はその最たるものでしょう。新聞も嘘ばかりでした。ある時、「被害若干」と書いてあり、まだ幼かった私は、「若い人が千人も死んだのか」と読み間違えました。もちろん「若干」ですから被害は少なかったという報道でしたが、事実は私が読み間違えた「若い人千人」のほうに近かったのです。だから私は、政府が言うことも、マスコミの情報も、100%は信用していません。


テリー伊藤

その人を叱るよりも先に、その人の良さを引き出すためにはどうすればいいかをもっと考えてあげればいいんじゃないの?


南美希子

30歳で会社からも実家からも独立した。自分を守ってくれる傘から離れて初めて、その有難みが身に染みた。親孝行をするようになったのは30歳過ぎてからだ。親とは自分のやりたいことに出資してくれる最大のパトロンだなどと思っているうちはまだ子供だ。


塚越寛

幸せを追求するのであれば、経営者は会社を急速な勢いで拡大させてはならない。急拡大の反動で会社が縮小し、社員を不幸にしてしまう恐れがあるからだ。


クリス・アンダーソン

インターネットは世界中の何億もの人が参加する市場であり、誰もが自由かつ無料でアクセスできる流動性のマシンなのだ。全体の人数がとても大きいので、限界コストがゼロではない従来の世界では災厄を招くような低い参加率でも上手くいく。ユーチューブはユーザー1000人に1人が自分の動画をアップロードすれば成り立つ。スパマーは100万通にひとつでもスパムメールに反応があれば儲けられる。


前田勝之助

昨今の若い人たちは、何もわからない子供のころから、とかく「自分で好きな道を見つけなさい」などと言われる。けれど、それは多くの人にとって無理というものでしょう。その結果、迷い、つまずき、何の努力もしないままものごとを投げ出して、楽しいことばかり追いかけ、悪いことはすべて他人や環境のせいにしてしまいがちです。


ページの先頭へ