名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

オノ・ヨーコの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

オノ・ヨーコのプロフィール

オノ・ヨーコ(小野洋子)。日本人の芸術家、音楽家。東京府出身。学習院大学を経て米国サラ・ローレンス大学で音楽と詩を学ぶ。その後、前衛芸術家、音楽家として活躍。ビートルズのジョン・レノンと結婚。

オノ・ヨーコの名言 一覧

一人で見る夢は夢でしかない。しかし、誰かと見る夢は現実だ。


オノ・ヨーコの経歴・略歴

オノ・ヨーコ(小野洋子)。日本人の芸術家、音楽家。東京府出身。学習院大学を経て米国サラ・ローレンス大学で音楽と詩を学ぶ。その後、前衛芸術家、音楽家として活躍。ビートルズのジョン・レノンと結婚。

他の記事も読んでみる

岩村水樹

若い女性たちの中には、仕事と家庭の両立ができないのではないかと、まだ問題に直面していないうちから不安を感じている人がいます。でも、やってみたら案外できるし、もしそういう仕組みや環境がないなら、主体的に環境を作るか、そういう環境に移ればいい。自分のやり方を変えることで環境は変えられます。


樫尾和宏

ブームに乗っかっただけの製品はどこかで大衆化したり汎用化したりしてしまいます。本当にユーザーが欲しいものは何か、先回りした製品開発をしていきます。


広津崇亮

大学で酵母の研究室に入ったのですが、酵母って単細胞で動かないし、面白くないんですよね(笑)。そんなときアメリカから帰ってきた指導教官が、「線虫という生物がいるぞ」って教えてくれたので、動かないものより、動くほうが楽しそうだということで線虫の研究をはじめたんです。当時は世界でも線虫の研究者って珍しかったんじゃないかな。そこで線虫の交尾行動の修士論文を書いたんです。嗅覚を研究しはじめたのは、博士号を取りやすいテーマだったから。研究をはじめて1年くらいで発表した論文が科学ジャーナル誌『Nature』に載ったんです。通常、6~7年くらいかかるところを私は1年半でやってしまったので、味をしめて嗅覚を真剣に研究しようと切り替えた。なので最初は線虫に興味があったわけでも、嗅覚に興味減あったわけでもないんです。


三浦展

社員をどのような場所に住まわせるかという点を、人材育成の観点から考えることも求められています。企業によって、自社ブランドのマーケティングに適した場所があるかもしれません。商品企画の担当を例えば自由が丘や吉祥寺に住まわせる、そういう戦略もあると思います。


羽田圭介

ただ面白いだけの物語を書いてもしょうがないと思っているんです。読んだ後に現実の見え方が変わるなり、小説世界から現実にまで持ち込んでしまう何かがないといけないんじゃないかな、と。


望月実

ひとつの数字や現象から多くの情報を引き出すにはどうすればよいのか。株価が上がったというニュースが流れたとします。普通はそれを聞いただけで終わりがちなのですが、それは「相対的に貯金の価値が下がったということではないか」とその裏側も考えてもらいたい。ガソリン価格が上がると、日本ではデメリットばかりが指摘されます。しかし、その一方で産油国の中東やロシアに資金が集まるわけで、「そこにモノを売れないか」という発想も成り立つ。表と裏の両方を見ておくのが大切だと思います。


佐々木則夫(経営者)

私は1年間に1000通以上のメールを書くほどのメール魔です。メールで日常の注意点から具体的な仕事の内容にも言及すると、自分の思ったことに対する情報も集まり、自分の思いも直接伝わります。メールは単なる情報伝達以上の活用が可能なのです。


中村礼子

ドーンと背中を叩かれた感じ。それが今期の成績の原動力になっています。
【覚え書き|全日本選手権で伊藤華英選手に負けたことを振り返って】


濱田秀彦

成功者は過去より未来を見つめます。関係者全員が先に進むためには、時には事実と異なる物語を紡ぎだすこともやむなしという覚悟で挑むその姿勢が、周囲の信頼をも勝ち取っているのかもしれません。


横田雅俊

種まき型営業(ロイヤルカスタマーを育てる営業)を浸透させたいなら、現場の担当者たちが目先の不安を感じなくて済むような評価制度に変える必要がある。目先の案件から顧客との関係性構築に目を向けさせるためには、顧客数による評価や、顧客からの声といった定性的情報による評価を組み込むことも必要になってくるだろう。大切なのは、成果主義の評価体系から、顧客重視でプロセス主義の評価体系に軸足を移すこと。それができてはじめて部下も種まきに精を出せるのだ。


アルフレッド・アドラー

重要なことは、人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。


笠原健治

「0を1にする」ことほど楽しく、ワクワクするチャレンジを、私はほかに知りません。マイクロソフトやアップルに触発され、大学在学中に求人情報サイト「Find Job!」を始めて以来、様々なネットビジネスを立ち上げてきました。やればやるほど、その面白さや奥深さを知り、自分の手で新しい技術やサービスを生み出すことに自分がどれほど魅せられているか、改めて気づかされたのです。その分、正直葛藤もありましたね。会社が大きくなるにつれ、起業家よりも経営者としての役割がウェイトを増していきましたから。