オダギリ展子の名言

オダギリ展子のプロフィール

オダギリ展子、おだぎり・のぶこ。日本の事務効率化コンサルタント。特許事務所で外国特許出願業務に携わり、事務のリスクヘッジや効率化のノウハウを学ぶ。その後、貿易事務を担当し、業務効率化を行い、前任者たちが100時間を超える残業をしていた業務を残業ゼロでこなす。独立したあとはオフィスの業務効率化について書籍やメルマガ、セミナーなどで教えている。主な著書に『オフィス事務の上手なすすめ方』『ミスゼロ、ムダゼロ、残業ゼロ!』『フォーマット書類術』『最強のデスクワーク術』『仕事が10倍速くなる事務効率アップ術』『デスクワーク&整理術のルールとマナー』『最強の文具活用術』ほか。

オダギリ展子の名言 一覧

机周り全部を一気に片づけようとすると、日常業務で忙しい中だとなかなか腰が上がらないもの。片づけるエリアを分割し、仕事の合間や昼休みに少しずつ行うと取り組みやすくなります。


デスク周りの整理は、仕事のクオリティを大きく左右する。


集中力を高めるための整理整頓の原則は「不要なものは置かない」「カテゴリーごとに分類する」「使ったら元に戻す」の3つ。


お金も時間もかけずに簡単に仕事を効率化できるのが、デスクまわりの整理整頓です。年末に向けて仕事が忙しくなる前に、デスクまわりを見直しましょう。


オフィスでの整理整頓の最大の目的は、ミスを防ぐこと。そして、探す、迷う、調べ直すといったタイムロスをゼロにすることです。


机の上のモノの置き場と作業のしやすさには、利き手が大きく関係します。利き手を考慮して右側に置くべきモノ、左側に置くべきモノを決めると、自動的にとりだしやすい位置にモノを置くことができます。


立てることで使い勝手がよくなる場合は、できるだけそうする方が得策です。ペン立てはもちろん、メモ用紙は空き箱の中に立てて保管、ファイルもボックスファイルやブックスタンドを利用することで使い勝手がよくなるでしょう。立てて置くメリットは、埋もれにくい、取り出しやすい、作業しやすいことがあげられます。そして、寝かせて置くよりスペースを取られないので机を広く使うことができるようになります。これは大きな利点といえます。


組織で働いているのであれば、どこに何があるのかが、自分だけにしかわからないというのは禁物です。職場の人たちと共有できる整理術を心がけることが重要です。誰でも一目でわかるように整理しておけば、出張先から電話一本で、同僚に資料を確認してもらうことも可能です。欲しい情報がすぐに得られます。


片づけてもすぐに散らかってしまうという声をよく聞きますが、それはおそらくキレイにすることだけにこだわっているからではないでしょうか。見た目には片付いていても、実際には作業がやりにくい状態になっているのです。ミス防止、業務の効率化という視点で片づければ、必然的に作業がやりやすい状態が生まれますから、いつまでもキレイが継続します。


かつて私は、特許事務所で外国特許出願事務を担当していました。ひとつのミスが取り返しのつかない事態を起こし、自分の立場すら危うくなるような厳しい職場でした。そこで私は、書類の誤送や、提出期限の遅れなどが起きないようなモノの置き方や書類の管理方法を真剣に考えました。それらをひとつひとつ実行していったところ、気がつけばデスクまわりはスッキリと片付き、ミスだけでなく時間の無駄もなくなりました。


整理整頓と聞くと、几帳面に美しく整えることをイメージする人もいるでしょう。しかし、オフィスの整理整頓はキレイに片づけることが目的ではありません。たとえどんなにキレイであっても、使いたいときに使いたいモノがすぐに取り出せなくては意味がないからです。


引き出しの中がいっぱいの場合、中のものをいったん全部取り出して、必要なモノだけをセレクトします。それから改めて、仕事が効率よく進められるように、保管の仕方をやり直します。


「モノがあふれかえっていて、何から手をつけていいのかわからない」。そんな人は、机の上に散乱しているものを、いったんすべて机から降ろしてみましょう。文具は文具、書類は書類でまとめながら、あまり使わないものは手放し、不要なモノは処分していきます。それが面倒な人は思い切ってすべてのモノをダンボール箱などに移動させるのもよいでしょう。そこから必要なモノだけをピックアップして、作業がやりやすいように机の上に配置していきます。


机の上が散乱していて必要な書類が見つからない。これではモノを探すのに時間ばかり取られてしまい、仕事の効率は下がるばかりか、気持ちに余裕がなくなってしまいます。悪循環にサヨナラするには、デスクまわりの整理整頓が必須です。


モノをどこに置くかは、「使用頻度」と「使う手」がカギ。よく使うモノを近くに、めったに使わないものは遠くに置くこと。そして、デスクでそれを使う際の手や身体の動きを考え、作業動線に無駄のない配置が理想です。


整理整頓は、いくつかのシンプルなルールさえ守れば、どんな人にも簡単にできるものなのです。その二大原則は、「置くモノと置かないモノを決める」ことと、「置くならどこに置くかを決める」こと。


整理整頓はミスの防止に絶大な効果があります。大事な書類やメモなどの紛失は、乱雑なモノの配置が原因となって起きるものです。身の周りが常に整理整頓されていれば、そのリスクを限りなくゼロに近づけられるのです。


実は私自身はもともと、整理整頓が「好き」でも「得意」でもありませんでした。しかし、特許事務所という少しのミスも許されない職場で働いていたため、仕事をミスなく行なう方法を追求する中で、最も有効なのが整理であると気づいたのです。それ以来、デスク周りは徹底的にきれいにするよう心がけています。


オダギリ展子の経歴・略歴

オダギリ展子、おだぎり・のぶこ。日本の事務効率化コンサルタント。特許事務所で外国特許出願業務に携わり、事務のリスクヘッジや効率化のノウハウを学ぶ。その後、貿易事務を担当し、業務効率化を行い、前任者たちが100時間を超える残業をしていた業務を残業ゼロでこなす。独立したあとはオフィスの業務効率化について書籍やメルマガ、セミナーなどで教えている。主な著書に『オフィス事務の上手なすすめ方』『ミスゼロ、ムダゼロ、残業ゼロ!』『フォーマット書類術』『最強のデスクワーク術』『仕事が10倍速くなる事務効率アップ術』『デスクワーク&整理術のルールとマナー』『最強の文具活用術』ほか。

他の記事も読んでみる

福野泰介

私にとっての起業とは、ものづくりそのものです。世界中で喜ばれるものを作りたい。


鍵山秀三郎

払ってくれそうだったら日参しなさい。しかし、おそらく時間の損をするだけで、その900万円のために、あなたは時間もエネルギーもどんどん使って消耗するばかり。それをもう思い切ってあげるのです。明日すぐにそのお得意先に行って、「もう売掛金はいりません。その代わり、2度とあなたとは仕事をいたしません」と言いなさい。
【覚え書き|売掛金を一向に払ってくれないお得意様をどうすればいいのかと聞かれての発言】


小椋佳

人間は自分が好きで、かつ得手なものを仕事にするのが一番いい。


山海嘉之

クリエイターというのは生まれにくくて、育ちにくくて、壊れやすい。彼らを育てるにはいじらず、かき回さず、じっくりと見守ることですね。


ジェームズ・C・コリンズ(ジム・コリンズ)

組織社会であれば「マネージする(管理する)」ことが重要なのですが、ネットワーク社会であれば「リードする(指導する)」ことがポイントになると思います。組織と違い、ネットワーク内ではあなたは他人に対して何の権限も持っておらず、管理ができないからです。権限がなければ、自らがリーダーシップを発揮するしかありませんからね。


佐久間昇二(佐久間曻二)

企業業績が低迷する現在、やはりさまざまな逆境に直面しているビジネスマンも少なくないでしょう。そうした人たちに私は、「志を失うな」と言いたい。WOWOWには「人びとの幸福と豊かな文化の創造に貢献します」という企業理念がありますが、やはり短い人生の中で、自分が本当に社会に貢献できているか常に念頭に置いてほしいのです。


佐々木典士

企画や新しいアイデアを考えるときは、僕はリュック一つで外に出てカフェなどで仕事をします。以前は、仕事の資料がバラバラに管理されていたので「思い立ったらすぐ」とはいきませんでした。しかし、デスクを片づけると同時に、仕事資料のデジタル化、ツールのモバイル化を進め、思い立ったらすぐ外に出られるボーダブルな仕事環境ができたのです。


松本晃(経営者)

今の時代、データや情報を増やそうと思えば、コンピュータでいくらでも増やせます。しかし、そのデータや情報の多くは役に立ちません。役に立つのはインテリジェンス、つまり諜報です。私なりに定義すれば、それは勝つための情報であり、ごく限られたものです。


峯島忠昭

毎月着実に収益を上げ、手元にしっかりお金を残していくことは、リスク管理の上でも大きなプラスになります。長期にわたる不動産投資では、将来的に状況が変化する可能性もある。そのときお金に余裕があれば、数ある対応策のなかから最善のものを選択できるわけです。


原尾正紀

トップダウンではなく「みんなが経営者」という意識を持つ「チーム経営」が当社の強み。振り返ると、あのときのどん底(倒産危機)がなければ、今のような当社の姿はなかったと思います。


佐田展隆

質を追う人には量はついてこないけれど、量を追う人には質がついてきて、両方を満たすことができるようになる。量を追ったら必ず、PDCAサイクルを回すことが必要。これを短いサイクルできっちり回して、手数を尽くせばうまく行く。


渡辺康幸

部員は毎年40人ほどいるので、自分と真逆のタイプに接する機会もあります。そこで重要なことは、相手を尊敬できるかどうかです。実績はなくても、いいものを持っている選手はたくさんいて、彼らから学ぶことは少なくありません。


大屋敦

産業人が新事業に踏み切るのは儲けようとするためだという批判は、硫安の場合にはまったく当てはまらない。今後どこまで増えるかわからない硫安の輸入を、いまのうちに食い止めたいというのが、業者共通の強い念願であった。もし硫安事業が今日の姿を達成していなかった場合の日本農業を想像すると、まことに慄然たるものがある。目前の利害に跼蹐(きょくせき)して、将来の大計を忘れぬよう為政者に切望する次第である。
【覚書き|硫安製造組合理事長時代を振り返っての発言。跼蹐(きょくせき)は「びくびく恐れおののく」】


細谷英二

なぜ経営が行き詰るのか。それはその企業がマネジメントの原則を実行できていないからです。たとえば、市場のパイを増やして利益をあげる努力。それには顧客や時代のニーズの変化にすぐ対応しないと収益の機会を失います。縦割りの官僚的な組織では機能しないため、トップが目標をきっちりと示し、組織全体の総合力で成果をあげなければいけません。これが大原則だといえます。


志村なるみ

普通のスピーチは自分が話したいことだけを長々とします。でも、聞いている方はつまんないんです。私は自分が下手だと自覚していたから、相手に聞いてもらえるような話をすることにしました。それと、間違えてもいいと思って話すこと。大きな目的を持ってスピーチに臨むことが必要です。


ページの先頭へ