オスカー・ワイルドの名言

オスカー・ワイルドのプロフィール

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド。アイルランド出身の詩人、作家。アイルランドのダブリン出身。ダブリン大学トリニティ・カレッジ、オックスフォード大学モードリン・カレッジを卒業。派手な言行と美しい文章で人々の注目を集め、世界中の多くの作家に影響を与えた。主な作品に『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『幸福な王子』など。

オスカー・ワイルドの名言 一覧

自分について真面目に考えれば考えるほど些細な点が気になる、というのは不思議な事実である。


経験はタダでは手に入らない。


僕の義務は猛烈に楽しむことだ。


楽観主義者はドーナツを見る。悲観主義者はドーナツの穴を見る。


よい決心というものには、ひとつの宿命が付きまとっている。よい決心がつくのは、いつも時すでに遅しとなってからという宿命だ。


不平や不満は人間にとっても、国にとっても進歩の第一段階である。


若いときの自分は、金こそ人生で最も大切なものだと思った。
いま、歳をとってみると、その通りだと知った。


人間は不可能を信ずる事が出来るが、ありそうもない事を決して信ずることは出来ない。


外見で人を判断しないのは愚か者である。


オスカー・ワイルドの経歴・略歴

オスカー・フィンガル・オフラハティ・ウィルス・ワイルド。アイルランド出身の詩人、作家。アイルランドのダブリン出身。ダブリン大学トリニティ・カレッジ、オックスフォード大学モードリン・カレッジを卒業。派手な言行と美しい文章で人々の注目を集め、世界中の多くの作家に影響を与えた。主な作品に『ドリアン・グレイの肖像』『サロメ』『幸福な王子』など。

他の記事も読んでみる

下地寛也

大切なのは「発散収束」です。質より量でアイデアを多く出す「発散」と、それを絞る「収束」。これを分けてやるのがコツです。


佐藤龍雄(経営者)

社長に就任して私がまず始めたことは現場に行くことでした。就任日から100日間で北海道から神奈川県までの各管理事務所や工事事務所、管制センター、関係会社などを回って社員との懇親を行ってきました。


松本正義

BtoBが中心の研究は時間がかかりますが、未来の地図を思い浮かべて出口戦略を描かなければならない。


オグ・マンディーノ

わしらが不幸なのは、自分を敬う気持ちを失ってしまったからです。自分を敬う気持ちを失ってしまったからです。わしらはもはや、自分がかけがえのない奇跡であること、神の特別の創造物であることを信じていないのである。


榎本博明

「やる気」を高めるために必要なのは、「意味づけ」をすることです。「この仕事が自分にとってどんな意味をもつのか」がわかれば、目の前の仕事を楽しむことができるし、自分から進んでやってやろうという気持ちになるのです。


清水正(経営者)

「高品質」にあぐらをかいているうちに、追い付き追い越された日本製品は枚挙にいとまがありません。同じ轍を踏まないためには、常に難しい課題を探して挑戦し続けること。それ以外に日本のものづくりが「勝ち続ける」方法はありません。


秋山剛

人の足を引っ張るのは、他人に負けたくないという意識の表れですが、問題は、負けたくないためには足を引っ張るしか方法がないと思ってしまうことです。こうした思い込みは、その人の性格だけでなく、周囲の環境によって助長される場合も多いのです。


平野洋一郎

会社を設立してまもなくすぐに倒産寸前の状態に陥ってしまいました。墜落寸前で踏みとどまれたのは、一緒にやってきた北原がいたからです。彼が開発担当で、商品が出来てくるのが見えていたので、出来るまででいい、だから何とかつなごう、それが私の役目だと頑張ることができました。


道脇裕

やるべきと思えてしまうことが無数にあって、だからこそアイデアも次々と浮かんでくる。


乙武洋匡

僕の答えは、比較的すんなりと出てきた。他人や社会のために、どれだけのことができるのか。まわりの人に、どれだけ優しく生きられるのか。どれだけ多くの人と分かり合えるのか。どれも難しいことではあるけれど、これが実践できれば、僕の人生は幸せだったと胸を張れる気がする。ただ、どれを目指すにしても、絶対に譲れない大前提があった。それは、「自分を最も大切にしながら」というものだ。


村田諒太

哲学や心理学、神学などの本は、ニーチェなどの哲学書を愛読していた父に勧められて読むようになりました。「ネガティブなことをポジティブに考えよう」などと考え方を変えるようなメンタルトレーニングも勉強しましたが、良い結果が出た時はいいですが、結果が出ないとネガティブなままなんです。だったら無理にポジティブに考える必要はない。こうした数々の本から学んだ言葉の方が腑に落ちるし、どんな結果にも、心揺さぶられることなく、受け入れられるようになりました。


関淳

松下電器はオランダのフィリップスと技術提携をしたことがあります。同僚から聞いた話ですが、当時はほとんどの社員がオランダ語が読めないので辞書を引きつつ書類を読み、少しずつ理解を深めていったとのこと。さらには実際にフィリップスの工場を見学し、宿舎に帰ってから記憶を頼りに設備の図面を描いたり、オランダ人技術者と個人的に親しくなったりして、あの手この手で技術を学び取っていったそうです。


ロバート・キヨサキ

私はインフレを心配していない。インフレを想定して投資をしているからだ。インフレヘッジできる資産、つまり、インフレのときにそのリスクを回避できる資産に投資するのが最善の策だと、私は信じている。実際、そのように投資しているので、むしろインフレを楽しみにしている。ますます金持ちになるために、インフレをどのように活用すればいいかがわかっているからだ。


小林哲也(帝国ホテル)

「挨拶、清潔、身だしなみ」「誠実、謙虚、感謝」といった地道な行動テーマで模範となる仕事をした人を毎月4~5人表彰し、年に1回その中から年間大賞を決めています。大賞の授与では、社長が受賞者の部署に出向き、職場の上司や同僚の前で表彰します。大勢の前で褒め、良い事例を共有することで組織全体のモチベーションが高まります。


ジョン・カビラ

準備はしても、想定通りに話が進まないことはよくあります。そのとき気を付けているのは、水先案内人になろうとするがあまり、話の流れを断ち切ってしまわないこと。予想外の展開になっても、あわてず、柔軟に対応することを常に心掛けています。そのためにも、やはり綿密な下調べは必要。でないと、いざというときの対応ができない。


ページの先頭へ