オカダ・カズチカの名言

オカダ・カズチカのプロフィール

オカダ・カズチカ。日本のプロレスラー。愛知県出身。中学卒業後、闘龍門に入門。メキシコでデビュー後、新日本プロレスに入団。IWGPヘビー級王座、G1 CLIMAX優勝、NEW JAPAN CUP 優勝、プロレス大賞 最優秀選手賞などを獲得。

オカダ・カズチカの名言 一覧

プロレスの面白さは、勝ち負け。どれだけいい試合をしても、勝たなければ意味がない。


目標は、プロレスの面白さを世間に広めること。それしかない。


チャンピオンとして勝ち続けなければならない。ただ、必ずしも僕が勝つことを喜ぶ人ばかりではない。泣く人もいるんです。でも、それでいいじゃないですか。人の喜怒哀楽を引き出せる、プロレスっていいなと思います。


僕たちもお客さんの応援に力をもらう。試合中は集中しているのでわからないんですが、あとから映像で観ると、僕が勝ったときにお客さんが一斉に立ち上がってくれて……。あの瞬間が、一番好きです。ジーンときますね。


プロレスラーに向いているのは、性格が悪い人じゃないですかね。僕はくつに悪くないですけど(笑)。いい人は向いていないと思います。闘いの中で優しさが出ちゃいますから。みんな「俺が一番だ」っていう世界ですからね。じゃないと上にあがれないですよ。


中学2年生の時、プロレスのビデオを観ているうちに、「自分もこの中の一人になりたい」と思うようになったんですよね。強くなりたいとか、そういうことじゃなくて、闘龍門の一人になりたいと思った。


自分はやることがなくなっちゃうと変わりたくなるんですよね。高校に行かなかったのも、高校で特にやることが見つからなかったんで、じゃあ、プロレスに入っちゃえって。それでメキシコでやってるうちに、だんだんメキシコでやることもなくなってきて。じゃあ、新日本に行かせてもらえないかなって気持ちが出てきたんです。


プロレスって、みんながみんな、ハッピーエンドでは帰れないと思うんですよ。例えば、オカダ対内藤(哲也)の試合で僕が勝つと、内藤ファンは「次、見とけよ」と思う。それが延々に終わらないんです。新日本プロレスは今年45周年ですけど、45年間、終わらないドラマをやっている。何かしらずっと続いていて、一度観たら止められないんじゃないかと思いますね。


オカダ・カズチカの経歴・略歴

オカダ・カズチカ。日本のプロレスラー。愛知県出身。中学卒業後、闘龍門に入門。メキシコでデビュー後、新日本プロレスに入団。IWGPヘビー級王座、G1 CLIMAX優勝、NEW JAPAN CUP 優勝、プロレス大賞 最優秀選手賞などを獲得。

他の記事も読んでみる

安渕聖司

フィジカル・コンディションを整えれば、自分のポテンシャルを最大限に引き出せます。体調が良いと、自信を持って人と会ったり、話したりできますよね。その人の持つエネルギーレベルが上がって、仕事でも存在感を発揮できるのです。


松井忠三

能の世界では、古典的な演目を名優が演じ、最後にひと工夫が入って新しい「型」が作られることを「型破り」と言って賞賛します。一方、「型」のない人は「形なし」とバカにされます。「ムジグラム」の仕組みは「形なし」を戒め、「型破り」を推奨するものです。より良いやり方があれば、内容をどんどん改訂していく。


石井一久

「あきらめる」とか「あきらめない」とか、そんな次元のマインドではないんです。僕にとって「あきらめないのは当たり前」で、それよりも、「何が何でも結果を出す」という向上心の方が勝っている。「あきらめない」という言葉は、崖っぷちに立った時に使うような「余裕のなさ」を感じます。


深野康彦

投資を始めるときに気をつけなくてはいけないのは、「自分は何がしたいのか?」を明確にしておくこと。お金の運用は目的があってするものです。それが「○万円貯めたい」なのか「リタイア後に備えてまとまった資産を形成したい」なのか、できるだけ具体的に考えておくこと。そうすれば、どんな商品に投資すべきかが見えてきます。こうした目的をはっきりさせずに、“手ぶら”で窓口に行けば、言い方は悪いですが、“カモ”になってしまうこともあるでしょう。まずは、商品知識を学ぶより、投資の目的を自問自答することです。


佐野章二

私たちは、ビジネスの手法で活動を続けると決めていました。ホームレスを支援するボランティアは多数存在しますが、その多くが夜回りや炊き出しなどの緊急支援です。一方、『ビッグイシュー』は、自ら稼ぎ、明日へのチャンスを自らつくる自立支援。言ってみれば、ホームレスという被害的当事者自身が、我々のビジネスパートナーとなることで、問題解決の担い手にもなるのです。


冨山和彦

40代の特徴のひとつが、スペックから固有名詞の勝負に変わることです。30代までは、TOEICが何点だとか、何かのスキルを持っているというスペックによる転職が可能です。つまり求められるスペックを満たすなら、どこの誰でも基本的には構わないわけです。しかし、40代に入ると、スペックだけでは通用しません。それよりも大切なのは、「○○さん」「××さん」という一人の人間としての評価。具体的に言うと、「○○さんって知ってる? 信用できる人なの?」という関係性の中で評価が決まるのです。


大江英樹

投資で負ける人の多くが、「投資」と「投機」を間違えているんです。投資と投機の違いは何でしょう。投機というのは簡単にいえばバクチ。カンが強い人が勝つ。投資はリサーチに長けた人が勝つ。


吉永泰之

少しの背伸びならいいのでしょうが、実力を超えたことを言っても実現することはありません。そこは我慢も必要だし、いくら良いアイデアでも、できないことはできないと割り切ることです。


鎌田正彦

銀行の預金通帳を毎日見ながら資金繰りで、眠れない、ストレスで髪は抜ける、吹き出物は出る。そういう中で、最後は精神力だと思いました。諦めたらそこで終わり。踏んばって耐えていると、次の風が吹いて好転する。でも、それで気を許すと、またどん底が来るんです。
【覚書き|起業当初を振り返っての発言】


廣田尚子

アイデアが出ないときは表層しか見ていなくて、本質を分析していないことが多いので、少し前の段階に立ち戻ってみます。するとだいたい、何かが抜けているんですよね。何も出ないときは、理屈が足りない。それが発見できれば、何かしら出てきます。


城島健司

もちろん落ち込むこともありますよ。僕は強い人間ではありません。基本は弱い人間です。うまくいかなかった日は、日付が変わるまでウジウジしてます(笑)。そうやって1日中、思い切り落ち込むほうが、次の日、気持ちを切り替えられます。


森信親

規模が大きいとコストは下がりますが、収益性は平均値に収敵していく傾向があります。ニッチで頑張って収益性が高いところはある。逆に、大手地銀でも何のリスクも取らず、地域に貢献していないところもあります。


林野宏

1982年、私は西武クレジット(のちのクレディセゾン)に転籍してきました。それまで西武百貨店で人事や企画、店次長など様々な仕事をしてきましたが、金融は全くの畑違い。そして、当時の我が社は倒産寸前……。周囲は「林野はさぞ落ち込んでいるだろう」と思っていたようです。しかし、実際の私は元気いっぱいでした。新しいことにチャレンジできるチャンスを得たと思っていましたし、倒産の危機は大ピンチではあるけれど、見方を変えれば、ただひたすらに浮上を目指せばいい。目標が明快です。


西澤ロイ

英語学習に挫折する人によくみられるのが、「頑張って英語を勉強しよう」と意気込んでしまうことです。しかしよく考えてみれば、お茶を飲むのに頑張る人がいないように、「頑張る」という行為は普通の状態ではありません。そして普通ではない状態は、長くは続かないもの。英語を身につけたいなら、まずは継続をめざすことです。そのためには、英語を日常に取り入れて、楽しみながら学ぶのが一番です。


ジム・バグノーラ

マーケティング、販売、ファイナンス、技術といった各分野の担当者がリーダーシップの精神を持つことで組織は成長する。


ページの先頭へ