名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エーリッヒ・フロムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エーリッヒ・フロムのプロフィール

エーリッヒ・フロム。ドイツの社会心理学者。新フロイト派の精神分析学者、哲学者。フランクフルト出身。フランクフルト大学、ハイデルベルク大学で学んだのちフランクフルト大学精神分析研究所講師となる。ナチスが政権を取ったのち、スイスを経てアメリカに移住。コロンビア大学、メキシコ国立自治大学、メキシコ心理分析研究所、ミシガン州立大学、ニューヨーク大学などで教鞭をとった。

エーリッヒ・フロムの名言 一覧

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。


エーリッヒ・フロムの経歴・略歴

エーリッヒ・フロム。ドイツの社会心理学者。新フロイト派の精神分析学者、哲学者。フランクフルト出身。フランクフルト大学、ハイデルベルク大学で学んだのちフランクフルト大学精神分析研究所講師となる。ナチスが政権を取ったのち、スイスを経てアメリカに移住。コロンビア大学、メキシコ国立自治大学、メキシコ心理分析研究所、ミシガン州立大学、ニューヨーク大学などで教鞭をとった。

他の記事も読んでみる

安達一彦

起業したのは、どうしても自分の考えを実現できる会社をつくりたかったから。


篠原菊紀

海馬でできた神経細胞は早く死にやすい。長生きさせるために、脳が「ややこしい」と感じる作業をする必要がある。例えば「全く知らない分野の本を読む」「電話番号を覚えて逆から読みあげる」……などです。ラットを使った実験では、複雑な経路を走らせるなど厳しいタスクを与えると海馬に生まれた神経細胞が死なず、神経ネットワークの中に組み込まれやすくなることが判明しています。


佐藤孝幸

段取りが悪い一番の要因は、仕事の優先順位が付けられないことにあります。


渋谷陽一

既存のものに素晴らしいロックフェスはあったんだけど、僕は「客のプロ」ですから、イベンターよりもイベントに足を運んでいて、客目線のあるべきロックフェスというものが見えていたんです。プロのイベンターに「……渋谷さん、そんなこと言ったって、どのイベントもこうじゃないですか」と言われても説得されません。たとえば自分でフェスに出かけたときの待ち時間にはすごいストレスを感じていましたからね、入場に2時間もかけるなんて嫌だったんです。その結果、入場ゲートは8個もあれば十分ですと言われたところをつい37個もつくりまして、5分で入場を完了させました。トイレも100個で十分と言われましたが、イベンターの人には「あなたは関係者用のトイレしか使ったことがないんでしょう?俺はトイレに並んでイライラしてたんだ。おまけに年寄りだからトイレも近いんだ!」と押し切って300個設置することにしたんです。
【覚書き|ロックフェスティバル「ロック・イン・ジャパン」の主催を始めた当初を振り返っての発言】


やましたひでこ

自分の力だけではどうしようもないこともあります。でも、自分が冷静な状態で判断できる状態にすることは、自力でできます。


川上徹也(パナソニック)

部下や他部署の人に何かを伝えるときに、トップがこう言っているとか、事業部長がこう言っているからと話しても、説得力に欠けます。「私はこう考えています」ということを自分の言葉で伝えた方がいいでしょう。


佐藤天彦

日常生活で考えることを放棄してしまうと、それが習慣になり、将棋に跳ね返ってくる。


岡素之

魚は頭から腐ります。企業も同じでシッポからは腐りません。社長がダメだからその会社は駄目になるんです。当社のコーポレートガバナンス原則を議論していく中で、それは詰まるところトップの強い意志と高潔な倫理観という結論に至りました。


次原悦子

当社の仕事で、「吹きこぼれない鍋の蓋」のPRの仕事がありました。鍋の蓋を持ってメディアを回っても、誰も相手にしてくれません。そこで思いついたのが、他社のキッチン便利グッズを買いそろえて回るというやり方です。鍋の蓋だけでは記事になりませんが、たとえば「イチゴのへた取り器」などの便利グッズを揃えれば記事になります。それを買い込んで「これで料理便利グッズ特集はどうですか」と、女性誌の編集部に企画を持ち込み、特集記事にしてもらいました。


五味一男

テレビ局も株式会社であり、経済原理に基づいて活動しているのだから売上を数字として残していかなければなりません。


中尾ゆうすけ

上司に嫌われない方法は「自分が上司を嫌わないこと」に尽きる。


安東邦彦

気に入った営業マンから客がモノを買っていたのは、需要が供給を上回っていた時代の話。いまは供給のほうが需要を上回っているのです。自分が客から受け入れてもらえたからといって、すぐに営業成績に結びつくほど甘くはありません。