名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

エーリッヒ・フロムの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エーリッヒ・フロムのプロフィール

エーリッヒ・フロム。ドイツの社会心理学者。新フロイト派の精神分析学者、哲学者。フランクフルト出身。フランクフルト大学、ハイデルベルク大学で学んだのちフランクフルト大学精神分析研究所講師となる。ナチスが政権を取ったのち、スイスを経てアメリカに移住。コロンビア大学、メキシコ国立自治大学、メキシコ心理分析研究所、ミシガン州立大学、ニューヨーク大学などで教鞭をとった。

エーリッヒ・フロムの名言 一覧

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。


エーリッヒ・フロムの経歴・略歴

エーリッヒ・フロム。ドイツの社会心理学者。新フロイト派の精神分析学者、哲学者。フランクフルト出身。フランクフルト大学、ハイデルベルク大学で学んだのちフランクフルト大学精神分析研究所講師となる。ナチスが政権を取ったのち、スイスを経てアメリカに移住。コロンビア大学、メキシコ国立自治大学、メキシコ心理分析研究所、ミシガン州立大学、ニューヨーク大学などで教鞭をとった。

他の記事も読んでみる

三枝匡

負けている要素を少しずつ「改善」していくという感覚では、大した成果は期待できません。何らかのイノベーションを編み出して、それをきっかけに競争優位性を一気に生み出すような勝負を仕掛けることができれば、事業は大きく飛躍します。


木下弘貴(経営者)

情報を収集するときには常にアウトプットを考えないと意味がありません。何が書いてあるかではなく、この情報で何ができるのかを頭の中で変換してからメモを取り、整理をします。


アルビン・ロス

結婚では、長期的関係をはぐくむことが重要である。庭師が植木を手入れするかのどとく、二人の関係が、いつまでも健全で長持ちするように気を配ることが肝心だ。


山田義仁

利益はそこそこ出してきたので、社内に危機感が薄い。経営環境の変化はどんどん激しくなっています。乗り遅れると、いつどうなるか分かりません。そこでもう一度、高い目標を掲げてチャレンジし、意識改革を進めたい。これが10年ビジョンに込めた思いです。


徳岡邦夫

上が新しいことに取り組みはじめると、ほかの従業員からも徐々に新しい提案が出てくるようになりました。これまでは先輩の顔色をうかがい、とにかくミスをしないことだけを考えていた若い社員たちに、「どうすればお客様に喜んでもらえるのか」という意識が芽生えてきたのです。


三木谷浩史

人と人のコミュニケーションが急速に失われている時代だからこそ、人はコミュニケーションを求めるのだと思う。ディスコミュニケーションの象徴のようにとらえられがちなコンピュータとかインターネットは、使い方によっては強力なコミュニケーションツールになる。そして、ディスコミュニケーションの時代には、コミュニケーションはある種のエンターテインメントにもなり得る。


糸井重里

広告の仕事に限界を感じた40代の頃、仕事をやらずに年間140日ほど釣りばかりしていた2年間がありました。ワクワクに満ちたあの時間のおかげで、夢中になる自分を思い出し、心の底から生きていたいと思えるようになった。どうせ生きるならもっと面白いこともやりたいし、釣りばかりしていてもいけないとも思いました。絶対に嫌だと思う仕事を引き受けるのをやめ、厳選するようにしましたね。依願があれば一晩寝て、僕がその相手から言われたのと同じ言葉で「一緒にやろうぜ」と言えると思えれば、引き受けようと決めたんです。その働き方は、50歳の時にインターネットに魅せられ、「ほぼ日刊イトイ新聞」という自前のメディアを始めてからも続いています。


斎藤英明(経営者)

「How(どうやるか)」ではなく、「What(何のためにやるのか、何を達成するのか)」を追求することが大切。どの企業もHowに流れがちで、放っておけば全体の90%はHowになってしまいます。けれど、それだけだけでは会社にも所属部署にも自分にも進歩はありません。Whatを定めればHowはおのずと明らかになるものです。


三木谷浩史

日本興業銀行での最初の配属先は外国為替部でした。海外への送金が主な仕事で、望んだ部署ではありませんでした。数字と書類の確認に追われる毎日。一線で活躍する営業に比べると地味な職場です。そんな気持ちが態度に出たのかもしれません。ある日、先輩に「事務でも仕事は仕事。ビシッとやれ」と叱られました。ちょっとしたミスで、数億円、数十億円の損が出る。銀行の事務は、慎重、かつ緻密にならざるを得ない業務です。心を入れ替え「ここで学べることはすべて吸い取ってしまおう」と懸命に取り組むようになりました。おかげで今でも経営者の中では事務処理に強いほうだと思います。


山田義仁

会社は営業だけでは成り立ちませんし、開発がいいモノをつくっても、それが売れるとは限らない。お客様に使っていただいて、ご愛顧いただいて初めて価値が出る。


小沼大地

小学1年生の国語の授業である文章の感想を聞かれて、少し変わったことを話しました。すると先生は、模範的な回答をしたほかのクラスの子と僕を討論させた。いまでいうディベートです。最初はクラス40人が半分に分かれて議論していましたが、僕の側は1人減り、2人減りで、最後は1対39に。このまま続けると泣いてしまうギリギリのタイミングで、先生が「はい。小沼君に拍手」といってタオルを投げ入れてくれました。授業の後、友達から「おまえ、意外にやるじゃないか」的なことをいわれました。そこで感じたのは、変わった主張でも、それをいい続けると賞賛されることもあるということ。承認欲求が満たされたことが気持ちよくて、それから人と違っても臆せず自分の意見をいい続けることが僕の軸になりました。


ミシュラ・マニッシュ

日本企業が失敗しがちなことは、日本と同じようにマネージメントをしてしまうこと。日本企業は海外に出るとコミュニケーションをうまく取れるかどうかを、一番不安視します。日本的にコミュニケーションを取ろうとして、現地のトップに日本人を置いて日本風にしようとしてしまうのです。