名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エーブナー=エッシェンバッハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エーブナー=エッシェンバッハのプロフィール

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハ。オーストリアの女流作家。男爵夫人。ウィーン大学名誉博士号、オーストリア芸術科学勲章を授与された初めての女性。数多くの名作を残した

エーブナー=エッシェンバッハの名言 一覧

我々は、他人が幸福でないのを当たり前だと考え、自分自身が幸福でないことには、いつも納得がいかない。


苦しみは人間の偉大な教師である。苦しみの息吹のもとで魂は発育する。


我々がおべっかを信用しなくとも、おべっか使いは我々の心をつかむ。


下手なお世辞は、根拠のない叱責よりも我々に屈辱を与える。


エーブナー=エッシェンバッハの経歴・略歴

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハ。オーストリアの女流作家。男爵夫人。ウィーン大学名誉博士号、オーストリア芸術科学勲章を授与された初めての女性。数多くの名作を残した

他の記事も読んでみる

村田諒太

1人でも多くのお客さんが僕の試合を観たいと思ってくださるなら、与えられた試合は何でもやりたい。昔は「自分のためにやる」という考えが強かった。でもプロなので、お客さんが観たいと思ってくださらない限り、試合は行われません。


平井俊邦

ニーズを汲んでいけば、進化していくことはできる。


松村誠一(経営者)

実行する前に失敗した場合のシナリオをいろいろ考えておき、楽観的に行動することが成功の秘訣です。


吉田正弘(経営者)

54で北國銀行を退職する2、3年前から気持ちの整理も含めて準備しはじめました。銀行員時代に融資に携わっていたので、色々な成功した会社を見ている中で興味をもって、「羨ましい、自分も会社を持ちたい」と考えるようになっていたのです。


山口多賀司(経営者)

バブル崩壊の頃、当社の資格を持った社員に対して、大企業からものすごい引き抜き攻勢がありました。ですが、この時、社員は誰一人辞めなかった。おそらく給料も当社よりずっと良かったと思うんですが、それでも辞めなかった。これは今でも私の自慢です。私は勧誘があった社員たちを知っていますから、後から何人かを呼んで、なぜ大企業にいかなかったのかを聞いたんです。そうしたら「社長、よくそんなことを言いますね」と言うんです。「そんなに僕のことを信用していないんですか」と言って怒るんですよ(笑)。つまり、彼らは「当たり前じゃないですか」と言うんです。「私たちは非破壊検査で技術を学んで、世の中の高度技術社会の安全を確保して、維持して、人の命を守るために頑張ってきました。そういう信念を社長が私たちにたたき込んだじゃないですか。私たちは全員そういう気でいます。もしも大企業にいったら、歯車の一つの刃にしかすぎません。だから、私たちは大企業にいく気はこれっぽっちもないですし、社長は私たちを信用していないんですか」と。そうやって怒られたんです(笑)。本当に嬉しかったですね。


渋谷陽一

取材依頼も正攻法でやっています。大物でブッキングが大変だから、とヘンに策を練ることもなく、きっちり正面から門を叩いて、それで開けてくれるところに話を聞きに行くだけです。もちろん叩いても開かない扉はありますけど、僕は「この門は開くはずがない」と思いながら門を叩くようなことはしません。


大野直竹

社員によく話しているのは、お客様ととにかく長い付き合いをしろと、それで目先のものにあまりとらわれるなということ。やはりこういう商売はお客様の評判が第一。


柳井正

根無し草の生活は長続きしない。人間には、やっぱり拠って立つところがないとダメ。


山極寿一(山極壽一)

私たち大人が、競争をうまく演出してやっていないことにも問題があると思っています。勝ちなさい、勝ちなさいと尻をひっぱたいているだけだから、勝ったことによって一体自分がどうなるのか、周囲の喜びをどう引き付けられるのか自覚できない人が多くなっている。結果、「勝つのが面倒くさい」と考える人が出てきてしまったりしています。


安西祐一郎

自分が何かを判断するときに、やはりたくさん情報を持っていたほうがいい。誰かが情報を制御する可能性もあるし、限られた情報の中では判断を誤る可能性が出てくる。


藤田晋

私が社員のアイデアを評価するときの基準にしているのは、プレゼンテーションをする社員の目つきと姿勢です。自分のアイデアを本気でいいと思っている社員は、まず、目つきが違います。


国分良成

組織というのは縦と横の関係がありますけど、基本的には上下の命令系統がきちんとしていなければならないし、下の者は上の者に対してのフォロワーシップと言いますか、組織のリーダーシップとサポート体制が両立していなくてはなりません。それらを身につけるにはやはり、人間性が必要です。その人間性をいかにつくっていくかということです。