名言DB

9490 人 / 112001 名言

エーブナー=エッシェンバッハの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エーブナー=エッシェンバッハのプロフィール

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハ。オーストリアの女流作家。男爵夫人。ウィーン大学名誉博士号、オーストリア芸術科学勲章を授与された初めての女性。数多くの名作を残した

エーブナー=エッシェンバッハの名言 一覧

我々は、他人が幸福でないのを当たり前だと考え、自分自身が幸福でないことには、いつも納得がいかない。


苦しみは人間の偉大な教師である。苦しみの息吹のもとで魂は発育する。


我々がおべっかを信用しなくとも、おべっか使いは我々の心をつかむ。


下手なお世辞は、根拠のない叱責よりも我々に屈辱を与える。


エーブナー=エッシェンバッハの経歴・略歴

マリー・フォン・エーブナー=エッシェンバッハ。オーストリアの女流作家。男爵夫人。ウィーン大学名誉博士号、オーストリア芸術科学勲章を授与された初めての女性。数多くの名作を残した

他の記事も読んでみる

村石久二

スターツは、設備に投資するのではなく人材に投資する。


高橋名人(高橋利幸)

私自身、わりと口下手で恥ずかしがり屋なのですが、そういう人間に限って、開き直れば強くなれる。


川越達也

企業とコラボレーションするとき、僕がこうしたい、ああしたいということは実は二の次なのです。ですから、先方がたとえばパスタソースをつくりたいなら、まずはどんなソースをつくりたいのか、そしてその会社のできること、できないこと、利用できる人員や設備、既存の商品といったものをじっくりうかがって受け入れる。そのうえで、与えられた条件を足し算、引き算して「御社がつくりたかったものはこういう感じではないですか?」と返していくのが私のやり方。だから、相手の企業さんにやりやすいと感じてもらえるのでしょう。


大谷將夫

大谷將夫の経営十か条

  1. 経営とは結果がすべてである。
  2. 経営者は「強い思い」と「戦略的思考=長期的・全体的」を持つべきである。
  3. 経営にあたっては「合理主義」と「人間主義」の両輪で行うべきである。
  4. 企業が大切にすべきことは、第一に「お客様」、第二に「社員」、第三に「地域社会」、第四に「株主」と考えたい。
  5. 企業の発展は、社員の創造性の総合力で決まる。
  6. 企業はリスクに挑戦して初めて大きな成果が生まれる。
  7. 管理職以上の人々は、問題解決型人間に育てたい。
  8. 企業は、表の数値「売上」「利益」だけでなく、裏の数値「安全」「品質」「環境」を重視しなければならない。
  9. マネジメント「管理」とは、数量・内容のチェックだけではなく、目標達成策を考えて管理することである。
  10. 企業は、利益を上げ納税することが、最も社会貢献できることである。

松波晴人

以前、営業マンの行動を観察したときのことです。優秀な成果をあげている人と普通の人の違いは、相手がどのような人かを安易に決めつけずに相手を観察し続け、気づきを得て、行動に反映させる点にありました。


川崎秀一

我々が何と言おうと、上から目線でモノを言ってもダメ。人の腹に落ちないと、人の行動は変わりません。ですから、常にわかりやすい言葉で説明し、人それぞれの長所を伸ばしていってあげたい。


永持孝之進

本業と関連のある技術、原料、あるいは販売網といったものを活用して「次の一手」を打って行くことが重要。


財部誠一

スティーブ・ジョブズ氏は、部下たちが「できないこと」を前提にして発言したことを、逆に「そういうものができたらいいのではないか」と、アイデアとして採り入れていたという。世界を驚かせるような感動的な商品を、ふたたび創り上げることができなければ、日本企業に明日はない。その中で、私たちが日本の強みを活かしていけるかどうかは、ジョブズ氏のような前向きなマインドセットと志が持てるかどうかにかかっているのだ。


河野英太郎

マネジメント層がしばしば感じるのは、上司の質問にきちんと答えない部下が多いということ。上司が、「顧客との面会のアポは取れた?」と聞いたとき、求める答えは、イエスかノーです。でも、アポが取れていない部下は、後ろめたい気持ちがあるからなのか、最初にアポが取れていない背景や言い訳のようなことを話したがる傾向かあります。これだと、上司のフラストレーションはたまります。結論を先に、その後に説明や対策を述べるべきでしょう。同じように上司が「いつ?」と聞いたら時期を、「どこで?」と聞いたら場所を、まず答えるべきです。


高橋がなり

僕がすすめるのは、あえて苦手な仕事や、すぐに評価されない仕事に取り組むこと。今は、自分に負荷がかからない方法ばかり選ぶ奴ばかりですから、ものすごく目立ちますよ。


吉永賢一

新しい分野を学ぶときは、入門書→専門書の順で読み、余裕があれば仕上げに用語集に目を通すとよいでしょう。専門書については古めの本を選ぶとよいと思います。最新の理論やフレームワークが本当に正しいかは、ある程度の時間を経てからでないと検証できません。逆にいえば、かなり前に出版されて、いまでも読み継がれている本は、内容に安定感があるということです。


高橋俊介

キャリア満足の高い人は、決まって努力をしているものです。