エーバーハート・フォン・クーンハイムの名言

エーバーハート・フォン・クーンハイムのプロフィール

エーバーハート・フォン・クーンハイム。BMW会長。ドイツの経営者。シュトゥットガルト工科大学卒業後、マックスミラー工作機械製作所に入社。その後BMWに移り、代表取締役会長に就任。生産台数を4倍に伸ばし、同社の経営再建をなし遂げた経営者

エーバーハート・フォン・クーンハイムの名言 一覧

会社を良くする特効薬などはない。もしそんなものがあるとすれば、あちこち良い会社ばかりになっているだろう。


エーバーハート・フォン・クーンハイムの経歴・略歴

エーバーハート・フォン・クーンハイム。BMW会長。ドイツの経営者。シュトゥットガルト工科大学卒業後、マックスミラー工作機械製作所に入社。その後BMWに移り、代表取締役会長に就任。生産台数を4倍に伸ばし、同社の経営再建をなし遂げた経営者

他の記事も読んでみる

中村栄輔

勉強すればするほど、自分の無知を知る。今も「自分は何て物事を知らないのだろう」と感じることもしばしば。


永井義男

そもそも「過去」は美化されやすいもの。私は昭和24年生まれで、学生時代は学生運動が盛んでした。その学生運動をいま映像で見ると、「権力と闘った若者たち」などと美化されています(笑)。同様に江戸時代も美化されているわけですが、「過去」を過度に評価することは危険です。というのも「昔はよかった」は「現実逃避」だからです。


守屋淳

情報の収集・選択は、その発信者の気持ちになれるかが重要。その情報に発信者の意図が入っているか否かを掴み、使えるか否か、腐りやすくないかを判断し、取捨選択するのだ。


根本郁芳

うちにとって一番重要なのは、夜光塗料をとりまく特殊な技術を追究することです。そこで得た、ほかにない技術によって多角化に乗りだす。つまり、特殊化があっての多角化なのです。いま、ディスプレイ用の蛍光体やガスセンサー、さらに新薬開発データサポートなどの事業にも手を出していますが、その技術はすべて夜光塗料に端を発しているんです。


板尾創路

恋愛に限らず、出会いがしらに何かにのめり込むことはまずない。お店で「これえぇなぁ」と思っても、買わずに帰るなんてこともよくあります。普通の人なら直観的に何かを感じるような場面でも、僕はわりとボヤッとしてる。熱がないというか。でも納得できさえすれば、何でも受け入れられる性格でもあります。ある時、医者から「1日1個、リンゴを皮ごと食べると健康にいい」と言われて、食べ始めたら吹き出物が出にくくなったんですね。サプリとか化粧品は、効果が実感できなくて続かなかったんですけど、リンゴはもう3年間続いてます。まあ、だからといって、リンゴにほれてるわけでも、のめり込んでるわけでもないんですけど。


岩田松雄

留学時代から、合理的で数字ばかりの欧米式の経営に違和感を覚えていました。ビジネススクールでは、何でも数字に置き換えて考えることを教えられました。もちろん、必要なことですが、どこか腑に落ちなかった。経営には、数字(理)のほかに人(情)を理解しないといけないのではないか、と。


長谷川高

私が強調したいのは、成功へのウルトラC的な方法は存在しないということ。いま順調に経営している方々も、その成功はご自身の努力の賜物に違いないのです。


江上治

問題は、不運に遭遇したとき、これをどう捉えるかである。年収1億円以上稼いでいる人は、不運をことごとくチャンスに変えている。そうして、さらに成長し、億単位の年収を稼いでいる。


稲盛和夫

一所懸命に仕事をするというのは、自分が思うよりも、人からそう思われることだよ。


成田和幸

目先ばかりに囚われて、軸を乱してはいけない。


板倉広高

人のため、社会のためにならないと事業の永続性はない。


横山光昭

お金を貯められる人、貯められない人を分けるポイントは、お金のコントロール力、つまり普段のお金と正しく付き合う力です。この力があれば、収入が少なくても貯金は可能です。


田中和彦

大切なのは、勤めている会社、あるいは別の業界などで求められる人間になること。


大儀見浩介

あまりに高い目標を立てると、実現の可能性が低くやる気は出ません。一方、現状維持や目標のない状態では内発的動機が湧かないのです。最もやる気を引き出せる「現状より10%高い目標」を立て、ビジネス力を伸ばしましょう。


清水久三子

資料作成という作業は、良くも悪くも「頑張った感」を覚えさせるものです。図や表を多用した資料は立派に見えますし、そうしたビジュアル効果を高めるツールも多くあります。しかし、それらが職場における「ムダ資料」の量産を招いていることもまた事実。凝った資料を作るために時間をかけ、その実、「何が言いたいのかわからない」資料ができあがる、といったことも起こりがちです。


ページの先頭へ