名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

エンゲルスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エンゲルスのプロフィール

フリードリヒ・エンゲルス。ドイツ出身の共産主義者、思想家、革命家、ジャーナリスト、実業家、軍事評論家、労働運動指導者。マルクスとともに社会主義思想の構築に尽力した。父の経営する工場を手伝うためイギリスに渡った時に都市の貧困状況を目の当たりにしショックを受け、取材調査を行い『イギリスにおける労働者階級の状況』を執筆。その後、マルクスと出会い、終生の友となる。マルクスの死後、遺稿をまとめ資本論2巻3巻を発表した

エンゲルスの名言 一覧

自由は外的な事実の中にあるものではない。それは人間の中にあるのであって、自由であろうと欲する者が自由なのだ。


ひとつのものにとっての善は、他のものにとって悪である。ある階級の解放は、他の階級にとって新しい圧迫となる。


エンゲルスの経歴・略歴

フリードリヒ・エンゲルス。ドイツ出身の共産主義者、思想家、革命家、ジャーナリスト、実業家、軍事評論家、労働運動指導者。マルクスとともに社会主義思想の構築に尽力した。父の経営する工場を手伝うためイギリスに渡った時に都市の貧困状況を目の当たりにしショックを受け、取材調査を行い『イギリスにおける労働者階級の状況』を執筆。その後、マルクスと出会い、終生の友となる。マルクスの死後、遺稿をまとめ資本論2巻3巻を発表した

他の記事も読んでみる

中村繁夫

クビになることは怖くない。リストラを恐れてハングリー精神を失うほうがまずい。サラリーマンの成長が止まる。


村上龍

映画のプレゼンの場合、よく言われるのは、「まずひと言で、その映画の特性と魅力を言い切る」ということです。どんな映画なのかを、ひと言で言うわけです。ひと言で言い切るのは簡単ではないですが、その「決め」のひと言を考えるのは、企画内容を自ら深く理解し、プレゼン全体を効果的なものにするのにも役立ちます。


長谷川和廣

上司に可愛がられ、部下たちからいい人と言われるような、社内調整役として力を発揮する人材の重要性は、完全に薄れています。厳しいこの時代では、自分自身で儲けの糸口を探しだし、プロジェクトを立ち上げ、そして成功を勝ち取るような推進力を持った人が評価されます。厳しい戦いの中では、敵をどんどん倒してくれる人のそばにいたいのが人情というものです。


猪瀬直樹

「若い人が作り出した流行はレベルが低い」「大人だから流行に飛びつくのは恥ずかしい」という思い込みを捨てること。それだけで、流行の中にある次の時代の片鱗を見つける感性が養える。


金川千尋

右のものを左に流すだけの、当時の商社の商売に興味を失いました。事業は自ら投資をして、自らのリスクでモノをつくって売るのが本来の姿だと思いはじめ、そういう事業を自分でやりたくなったのです。
【覚書き|極東物産(のちの三井物産)から信越化学工業に移ったきっかけを語った言葉】


中原淳

職業人として、上司の力によって能力の伸び幅が大きくなる年代は、20代後半から30代前半です。この年代の人たちは、一定水準の仕事はできるようになっており、一人前の戦力とみなされて仕事に関わることができます。一方でまだ柔軟性もあって、新しい考え方を受け入れる余地も十分に持っています。経験と柔軟性を併せ持っているため、上司の教育が最も効果的に能力に反映されるのです。


星野佳路

星野リゾートの特徴の一つは、現地主導で観光テーマを探すことです。東京や他の場所でマーケティングやセールス、広報を担当しているメンバーではなく、現地で春夏秋冬を通して暮らしている人が、自分たちのこだわりや地域の楽しさを考え抜いて、サービスに反映させていきます。


飯田亮

日本の国のあり方、考え方みたいなのものは、もっとしっかり考えないとダメ。どこかに頼って生きていくような感じじゃまずい。


鈴木喬(経営者)

業界の枠にとらわれず、幅広く興味をもち情報収集することで、「これまでにない商品」をつくる糸口が掴める。


岸見一郎

部下にバカにされないためには有能な上司になるしかない。本当に実力のある上司なら、部下も尊敬するでしょう。上司に求められる仕事、つまり部下を適切に指導し、引き上げることに徹すればいい。


黒田武志

創業当初、私も社員には「いける」と強気でも、心の中では「売上が伸びても利益が出ないかもしれない」と弱気になったものです。しかし、その中でも大事だったのは利益を出すための地道な改善努力の積み重ねでした。


坂戸健司

私の資料づくりの方法は、まず一枚の紙にいくつかの枠を書き、誰に、何を、どこで、どのくらいの時間で伝えるかというストーリーを考えながら、そこにメッセージを書き込んでいく。これを私は「ミニラフスケッチ」と呼んでいます。この時点では図解などは意識せず、メッセージのみでもOK。ただし、その言葉は可能な限りブラッシュアップします。