名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

エンゲルスの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エンゲルスのプロフィール

フリードリヒ・エンゲルス。ドイツ出身の共産主義者、思想家、革命家、ジャーナリスト、実業家、軍事評論家、労働運動指導者。マルクスとともに社会主義思想の構築に尽力した。父の経営する工場を手伝うためイギリスに渡った時に都市の貧困状況を目の当たりにしショックを受け、取材調査を行い『イギリスにおける労働者階級の状況』を執筆。その後、マルクスと出会い、終生の友となる。マルクスの死後、遺稿をまとめ資本論2巻3巻を発表した

エンゲルスの名言 一覧

自由は外的な事実の中にあるものではない。それは人間の中にあるのであって、自由であろうと欲する者が自由なのだ。


ひとつのものにとっての善は、他のものにとって悪である。ある階級の解放は、他の階級にとって新しい圧迫となる。


エンゲルスの経歴・略歴

フリードリヒ・エンゲルス。ドイツ出身の共産主義者、思想家、革命家、ジャーナリスト、実業家、軍事評論家、労働運動指導者。マルクスとともに社会主義思想の構築に尽力した。父の経営する工場を手伝うためイギリスに渡った時に都市の貧困状況を目の当たりにしショックを受け、取材調査を行い『イギリスにおける労働者階級の状況』を執筆。その後、マルクスと出会い、終生の友となる。マルクスの死後、遺稿をまとめ資本論2巻3巻を発表した

他の記事も読んでみる

沢渡あまね

プロセスの見直しのポイントは、「見える化」と「言える化」です。見える化とは、ムダの発見と共通理解。そして「言える化」とは、各社員が「これはムダ」と言える雰囲気を作ること。言えない原因は、主に社員がムダに気づいていないか、もしくは「批判だと思われそう」とためらっているかの2つ。これを解決するのは上司の役割です。前者のタイプにはムダ削減について書かれた書籍を読んでもらうなど「気づき」を与えることで、意見が出やすくなります。後者のタイプが多いようなら、「言う場」を設ける。あるいは、外部のファシリテーターに任せて上司は席を外すのも一考です。


宮崎駿

いまはニヒリスティック(虚無主義的)になるのが一番簡単な世の中なんです。そう思いません?誰でもそういうものを持ってるし、それが浅かろうか深かろうが、たぶん大抵浅いだろうと思うんですけど、ニヒリスティックになったり、ヤケクソになったり、刹那的になるってことを、いま、僕は少しも肯定したくない。それは自分に対する敗北ですよ。自分の日常生活がどれほど馬鹿げてて、もし自分の車に機関砲がついてたら周り中を撃ちまくりながら走ってるだろうと思っても。


楠木建

自分でも面白いと思っていない話を人に聞かせ、ましてやそれで会社を動かそうとする。これは迷惑な話だし、そもそも上手くいくわけがありません。まずは自分の心の底から面白いと思えるストーリーをつくること。優れた戦略構築の出発点はいつもそこにあります。


小林喜光

私はもともと、時間を守ることに関しては強迫観念に近いものを持っていました。待ち合わせも必ず5分前に着き、クルマで1時間で行ける所へも交通渋滞を考え、1時間半前には出るのが習性です。自宅にも時計がトイレ、洗面台、階段、そのほかいたるところに置かれ、家内が数えたら全部で22個もありました。朝、歯磨きをしながら時計を見て、出勤時間に間に合うよう段取りを調整します。腕時計も何個も持っていて、どれも時刻は正確に合わせてあります。これも性格なのでしょう。いまでも入学試験に遅刻する夢を見て、ハッと飛び起きることがあるほどです。


山崎大地

スマホに例えると、宇宙船やロケットや人工衛星などはあくまでもスマホのボディでしかなく、中のアプリケーションやサービスがあって、初めて産業として発展していきます。そこに寄与するのは宇宙船を造る技術者たちではなく、例えばブライダルや葬儀業界、映像やエンターテインメント業界などでサービスをする人たちです。そのために、日本は国家事業である宇宙産業をいかに早く民営化するか。これが産業活性化の糸口になると思います。


篠塚孝哉

デジタルツール活用は慣れるまで少し時間がかかるため、紙のほうが簡単だという声をしばしば聞きます。これは、新しい手法を取り入れるときに必ず伴う「副作用」のようなもの。これを克服するには慣れるまで一時的に遅くなることを知ったうえで取り組むこと。すると、いざ壁に突き当たっても「しばらくの我慢だ」と思えます。その時期を過ぎれば確実に、飛躍的なスピード向上と利便性を手にすることができるでしょう。クラウド時代、デジタルツールを駆使した整理術はお勧めです。


松岡陽子(ヨーキー・マツオカ)

仕事と育児を両立するに当たり、自分の中で貫いてきたのは、「仕事も子供も、機会を逃さない」という考え方です。出産や育児のタイミングと、仕事のタイミングを合わせることは、まず不可能です。タイミングなんて常に悪いのが当たり前で、侍っても侍っても、「ちょうどいいタイミング」なんてやってきません。でも、本当に仕事と育児が大切ならば、絶対に何とかなる。そんな考えの下、仕事上どんなにタイミングが悪い時でも出産を優先してきたし、子育てがどんなに大変な時期でも、仕事でチャンスがあれば、それを逃さないという姿勢で、これまでやってきました。


市ヶ谷弘司

空調服は、発売以来、バッテリー改善やウエアラブル装置としての耐久性向上など一部の改良以外、大きな仕様変更はしていません。同じ方法論を生かして、ヘルメットやリュックなど様々なシーンを想定し研究開発・販売をしています。今後は、普段の生活でも空調服を利用できるようになる「空調服社会」を実現したいと考えています。


堀内伸浩

名刺を工夫している営業マンは、最近増えてきたとはいえ、全体からすればまだまだごく少数派です。だからこそ、いまなら少し工夫するだけですごく目立つのです。


栗本渉

問いかけの矢印には「物事」に対する矢印と、「人」に対する矢印の2通りある。人間は自分の人となりに矢印を当てられたいと思っている。そこに向けて質問しなければいけない。


牧野正幸

リーダーシップには2つの重要な要素があると私は思っています。それはゼロベース思考とプリンシプルを持つということです。どちらも新しい問題に対処する時や方向性を考える時に極めて重要だ。プリンシプルがあればブレが少ないし、ゼロベース思考ができれば、過去に縛られずに思い切った方針転換ができる。


佐々木蔵之介(俳優)

不可能なミッションは与えられない。果たさなければならないミッションだからこそ与えられた。