名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エレン・クルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エレン・クルマンのプロフィール

エレン・クルマン。米国の女性経営者。「デュポン」CEO(最高経営責任者)。米国デラウェア州出身。タフツ大学(機械工学専攻)卒業、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。デュポンに入社し、上席副社長、ゼネラルマネージャー、首席副社長、社長などを経て会長兼CEOに就任。

エレン・クルマンの名言 一覧

イノベーションはデュポンの骨格をなすものです。それは会社創設から綿々と受け継がれているんですね。文化と言っていいかもしれない。


最も大切なのが人材です。適切な人を適切な仕事に配置することが何よりも重要です。必要な人材の採用、能力開発、それから社内にどんな人材がいるかを注意して見ています。


我々がこれまで成功を収めているのは、先人の行った意思決定のおかげ。ですから、私のチームも未来に投資をすることで、現在212年の歴史を持つ会社を300年まで成功するようにしていきたい。


社外取締役が果たした役割は非常に大きい。世界が変わり、ビジネスの環境が変わる中で、その変化がデュポンの未来にどういった意味を持つのか。それを外の視点から見てもらう意味は大きい。


年初め私は「今年はこんなふうに進むだろう」と予想しますが、その通りに終わったことはありません。


重要なのは俊敏さ柔軟さです。私とCFO(最高財務責任者)は各事業部のトップと少なくとも四半期に1回はミーティングをします。「オペレーティングレビュー」と呼んでいますが、四半期に1度、短期計画を見直して対応するのが私たちのやり方です。


経営戦略には2つの段階があります。事業、機能、地域ごとに次のようなことを見ます。「どのような市場を対象とするのか」「競合との関係はどうなっているのか」「どのようなサイエンスを使って成功に導くのか」「我々の強み、弱みは何か」「弱みを補うためにどうするか。買収が必要か」「必要な研究開発が行われているかどうか」。その上で今度は全社的な戦略を検討します。各事業の方向性が会社全体として描くトレンドに合致しているかどうかを見ていくわけです。


数年前の話です。防護服や防弾チョッキなどに使うケブラーという繊維を作っている工場で従業員に「あなたはどんな仕事をしているのか」と聞いたところ、こんな答えが返ってきました「私は命を救っているんです」と。世界を安全なものにするために貢献しているというプライドを持って働いていたんですね。メガトレンドを基にデュポンの方向性を明確にする。それによって、多くの従業員が目的意識を持ち、プライドを持てるようになるわけです。


デュポンの取締役会には様々なバックグラウンドの方がいます。取締役としての経験が長く、歴史的な見方をする人がいると同時に、全く新しい視点で考える人もいます。また、財務的な洞察の優れた人もいれば、グローバルな視点を持つ人もいる。取締役会のメンバーにはそれぞれ異なる視点を持ち込むことが非常に重要です。同じ見方を持つ人ばかりでは仕方がありません。


取締役会では、50~75%ぐらいの時間を割いて戦略について議論しています。残りはその実行、業績、ポートフォリオなどです。


高機能化学品には私もかって4年間携わっていました。個人的にもとても思い入れのあるビジネスです。しかし、市況に左右される分野になっているのが現実です。現実には正面から向き合わねばなりません。イノベーションで生きていこうという私たちの道とは違います。思い入れのある事業をスピンアウト(分離独立)するのは悲しいことですが、デュポンが持つ能力を最大限活用していくためには必要だと思い、決めました。


得てして事業部は自分の分野を中心に考えるものです。「この会社を買収したい」とは言ってきますが、「自分の部署を売却してください」とは言ってきません(笑)。全体的な観点から会社の未来を考え、資本や研究開発費をどう割り当てるか、あるいはある事業部を売却・分社化するかを決めます。その上で実行に移り、複数年にわたる計画を立てます。


もし素晴らしい技術や製品があってもネットワークがなければお客様に届けられません。デュポンには世界各地に拠点があり、ネットワークがあります。例えば、デンマークのダニスコを買収したことで、同社が持つ技術や製品を世界各地で提供できるようになりました。


必要なのはまずイノベーションです。デュポンでは年間20億ドルもの研究開発投資をしていますが、半分は私がその進捗を見ているプロジェクトに使います。残りの半分は事業部門の研究開発向けです。このようにして、短期的、中期的、長期的にどのような成果が期待できるかを見ているわけですね。


世界規模で進むメガトレンドを前提に経営方針を設定することは、従業員が目的意識を持って働く原動力にもなります。


エレン・クルマンの経歴・略歴

エレン・クルマン。米国の女性経営者。「デュポン」CEO(最高経営責任者)。米国デラウェア州出身。タフツ大学(機械工学専攻)卒業、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。デュポンに入社し、上席副社長、ゼネラルマネージャー、首席副社長、社長などを経て会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

孫正義

時価総額なんて、影絵のようなもの。大きくもなれば小さくもなる。


松本幸夫

後輩に仕事を任せるとき、指針を示したらあとはやらせてみて「ここまで自分で考えたら報告してください。○時まで手が離せない仕事があるけれど、○時からなら時間がとれるので、質問があればその時間に」など、あらかじめ後輩のために時間を確保しておくとよいと思います。あとで時間をとってもらえるとわかっていれば、それまでの時間にお互いに自分の仕事ができます。また、後輩の仕事の進捗が確実にわかり、軌道修正しながら進められるのでミスも減ります。まさに一石二鳥です。


村上和雄

DNAを目覚めさせれば、どんな人でも、何歳からでも才能は開花します。しかも、創造力から語学、計数感覚まであらゆる能力を引き出せるのです。私は長年、ヒトのDNAを研究してきましたが、天才と凡人の差はわずか0.5%。ノーベル賞学者も普通のサラリーマンもほとんど変わりません。要は、OFFになっているDNAのスイッチをONにしてやればいいのです。


夏目志郎

豊かな人生を求めるのではなくて、豊かな人間になることを求めなさい。なぜなら、豊かな人間こそが、豊かな人生を築き上げることができるからだ。


津曲孝

シュークリームを50年間製造していますが、いまだに改良しています。改良を習慣化しています。その意味では、習慣が大切です。美味しいお菓子を作るのも改良の習慣化ですし、売上げもよい習慣で上がるのです。


樋口廣太郎

自分のことは自分で守れ。組織は個人のことを細かく考えることの大切さがわかっていながら、実際にはかなり難しいということです。組織は組織として自律的に生きていく力を持っています。放っておいても組織そのものを守り、大きくしていく力を持っているのです。だから、組織の中で個人が生きていくためには、自分で自分を守るしかない。けっして他人が助けてくれるわけではない。むしろ、他人に助けを求めることは甘えであるといえるわけです。社員は命や魂まで会社と契約しているわけではないのだから、命とか魂は個人の責任において守るという覚悟が必要です。


カーネル・サンダース

ベッドに入ったらあれこれ悩まないことだ。とてもつらかったコービン時代以来、私はずっとそうしてきた。


櫻井英明

株式市場は決して崇高な場所などではありません。相場は相場の中から生まれ、相場は理論や分析ではなく人の心理と心理の戦争で成長するものです。機械的なスクリーニングなどではなく、人間が主役であるべき企業を人間の目でみることが大切ということです。


松本大

話をするときには、相手にある行動をしてもらいたいという目的があるはずです。行動するのは相手。ですから、話をするときの主役は、話し手ではなく、相手なのです。


大橋未歩

スーパーで買い物をしていて、すごく食べたいと思うものは、身体が欲しているものだと思うんです。たとえば、「今日はお肉が食べたいな」と思ったら、焼き肉にするとか。食べ過ぎはよくありませんが、我慢するのはもっとよくありません。身体の声に耳を傾けて、身体が欲することにちゃんと応えてあげるよう心がけています。


小泉文明

情報源の多様性にこだわる姿勢は、メディア以外でも同じです。仕事を通じて多くの人のライフスタイルにインパクトを与えたいので、休日を郊外のショッピングモールで過ごすような「一般的な日本人」が何を楽しみ、何に不満を感じているのかに注意深く関心を向けるようにしています。当社がオフィスを構える「東京都港区」で生活している人を見ても、あまり意味はない。日本全体では極めてレアな存在ですから。実際、私はよく郊外へ足を運んで人間観察をしています。「自分とは違う様々な属性の人の感覚についていけるようでないとマズイ」という危機意識はいつも持っています。


伊達政宗

おのおのの申すことはもっともだが、延引することも時と場合による。今は火急の時だ。わからぬ将来のことを心配しているより、まず目前のことをする。【覚書き|伊達家家臣である鮎貝家の中に内通者がおり、敵の最上義光と組んで謀反を起こしたときの発言。正宗はすぐに反逆者を討とうとしたが、老臣たちが慎重な行動を求めた。正宗は上記の発言をした後、反逆者を即座に討ち取った】