名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

エレン・クルマンの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エレン・クルマンのプロフィール

エレン・クルマン。米国の女性経営者。「デュポン」CEO(最高経営責任者)。米国デラウェア州出身。タフツ大学(機械工学専攻)卒業、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。デュポンに入社し、上席副社長、ゼネラルマネージャー、首席副社長、社長などを経て会長兼CEOに就任。

エレン・クルマンの名言 一覧

イノベーションはデュポンの骨格をなすものです。それは会社創設から綿々と受け継がれているんですね。文化と言っていいかもしれない。


最も大切なのが人材です。適切な人を適切な仕事に配置することが何よりも重要です。必要な人材の採用、能力開発、それから社内にどんな人材がいるかを注意して見ています。


我々がこれまで成功を収めているのは、先人の行った意思決定のおかげ。ですから、私のチームも未来に投資をすることで、現在212年の歴史を持つ会社を300年まで成功するようにしていきたい。


社外取締役が果たした役割は非常に大きい。世界が変わり、ビジネスの環境が変わる中で、その変化がデュポンの未来にどういった意味を持つのか。それを外の視点から見てもらう意味は大きい。


年初め私は「今年はこんなふうに進むだろう」と予想しますが、その通りに終わったことはありません。


重要なのは俊敏さ柔軟さです。私とCFO(最高財務責任者)は各事業部のトップと少なくとも四半期に1回はミーティングをします。「オペレーティングレビュー」と呼んでいますが、四半期に1度、短期計画を見直して対応するのが私たちのやり方です。


経営戦略には2つの段階があります。事業、機能、地域ごとに次のようなことを見ます。「どのような市場を対象とするのか」「競合との関係はどうなっているのか」「どのようなサイエンスを使って成功に導くのか」「我々の強み、弱みは何か」「弱みを補うためにどうするか。買収が必要か」「必要な研究開発が行われているかどうか」。その上で今度は全社的な戦略を検討します。各事業の方向性が会社全体として描くトレンドに合致しているかどうかを見ていくわけです。


数年前の話です。防護服や防弾チョッキなどに使うケブラーという繊維を作っている工場で従業員に「あなたはどんな仕事をしているのか」と聞いたところ、こんな答えが返ってきました「私は命を救っているんです」と。世界を安全なものにするために貢献しているというプライドを持って働いていたんですね。メガトレンドを基にデュポンの方向性を明確にする。それによって、多くの従業員が目的意識を持ち、プライドを持てるようになるわけです。


デュポンの取締役会には様々なバックグラウンドの方がいます。取締役としての経験が長く、歴史的な見方をする人がいると同時に、全く新しい視点で考える人もいます。また、財務的な洞察の優れた人もいれば、グローバルな視点を持つ人もいる。取締役会のメンバーにはそれぞれ異なる視点を持ち込むことが非常に重要です。同じ見方を持つ人ばかりでは仕方がありません。


取締役会では、50~75%ぐらいの時間を割いて戦略について議論しています。残りはその実行、業績、ポートフォリオなどです。


高機能化学品には私もかって4年間携わっていました。個人的にもとても思い入れのあるビジネスです。しかし、市況に左右される分野になっているのが現実です。現実には正面から向き合わねばなりません。イノベーションで生きていこうという私たちの道とは違います。思い入れのある事業をスピンアウト(分離独立)するのは悲しいことですが、デュポンが持つ能力を最大限活用していくためには必要だと思い、決めました。


得てして事業部は自分の分野を中心に考えるものです。「この会社を買収したい」とは言ってきますが、「自分の部署を売却してください」とは言ってきません(笑)。全体的な観点から会社の未来を考え、資本や研究開発費をどう割り当てるか、あるいはある事業部を売却・分社化するかを決めます。その上で実行に移り、複数年にわたる計画を立てます。


もし素晴らしい技術や製品があってもネットワークがなければお客様に届けられません。デュポンには世界各地に拠点があり、ネットワークがあります。例えば、デンマークのダニスコを買収したことで、同社が持つ技術や製品を世界各地で提供できるようになりました。


必要なのはまずイノベーションです。デュポンでは年間20億ドルもの研究開発投資をしていますが、半分は私がその進捗を見ているプロジェクトに使います。残りの半分は事業部門の研究開発向けです。このようにして、短期的、中期的、長期的にどのような成果が期待できるかを見ているわけですね。


世界規模で進むメガトレンドを前提に経営方針を設定することは、従業員が目的意識を持って働く原動力にもなります。


エレン・クルマンの経歴・略歴

エレン・クルマン。米国の女性経営者。「デュポン」CEO(最高経営責任者)。米国デラウェア州出身。タフツ大学(機械工学専攻)卒業、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。デュポンに入社し、上席副社長、ゼネラルマネージャー、首席副社長、社長などを経て会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

佐藤光男(薬学博士)

やるからには一等賞を取りたいでしょ?たかだか半年後のボーナスのために頑張っているわけじゃない。


中村貞裕

ゼロから1を作るより、1を沢山見つけて10にすることがブームを作る。その場所でゼロから1に見えればいい。


山田昭男

私は、ホウレンソウ(報連相)などをしても時間と労力と経費の無駄になるだけだと考えている。「報告などしなくてもいい。判断は任せる」。人の上に立つ者には、それぐらいのことを言える度量を見せてもらいたい。また、その期待に応えられる部下が育っていない会社はもともと成長など望めない。


山川博功

いわゆるマス媒体に広告は打っていません。買ってくれたお客さんにビィ・フォアードのTシャツやキャップを配ったり、車のうしろにステッカーを貼り付けるなどの「ベタ」なことをやっているだけ。でもそれでお客様がビィ・フォアードをSNSで拡散してくれるようになった。気が付いたら、「友達があなたのところから車を買った」と言って注文してくれる人が増えていました。

【覚え書き|ウェブサイトに月間数千万ページビューのアクセスがあることについて】


ロバート・ルイス・スティーブンソン

誰でも、今いる場所にたどり着くためには、かつていた場所から歩き始めなければならなかった。


堀之内九一郎

平穏な人生を捨ててまで、自分が望んだものは何なのだろう。それは、やはり自分の望む人生を送りたいという強い気持ちでした。それがわかったとき、私は腹をくくりました。自信がついたのです。その自信は、自分の気持ちは変えない。自分の望みは何があっても貫いてみせるという自信です


島田荘司

自分がミステリーを書く人間であるという自覚が20代の頃にぬぐいがたくあったので、30歳になったら小説を書こうと決めていた。単純にキリがいいと思ったんです。31歳とか32歳じゃなんだか中途半端でしょう(笑)。それに30歳になったら大人の気持ちや社会の成り立ちが、少しはわかるだろうと思っていた。20代のうちはわからないことだらけで、うまく書けないだろうと。いざ書き出してみると、30歳でもわからないことはあるし、それは何歳になっても変わらない。だから最近ではデビューを目指す人に20歳からでも書きなさい、というようになりました。とにかく当時の自分は、30歳からじゃないと、と思いこんでいたんですね。


市川憲和

お客様からのご要望があれば何でもやるので総花的ではありますが、多面多様であることが特徴かもしれません。


佐々木常夫

イラッときたら、まず深呼吸。ワンテンポ遅らせてから叱る。もちろん、それでも怒りは静まらないから、声が震えたり、どこかムリが見える。部下には、自分が怒っていることがバレます。でも、それでいい。ヘタな演技より「俺のために怒りをこらえて、伝えようとしてるんだ」と部下に察してもらえるからです。


中村義一

とにかく自分の専門以外にも興味を持って調べてみることが大事。自分には関係ないと思うような分野の商品やサービスでも、実際に興味を持って近くで見ると、「ここがあそこに活かせそうだな」と、いろんなアイデアが浮かんでくる。そういう意味では、身の回りのすべてにアイデアのヒントが隠されている。


本田健

「いい人脈をつくる」は多くの人が実践できていない。人は自分と同じような人と付き合う傾向にあり、同じ職業、同じ業種、同じ会社内にしか人脈がないことが多い。そうではなくてまったく違う業種、年齢、収入、役職、違う国の人と知り合うことでいい人脈がつくれる。そうした人との人脈ができれば、仕事の幅も、仕事に対する視点も広がるし、運も開けてくる。


青木定雄(兪奉植)

韓国の慶尚南道で生まれ、15歳で日本に渡った私は、この国で勤勉と質素と自立心の大切さを教わりました。タクシーの仕事を通して、いいものを安く提供すれば、民族に関係なく、必ず受け入れてくれるものだとも学びました。