エレン・クルマンの名言

エレン・クルマンのプロフィール

エレン・クルマン。米国の女性経営者。「デュポン」CEO(最高経営責任者)。米国デラウェア州出身。タフツ大学(機械工学専攻)卒業、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。デュポンに入社し、上席副社長、ゼネラルマネージャー、首席副社長、社長などを経て会長兼CEOに就任。

エレン・クルマンの名言 一覧

イノベーションはデュポンの骨格をなすものです。それは会社創設から綿々と受け継がれているんですね。文化と言っていいかもしれない。


我々がこれまで成功を収めているのは、先人の行った意思決定のおかげ。ですから、私のチームも未来に投資をすることで、現在212年の歴史を持つ会社を300年まで成功するようにしていきたい。


社外取締役が果たした役割は非常に大きい。世界が変わり、ビジネスの環境が変わる中で、その変化がデュポンの未来にどういった意味を持つのか。それを外の視点から見てもらう意味は大きい。


年初め私は「今年はこんなふうに進むだろう」と予想しますが、その通りに終わったことはありません。


最も大切なのが人材です。適切な人を適切な仕事に配置することが何よりも重要です。必要な人材の採用、能力開発、それから社内にどんな人材がいるかを注意して見ています。


重要なのは俊敏さ柔軟さです。私とCFO(最高財務責任者)は各事業部のトップと少なくとも四半期に1回はミーティングをします。「オペレーティングレビュー」と呼んでいますが、四半期に1度、短期計画を見直して対応するのが私たちのやり方です。


経営戦略には2つの段階があります。事業、機能、地域ごとに次のようなことを見ます。「どのような市場を対象とするのか」「競合との関係はどうなっているのか」「どのようなサイエンスを使って成功に導くのか」「我々の強み、弱みは何か」「弱みを補うためにどうするか。買収が必要か」「必要な研究開発が行われているかどうか」。その上で今度は全社的な戦略を検討します。各事業の方向性が会社全体として描くトレンドに合致しているかどうかを見ていくわけです。


数年前の話です。防護服や防弾チョッキなどに使うケブラーという繊維を作っている工場で従業員に「あなたはどんな仕事をしているのか」と聞いたところ、こんな答えが返ってきました「私は命を救っているんです」と。世界を安全なものにするために貢献しているというプライドを持って働いていたんですね。メガトレンドを基にデュポンの方向性を明確にする。それによって、多くの従業員が目的意識を持ち、プライドを持てるようになるわけです。


デュポンの取締役会には様々なバックグラウンドの方がいます。取締役としての経験が長く、歴史的な見方をする人がいると同時に、全く新しい視点で考える人もいます。また、財務的な洞察の優れた人もいれば、グローバルな視点を持つ人もいる。取締役会のメンバーにはそれぞれ異なる視点を持ち込むことが非常に重要です。同じ見方を持つ人ばかりでは仕方がありません。


もし素晴らしい技術や製品があってもネットワークがなければお客様に届けられません。デュポンには世界各地に拠点があり、ネットワークがあります。例えば、デンマークのダニスコを買収したことで、同社が持つ技術や製品を世界各地で提供できるようになりました。


取締役会では、50~75%ぐらいの時間を割いて戦略について議論しています。残りはその実行、業績、ポートフォリオなどです。


高機能化学品には私もかって4年間携わっていました。個人的にもとても思い入れのあるビジネスです。しかし、市況に左右される分野になっているのが現実です。現実には正面から向き合わねばなりません。イノベーションで生きていこうという私たちの道とは違います。思い入れのある事業をスピンアウト(分離独立)するのは悲しいことですが、デュポンが持つ能力を最大限活用していくためには必要だと思い、決めました。


得てして事業部は自分の分野を中心に考えるものです。「この会社を買収したい」とは言ってきますが、「自分の部署を売却してください」とは言ってきません(笑)。全体的な観点から会社の未来を考え、資本や研究開発費をどう割り当てるか、あるいはある事業部を売却・分社化するかを決めます。その上で実行に移り、複数年にわたる計画を立てます。


必要なのはまずイノベーションです。デュポンでは年間20億ドルもの研究開発投資をしていますが、半分は私がその進捗を見ているプロジェクトに使います。残りの半分は事業部門の研究開発向けです。このようにして、短期的、中期的、長期的にどのような成果が期待できるかを見ているわけですね。


世界規模で進むメガトレンドを前提に経営方針を設定することは、従業員が目的意識を持って働く原動力にもなります。


エレン・クルマンの経歴・略歴

エレン・クルマン。米国の女性経営者。「デュポン」CEO(最高経営責任者)。米国デラウェア州出身。タフツ大学(機械工学専攻)卒業、ノースウエスタン大学ケロッグ経営大学院でMBAを取得。デュポンに入社し、上席副社長、ゼネラルマネージャー、首席副社長、社長などを経て会長兼CEOに就任。

他の記事も読んでみる

星﨑尚彦(星崎尚彦)

私の質問に対して、最初は「分かりません」「できません」という返事ばかりでしたが、(質問し続けたことで)今では変化を感じています。たとえば、元日の初売りを全店でやろうと呼びかけたときに「データから考えて、うちの店ではやる意味がない」と反論する店長がいました。明確な理由を基に自分の意見を言ってくれたのは、とてもうれしかった。小売業は販売の最前線に立つ社員の意識がそのまま売り上げに直結します。実際、そういう店長がいる店は、すごく業績がいいんです。


谷原誠

新しいことを始めるには、これまでやってきたことを犠牲にしなければいけない。例えばTOEICスコアのアップが目標ならば、テレビや飲み会の時間を犠牲にする必要がある。その覚悟があるかどうかを、自問してください。


山田哲矢

下請けではなく、いっそのこと元請けになったらどうかと考えた。プロフェッショナルぞろいの防水工事業者と違って、元請けの社員は専門知識もないし、営業力もあるようには見えない。防水のやつらと喧嘩するより、元請けと顧客を奪い合うよう環境を変えた方が勝つ機会は増えると。


谷原誠

説得の場面で有能な営業マンがよくやっていることですが、自分の希望が受け入れられるという前提で質問するという方法があります。「うかがってもよろしいでしょうか?」ではなく、「いますぐうかがえるのですが、明日改めてうかがうのとどちらがよろしいですか?」と聞くと、相手は無意識のうちに「今日か明日か」と考えはじめ、「訪問を断る」という選択肢が浮かばなくなってしまいます。


貝沼由久

誰も進出していないところへ真っ先に行って、その国の政府とコミュニケーションを取りながら、制度をきちんとつくってもらうというところから始めるのが、我々の勝利の方程式。


池谷裕二

いまの状況はずっと続くのではなく、いずれ終わると考えておくと、いざ変化が訪れたときに、固執することがなくなります。


近藤宣之

決断時には善良さを持って臨むことが不可欠。23年前に親会社を辞めたときも、銀行に借り入れをして完全独立をしたときも、損得で考えれば損でしたし、とてつもないリスクを負いました。でも私は、社員を幸せにすることが善いことだと思った。それが今につながっているのなら、私はやはり「運がよかった」のでしょう(笑)。損得を考えずに正しくあろうとするとき、運は寄ってくるものだと思います。


山口悟郎

営業時代、難攻不落と言われたクライアントを担当した。誰もが敬遠するような相手だった。どんなにアプローチしても注文をくれない。一所懸命通ったが、きついこともたくさん言われた。それでもへこたれずに通い、4~5年かかって大幅にシェアを高めることができた。


鍵山秀三郎

幕末・明治時代の臨済宗の禅僧に今北洪川(いまきたこうぜん)という人がいました。この人の言葉に「百萬経典(ひゃくまんきょうてん)日下(にっか)の灯(とう)」という言葉があります。百万本の経典を読んで勉強しても、ただ頭の中に知識として持っているだけで活動しなければ、太陽の下のろうそくの火にすぎない。つまり、役に立たないことです。


池谷裕二

物事を別の観点から眺めることを、専門用語で「リフレーミング」といいます。リフレーミングは、幸福とも深い関係があります。わかりやすい例では「初志」。最初の頃の志を思い出すと、すごく幸せ感が高まります。結婚生活がマンネリ化した人も、新婚時代のビデオを見ると、幸せ感が戻ったりする。仕事で行き詰まって悩んだとき、入社時の希望に満ちていた頃を思い返すと幸福感が戻ってはきませんか。「ウェルビーイング(幸福感)」がものすごく復活するというのは、リフレーミングの大きな利点です。


夏野剛

数字を使って論理的に考えたり表現したりすることは、ビジネスマンにとって大きなメリットがあります。たとえば、「このままでは売上目標の達成が厳しい。みんなであと一息頑張ろう!」と言うより、「現在のところ売上目標の85%までしか届いていない。各メンバーがあと3件成約できれば目標達成は可能だ」と言った方が、間違いなく効果が出ます。それは数字によって全員が同じイメージを共有できるからです。


アウン・サン・スー・チー

人間だから衝突することもある。それを解決する手段は銃で殺しあうのではなく対話です。必ず協調点はあります。絶えず相手の気持ちをわかろうとすること。自分が希望や恐れを抱いているのであれば、相手も希望と恐れを持っていることを共感を持って理解することからはじめましょう。


神戸蘭子

一歩踏み出すのは勇気がいることですけど、最後に決めるのは自分。あの決断は間違ってなかったと思っています。
【覚え書き|アパレルメーカーを退職したことについて】


今野賢二

歯の衰えは、健康の衰えに直結します。日本人の健康寿命を伸ばすためには歯科にはまだやれることが山ほどあります。


大江英樹

お金の管理や運用においては、「リスク許容度」が人によって異なることを認識しておかなければなりません。リスク許容度を決める主な要素は、「保有している資産の額」と「リスク耐性」です。これから資産運用を始めようという人は、まず、自分のリスク許容度を客観的に見つめ直してみる必要があるでしょう。


ページの先頭へ