名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エルマー・デゲンハートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エルマー・デゲンハートのプロフィール

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

エルマー・デゲンハートの名言 一覧

重要になるのはやはり、経営陣のリーダーシップでしょう。トップが模範となる行動をして初めて、社員がモラルに従って行動してくれるようになります。


当社が最も大事にしているのが「顧客にとっての価値の創出」。これは経営陣だけではなく社員全員で共有している理念です。これを達成するためには、それぞれの役職に適した特別なスキルが求められる。


顧客と議論をしている中で、「これからは機能だ」とよく言われます。彼らの「機能」とはソフトのこと。製品そのものではないのです。


我々は研究開発費の半分以上をソフトの開発に充てています。この割合は、これからも高まっていくでしょう。


失敗は人間の性質の一つですから、当然、起こり得るものです。大切なのは失敗から学ぶ姿勢。失敗を透明性を持ってしっかり受け止め、そこからちゃんと学べる社風です。


我々は世界に40万人の従業員を持つ大きな組織です。当然、ミスは起こります。ただ、そのミスを犯した個人には罰ではなくセカンドチャンスを与えるべきです。一方で組織としてはしっかり反省し、変革に取り組むことが重要ではないでしょうか。


それぞれのニーズに応えるためには、新技術領域でも競争力の高い技術を保有していることが必要。大事なのは柔軟性。あらゆる領域で高い技術を持っているからこそ、柔軟なソリューションを提供できるのです。


我々はカーメーカにはならない。我々が顧客のビジネス領域に入れば、我々がビジネスを失ってしまいますから。サプライヤーの役割は、あらゆる規模の完成車メーカーが抱える、あらゆる課題に対して、技術で応えることにある。


IT企業やインターネット企業は自動車産業の外側から入ろうとしています。反対に、自動車業界の企業はITの世界に出ていこうと模索しています。最終的に、そのどちらがパワーを持つかということですが、今はどちらの可能性もある。要は、どちらが賢いかということでしょう。


我々の目的は、交通事故による死亡者、あるいは交通事故そのものをゼロにすることにあります。ドライバーを支援するシステムとして緊急自動ブレーキなどが既に実用化されていますが、その先には自動運転があります。それは、安全性を高めるという我々の目指している方向と一致しています。


経営トップに選ばれるには、そのスキルを持っているかどうか。これに加え、人格者で、組織の中でリーダーシップを発揮できるかも求められます。例えば日本市場の統括トップを決めるときは、社内の役員3~4人がインタビューするのに加え、社外の心理学の専門家などに具体的な指標に基づいて評価してもらいます。そこまでするのは、経営陣は社員のロールモデル(お手本)であるべきだと考えているから。これは当社の伝統です。


サプライヤー側からしても、自社の専門性を高めることはプラスに働きます。我々は自動運転向け半導体の開発で独BMW、米インテル、イスラエルのモービルアイなどと組んでいますが、我々が開発している技術をBMWだけに売るわけではありません。他社から求められればもちろん提供します。こうして複数の企業に売ることで売り上げは上がり、数を多く出すことで1つあたりのコストも下げられるのです。


以前はクルマの中でそれぞれのシステムは孤立していました。安全ブレーキシステムならブレーキシステムだけで開発を進めればよかった。ところが、10年くらい前から状況が変わりました。半導体の進化により車内のあらゆるシステムがネットワークでつながるようになり、システムを連携させることで相乗的にクルマ全体のパフォーマンスを上げられるようになりました。複数のシステムを連携させながら開発を進めています。他社と連携して開発もできますが、同じ社内の方がスピーディーに進められる。これが当社の強みです。


エルマー・デゲンハートの経歴・略歴

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

他の記事も読んでみる

石川康晴

冷や汗もののトラブルはいろいろあります。飛行機が離陸する直前まで仕事に打ち込んでいたため、閉められた検査場をすり抜けようとして、7人の警察官に取り押さえられたんですよ。「どうしても、あの飛行機に乗らなければいけないんだ」と一生懸命訴えると、何と乗せてくれたんですよ。しかも「荷物がたくさんあるから、ここに座りなさい」と案内してくれたのが、生まれて初めてのビジネスクラス! 「非常識を常識に変える力」とでも言えばいいんでしょうか。何かを成功に導きたいのなら、そういう底力が必要だと思います。


敷田正法

おもてなしとは、お客様と信頼関係を築く行為であり、「また来よう」と思っていただくためのものだと言えます。


河合滉二

サラリーマン人生を面白くしたいなら、与えられた持ち場ごとに、ひとつでもいいから、「あれは私がやったんだ」と言える仕事をやるように努力することだ。先例に従って、そつなく仕事をこなすだけでは後に何も残らない。振り返ったとき、さびしいと思うよ。


美崎栄一郎

会社員時代、私が洗剤の商品開発をしていた頃、実験に使う大量の洗剤を計量する仕事を与えられました。計量は、私には「やりたくないこと」で、自分はその時間を研究に使いたいと思っていました。その実験は、普段は別の製品を作っている現場の機械を借りて行なうので、私が計量しているあいだ、現場の担当者たちは手が空いていました。だったら、計量はこの人たちに任せればいいのではないか。彼らにとって、計量は「いつもやっていること」ですから、任せても大きな負担にはなりません。そう思って現場の担当者と交渉すると、最終的には引き受けてもらえました。最初は断わられたのですが、現場が欲しがっている道具を、私が上司に許可をとって研究の予算で買うことで、引き受けてもらうことができたのです。


城山三郎

若い医師から癌と宣告された。幸い一週間にわたる検診の最終結果は、若い医師の宣告とちがったものになり、私は命拾いした。それ以降、何でもない一日もまた、というより、その一日こそかけがえのない人生の一日であり、その一日以外に人生はないと、強く思うようになった。明日のことは考えず、今日一日生きている私を大切にしようと。


嶋田毅

適切な判断をするためには、都合の悪い情報も踏まえて検討する必要がある。


藤井孝一

出社時間から逆算しギリギリまで寝ている人と、早起きをして早朝の数時間を将来のために勉強にあてている人とでは、5年間で大きな差がつくことは間違いありません。別の言い方をすれば、出社時間から起床時間を逆算しているうちは何もできないと言ってもいいでしょう。大切なのは、毎日1時間でも2時間でもよいので天引きして、将来のための勉強や計画づくりにあてることです。


菅原洋平

睡眠不足とは、睡眠時間の不足だけを指すわけではありません。より重要なのは睡眠の「質」。一定の睡眠時間を確保していても、睡眠の質が保たれていないと、やはり睡眠不足に陥ってしまうのです。


久保正行

説得も最初の対応がきわめて重要です。「上司は一度却下したものを再び見直すことはない」と考え、慎重に準備をしてから挑む必要があります。


齋藤孝(教育学者)

仕事ができない人とは、単にミスをしたり成績が伸びなかったりする人を指すわけではない。同じミスを繰り返す人、その状態を放置したまま手を打たない人、すなわち修正の回路を持たない人を指すのである。ビジネスマンに必須の三要素(テンション、修正、確認)として、私がテンションに次に修正をあげるのは、このためだ。


佐藤慎次郎

新たなイノベーションが起きている。従来と同じことを続けるだけでは成長は望めない。研究開発体制を改めて強化し、イノベーション力を高めていく。新しいものを生み出す努力を続けていることこそテルモの強み。


石坂典子

製造業さんたちが知恵を振り絞って新しい商品を作るのと同じぐらい、廃棄物の処理にも知恵を使ってきました。それらの新しい商品はいずれ廃棄物になって出てくるじゃないですか。だから、同じように技術と頭のある人たちがいないとリサイクルなどできないのです。それでも価格の面で叩かれてしまう。そうすると、こちらも環境を整えることができません。そして労働環境が厳しいままであれば、この業界に入って来る人もいない。そして人が集まらない。負の連鎖が起きてしまうのです。