名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エルマー・デゲンハートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エルマー・デゲンハートのプロフィール

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

エルマー・デゲンハートの名言 一覧

重要になるのはやはり、経営陣のリーダーシップでしょう。トップが模範となる行動をして初めて、社員がモラルに従って行動してくれるようになります。


当社が最も大事にしているのが「顧客にとっての価値の創出」。これは経営陣だけではなく社員全員で共有している理念です。これを達成するためには、それぞれの役職に適した特別なスキルが求められる。


顧客と議論をしている中で、「これからは機能だ」とよく言われます。彼らの「機能」とはソフトのこと。製品そのものではないのです。


我々は研究開発費の半分以上をソフトの開発に充てています。この割合は、これからも高まっていくでしょう。


失敗は人間の性質の一つですから、当然、起こり得るものです。大切なのは失敗から学ぶ姿勢。失敗を透明性を持ってしっかり受け止め、そこからちゃんと学べる社風です。


我々は世界に40万人の従業員を持つ大きな組織です。当然、ミスは起こります。ただ、そのミスを犯した個人には罰ではなくセカンドチャンスを与えるべきです。一方で組織としてはしっかり反省し、変革に取り組むことが重要ではないでしょうか。


それぞれのニーズに応えるためには、新技術領域でも競争力の高い技術を保有していることが必要。大事なのは柔軟性。あらゆる領域で高い技術を持っているからこそ、柔軟なソリューションを提供できるのです。


我々はカーメーカにはならない。我々が顧客のビジネス領域に入れば、我々がビジネスを失ってしまいますから。サプライヤーの役割は、あらゆる規模の完成車メーカーが抱える、あらゆる課題に対して、技術で応えることにある。


IT企業やインターネット企業は自動車産業の外側から入ろうとしています。反対に、自動車業界の企業はITの世界に出ていこうと模索しています。最終的に、そのどちらがパワーを持つかということですが、今はどちらの可能性もある。要は、どちらが賢いかということでしょう。


我々の目的は、交通事故による死亡者、あるいは交通事故そのものをゼロにすることにあります。ドライバーを支援するシステムとして緊急自動ブレーキなどが既に実用化されていますが、その先には自動運転があります。それは、安全性を高めるという我々の目指している方向と一致しています。


経営トップに選ばれるには、そのスキルを持っているかどうか。これに加え、人格者で、組織の中でリーダーシップを発揮できるかも求められます。例えば日本市場の統括トップを決めるときは、社内の役員3~4人がインタビューするのに加え、社外の心理学の専門家などに具体的な指標に基づいて評価してもらいます。そこまでするのは、経営陣は社員のロールモデル(お手本)であるべきだと考えているから。これは当社の伝統です。


サプライヤー側からしても、自社の専門性を高めることはプラスに働きます。我々は自動運転向け半導体の開発で独BMW、米インテル、イスラエルのモービルアイなどと組んでいますが、我々が開発している技術をBMWだけに売るわけではありません。他社から求められればもちろん提供します。こうして複数の企業に売ることで売り上げは上がり、数を多く出すことで1つあたりのコストも下げられるのです。


以前はクルマの中でそれぞれのシステムは孤立していました。安全ブレーキシステムならブレーキシステムだけで開発を進めればよかった。ところが、10年くらい前から状況が変わりました。半導体の進化により車内のあらゆるシステムがネットワークでつながるようになり、システムを連携させることで相乗的にクルマ全体のパフォーマンスを上げられるようになりました。複数のシステムを連携させながら開発を進めています。他社と連携して開発もできますが、同じ社内の方がスピーディーに進められる。これが当社の強みです。


エルマー・デゲンハートの経歴・略歴

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

他の記事も読んでみる

有働由美子

自信をもって話すには、準備をすることです。学生時代、予習をしっかりやっていった日の授業は、自信を持って先生の目を見ることができたでしょ。


有本隆浩

感性を磨くには「大いに笑って、大いに泣く」こと。じっと考えるのではなく、何かを感じたらすぐに行動すること。まずやってみる。そうすることで感性も磨かれていく。


平井正修

私の好きな禅語に「梅三千世界香」がある。日本人の多くは桜の花を愛でるが、禅ではむしろ梅を愛でる。梅は厳しい寒さの中で百花に先駆けて可憐な花を咲かせ、馥郁(ふくいく)たる香りを放つ。香りとは、実に不思議なものだ。目には見えないのに、人々をいい気持ちにさせたり、不快な気持ちにさせたりする力を持っている。梅の香りは、わざわざここに咲いていると主張したりしないのに、周囲にいる人々の気持ちを和ませ、楽しませる力を持っている。信頼とは、この梅の香りのようなものではないだろうか。ことさら「俺は信頼できる人間だ」などと叫ばなくとも、信頼に足る人間か否かは、自然と周囲に伝わっていく。それにはまず、信頼を得たいと願う心の囚われを捨てることだと、梅の花は教えてくれるのである。


伊藤美恵

コミュニケーションの基本は、相手の立場に立ちながら、自分の考えをきちんと話すことです。


山口瞳

時には破目を外すことがあってもいいから、ともかく行儀よくやれよ。
【覚え書き|新入社員への激励の言葉】


守谷雄司

仕事の評価の仕方が長時間の努力から、成果の評価へと変わってきました。ビジネスマンは報告・連絡・相談といった社内の日常的コミュニケーションについても、無駄・ムラ・無理をなくし、短時間で相手と自分の意思をやり取りする方法に長けている必要があります。


釜和明

社長就任時は上場廃止の危機に直面しましたが、従業員たちの頑張りで業績は回復しています。このほど日本格付研究所(JCR)と格付投資情報センター(R&I)から格付けを引き上げてもらいました。ようやく普通の会社に戻りました。私は今年3月末で社長職から退きました。社長であったこの5年間、部下をぐいぐい引っ張るタイプの人が社長でも、同じ結果になっていたかもしれません。ですが、私も自分なりに自然体で危機に対応することで、成果を残せたのだと思っています。


漆紫穂子

学校では10教科ほどの成績だけで評価されがちですから、成績がパッとしないとなんとなく自信を失ってしまいます。ですが、大人になれば評価の軸はもっと多くなって、学校では評価されない才能でも、社会では評価されることも出てきます。


染谷光男

海外の取引先や友人、知人から「日本の文化とは」「宗教観とは」と様々な場面で問われ、それまで自分がしっかり考えてこなかったものの大切さを思い知らされました。親や先輩の教えを振り返り、本を読んで勉強し直しました。その結果、海外の人と渡り合う度胸が付きました。


矢作兼

44歳になっても、まだどこかで人を第一印象で決めてしまってるね。つくづく「見た目」で判断しちゃいけないと、この番組(テレビ東京『家、ついて行ってイイですか?』)をやる度に気づかされていますよ。


杉江理

日産での仕事と、自分の好きなものづくり。本当は両方の仕事を続けたかったんですが、最終的には外に出るという選択肢をとりました。もともと自分は自動車そのものへの興味よりも、自分がつくったものが世界中を走る、ということに強い魅力を感じていたので。


大野裕

現代のビジネスマンは、何に悩んでいるのかを把握できないほど多くのストレスを抱えています。そんなときはまず、ひとつずつ悩みを書き出して思考を整理することをお勧めします。なぜなら、悩みは思い込みであるケースが多いからです。