名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

エルマー・デゲンハートの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エルマー・デゲンハートのプロフィール

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

エルマー・デゲンハートの名言 一覧

重要になるのはやはり、経営陣のリーダーシップでしょう。トップが模範となる行動をして初めて、社員がモラルに従って行動してくれるようになります。


当社が最も大事にしているのが「顧客にとっての価値の創出」。これは経営陣だけではなく社員全員で共有している理念です。これを達成するためには、それぞれの役職に適した特別なスキルが求められる。


顧客と議論をしている中で、「これからは機能だ」とよく言われます。彼らの「機能」とはソフトのこと。製品そのものではないのです。


我々は研究開発費の半分以上をソフトの開発に充てています。この割合は、これからも高まっていくでしょう。


失敗は人間の性質の一つですから、当然、起こり得るものです。大切なのは失敗から学ぶ姿勢。失敗を透明性を持ってしっかり受け止め、そこからちゃんと学べる社風です。


我々は世界に40万人の従業員を持つ大きな組織です。当然、ミスは起こります。ただ、そのミスを犯した個人には罰ではなくセカンドチャンスを与えるべきです。一方で組織としてはしっかり反省し、変革に取り組むことが重要ではないでしょうか。


それぞれのニーズに応えるためには、新技術領域でも競争力の高い技術を保有していることが必要。大事なのは柔軟性。あらゆる領域で高い技術を持っているからこそ、柔軟なソリューションを提供できるのです。


我々はカーメーカにはならない。我々が顧客のビジネス領域に入れば、我々がビジネスを失ってしまいますから。サプライヤーの役割は、あらゆる規模の完成車メーカーが抱える、あらゆる課題に対して、技術で応えることにある。


IT企業やインターネット企業は自動車産業の外側から入ろうとしています。反対に、自動車業界の企業はITの世界に出ていこうと模索しています。最終的に、そのどちらがパワーを持つかということですが、今はどちらの可能性もある。要は、どちらが賢いかということでしょう。


我々の目的は、交通事故による死亡者、あるいは交通事故そのものをゼロにすることにあります。ドライバーを支援するシステムとして緊急自動ブレーキなどが既に実用化されていますが、その先には自動運転があります。それは、安全性を高めるという我々の目指している方向と一致しています。


経営トップに選ばれるには、そのスキルを持っているかどうか。これに加え、人格者で、組織の中でリーダーシップを発揮できるかも求められます。例えば日本市場の統括トップを決めるときは、社内の役員3~4人がインタビューするのに加え、社外の心理学の専門家などに具体的な指標に基づいて評価してもらいます。そこまでするのは、経営陣は社員のロールモデル(お手本)であるべきだと考えているから。これは当社の伝統です。


サプライヤー側からしても、自社の専門性を高めることはプラスに働きます。我々は自動運転向け半導体の開発で独BMW、米インテル、イスラエルのモービルアイなどと組んでいますが、我々が開発している技術をBMWだけに売るわけではありません。他社から求められればもちろん提供します。こうして複数の企業に売ることで売り上げは上がり、数を多く出すことで1つあたりのコストも下げられるのです。


以前はクルマの中でそれぞれのシステムは孤立していました。安全ブレーキシステムならブレーキシステムだけで開発を進めればよかった。ところが、10年くらい前から状況が変わりました。半導体の進化により車内のあらゆるシステムがネットワークでつながるようになり、システムを連携させることで相乗的にクルマ全体のパフォーマンスを上げられるようになりました。複数のシステムを連携させながら開発を進めています。他社と連携して開発もできますが、同じ社内の方がスピーディーに進められる。これが当社の強みです。


エルマー・デゲンハートの経歴・略歴

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

経営をするときは、できるだけ多くの店舗を訪問するようにしました。それでも頻繁に訪問することは不可能なので、店舗のリーダーあてにメールで「社長からの手紙」を送り続けました。社長室とお店との距離を縮めることで、理念、ミッションの深化、浸透を図りたかつたのです。


河合郁人

木村(信司)さんに出会うまでは、僕、演技をすることがどこか恥ずかしかった。さらけ出すのが怖かったんです。でも、木村さんがいろんな角度から導いて発見する面白さを教えてくれたから。やってみたら、本当に恥ずかしくないから驚いた(笑)。そうして自分の殻を破ったころに「(役に)ハマってきたね」って何気なく言われて。すごく嬉しかったんです。いらないものを一回全部出したから、新しい自分になれたのかもしれない。


俣野成敏

一般的に、立場が上がれば上がるほど給料が上がり、その分高い成果が求められます。にもかかわらず、部下でもできるような作業に取り組むことは、会社全体の生産性を考えれば大きなマイナス。自分の給料を時給換算して「これは本当に自分でやるべき仕事だろうか」と考えるクセをつけ、すべきでないと判断したら誰かに任せてしまう。これだけでも負担は大きく減るはずです。


ロバート・キャンベル

九州大学では研究室の仲間と「明日から○○稲荷神社に調査に行くから、一緒に行こう」とそんな毎日。古い民家の蔵から出た毛筆の写本や、版木で刷られた板本を整理し、目録をひたすら作っていく。僕がハーバードで4年かけて頭にたたき込んだ日本文学のジャンル分けなんかあまり役に立たなかった。山のような第一次の原資料を目の前にしたら、日本文学の研究を志して日本に来た海外の研究者の大半は、そこで完全にアウトになるんじゃないでしょうか。僕も一瞬、挫折しかけた。だけど、九州大学の研究室の熱気がすごくてね。一緒に調査、整理していくうち、これだけ原資料がふんだんにあったら、研究者としての「城」を造れるのではないかと。地道に測量し、地ならしをして石垣を積み上げていけば、ひょっとしたら秋空にそびえる美しい天守閣が打ち立てられるのではないかと考えたんです。


西山昭彦

「こうやってくれ」と指示するだけでは、部下との間に距離ができてしまいます。むしろ、あけっぴろげに「上層部はこういう意向なんだけれど、どうしたらいいだろう。一緒に考えてくれないか」といった姿勢で臨むと、信頼は集まりますね。


泉谷直木

仕事のスピードを確保するため、事前に資料を読み、面談なり会議の目的や経緯、判断材料を頭に入れておくようにしています。そうしておけば、1コマ30分のうち冒頭の10分に来るはずの説明部分を省くことができ、全体に中身の濃い仕事ができるのです。


浜脇洋二

ある中国人ジャーナリストと話をしたときのことです。彼曰く、「日本人と中国人が論争すれば、3人対3人なら日本人が勝つ。なぜなら、日本人は3人とも意見を同じくするが、中国人は各々が別の意見を言うからだ。しかし、1人対1人の論争なら、中国人が勝つ。中国人には戦略があるが、日本人にはそれがないからだ」。


いっこく堂

ブレイクし始めた頃、大手の芸能事務所からオファーをいただいたのですが、自分の思うような方向へは行けないかもしれないと考え、辞退しました。もちろん大手芸能事務所に所属すれば、テレビタレントとして仕事が増えた可能性はあったと思いますが、僕はテレビよりもライブが好き。直接、お客様の驚いたり喜んでいる顔が見られる環境が好きなんです。


小林喜光

使えそうな情報や思いついたアイデアなど、気になることは何でも手帳のメモ欄に書きます。ただ最近はスマホの「メモアプリ」を使うことが増えました。寝床でアイデアが浮かぶことも多いので、何か思い浮かんだら枕元に置いてあるスマホに走り書きします。


阿部俊則

専門的な知識だけでなく、それを生かす知恵も必要です。そして何よりも人間的な魅力がなければ、お客様の懐に入ることはできません。


小泉光臣

マーケティング屋がブランドを作っているのではなく、工場のひとつひとつの品質に対する取り組みがブランドを作っている。


本田健

健康の大部分はお金で買うことができます。ケチらずに自分の体に投資することが大切です。