エルマー・デゲンハートの名言

エルマー・デゲンハートのプロフィール

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

エルマー・デゲンハートの名言 一覧

重要になるのはやはり、経営陣のリーダーシップでしょう。トップが模範となる行動をして初めて、社員がモラルに従って行動してくれるようになります。


当社が最も大事にしているのが「顧客にとっての価値の創出」。これは経営陣だけではなく社員全員で共有している理念です。これを達成するためには、それぞれの役職に適した特別なスキルが求められる。


顧客と議論をしている中で、「これからは機能だ」とよく言われます。彼らの「機能」とはソフトのこと。製品そのものではないのです。


我々は研究開発費の半分以上をソフトの開発に充てています。この割合は、これからも高まっていくでしょう。


失敗は人間の性質の一つですから、当然、起こり得るものです。大切なのは失敗から学ぶ姿勢。失敗を透明性を持ってしっかり受け止め、そこからちゃんと学べる社風です。


我々は世界に40万人の従業員を持つ大きな組織です。当然、ミスは起こります。ただ、そのミスを犯した個人には罰ではなくセカンドチャンスを与えるべきです。一方で組織としてはしっかり反省し、変革に取り組むことが重要ではないでしょうか。


それぞれのニーズに応えるためには、新技術領域でも競争力の高い技術を保有していることが必要。大事なのは柔軟性。あらゆる領域で高い技術を持っているからこそ、柔軟なソリューションを提供できるのです。


我々はカーメーカにはならない。我々が顧客のビジネス領域に入れば、我々がビジネスを失ってしまいますから。サプライヤーの役割は、あらゆる規模の完成車メーカーが抱える、あらゆる課題に対して、技術で応えることにある。


IT企業やインターネット企業は自動車産業の外側から入ろうとしています。反対に、自動車業界の企業はITの世界に出ていこうと模索しています。最終的に、そのどちらがパワーを持つかということですが、今はどちらの可能性もある。要は、どちらが賢いかということでしょう。


我々の目的は、交通事故による死亡者、あるいは交通事故そのものをゼロにすることにあります。ドライバーを支援するシステムとして緊急自動ブレーキなどが既に実用化されていますが、その先には自動運転があります。それは、安全性を高めるという我々の目指している方向と一致しています。


経営トップに選ばれるには、そのスキルを持っているかどうか。これに加え、人格者で、組織の中でリーダーシップを発揮できるかも求められます。例えば日本市場の統括トップを決めるときは、社内の役員3~4人がインタビューするのに加え、社外の心理学の専門家などに具体的な指標に基づいて評価してもらいます。そこまでするのは、経営陣は社員のロールモデル(お手本)であるべきだと考えているから。これは当社の伝統です。


サプライヤー側からしても、自社の専門性を高めることはプラスに働きます。我々は自動運転向け半導体の開発で独BMW、米インテル、イスラエルのモービルアイなどと組んでいますが、我々が開発している技術をBMWだけに売るわけではありません。他社から求められればもちろん提供します。こうして複数の企業に売ることで売り上げは上がり、数を多く出すことで1つあたりのコストも下げられるのです。


以前はクルマの中でそれぞれのシステムは孤立していました。安全ブレーキシステムならブレーキシステムだけで開発を進めればよかった。ところが、10年くらい前から状況が変わりました。半導体の進化により車内のあらゆるシステムがネットワークでつながるようになり、システムを連携させることで相乗的にクルマ全体のパフォーマンスを上げられるようになりました。複数のシステムを連携させながら開発を進めています。他社と連携して開発もできますが、同じ社内の方がスピーディーに進められる。これが当社の強みです。


エルマー・デゲンハートの経歴・略歴

エルマー・デゲンハート。ドイツ人の経営者。自動車部品メーカー「コンチネンタル」CEO(最高経営責任者)。ドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州ドッセンハイム出身。シュトゥットガルト大学航空宇宙工学専攻で博士号を取得。フラウンホーファー研究所、ITTオートモーティブ・ヨーロッパなどを経てコンチネンタルに入社。電動ブレーキシステム部門マネジャー、レカロ・グループCEOなどを経て「コンチネンタル」CEOに就任。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

僕は60歳になりましたが、40歳で独立した当時を思い返すと、本当に若かった(笑)。40代なんてまだ人生の折り返し地点、まだまだ若い!


鈴木敏文

困難な課題であっても、目標が明確になれば、それを目指して従来のやり方を見直し、新しい発想を模索する。このとき過去の経験から離れられれば、先入観なしに自分本来の好奇心や感性を発揮し、自由に考えることでさまざまな制約条件が排除されていきます。高い数値目標の意味合いはここにあります。


小路明善

部下たちが開発した新商品にゴーサインを出すか、出さないか。その決断をする瞬間のプレッシャーは、やはり大きいですね。ただし、私は新商品について「3つの視点でしか判断しない」と決めているんです。3つの視点とは「消費トレンド」「小売店や飲食店の方たちの流通ニーズ」「他社の商品より優位性があるか」です。私がみるのはこの3つだけ。余計な雑音が入ると迷いが出るので、ほかの情報はあえてみないことにしています。


江口和志

創業以来の経営理念は、「倫理・情熱・挑戦、そして夢の実現」。中でも、比較的参入障壁が低い不動産業界において、「倫理観」を持って働くことは社の永続的成長にも関わる重要な指針です。全従業員がこの理念を共有し、夢の実現に向けて日々挑戦を続けています。


橘玲

意志が強い人は目標を極力絞り込む。一点に集中するのでムダがなく、目標を達成できる確率が高くなってますます自信を深める。


森本智子

目標しか見えなくなると、自分の可能性を自ら狭めてしまうことになるのでは、との不安もありました。20代はいろんな経験をして、仕事の幅はもちろん、人間としての幅も広げるべき時期じゃないかと思ったんです。


津田秀樹

人をわざと怒らせるような行動の裏には、大きな不満があります。それは、仕事や会社、またもっと別のところに憤りを感じているのかもしれません。受動的攻撃性を取る人は、話を聞いてあげることが対策になります。「何に不満があるのか?」と、聞き出してあげましょう。その不満の内容はあなたに解決しようがないものでも構いません。ただ聞いてあげるだけでいいのです。本音を引き出してあげると態度が落ち着いてきます。


武地実

最初にあったのは、キャラクターと一緒に暮らしたいというビジョンだけ。それを突き詰めて投資家さんから資金を調達したり、つくれる仲間を集めたりしました。


矢矧晴一郎

できそうもないと感じるのは、その仕事が大きく、難しく見えてしまうから。まずは、仕事を10項目以上に細かく分けます。頭の中で考えるのではなく、実際に紙に書き出してください。次に、作業がやさしいものから順位をつけ、1位を100点としてやさしい水準に点数をつけます。そして、1位から順に片づけてみましょう。簡単なものから先にやることでスイスイ進み、はずみがついて難しいものもできるようになります。


鈴木雅哉(経営者)

経営者になると、みんなが自分に気を使ってくれる。すると、気付いた時には裸の王様になりかねない。


小西利行

昨日、お酒を飲んでいて、とんでもなくデカいレモンサワーが出てきたのですが、メニュー名が「男前サワー」でした。単に「レモンサワー大」だったら興味はないけど、「男前サワー」と書いてあったら、なんだろう? と思って注文してしまう。すごく単純だけれど、相手の興味の一番先端には、何か簡単に伝わるものがあるはず。そこをつかまえにいきますね。


川西勝三

私は、学生の時に全日本学生馬術個人選手権に出場しました。この時に掲げた目標は「学生日本一になる」ということです。そして、この目標を達成するためには、現在の自分には何が足りないのか、その克服のためにはどうしなければならないのか、ということを必死で考えました。そしてモチベーションの維持。私はそれを修整しながら実行して、学生チャンピオンになることができました。私は、このことは社会人になっても必ず役に立つと自信を持ちました。


坂下英樹

変化の激しい現在、コミュニケーションの結節点を担えるミドルマネジャー候補の発掘と、育成に対する集中的な投資が、モチベーションカンパニーづくりには欠かせない。経営者のビジョンが明確で、その通訳としてのミドルマネジャーが機能すれば、基本的に業績は上がる。


小林喜光

やはり事業というのは思いが一番大事。本気で勝つ意志というか、このビジネスでは負けないぞという思い、これを世代間で継承していく。これが一番ポイント。


立石剛

次のビジネスにつながる貴重な情報やヒントは、異業種から得られることが多いもの。社外の異業種の人脈は、余計なしがらみがないため、貴重な情報も案外ポロッと漏らしてくれる。


ページの先頭へ