名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

エルバート・ハバードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エルバート・ハバードのプロフィール

エルバート・グリーン・ハバード。アメリカの作家、哲学者、雑誌発行者、事業家。世界的ロングセラー『ガルシアへの手紙』の著者。ドイツの潜水艦Uボートに撃沈されたイギリスの客船ルシタニア号に乗船中に死亡。発行した雑誌と、富や幸せに関する短くわかりやすい表現の文章によって愛された

エルバート・ハバードの名言 一覧

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


人生最大の過ちは、過ちを犯すことを絶えず恐れることである。


給料以上のことをしない人は、いま以上の給料は得られない。


エルバート・ハバードの経歴・略歴

エルバート・グリーン・ハバード。アメリカの作家、哲学者、雑誌発行者、事業家。世界的ロングセラー『ガルシアへの手紙』の著者。ドイツの潜水艦Uボートに撃沈されたイギリスの客船ルシタニア号に乗船中に死亡。発行した雑誌と、富や幸せに関する短くわかりやすい表現の文章によって愛された

他の記事も読んでみる

佐藤康博

書くことは頭に入れることです。メモ帳は私にとって非常に大事なものです。ただ、モノ自体は100円程度のものですし、鉛筆もゴルフのスコアカードをつけるときに使うものを使っています。


錣山矩幸(元関脇・寺尾)

現役時代、目が悪いことをマイナスとは思っていませんでした。視力が0.03とかなりの近眼でしたが、相撲を取るときはむしろ好都合。周囲がよく見えないから集中できるし、恐怖心を抱かずにすむ。正直、立ち合い時に自分の2倍以上もある小錦関などがはっきり見えていたら、相当怖かったと思います(笑)。


高橋克徳

上司は自分の感情を表現することから始めるべきでしょう。ポイントは、借りてきたスローガンではなく、こういうチームをつくりたいと自分の言葉で語ることです。そうでなくては部下の心には響きません。


川野幸夫

昨年、食品スーパー大手のライフコーポレーションさんと提携したのも、ヤオコーの社員を鍛える目的があります。異なる企業文化や人材と切磋琢磨してほしい。そのために双方の社長や部長クラスが定期的に情報交換する機会を持っています。


イビチャ・オシム

一生懸命探すニワトリだけが餌にありつける。


リンダ・グラットン

学び直しには2種類あると考えます。1つ目は従来の仕事のスキルを磨く「アップ・スキル」です。もう一つが、これからの時代に重要な「リ・スキル」です。新たなスキルを身につけ全く別の仕事に転換することです。トラック運転手が介護士になるような大胆な変化を意味します。AI(人工知能)やロボットが労働市場で存在感を増し、多くの職が姿を消すでしょう。テクノロジーの進歩に合わせて新規のスキルを身につける必要性が大きくなります。


佐藤誠治(経営者)

他行と同じことをやっていても意味がない。ブルーオーシャンかつ将来マスに成り得るマーケットがどこにあるのか、しっかり見定めていく。


宮本恒靖

「ここへ行きたい」と決めて、逆算して行動する方が合理的だとは思います。しかし、自分としてはぐ自分の引き出しの中へいろんなものを入れておきたいんです。将来的にどう繋がるのか分からないけれど、その時々に興味のあること、ベストだと思うことをやっていけば、その経験が後々、生きてくると思うから。


松本康男(コンサルタント)

社長の仕事は、ご自身が忙しく飛び回ることではなく、組織や関係先が最大の効果を生む「仕組み」を作ること。


高橋がなり

道を歩いているとき、人にぶつからないよう、自分から避ける。こういう人は、仕事の場でも、周りの状況を見ながら行動してくれるので、会社にとって不可欠な存在。有能でなくても、会社に残したい人です。


徳岡邦夫

私たちは、これまで築いてきたお客様との関係に胡座(あぐら)をかくつもりはありません。信頼関係の基本はギブアンドテイクです。一方的にテイクするだけでは、いずれ関係が壊れてお客様に見放されてしまうことになります。お客様からいただいたものがあれば、同等以上のものをお返しする。もちろん、与えられるのを待つのではなく、率先して価値あるものを提供していく。常にそれを意識することで、よい関係が継続できるのではないかと思います。


家入レオ

デビュー当時の私は、どちらかというと自分のために歌っていました。人と関わるなかで、言いたいことを我慢したり、迎合しなくちゃいけなかったり、そういうフラストレーションを発散して自分をリセットするために。でも、この武道館ライブは、たった1日であるにもかかわらず、何百人という大人たちが1年がかりで準備してくれて、そんなステージで、ファンのみなさんの顔を見たとき、「ありがとう」って想いが心の底からこみあげてきたんです。自分の内側に深く潜って歌うより、支えてくれるみんなに寄り添う形で歌いたいって心の底から思いました。