名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

エルバート・ハバードの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

エルバート・ハバードのプロフィール

エルバート・グリーン・ハバード。アメリカの作家、哲学者、雑誌発行者、事業家。世界的ロングセラー『ガルシアへの手紙』の著者。ドイツの潜水艦Uボートに撃沈されたイギリスの客船ルシタニア号に乗船中に死亡。発行した雑誌と、富や幸せに関する短くわかりやすい表現の文章によって愛された

エルバート・ハバードの名言 一覧

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


人生最大の過ちは、過ちを犯すことを絶えず恐れることである。


給料以上のことをしない人は、いま以上の給料は得られない。


エルバート・ハバードの経歴・略歴

エルバート・グリーン・ハバード。アメリカの作家、哲学者、雑誌発行者、事業家。世界的ロングセラー『ガルシアへの手紙』の著者。ドイツの潜水艦Uボートに撃沈されたイギリスの客船ルシタニア号に乗船中に死亡。発行した雑誌と、富や幸せに関する短くわかりやすい表現の文章によって愛された

他の記事も読んでみる

熊谷正寿

現在、私が情報源としているのはインターネット。新聞や雑誌、書籍、テレビといった従来メディア。そして人の3つです。情報量において圧倒的なのはインターネットですが、質ではメディアに軍配が上がります。ほかで得られないという貴重さでは、人からの情報が一番。このような情報の量、質、貴重さという三次元マトリクスの中で、どこにどんな情報があるかを明確にしたうえで、適切なところへ自分から突っ込んでいきます。


新井良亮

多様な小売事業を手掛けているので大変は大変ですが、百貨店やGMS(総合スーパー)と同じ業態では意味がありません。むしろ大変だからこそ価値があり、大変さにおののいていたら生き残れません。小売りはそういう時代に入っています。


勝間和代

重要なのは行動そのものをコントロールすることではなく、より行動しやすくする「前提条件」や、行動を評価する「振り返り条件」を整えること。


柴山政行

顧客の流出に関して、100人の流出のうち5人を引きとめる、つまり5%改善すれば、利益は25%改善する「5対25の法則」という会計の考え方がある。信頼関係で結ばれている馴染み客であれば、派手な広告宣伝やキャンペーン展開などのコストが安くて済む。だから、顧客の流出を食い止めるだけで、すぐに5倍もの利益改善につながる。


三宅占二

アルコール離れと嘆いて、指をくわえていてはメーカーとして責任回避ですから、いままで以上に総需要拡大へ取り組み、ビール、焼酎、清涼飲料といった区分ではなく、飲料全体をとらえて実際にあるかくれたニーズを引っ張り出す必要があります。


田原総一朗

若いことはむしろ武器なのだから、コンプレックスに感じる必要はない。アメリカの伸びている会社は、社長がだいたい20~30代。対して日本の大企業は50~60代がほとんど。だから日本の大企業は発想力や展開のスピードで負けてしまうんです。何か言われたら、「若いからすごいんです!」と言い返すくらいでいいんじゃないかな。


桜田厚(櫻田厚)

店舗の前のイーゼルに立てかけてある手書きのボード。何を書くべきというマニュアルはありません。一人ひとりが毎日考え、書いています。もちろん手間はかかりますが、お客様に何を伝えようかと考える習慣が、コミュニケーション力をつけることになるのです。


三谷宏幸

ビジネスは自分も含めたチームの総力戦であり、その意味で部下はかけがえのない存在です。何か部下に言われてただ困惑したり、感情的に対応するのは間違いです。市場の中で何が起こっているかを知り、誰がどうやって勝ってきたのかを分析し、今後どのようなチームにしていくのかという戦略を描き、実行するコンテクスト(背景)において、その部下の発言は正しいかどうかを評価しなければいけません。


木村祐一

今の時代は空気を読む人が増えているでしょう。空気は読んでもいいけど、読み過ぎないほうがいい。相手は自分が思っている100分の1も「こいつあかん」なんて思っていません。「何言ってるねん、次」くらいでしょう。いい意見は食いついてくれるけど、悪い意見はすぐ流されるもの。他人は自分が思うほど考えてないから、めげる必要なんてないんです。


荻上チキ

親御さんは、子供からの相談に対して「二度と相談したくない」と思わせるような言葉は言わないでください。はねつけるような表現、あるいは本人のせいだと思わせるような言い方はNGです。どのような事実があったのかを丁寧に聞き、きちんと味方になると伝えながら、どうしていくかを一緒に考えていくことが大切です。


安永竜夫

私は30代後半から、10億ドル規模のプロジェクトで交渉団団長として、ロシアの国営企業の経営陣などとハードな交渉をする機会に恵まれました。その際、常に心がけてきたことは三井物産という会社ではなく、個人として自分自身を売り込むことです。最後に交渉を成功させるのは、「お前となら話をしてやる」と相手に思わせる、個人としての人間力だからです。


鎌田恭幸

富裕層の方々は、マネーゲームと投資を明確に区別しています。単なるサヤ取りに終始するマネーゲームとは違い、企業活動そのものを応援する投資は、対象となる企業の発展・成長そのものが、社会貢献以外の何ものでもありません。