エルバート・ハバードの名言

エルバート・ハバードのプロフィール

エルバート・グリーン・ハバード。アメリカの作家、哲学者、雑誌発行者、事業家。世界的ロングセラー『ガルシアへの手紙』の著者。ドイツの潜水艦Uボートに撃沈されたイギリスの客船ルシタニア号に乗船中に死亡。発行した雑誌と、富や幸せに関する短くわかりやすい表現の文章によって愛された

エルバート・ハバードの名言 一覧

批判されたくなければ、何もせず、何も言わず、何者でもなくなればいい。


人生最大の過ちは、過ちを犯すことを絶えず恐れることである。


給料以上のことをしない人は、いま以上の給料は得られない。


エルバート・ハバードの経歴・略歴

エルバート・グリーン・ハバード。アメリカの作家、哲学者、雑誌発行者、事業家。世界的ロングセラー『ガルシアへの手紙』の著者。ドイツの潜水艦Uボートに撃沈されたイギリスの客船ルシタニア号に乗船中に死亡。発行した雑誌と、富や幸せに関する短くわかりやすい表現の文章によって愛された

他の記事も読んでみる

堺屋太一

ペストなどによる人口の減少期にこそ、イタリアでは手工業が発達し、ヴェニスやジェノバの海洋商業が拡大、やがて来るルネッサンスが準備された。人口が減少すると生産性の低い土地は放棄され、都市に人口が集中、手工業や海運交易が盛んになったからだ。人口減少社会でも生産性の高い分野に人口と資本を移転していけば、さらなる経済と文化の発展は可能。


伊賀泰代

コミュニケーションは人によって大きくスタイルが違います。ですから、まずは自分が得意なスタイルを見つけ、それをとことん磨いていくことが大切です。


森本智子

入社後、5年後といった短期の目標は立てませんでしたが、「30代や40代になったとき、こんな自分でありたい」といった大きな目標は持ち続けています。その大きな目標に向かって、いまは回り道をすることを恐れずになんでも取り組んで、いずれ必ず目標にたどり着けるように頑張っています。


青谷洋治

仕事に対して目標や夢を持ちながら真摯に取り組み、周囲に慕われたり、感謝されたりしながら「働く充実感」を味わうことは、何よりの親孝行。


石渡美奈

ヒントは現場にしかない。


西山昭彦

自己投資をケチって貯金ばかりしていると、将来の不安を払拭するどころか、仕事のスキルがあがらず、リストラされる危険すらあります。


名取芳彦

信頼されない人には決定的な共通点があります。それは、「何事も、損得勘定で生きている」ということ。損か得かを考えて動く人間は、当然ながら損になることには手を出さず、得になることしかやろうとしません。さらに言えば、自分が得をするためなら、平気で嘘をついたり、人を裏切ったりするようなことだってあり得ます。損得で動く人間の怖さというのは、まさにこの点にあります。


中内功

相手を憎んで、蹴落とすようなことは、私の性格に合わない。敵も自分から作らない代わりに、特定の人にべたべたとくっつくこともしない。あくまでも公明正大。堂々と渡り合う信念はある。


養老孟司

好きな虫とりをやってれば非常にハッピー、後は全部譲ってもいい。世の中には奥さんに眉をひそめられてる虫マニアもたくさんいる。そこはお金があるとか家が広いとか、余裕が必要なんです。僕が若い頃は、大学の先生の夫婦喧嘩といえば8割は経済問題。虫を飼うのも「家が狭いのに、邪魔だ」という話になる。僕は、その余裕をつくるため必死で働いているんですよ。働くモチベーションって大事でしょ。


今村暁

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


高城幸司

上司の設定したノルマや目標を「高すぎる」と感じたとき、部下としては「この数字にはどんな意図があるのか」を考えてみるといいだろう。数値目標を合理的に設定することは、現実には不可能だ。上司は部下の仕事ぶりをすべて知り尽くすことなどできない。そこには必ず誤解や理解不足がある。そうした不合理について憤るまえに、上司の立場から考えてみるといい。


谷原誠

無口な人や話し下手な人でも、その人が食いついてくる話題は必ずある。様々な話題を振って当たりをつけていくことも大事。


ジョセフ・トリポディ

ブランドが死に絶える理由は、顧客との適切な関係が失われることにあります。それを避けるには、イノベーションを継続的に起こす必要があります。


清水久三子

資料作成には、3つのステップ「仮説立案」「構成・文章化」「ビジュアル化」があります。私はこのうち前者2つの作業を基本的に紙で行い、その後、一気にパソコンで仕上げていきます。


佐々木隆(経営者)

旅行業界は、完全に流れが変わりました。何が起きているかと申しますと、今から25年くらい前に大手旅行会社に入社した人は、お客さまから見ると尊敬できる存在でした。当時は、ほとんどのお客さまにとって海外旅行が初めてである上に、生涯に1回の旅行でしたから。そのような状況では、社員が勉強すると、それをお客さまが評価してくれるので、仕事を通じて自分がどんどん成長していく実感を持てたのです。そういう時代が長く続いたのですが、バブル崩壊後、流れががらりと変わりました。要するに、今は一所懸命にやっていても、後ろのほうの席で「あなたその英語ちょっと違うわよ」と。そのくらいお客さまのレベルが上がってきたのです。たとえば、20~30回ヨーロッパへ行ったことのある人はざらにいらっしゃいますし、しかもそういう方々が、インターネットという強力な武器を持ったわけです。


ページの先頭へ