エリック・シュミットの名言

エリック・シュミットのプロフィール

エリック・シュミット。アメリカの経営者、プログラマー。Googleの会長・CEO(最高経営責任者)。プリンストン大学、カリフォルニア大学を卒業後、サン・マイクロシステムズに入社。同社で最高技術者・執行役員などを歴任。その後、Googleにヘッドハンティングされ、Google検索のコアである字句解析生成プログラムの開発に大きく貢献した。検索エンジン開発の功績で全米技術アカデミー会員に認定された。そのほか米アップル取締役、プリンストン大学理事などを務めた。

エリック・シュミットの名言 一覧

他人の意見を聞くことが重要だ。様々な人の考えを聞いた上で、最後は自分で判断するのだ。


集団は個人より賢い。リーダーにとって最も重要な資質は聞いて学ぶ能力です。なぜならば誰も全てを知る事は出来ないからです。


アイデアがあるのならやってみなよ。10人に聞いてみて駄目だったらまたやり直せばいい。


重要なのは、グーグルの文化を維持すること。グーグルの文化とは、ユーザーを最優先し、製品の質と操作性を絶えず向上させること。


グーグルは常に変革を求めている。


大事なのはアイディアの間違いを認めすぐに修正すること。


クリエイティブになれ!と部下に叱咤してクリエイティブにはならない。


命令通りに仕事がしたいなら、海兵隊に行け!
【覚書き|受動的な部下に対しての言葉】


自分はガーデンパーティーに紛れ込んだスカンクみたいなものですよ。我々が力を合わせれば素晴らしい結果が生まれますよ。
【覚書き|ダボス世界経済フォーラムでニューヨークタイムズの発行人、アーサー・ザルツバーバー・ジュニアの「グーグルはNYタイムズから売上や広告主やコンテンツを盗んでいる」という発言に即座に返した言葉。ガーデンパーティは旧メディアのこと。ユーモアで自身を低めつつ、切り返した言葉】


究極的に検索は、ウェブだけでなく、文字通りあらゆる情報、メール、関心のあるものをあなたの了解の下に対象とします。これはパーソナルな検索で、あなたのため、あなただけのためのものです。私たちは、あなたが次に何をすべきか、何に関心があるかをお薦めできます。私たちは、あなたがどこにいるか、何が好きかを知っています。


たとえば、誰かが道を歩いていたとする。Googleが集めたその人の情報によって、私たちには、あなたが大体どこにいるか、大体どんなことに関心があるか、大体どんな友だちがいるかわかるのです。


Googleには大きな秘密がある。当社は世の中で思われているほど型破りな企業ではない。われわれのやリ方には独特なものも多いが、そのほかの 点については事業は全く伝統的な方法で進められている。ごく一般的な財務システムとITシステムを備え、独立した取締役会を持っている。


部下が企画を持ち込んできた時の対処法

  1. 提案されたらすぐに「すばらしい、やってみたら」と言う。
  2. しばらく経ってから「あの件はどうなっているの?」と聞いたり、メールを送る。
  3. このように、社員からのアイディアを聞いて覚えておく。
  4. 聞いたアイディアを結びつける。

効率的な会議をする4ステップ

  1. まず会議では「何が起きているのか?」とみんなに尋ねる。
  2. それから「私はこう思うけど?」といって反論や意見をしばらく待つ。
  3. 結果的に参加している人みんなを巻き込んだ議論に導く。
  4. 最後に彼の意見が正しいと思うか、否かを聞いて、その全体の意見に従う。

Googleは、常に変わっていき、新しいモデルに適応していく会社だ。広告モデルに関しても、どれだけクリックされたのかをベースに価格設定するというユニークな方法を採っている。


最終的に目指すのは情報集めの検索ではなく、情報の意味を本当に理解できるようなサービスです。


マーケティング予算は企業国家アメリカで、最後まで説明のつかない支出である。


IT産業は供給によって制限されているのではなく、需要によって制限されていること。われわれの製造能力とすばらしい技術革新があれば、人々の望むだけの量を生産することが可能だからだ。受注残が出ることはない。


我々はみんなテクノロジーについて楽観主義者である。人々はテクノロジーの未来は偉大だと信じていて、それに疑問を差し挟む者はいない。


ブログのようなセルフパブリッシング(個人の情報発信)は「ヒューマン・コミュニケーションの次の大きな潮流になる」とわたしは信じている。


戦略や新製品を展開する主導権を握っているのは、2人のGoogle創設者か、もしくはごく少数のメンバーで構成している技術チームだ。おかげでGoogleはきわめてスピーディーに改革を進めることができるし、これがわが社の最大の強みになっている。


今日のGoogleは人々をインターネットに繋ぎ、80年前にラジオがそうしたのと同じように、世界を開きました。今回の私の講演は1930年のアルバート・アインシュタインの基調講演と共鳴するものです。アインシュタインは、当時の新技術であったラジオについてこう言いました、「技術がコミュニケーションを可能にし、コミュニケーションが人々を繋ぐ」と。


近い将来、何かを忘れるということがなくなります。なぜならコンピューターが覚えているからです。もうわからなくなることはありません。


モバイルについて危機感を覚え、「アンドロイド」を開発した。私がCEO(最高経営責任者)だった時代はまだ収益を上げることができなかったが、グーグルにとって戦略的でコアになるプロダクトだと考え、重点的に投資を続けてきた。「グーグルX」で自運転車のプロジェクトを立ち上げたのも危機感からだ。


エリック・シュミットの経歴・略歴

エリック・シュミット。アメリカの経営者、プログラマー。Googleの会長・CEO(最高経営責任者)。プリンストン大学、カリフォルニア大学を卒業後、サン・マイクロシステムズに入社。同社で最高技術者・執行役員などを歴任。その後、Googleにヘッドハンティングされ、Google検索のコアである字句解析生成プログラムの開発に大きく貢献した。検索エンジン開発の功績で全米技術アカデミー会員に認定された。そのほか米アップル取締役、プリンストン大学理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

土岐勝司

終業後は、時間の許す限り、オフサイトミーティングを開き、社員と食事をしながら未来の話をしています。


戸塚隆将

メンタルを強くしたいなら、中長期的に目指すものを真剣に探すべきだと思います。自分なりの大義があれば、どんな仕事でも頑張れる。


楠木新

巷には「リーダーには決断力が必須」などと書かれたビジネス書があふれていますが、伝統的な大企業では、誰か一人が大きな責任を持って決断を下さなくてはならない場面は非常に少ない。あえて言えば、出世の秘訣の第一は、決断力や実行力ではなく、周りとうまくやっていく協調性ではないでしょうか。


星野陽子

ユダヤ人はとにかく、既存の物事に従おうとしません。ルールは守るのではなく破ってしまえ、変えてしまえという感覚があります。成功したビジネスマンはもちろん、普通の人でも、いままでと違うことをやろう、と考える習慣がついています。何かにつけて「それ、何でやらなきゃいけないの?」と言ってくる。面白いんですが、一緒に住んでいると大変です(笑)。


匠英一

提案ではなく相談という形で話すと、相手が他人の意見なのに、自分の意見のように錯覚し始める。短い時間でも何度もすることが効果的。


古谷治子

謝罪では、相手の怒りをすべて吐き出させることが何より大事です。怒っている人は、とにかく怒りの感情を誰かにぶつけたいと思っています。感情が落ち着くまでは、謝ろうにもこちらの言うことを聞いてくれない場合が多い。ですから、まずは怒りを吐き出させるために、相手の話を最後まで聞いてください。


増井俊介

店舗数ナンバー1を実現するためには、世の中に「大吉」のことをもっと知ってもらわなければなりません。そこで新たに広報部を新設し、広告宣伝に力を入れていくことにしました。今後はWebを強化して若い客層も集客し、今までほとんど機能していなかった出張買い取りなどのサービスも強化していきます。


鈴木喬(経営者)

世の中にないタイプの商品を創り出すには、相当の執念が必要で、好きでないとできません。


宮嶋宏幸

確かに会社の規模は大きくなりました。私が入社したときは2店しかなかったのが、いまや自社だけで30店以上ですから。しかし自分で現場を見て、その店で起きていることに細かな指示を出すという仕事の基本は何も変わっていません。やっぱり現場主体というのは大事です。


ドナルド・トランプ

情熱は、いずれやってくる厳しい時期を乗り切るための強力なエネルギー源である。だから、金持ちになる下地づくりとして最初のステップは、心から愛せる何かを見つけることである。


小林一三

自分の持つ長所を確信することである。確固たる思想を飽くまでも維持することである。訓練式タイプ型のみに憧れず、何人も持つ自分自身の長所を顧みて、それに磨きをかける人の多からんことを切に希望する。


弘兼憲史

何歳になっても、人は学び続けないと成長できない。


酒井英之

巻き込み力が大切。会社全体の発展のために「こうしたい!」という明確なビジョンを持ち、そのビジョンに共鳴してくれる周囲の人の力を借りる。協力を仰ぐ。個人の成果ばかりにこだわらないで、「会社全体を巻き込んで、みんなで成果を上げたい」という気持ちを持つことが重要。


平野岳史

100回やめようかと思いましたけど、101回思い直しているから今がある。最終的に高い志や信念を持ち、常に現状よりも次を見据えられる人でないと、成功はできないと思います。その一方で、常に先を見ているからこそ、目の前の物事に謙虚に対応していくということも大事だと僕は思います。


橘玲

ちょっと残酷ですが、犬を檻に入れて、ときどき電流を流す実験があります(マーティン・セリグマンの「学習性無力感」)。ひとつの檻はボタンを押すと電流が止まるので、犬は学習してボタンを押すようになる。ところが別の檻では、ボタンを押しても電流が止まらない。するとその犬はすっかり気力を失ってぐったりと動かなくなり、刺激に対して完全に無反応になってしまう。その後、檻のドアを開けても逃げようとすらしなくなるのです。このことから、「選択肢がない」のが最大のストレスだとわかります。じつは同じことがビジネス社会にもあって、会社にしがみつかなければ生きていけなくなると、精気も気力も失ってしまうのです。


ページの先頭へ